COLUMNS

スーツの男性
2022.05.25
30代でも遅くない!30歳からの転職活動を成功させる秘訣とオススメの方法[紹介2]

30歳になると仕事にも社会人としての生活にも慣れ、今後のキャリアビジョンについて考える機会が多くなった人もいると思います。

将来を考え、キャリアアップや働きやすさを目的に転職したいけれど「30歳以降の転職は遅くて不利なんじゃないか」と不安を感じている方も多いと思いますが、30歳という年齢を活かして転職活動をおこなうことは十分に可能です。

今回は、30歳からはじめる転職活動を成功させるために、30歳以降で転職をおこなうメリットや失敗しないコツ、転職方法についてご紹介します。

30歳だけど、転職を有利に進めたい方は「フェローシップ」がおすすめです。
フェローシップでは、幅広い業界の有名・優良企業の求人を多数取り扱っています。

経験豊富なスタッフが、求職者それぞれに合ったサポートをおこなっているので、今までの経験を強みにした転職活動をおこなうことが可能です。

疑問点や不安点の相談も承っているので、ご興味のある方は、まず一度フェローシップがご紹介している求人情報をチェックしてみてください。
※フェローシップがご紹介している求人情報はこちらから

紹介事業部

一般的な30歳の就労状況

一般的な30歳の就労状況を、転職未経験者と経験者に分けてご紹介します。

転職未経験者の場合

新卒で入社後、30歳まで同じ企業へ勤めている方は、現場で実務をこなす中核人材になっていることも多いです。

転職先の企業は多くの場合で即戦力を採用したいと考えているため、これまでの経験とスキルを活かして転職活動をおこなうとよいです。
特にマネジメント経験者を求めている企業は多いため、自身のマネジメント経験をアピールすることで有利に転職活動を進めることも可能です 。

転職経験者の場合

キャリアアップやより働きやすい環境など理想の働き方を実現するために、転職を経験したことがある方も多いと思います。

すでに転職を経験されている方の場合、これまでの経験から転職活動の進め方や流れについて理解されているため、転職未経験者と比べスムーズに転職活動を進めることが可能です。

自己分析をしっかりとおこない、自分自身の適正を把握しキャリアビジョンを明確にしておくことで、自分が即戦力として活躍できる人材だとアピールすることができます。

30歳で転職活動をするメリット

30歳で転職活動をおこなうメリットについてご紹介します。

最も転職活動が活発的な年代である

20代後半から30歳にかけて転職者はだんだんと減っていくため、周りの動きと合わせて30歳前後で転職をする方が多く、転職活動が活発化します。

実際に30歳前後では、今まで培った経験とスキルを活かして転職をする方が多く、企業側からしても即戦力として受け入れやすい傾向にあります。

就活時と比べてビジネス市場への理解が深まっている

就活時とは異なり、転職はゼロからのスタートではなく、これまで身に付けてきたスキルや経験を転職先でも活かせる可能性が生まれます。

20代の約10年間の経験からビジネス市場への理解を深め、多くのノウハウを得ることができた方も多いでしょう。
その経験を活かし、転職先の会社に新しい業態を取り入れたり、経営戦略案を提示するなど、ビジネスイノベーションに関われる可能性も高まります。

即戦力としてすぐに仕事を任せてもらいやすい

30代は10年程の社会人経験があるため、ビジネス市場の理解が深まり、対応力や経験が身についていることが多いです。
そのため、転職先企業で即戦力として活躍できる可能性も高く、企業から期待される年でもあります。

今まで経験してきた事や身に付けたスキルを面接時にアピールした結果、転職後すぐにマネジメント職に抜擢されたケースも少なくありません。
今よりももっと自分の裁量を広げたい理由から、即戦力として仕事を任せてもらいやすい30代で転職をおこなう方も多いようです。

30歳の転職を成功させるコツ

30代での転職を成功させるためには5つのコツがあります。

自身の経験・スキルを活かせる転職先を選ぶ

転職をする際、自身の経験やスキルを活かせる転職先を選ぶことも、転職を失敗しないためのコツになります。
自身の経験やスキルを活かせる仕事内容なのか、企業について徹底的に調べておきましょう。

30歳代以上の転職では、企業は即戦力として活躍できることを前提として、さらに管理職候補としての能力も期待して採用します。
そのため、語学スキルやマネジメントの経験など、アピールできそうな自身のスキルや経験を洗い出しておくとよいです。

自身の持っているスキルを存分に活用することで、転職を通してキャリアアップも目指すことが可能です。

転職に役に立つ資格を取得する

希望の業種に関係する資格を取得することで、転職活動を有利に進めることができます。
優遇される資格を取得することで、即戦力になれることをアピールできるので、資格を持っていない他の求職者に差をつけることができます。

プロジェクトマネジメント資格

プロジェクトマネジメント資格(PMP)は、アメリカの非営利プロジェクトマネジメント教会が認定している資格です。
世界で認められている資格であるため、転職時にアピールすることでマネジメント人材としての評価が高まるでしょう。

メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルス・マネジメント検定とは、従業員に起こりうるメンタルヘルスの不調に対処したり、問題が起こらないよう予防策を取ることができるように、基礎知識を習得することを目的とした資格です。

