コラム&NEWS

派遣で失敗しないための派遣会社の種類や選び方、おすすめの登録方法を解説[派遣2]
2022/07/07

派遣会社を選ぶ際に、実際に働くのは派遣先の企業だから派遣会社はあまりこだわらなくてもいいやと考えていませんか。


派遣社員として実際に働くのは、派遣先企業であり派遣会社に対して単に求人の仲介役というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
しかしながら、派遣会社は「雇用主」であり、福利厚生や賞与など派遣社員の働き方の重要な制度は、派遣会社の制度が適用されます。


また、派遣会社によって紹介してもらえる求人の数や種類に違いがあるため、派遣会社選びは非常に重要です。


今回は、派遣会社を選ぶ際のポイントを解説します。
加えて、派遣会社の種類や紹介予定派遣などの幅広い派遣の働き方、どのような人にはどんな派遣会社が向いているのかもご紹介します。


担当者と綿密に相談しながら不安なく派遣社員として働きたいという方には、 フェローシップがおすすめです。
ご相談を重ねながらひとりひとりの強みや理想の働き方を一緒に考え、適切な派遣先企業をご紹介します。


有名企業・優良企業の求人情報も多数ご紹介しているので、どのような仕事があるか気になるという方はぜひこちらから実際の求人をご確認ください。
※フェローシップがご紹介可能な派遣の求人情報はこちらから


派遣事業部

派遣会社選びが重要な理由

派遣社員として働く際、雇用をしてくれる会社は派遣先企業ではなく派遣会社になります。
相性の良い会社と雇用関係を結ぶことは自分自身の働きやすさにも直結するため、雇用主であり働く環境を左右する派遣会社選びは重要であるといえます。


派遣会社選びが重要である理由について、詳しく解説します。


派遣社員の福利厚生は派遣会社のものが適用されるから

派遣社員が派遣会社をしっかり選ぶべき理由のひとつは「福利厚生」にあります。
なぜなら、派遣社員にとっての雇用主は派遣会社であるため、適用される福利厚生も派遣会社のものだからです。


各種社会保険や有給、社員向けの優待サービスなど生きがい・働きがいに直結する福利厚生は、やはり重要です。
普段、同じ職場で働く派遣先企業の同僚と同じ仕事をしていても、適用される福利厚生は異なるという点には注意が必要です。


仮に福利厚生が整った派遣先企業で働くことができても、派遣社員にその福利厚生は適用されないため、希望の求人の有無だけでなく、どのような福利厚生があるのかについてもきちんと知った上で派遣会社を選ぶようにしましょう。


派遣社員が加入できる社会保険の種類や補償内容についてはこちらの記事で解説しているので、興味をお持ちの方はこちらをご参照ください。
▶︎派遣社員も社会保険に加入可能!加入条件や補償内容、保険料の支払い方


給料や賞与の支払い元も派遣会社だから

派遣社員の給与は、登録している派遣会社から支払われます。
賞与や退職金なども同様です。


派遣という仕組みでは、派遣先企業が派遣会社にお金を支払い、その後派遣会社が派遣社員に給与や賞与を支給します。
この時派遣会社によっては、勤続年数や昇給条件などが設けられているため、それに応じて派遣社員への支給額が変動します。


賞与や退職金の支給制度、同じ派遣会社で長く勤務することで得られる昇給など、給与面での仕組みについても事前によく調べた上で派遣会社を選ぶことが大切です。


派遣の給与や賞与の仕組みについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎派遣はボーナス貰える?派遣社員でも賞与が出る条件・もらえないケース


仕組みを理解して派遣制度を最大限活用しよう

派遣社員は実際に働く職場と雇用主が異なるということもあり、福利厚生や給与面での仕組みが少々分かりにくいといえます。


今回ご紹介した内容を聞いて、改めて派遣の定義や仕組みについて調べてみたいと感じた方は、ぜひこちらの記事をチェックしてみてください。
▶︎今更聞けない派遣の基本!「派遣」の定義や働き方、アルバイトの違いとは


