コラム&NEWS

キャリアプランとは 重要性やメリット、立て方のコツをご紹介[紹介2]
2020/11/16

キャリアプランとは

キャリアプランとは、自分の将来の目標を明確にし、その目標を実現するために今後どのような経験を積んでいくか具体的に決めた行動計画のことです。

例えば、「10年後に事業部のリーダーになる」という目標があった場合、その実現に向けてどんなスキルや経験が必要か考え、「1年目ではまず1人前に仕事をこなせるようになる」「3年目には自分だけでなくチーム全体として成果を上げられるような存在になる」「5年後にはチームのリーダーとなりチームのマネジメントスキルを身につける」など、具体的な行動計画を立てていきます。

キャリアプランの重要性

キャリアプランは、自分の将来の目標を達成するために重要です。

キャリアプランを立てると、将来の目標が明確になるだけでなく、その目標を達成するために今何をすべきなのかを考え、行動していくことができるようになります。現状足りてないスキルや経験、知識などに気づき、それを補うための努力ができるようになるでしょう。

日本の働く環境が変化してきている

従来の日本社会では、終身雇用や年功序列といった日本独自の習慣・文化のもと成り立っていた部分も多くありました。しかし、技術の進歩や欧米文化の浸透、考え方の変化など、様々な要因によって日本のビジネス環境が変化してきており、先に挙げた終身雇用や年功序列といったものは制度として崩壊しつつあります。

これまでは1つの企業の中でどのように出世していくか、どのように企業内の階段を登っていくかといったキャリアの考え方で通用してきましたが、これからは1つの企業に固執せず、働き手自らがキャリアを考えて、理想の状態を目指して動いていくということが必要になってきています。

キャリアプランを立てるメリット

今自分がすべき行動が明確になる

キャリアプランがあれば、今自分がすべき行動が明確になります。
何を目標にして動くのか迷いがなくなり、本来の将来の目標から考えるとあまり意味のない仕事をしてしまうことも減るでしょう。

日々の仕事のモチベーションが上がる

目標もなくただ仕事をしているだけでは、日々の仕事のモチベーションが下がってしまうこともあるかもしれません。
キャリアプランのように明確な目標があれば、日々の仕事にも意味を見出してモチベーションを高く保つこともできるでしょう。

キャリア選択の機会を見極めることができるようになる

終身雇用があまり当たり前でなくなってきている今、キャリアビジョンを実現するため方法は、1つの会社を勤め続けるだけではありません。キャリアプランに応じて、社内での部署異動や転職などをしながら必要なスキルや経験を身につけていくのが良いでしょう。

そんな時に役立つのがキャリアプランです。キャリアプランが決まっていることで、自分が今身につけるべきスキルや経験をはっきりと理解し、状況に応じて適切にキャリアを選択することができるようになります。

キャリアプランの関連用語

ここでは、キャリアプランの関連用語についてご紹介します。
これを機にキャリアプランの関連用語も押さえることで、よりキャリアプランについての理解を深めましょう。

キャリアビジョン

キャリアビジョンとは、将来どのようになっていたいかという自分自身の理想像のことです。仕事や人生を通して、自分が何を成し遂げたいかによって決まります。
キャリアプランは、こういったキャリアビジョンを最終目標として、具体的な行動計画を立てたものになります。

キャリアデザイン

キャリアデザインとは、将来の最終的な目標を達成するために、自分自身のキャリアプランを主体的に設計することをいいます。
ただ周りに流されて受動的にキャリアプランを立てるのではなく、目標達成のために自分自身で考え、主体的にキャリアプランを立てていくことを意味します。

キャリアパス

キャリアパスとは、あるキャリアを達成するための道筋のことです。目標を達成するためにはどのような知識や経験が必要か考え、それをもとに具体的な行動計画を立てていきます。

キャリアプランとの違いは、キャリアの意味の違いです。キャリアプランでは、人生や仕事を通して達成したい理想に向かっての計画を意味することが多いですが、キャリアパスでは、特定の役職や職位など、昇進や昇格を達成するための行動計画を意味することが多いです。

キャリアプランの立て方のコツ

キャリアプランの立て方のコツは、自身が将来どうなりたいかを逆算して考えることです。
最終目標をしっかりと決めてからキャリアプランを立てることで、ぶれのない具体的な行動計画を立てることができるでしょう。

キャリアプランの立て方は以下の通りです。

  1. キャリアビジョンを描いて自身の将来を明確化する
  2. なぜそう思うのかを書き出してみる
  3. 現在の自分の状況を掘り下げる
  4. どのように動けばキャリアビジョンを達成できるかを書き出す

キャリアビジョンを描いて自身の将来を明確化する

まずは、キャリアビジョンを描いて、将来何を成し遂げたいのかやどんな姿になっていたいのかを明確にしましょう。
キャリアビジョンが具体的にイメージができないという方は、実際の仕事内容を書き出してみたり、同じ職種で働いている先輩に話を聞いてみたりすることで、イメージできるようになるかもしれません。

なぜそう思うのかを書き出してみる

キャリアビジョンの根拠をはっきりとさせるために、なぜそう思うのかを書き出してみましょう。
このように自分の思考を具体的な言葉に落とし込んでいくことで、先ほど描いたキャリアビジョンが本当に自分の成し遂げたかったものなのかどうか確かめ、本当になりたい自分の姿に近づくことができます。