メンタル不調者が増加している昨今では、需要が拡大している資格のひとつです。
経営層や人事担当者を目指す方はⅠ種、管理職を目指す方はⅡ種を取得するのがおすすめです。

自身の市場価値を把握する

転職活動を始める際に、自身の能力を企業がどう評価するか「自身の市場価値」について知っておくことも大切です。

自身にどれだけのポテンシャルが備わっているのか、希望している職種に自身が適しているのかなど、適性自己分析をおこなって自分の市場価値を調べておくことで、面接時に自信をもってアピールをすることができます。

転職理由を自然に伝えられるように

企業は、入社後に活躍してくれるような人材かどうかを見極めるため、転職理由を面接時に確認する必要があります。

その際に、志望動機や今後のビジョンと共に前向きな転職理由を自然に伝えられることができれば、採用してもらえる可能性が高まるでしょう。
▶️エンジニアの転職で役立つ 志望動機の書き方の例やポイントを解説

転職活動を始める時期と退職時期を考慮する

転職活動をおこなう場合、タイミングや計画性が重要になります。
30歳以上の場合、期待や責任がかかる大きなプロジェクトに関わっている方が多い傾向にあります。

責任も大きくなり、社内外のスケジュールの管理や把握も重要になるため、計画を立てて効率よく動くことがより大切になります。

現職と両立するために効率を重視する

会社を辞めてから転職活動をおこないたい方もいらっしゃるかもしれませんが、退職後の転職活動は収入がない中での転職活動になる、離職期間が長いと転職活動で不利になるといった不安要素が多いです。

選考でも、離職中よりも在職中のほうが印象がよいため、現職と両立して転職活動をおこなうのがおすすめです。
現職と両立する際には、限られた時間の中でいかに効率よく動くことができるかを考え、本当に志望度の高い企業のみに絞って応募をすることが重要です。

30歳で転職をする方法

30歳から転職をおこなう際の転職方法についてご紹介します。

求人サイトを利用する

求人サイトには、様々な企業や職種の求人情報が数多く掲載されているため、自分の求めている求人を見つけることができる可能性が高いです。

しかし一方で、選択肢が多すぎて決められないという方には不向きといえます。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは、転職を検討している人と採用を考えている企業の間に転職支援のプロが入って支援するサービスのことです。

求人を自身の手で見つけたい方には不向きですが、転職エージェントに登録すると、キャリアプランやビジョンを相談したうえで、自身に合った求人をピックアップしてくれるため、効率よく転職を進めることができます。

フェローシップでは、転職エージェントが多数在籍しており、手厚いサポートで転職を成功に導きます。経験豊富なエージェントが在籍しているため、数多くのアドバイスをすることができます。
※転職エージェントの利用を検討している方はこちら

企業の採用サイトを利用する

自身が希望する企業がある程度決まっている人は、企業の採用サイトやエントリーページかた直接応募する方法も有効です。

しかし、希望する職種や企業が決まっていない場合は、入社後にミスマッチが起こる可能性もあるため、希望する職種や業界を決めてから企業の採用サイト・エントリーページを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントは転職を成功させることができます。
ただし、注意点もありますので、注意点を把握して上手に利用することが大切です。

担当者とのコミュニケーションは正直に

転職エージェントを利用する時、1番話すことが多いのはエージェントである担当者になります。

コミュニケーションを取る際は、自分についてしっかりと正直に伝えましょう。間違った情報を伝えてしまうと持っているスキルや希望している条件と全く違う求人を紹介されてしまうことがあります。

正直にコミュニケーションを取ることで人柄や性格などの内面も知ることができるので、職場環境や職種の適性も考慮して求人を紹介しやくなり、より転職を成功しやすくなります。

定期的に連絡を取り、情報の共有をこまめにおこなってスムーズな転職をおこないましょう。

自身の希望の転職先に強いエージェントを選ぶ

転職エージェントには様々な種類が存在します。自分の希望と違う転職先に強い転職エージェントを選んでしまった場合、希望通りに転職活動が進まず、時間がかかってしまう可能性があります。

希望する条件がある程度決まっている方は、自分の希望に合った転職エージェントを選ぶことでよりスムーズな転職活動がおこなえます。

評価と正直に向き合う

転職エージェントを利用して転職を進めている場合、自己分析やキャリアプラン 、面接対策などの支援をしてもらえます。自分では気づけないところを第3者の目線で、かつ採用担当者を意識したプロの目線でアドバイスおこなってくれますので、上手に活用するのが転職成功のカギになります。

転職エージェントを正しく利用してキャリアアップを

信頼できる転職エージェントを見つけて、うまく活用することが転職活動を成功させる秘訣になります。

転職活動に遅すぎるということはありません。
30歳代からの転職でも求められているスキルや経験など、ポイントを押さえることで自分にあった就職先に転職することは可能です。

フェローシップでは、キャリアプランの作成や自己分析、面接対策など手厚い支援をおこなっております。
転職エージェントを活用して、30歳代からの転職を成功させたい、キャリアアップしたいという方は、ぜひご相談ください。

紹介事業部

フィットする求人がすぐ見つからない、転職はこれからという方

Fellowship登録 (転職支援サービス)をしませんか?
あなたに合ったキャリアプランを、いっしょに考えます