派遣会社の種類とそれぞれの特徴

派遣会社には多くの種類があり、特徴もさまざまです。
派遣会社を選ぶにあたって、事前に派遣会社の種類やそれぞれの持ち味を知っておくことは、自分にとって相性の良い派遣会社・派遣先と出会うためにも大切です。


派遣会社の種類とそれぞれの特徴について解説します。


規模による違い

派遣会社はまず規模の大きさによって2種類に分かれます。
規模の大きさは、案件数や売上額によって決まります。


大手派遣会社

規模の大きい派遣会社です。
取引している派遣先も多いので求人数が多く、また様々な業界・職種の種類があるのが特徴です。


一方で、登録者も多いので求人に対する応募も多く、求人倍率が高くなってしまう可能性もあります。


中小規模の派遣会社

大手に比べると規模が小さい派遣会社です。
規模が大きすぎないので社内や担当者と派遣社員での情報共有が密で、雰囲気もアットホームな傾向にあります。


会社にもよりますが、大手ほど求人数は多くなくても、得意としている分野や業界、職種があったりするので、うまく活用することで自分にあった求人を探すことができます。


資本系列による違い

親会社の系列会社であるかによっても、派遣会社は2種類に分かれます。


独立系派遣会社

独立系派遣会社とは、特定の資本系列に属せず運営している派遣会社です。
日本の多くの企業はこの独立系法人として運営されています。


独立系派遣会社の特徴としては、取引先に偏りがなく資本系派遣会社よりも様々な業界・職種の案件が多い傾向にあります。
また、比較的未経験でも求人に応募ができる傾向もあります。


資本系派遣会社

資本系派遣会社とは、大手・有名企業などを親会社として活動する派遣会社です。
仕事の多くは資本系派遣会社の独占案件となっています。


有名・大手企業での就業となるため、充実した福利厚生を受けることができます。
一方で規則は徹底しており、基本的に即戦力としての期待されるため未経験での就業は難しい傾向にあります。


取り扱う案件の種類による違い

取り扱う案件によってこちらも2種類に分かれます。


総合系派遣会社

特に専門的な案件に絞ることなく、多岐にわたる業界・職種の案件があります。
具体的な業界や職種にこだわりがない場合は、総合系がおすすめです。


業界・職種特化型派遣会社

職種や業界において一分野に特化してお仕事を紹介している派遣会社です。
働きたい業界や職種が決まっている場合に登録するのがおすすめです。
特化型なので職種や業界に詳しい担当者も多く、自分の専門領域を理解してくれる場合もあります。


大手派遣会社の中には、専門部署があるケースもあります。
もし、事務などの特定の職種を希望する場合は特化型派遣会社だけでなく総合系も登録しておくと良いでしょう。


各派遣会社を選ぶときに見るポイント

派遣会社の種類とそれぞれの特徴を踏まえて、各派遣会社を選ぶときに見るポイントを紹介します。


求人数・求人の種類

求人数や求人の種類を重視する方は多いと思います。
求人数は派遣会社の規模によりますが、具体的な数字は一般的に各派遣会社HPに記載されているのでチェックしてみましょう。


また、求人の種類は総合系と特化型によって変わります。
基本的には総合系をおすすめしますが、特化型に興味があれば「派遣 職種名もしくは業界名」で検索してみると良いでしょう。


設立年数

設立年数もチェックしてみると良いです。特に初めて名前を聞いた派遣会社は設立年数を確認することをおすすめします。
一般に、設立してから一定以上の年数が経っている会社の方が信頼できる傾向にあります。


長く経営されている会社では、派遣業務のノウハウや経営基盤が確かであることが多いといえるでしょう。
特に世界的な不況リーマンショックがあった2011年よりも前に設立されている企業であれば、その安心感は大きいです。


