コラム&NEWS

外国人の上司とうまくやれない人の対処法[グローバル2]
2020/11/07

グローバル化が進む昨今の日本では、外国人社員の雇用に積極的な企業が急激に増加しています。

日本企業でも、また、日本国内の外資系企業であっても、日本で働きながらも上司が外国人になるという可能性は格段とアップしたと言えるでしょう。

そうなってくると、どうしても出てくるのは<外国人の上司とうまくやれない人>。

その理由は「相手の言葉がわからないので、どうやって接したらいいかわからない」「文化が違うから、なにを話せばいいかわからない」などいろいろあるかと思います。

 

社内にそういうタイプの人がいた場合は、まず外国人上司の出身国の文化を理解することをアドバイスしてみてはいかがでしょうか?

日本人の中には、相手が外国人というだけでなぜか気おくれしたり恐れたりする人が多いもの。そんな人たちにはまずは「上司にとっては、あなたも外国人なんです」ということを教えてあげてください。どちらか片方だけが外国人なのではなく、お互い外国人同士ということを認識すれば「理解しよう」と歩みよる気持ちがおのずと生まれてくるかもしれません。「外国人と接しなければならない」というプレッシャーみたいなものも、少しは楽になるのではないでしょうか。

 

人は不思議なもので、得た知識は誰かにちょっと披露してみたい、という気持ちを持つものです。外国人上司の国が持つ文化について学んでいるうちに、たとえ外国人上司を苦手と敬遠する人でも、得た知識をもとにコミュニケーションをとってみたいと考えるようになることは大いにあります。自国の習慣や文化について話しかけられて、いやな思いをする人は少ないでしょう。話しかけられた方、つまり外国人上司も積極的なコミュニケーションを心掛けてくれるのではないかと推測されます。

 

「外国人上司は苦手」と言い張っているままではなにも物事は変わりません。まずはその人の生きてきた国の習慣や文化を、ほんのすこし理解することから始めてみてはいかがでしょうか?


BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。