コラム&NEWS

日本で転職は難しい?海外との考え方の違いや今の転職事情[グローバル2]
2020/11/26
「なぜ、海外に比べて日本は転職をするのが難しいのだろう?」と疑問に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。 確かに「日本は海外に比べて転職をするのが難しい」とよく言われていますが、本当にそうなんでしょうか。

今回は、「日本は転職をするのが難しい」と言われている理由について、日本と海外の転職に対する考え方の違いや事情から解説したいと思います。

他にも、日本の今の転職事情や日本での転職を成功させるためのポイントなど、日本の転職事情に関する知識についても詳しく解説していますので、ぜひ日本での転職活動の参考にしてください。

※外国人求職者向けの求人はこちら

日本と海外の転職に対する考え方の違い

日本と海外では、転職に対する考え方や転職事情が違います。考え方や転職事情の違いから、「日本では転職をするのが難しい」と言われることが多いでしょう。

海外の転職に対する考え方と事情

海外は転職に対してポジティブ

日本に比べ、海外は転職に対してポジティブです。
海外では、仕事のできる人は他の会社から声がかかり、より給与のいい会社、より待遇のいい会社へと転職します。不満があれば会社を変え、自分のやりたいことのために仕事を変えるということもよくあるようです。

終身雇用制度がない

かつて日本では終身雇用制度が当たり前であったのに対し、海外には終身雇用制度がないという国も多いです。
そのため、海外では日本に比べて「転職が当たり前」という風潮が強く、転職が多くても、そこまでマイナスなイメージを抱かれることは少ないです。

日本の転職に対する考え方と事情

転職が多いことをマイナスにとらえる傾向にある

海外では転職がポジティブな意味を持つことが多いのに対し、日本では、転職が多いことをマイナスにとらえられる傾向があります。

あまりに前職の勤続年数が短いと忍耐力がないと判断され、この人を採用してもまた短期間で辞めてしまうのではないかと思われて、採用を見送られてしまう場合もあります。

日本は終身雇用制度や新卒一括採用が基盤になっている

日本で転職に対してマイナスイメージがある理由として、かつての日本では終身雇用制度や新卒一括採用が当たり前であったことがあげられます。

新卒で入社して定年まで同じ会社で働き続ける人が多かったことから、転職する人は少なく、転職すると「出世できなかったから辞めた」などというネガティブなイメージが抱かれることがしばしばありました。

その名残から、徐々に終身雇用や年功序列の制度がなくなってきた今でも、日本では転職に対してあまりいいイメージが抱かれないのでしょう。

日本では徐々に終身雇用や年功序列の制度が崩壊してきている

かつては終身雇用制度や新卒一括採用が一般的であった日本ですが、最近では徐々に終身雇用や年功序列の制度が崩壊してきています。

令和2年2月の総務省統計局の発表によると、2019年の転職者数は351万人であり、これは2010年以降で最多の人数です。

しかし、海外に比べると、日本の転職率は低い方です。独立行政法人 労働政策研究・研修機構の『データブック国際労働比較2019』によれば、勤続年数について、日本は12.1年、アメリカでは4.2年と、およそ3倍もの差があります。

日本とアメリカの少子高齢化の度合いや若者労働者数の違いの影響があるため一概には言えませんが、日本にはまだ「1つの会社に長く勤める」という文化が残っているようです。


日本でも第二新卒という概念が登場してきて中途採用に力を入れる企業が増えてきている

近年、日本でも第二新卒(一般に、新卒で入社して3年未満の求職者のこと)という概念が登場し、第二新卒の中途採用に力を入れる企業が増えてきています。

第二新卒の中途採用に注目が集まっている理由の1つとして、企業の若手の人材不足があげられます。
最近では、新卒採用で予定人数の新卒を採用できなかった、内定を出しても内定辞退してしまう学生が多かった、などという理由から思うように新卒を採用できず、その代わりに第二新卒を採用しようとする企業も多いです。

また、第二新卒は一度社会に出ていることから、最低限の社会人の常識やマナーが身についていることが多く、即戦力の若手人材となることを期待して第二新卒の採用に力を入れているという企業もあります。