リーマンショック時に各企業がおこなった、人件費削減のために派遣社員との契約を打ち切る「派遣切り」を乗り越えた実績のある会社であるためです。


フェローシップの設立は2004年となっているので、信頼できる派遣会社であるといえます。


福利厚生・給料

給料や福利厚生は、長く働く上で重要になってくるのでしっかりチェックをしておきましょう。


福利厚生がどれくらい整っているか

派遣会社や派遣先企業によって福利厚生は異なります。
派遣社員は福利厚生が整っていないイメージがあると思いますが、派遣でも正社員とあまり変わらない水準の福利厚生が準備されているところもあります。


福利厚生を重視するならば、資本系列派遣会社などの福利厚生の整っている派遣先企業を多く取り扱っているところに登録すると良いでしょう。


スキルアップの環境が整っているか

無料または格安でスキルアップ講座や研修が受講できる派遣会社もあります。
スキルアップは短期的に時給の向上にも繋がりますし、将来的にも派遣を続ける上では経歴やスキルは重要になってくるので、労働環境が整っている会社を選ぶと良いでしょう。


担当者の対応や派遣スタッフへのサポート

相性のよい派遣先と出会うためには、派遣会社の担当者による手厚いサポートが不可欠です。


丁寧にヒアリングをしてくれる・希望に合う派遣先を紹介してくれる担当者であれば、安心感も大きいはずです。
派遣会社を見定める際に、担当者が親身になって話を聞いて共にキャリアを考えてくれる人であるかどうかチェックしておきましょう。


第一印象が重要

派遣会社に問い合わせるにあたって、電話やメールで連絡を取った際の対応が、手際よく要望に沿うものであれば、信用できる会社である可能性が高いです。


連絡を通じて感じられる第一印象が良いと、派遣先を紹介してもらう際の内容の質やスピード感にも期待ができます。
担当者の対応や派遣スタッフへのサポートが優れている見込みは高いでしょう。


コミュニケーションの取りやすさ

自分に合う派遣先を探すうえで、担当者と密にコミュニケーションを取ることは重要です。
なぜならば、希望するキャリアスタイルや働く上での不安を担当者と共有することは、適した派遣先ひいては将来像を共に考えるための材料となるからです。


派遣会社の担当者の方と会う機会があれば「話をよく聞いてくれそうか」「自分が話しやすいと思えるか」を念頭に置いて、お話ししてみましょう。
ミスマッチのない派遣先を選ぶためにも、担当者とのコミュニケーションの取りやすさは重要視したいポイントです。


労働派遣事業許可番号の有無

労働派遣事業許可番号とは、派遣会社が国から派遣事業をする上でもらう許可のことです。
HPに取得の旨が記載されているのでチェックしてみましょう。


副業の可否

派遣社員として働く人の中には、副業を考えている人や既にやられている人もいると思います。
副業の可否は派遣会社によって異なるので事前に確認しておきましょう。 ただし、就業規則を守り、派遣先の業務に支障をきたさないように注意が必要です。


収入を大きく増やしやすい副業ですが、体力面や精神面での負担を考慮するなど事前に留意しておくポイントがあります。


派遣社員が副業をおこなう場合のメリットとデメリットについてはこちらの記事で詳しく解説しています。
▶︎両立可能?副業の定義と派遣社員が副業をおこなう際のメリットとデメリット


口コミや評判

派遣会社を選ぶ際には、口コミや評判を参考にする方法もあります。
匿名性を利用し、でたらめな内容を書いたものもあるため鵜呑みにすることは危険ですが、 口コミや評判から利用経験者しか分からない会社の実態を窺えるかもしれません。


最後は自分の目で確かめることが必要ですが、会社の大まかな評判を掴むために口コミや評判を活用することは有用といえます。
また、投稿されている口コミや評判に対して丁寧に返答している派遣会社は、利用時の悩み事や不安をしっかりと聞いてくれる可能性が高いです。