現在の自分の状況を掘り下げる

描いたキャリアビジョンに向けて、今まで自分が何をしてきたのか、今自分は何に取り組んでいるのかを考えて、今後キャリアビジョンを達成するために必要な知識や経験を把握します。
キャリアプランでは理想と現実の差を無くしてくことが目標なので、しっかりと自分自身の状況を掘り下げるようにしましょう。

どのように動けばキャリアビジョンを達成できるかを書き出す

最後に、自分の現状に足りない経験や知識を、今後どのように行動していけば身につくのか書き出していきます。10年後、5年後、3年後…、と逆算しながらできるだけ細かく行動計画を考えていくと、自ずとその時点で達成すべき目標や身につけておきたい経験などがわかってくるでしょう。

また、今までの経験や今取り組んでいることも加味してキャリアプランを立てることで、現実味のある内容に仕上がります。

キャリアプランを立てる際の考え方のポイント

自身の特技を生かす

キャリアプランでは、自分の特技を生かしてキャリアビジョンや行動計画を設定することで、無理のないキャリアプランを立てることができるでしょう。

例えば、外国人の方や外国語を話せる日本人の方の場合、その外国語を話せるのは大きなメリットとなります。外国語が話せるという特技を生かし、日本企業の海外事業部の事業部長や海外のお客様との取引の責任者となることを目標としてもいいかもしれません。

現キャリアの延長線上でなくてもよい

キャリアプランを考える際、必ずしも現在のキャリアの延長線上で考えなければいけない、ということありません。

もちろん、これまで培ってきたキャリアや習得しているスキルを活用することは大きなアドバンテージになります。ただし、それに固執する必要はなく、未経験の分野や業界に挑戦することも問題ありません。

選択肢に制限はありませんので、本当に描きたいキャリアをフラットに考えてみましょう。

キャリアプランを随時、修正する

一度立てたキャリアプランを変更してはいけないなんてことはありません。むしろ、思い通りに進まないことの方が多いので、立てたキャリアプランは状況に応じて修正していくことが必要です。

そのため、想定していた目標を達成できなかったとしても落ち込む必要はありません。
なぜ達成できなかったのか、そもそも現在の状況で達成する必要があったのか、今後はどのように動くと良いのかなど、最終的なゴールにたどり着くための計画を修正していきましょう。

プロに相談して一緒にキャリアプランを作成する

1人で上手くキャリアプランを作成することができない場合は、転職エージェントやキャリアプランナーなどプロに相談するのも有効です。

自分では気づけなかった角度からアドバイスをもらうことができたり、今までのキャリアで培ってきた自分のスキルや価値を教えてもらうことができたり、キャリアプランを立てるためのヒントを多く知ることができます。
キャリアプランは、1人で立てなきゃいけないものではないので、悩んでしまう場合は早めにプロに相談してみてみましょう。

株式会社フェローシップでは、様々な就職・転職に関するサービスを展開しており、外国語のスキルを生かせる仕事の紹介や自身の特技を生かしたキャリアプランの設計のお手伝いをすることができます。
「自分の特技や経験を生かしたお仕事に就きたいけど、どんな仕事がいいのかわからない」という方は、ぜひ1度相談してみてください。

キャリアプランに沿った転職活動を

キャリアプランは自分の将来の目標を達成するための行動計画です。
自分の将来の目標を達成するためにも、キャリアプランに沿った就職・転職活動をおこないましょう。

複数の転職エージェントに登録する

複数の転職エージェントに登録することで、転職や自身のキャリアプランについて様々なアドバイスを受けることができます。

転職活動では、自分自身を客観的に見つめ直したり、転職情報を多方面から収集したりすることが大切です。転職エージェントを利用することで、このような情報収集や自己分析を手伝ってもらうことができるため、1人で転職活動をするよりもスムーズに転職活動を進めることができるようになるでしょう。

外国人の方でもキャリアプランを生かした転職活動が可能

日本で外国人が転職活動をするには、外国人の就職・転職に強い転職サービスが存在しています。 外国人向けの転職サービスでは、外国人のキャリアプランに生かせる求人情報が充実しており、自分にあった仕事を紹介してもらうことができます。

株式会社フェローシップでは、外国人のキャリアプランを生かせる様々な転職サービスを運営しています。外国人のキャリアプランに詳しいアドバイザーや日本での就職・転職の経験がある外国籍のスタッフが多数在籍しているため、日本で働きたい外国人の目線に立った親身なアドバイスをすることができます。 外国語を話せるという強みを生かしたキャリアプランの立て方や自身のキャリアプランに不安がある方はぜひご相談ください。

自身の出身国の就職・転職に特化したサービスもおすすめ

外国人のキャリアプランを生かした転職をしたい場合は、外国人向けの転職サービスの中でも自身の出身国の就職・転職に特化したサービスもおすすめです。

例えば、在日中国人や中国語を話せる人材の求人に特化したTENJeeという求人サイトもあります。TENjeeでは、中国語を話せる人材を採用したい企業からの求人を多数取り扱っているので、中国語のスキルを生かしたキャリアプランを立てている方にはぴったりのサービスとなっています。

キャリアプランに悩んでいる中国人の方や中国語スキルを生かせる求人を探している方は、利用してみてはいかがでしょうか。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。