このように、新卒でなくても採用の需要が高まっている枠もあり、今の日本では昔よりも中途採用が活発に行われるようになっています。

日本企業への転職を成功させる5つのポイント

キャリプランを考える

キャリアプランを考え、自分の将来の目標とその目標を達成するまでの計画を明確にしていくことが大切です。

キャリアプランをよく考えずに転職してしまうと、転職しても結局自分のやりたかったことが実現できず、再び転職をすることになってしまうかもしれません。
キャリアプランの重要性や立て方のコツについては、▷「キャリアプランとは 重要性やメリット、立て方のコツをご紹介」で詳しく解説していますで、よければご覧ください。

採用担当者が転職者に求めていることを理解する

転職活動をする際には、採用担当者が転職者に求めていることを理解し、それに合わせた面接対策をすることが大切です。企業の文化や今課題となっている問題について理解し、自分がその企業で活躍できることをアピールしましょう。

企業によって転職者に求めていることは異なります。同じ業界・職種の面接であったとしても、企業ごとに対策をするのがよいでしょう。

転職エージェントを活用して自分にあった会社を紹介してもらう

転職を成功させるためには、自分にあった転職先を選ぶことが重要です。自分1人で転職先を選ぶことが不安だという方は、転職エージェントを活用してみるのもいいでしょう。

転職エージェントでは、プロのキャリアアドバイザーや転職に詳しいスタッフが親身に相談に乗り、自分にあった会社を選んで紹介してもらうことができます。
自分のやりたい仕事や自分にあう仕事がなにかまだわからないという方でも、第三者のアドバイスを受けることで、自分にぴったりな仕事を見つけられるようになるかもしれません。

就職・転職エージェントサービスを提供している株式会社フェローシップでは、求人紹介だけでなく、プロのキャリアアドバイザーがキャリアプランを一緒に考えてくれるなど、日本での就職・転職に関する様々なサポートを提供しています。転職エージェントを利用したいけど、どんな転職エージェントを利用すればいいのかわからないという方は、相談してみてはいかがでしょうか。

転職する時期を見極める

中途採用の求人数は4月入社を目指した2~3月、10月入社を目指した8~9月に多くなる傾向があり、その時期に転職活動をすることで、たくさんの求人の中から自分にあった求人情報を見つけることができるでしょう。

ただし、求人数が多いということはその分転職希望者も多く、競争率が上がる可能性があるという懸念点もあります。
また、第二新卒の枠組みに入るのであれば、4月の第二新卒の求人を狙って転職をしてみるのもいいでしょう。

逆に、これ以外の時期では求人数は比較的少ないですが、新しいプロジェクトのための人員確保など、必要に迫られた中途採用を急いで行なっている企業も多いです。そのため、転職の選考が通常よりも早く進み、すぐに内定を取得できる場合もあります。

外国人は外国人採用の多い会社を探す

外国人が日本で転職を成功させるためには、外国人採用が多い会社を探して応募するのがおすすめです。中には、外国人向けの求人を出している会社もあるので、転職サイトなどで条件を絞って調べてみるといいでしょう。

また、外国人向けの求人に特化した外国人向けの転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。外国人向け転職エージェントでは、日本での外国人の転職に詳しいスタッフに相談することができ、外国人採用の多い会社を紹介してもらうこともできます。

日本での就職・転職サービスを提供している株式会社フェローシップでは、外国人向けの求人も多数取り扱っています。日本で外国人が転職するのに役立つ、日本文化の知識の提供や日本語での面接・履歴書のサポートなどといった転職支援もしていますので、1度相談してみてはいかがでしょうか。

特定の出身国の求人サービスに特化したサービスもあるので、そちらを利用してみるのもいいでしょう。フェローシップが運用している「TENJee」という中国人向け求人に特化した求人サイトがおすすめです。「中国語が話せる人材を求める企業」からの求人を厳選して掲載していますので、中国人である強みを生かした転職活動をすることができます。
日本で働きたい中国人や中国語のスキルを生かした転職活動をしたい方はぜひご活用ください。

日本と海外の転職事情を理解して、転職が難しいと言われる日本での転職も成功させよう

かつては終身雇用や新卒一括採用が当たり前であった日本ですが、今その体制は変わりつつあり、今までよりも日本での転職はしやすくなったと言えるでしょう。

自分にあった転職エージェントを利用したり、キャリアプランをしっかり立てて転職する時期を見極めたりすることで、自分の転職活動を成功させましょう。


※外国人求職者向けの求人はこちら

※無料エントリーはこちらから

BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。