会社の対応姿勢を見比べるためにも、ネット上の書き込みは1度チェックしてみるとよいでしょう。


「優良派遣事業者認定」に認められているとより安心

厚生労働省の管轄の元、優れた派遣事業者に対して認定をおこなう「優良派遣事業者認定」という制度があります。


「優良派遣事業者認定」に認められるためには、法令を守ることは勿論、派遣社員のキャリア支援や快適な労働環境の確保を設置基準以上におこなっていることが条件となります。
加えて、派遣後のトラブルの回避など「派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供」している会社でなくては認定を受けることはできません。


「優良派遣事業者認定」を受けている会社は、きちんとした審査に通過できるほどに派遣社員への支援が充実していると見ることができます。
よって、「優良派遣事業者認定」に認められている会社であればより安心して利用することができるでしょう。


「希望別」会社選びのポイント6選

現在のライフスタイルや理想とする将来像の違いに応じて、ひとりひとり理想とする働き方にも違いがあるはずです。
ここでは、さまざまな「希望」に沿う派遣会社選びのチェックポイントを解説します。


『希望の業界が決まっている方』向けのポイント

既に希望の業界が明確に定まっている方は、その業界に特化している派遣会社を選ぶことがおすすめです。
希望の業界に関する求人情報が多く集められているため、業務内容や勤務地など、自分の理想としている働き方の要件を満たした仕事が見つかりやすいです。


どのような求人を扱っているのか、実際の求人ページを確認しながら派遣会社を選んでみてください。


『家庭と両立しながら隙間時間で働きたい方』向けのポイント

家事や育児、介護など家庭での時間を確保しつつ、隙間時間に効率的に働きたい方には「希望の勤務地や勤務時間にあった求人があるかどうか」を意識することがポイントです。


仮に出勤日数や勤務時間が短い求人であっても、自宅から遠いとその分負担は大きいです。
保育園や託児所の位置関係や交通アクセスなどを地図アプリで確かめながら、実際に家庭と仕事を両立できるかどうかイメージをしてみてください。


また、近年は在宅勤務が可能な派遣の仕事も増えています。
移動時間や勤務時間を考慮しながら各派遣会社のHPで、実際の求人情報をチェックしてみることをおすすめします。


派遣は、正社員と比べて働き方の自由度が高く、パートと比べて給与や待遇が良い場合が多く主婦(主夫)の方のニーズを満たしやすい働き方といえます。


こちらの記事では、多くの主婦(主夫)が感じる派遣社員として働くメリットを解説しているので、興味をお持ちの方はあわせてチェックしてみてください。
▶主婦の方が派遣社員として働くメリット8選


『キャリアアップを目指しスキル・経験を培いたい方』向けのポイント

派遣の仕事を通じてスキル・経験を培うことで、ゆくゆくはキャリアアップを目指したい方もいらっしゃると思います。
そのような場合には、資格取得支援のサポート内容や未経験でも挑戦可能な求人数をチェックすることがおすすめです。


派遣会社によってはセミナーやEラーニングシステムなど、スキルアップに役立つコンテンツを用意している場合があります。
また、未経験で応募できる求人が多ければ、その派遣会社を利用することで実務経験を積める可能性が高いといえます。


ぜひ派遣会社のHPをチェックする際には、これらのポイントを確認してみてください。


こちらの記事では派遣を利用してスキルアップを目指す具体的な方法をご紹介しています。
▶︎スキルアップを目指す転職者には派遣がおすすめ!理由と具体的な活用法


『正社員への転職を考えている方』向けのポイント

ゆくゆくは正社員を目指したい方は、「紹介予定派遣」や「無期雇用派遣」などの求人の有無をチェックしてみてください。


紹介予定派遣とは、一定期間の派遣登用後に正社員として直接雇用することを前提とした派遣の仕組みです。
事前に企業側、派遣社員側が試用期間としてマッチ度を確かめた上で正社員契約を結ぶことができるので、安心して働きやすいのが特徴です。


無期雇用派遣とは、派遣会社と無期雇用契約を結ぶことで安定した収入を得られる働き方です。
派遣先企業での契約を終え次の派遣先を探している間も、派遣会社の業務を請け負うことで収入を得ることができます。


経済的な安定を求めて正社員を目指しているという方にとっては、派遣という働き方の良い部分を活かしながら収入面での不安を解消できるおすすめの方法です。


以上の2つに加えて、派遣として働きながら転職活動をおこなうなど、正社員を目指す方法は他にもあります。
こちらの記事では、派遣社員から正社員を目指す具体的な方法とそのポイントを解説しているので、ぜひ参考にしてください。
▶︎派遣は転職で不利になる?派遣社員から正社員を目指すためのポイントとは


『派遣は初めてで説明の丁寧さを重視している方』向けのポイント

派遣社員としての第一歩を踏み出そうと考える方は派遣の仕組みを掴むためにも、説明の丁寧さを重視したいところです。


説明の丁寧さは派遣会社の社員やアドバイザーの質によるため、連絡時の応対の丁寧さをチェックしてみましょう。
気になる派遣会社が複数あれば「利用を検討している」と実際に連絡をすると各派遣会社の応対を肌で感じることができます。


また、最初に派遣会社に連絡を取る際には「派遣として働くことは初めてです」と伝えておくことも有効です。
派遣社員としての経験が無いと事前に知っておくことは、派遣会社の社員にとっても、案内や説明を丁寧におこなうための準備や心構えに繋がります。


気になる派遣会社の選定も難しいと感じる方は、以下のポイントから連絡を取る派遣会社をピックアップしてみましょう。


  • ・福利厚生が充実している
  • ・スキルアップ・研修制度などの就業支援の充実
  • ・求人情報が多い

  • 派遣会社のホームページを見ることで、福利厚生や就業支援の手厚さや、各派遣会社の雰囲気を知ることができます。
    是非、チェックしてみましょう。


    『いわゆる「大手」や「有名企業」で働きたい方』向けのポイント

    派遣社員として、大手企業・有名企業で働きたいとお考えの方は大手派遣会社や資本系派遣会社に登録をすると希望を叶えやすいです。


    大手派遣会社は長く派遣業務をおこなってきた分だけ大手企業との繋がりも多く、派遣先として紹介してくれる可能性を見込めます。
    資本系派遣会社は、メーカーや商社などの大手企業が設立した人材派遣会社であるため、親会社自体や繋がりのある大手企業・有名企業を紹介してくれるチャンスも多いです。


    大手企業や有名企業の選考では、他の求人に比べて競争率が高いことも少なくありません。
    派遣先との面談当日までに準備をしっかりとおこない万全の状態で顔合わせに臨むようにしましょう。


    会社選びの手順

    具体的に派遣会社を選び、利用し、派遣先で実際に働くまでの流れを具体的な手順に沿って解説します。


    自己分析によって自分に重要な条件を知る

    派遣会社それぞれの違いを知ることも重要ですが、同じくらい重要なのは自分自身がどのような環境や条件で働きたいかを明確にすることです。
    まだ漠然としている人は、ぜひもう一度考えてみるとよいでしょう。


    また、困ったら家族や友人など親交のある方に協力をお願いしてみましょう。
    自分の長所や短所、向いていそうな職業などを周囲の人に聞いてみることで、今までに気が付かなかった新しい自分の側面と出会える可能性があります。


    気付きを得ることで、自分が働く上での重要視したい条件や理想、希望が見えてくることも多いです。


    まずは、派遣会社に複数登録してみる

    派遣者を登録する際には数社登録しておくと良いでしょう。
    複数の派遣会社に登録をおこなうことで、仕事を紹介してもらう機会を増やすことができます。


    また、途切れることなく仕事ができる可能性を高めることにも繋がります。
    一度登録してしまったら何かトラブルに発展するのではないかと不安に思われるかもしれませんが、派遣会社は登録しておくだけでも得られるメリットは多いです。


    詳しいメリットについてはこちらの記事でご紹介しています。
    ▶︎派遣は登録だけでも大丈夫?派遣会社に登録しておくだけで得られるメリット


    中には10社以上登録している方も

    10社以上の派遣会社に登録をしている方も、中にはいらっしゃいます。


    数多くの派遣会社に登録することには、様々な求人情報を獲得できる、派遣会社ごとの強みを利用できるといったメリットがあります。
    特に、求人情報を多く得ることは、自分の生活や希望に合う派遣先を選別する上でも有利であるといえるでしょう。


    一方で、登録する派遣会社の数だけ、求人案内や担当者からの連絡は増加することになります。
    連絡の多さに混乱をしてしまい、かえって派遣会社の利用が難しくなってしまっては元も子もありません。
    登録する派遣会社を増やすことを検討する際には、自分が管理できる範囲に注意しながら、少しずつ登録していく方法をおすすめします。


    また、実際に10社以上の派遣会社に登録している人であっても、よく利用する派遣会社とあまり利用しない派遣会社に区分けをしている方は多いです。


    登録したからといって、全てを完璧に使いこなす必要はありません。
    必要に応じて情報を取捨選択すると、多くの派遣会社を上手に利用することができるでしょう。


    よく利用する派遣会社とあまり利用しない派遣会社の違いとは

    多くの派遣会社に登録をする方が、よく利用する派遣会社には以下のような特徴があります。


    • ・積極的に多くの仕事を紹介してくれる
    • ・空白期間なく仕事の紹介を続けてくれる
    • ・自分の希望に沿った仕事を提案してくれる


    コミュニケーションをしっかりと取り、手厚くキャリアを支援してくれる派遣会社は信頼できるうえに、活用もしやすいです。
    以上の点に合致する派遣会社は、優れた派遣会社であるといえるでしょう。


    また、利用者ひとりひとりによって求めるサービスには違いもあるはずです。
    自分と相性のよい派遣会社に出会えた際には、是非、積極的に活用してみてください。


    実際に担当者と話してみる

    派遣会社に登録する際や、求人に応募した後に担当者と話す機会があります。
    その際は、遠慮せずにしっかりと希望の条件や職歴、困っていることなどを伝えてみましょう。


    また、ご自身のこれまでの経歴やスキル、これからどのようなお仕事をしていきたいかを話しておくことは、相性の良い派遣先を見つける際の手掛かりにもなります。
    ミスマッチを防いで快適に働くためにも「知っておいてほしい」と思うことは、担当者に打ち明けてみてください。


    応募した派遣先についても本当にその職場が自分に向いているか、他に似たようなおすすめの求人がないかなど、気がかりに思う部分があれば相談してみましょう。


    不安な点や要望を気兼ねせずに話すことは、前向きに派遣先を見つけるためにも重要です。


    希望の企業が見つかったら就業開始

    希望の企業が見つかったら派遣社員の募集に応募し、派遣先との面談後、自分自身と派遣先企業の双方で同意が取れたら、はれて就業を開始することができます。


    派遣会社では、就業が始まった後も労働環境に関する相談事やトラブルに関する対応を引き受けてくれるため、安心して働くことが可能です。
    何か困りごとが生じた際には、派遣会社に連絡をしてみましょう。


    また、派遣先で働いていても、所属している会社は派遣会社となるため、福利厚生や社会保険は派遣会社のものを利用することになります。
    就業規則についても、派遣会社と派遣先の会社の両方を確認しておくとトラブルを防ぐことができます。


    派遣社員中にも様々な種類の働き方があります。
    通常、派遣社員として働く際には従事する期間が設けられていますが、従事する期間が設けられていない形態や、正社員登用の入り口となる派遣形態などもあります。


    派遣社員としての雇用形態について、詳しく知りたいと考える方はこちらの記事もご覧ください。
    ▶派遣で働きながらキャリアアップできる「無期雇用派遣」のメリット・デメリットとは


    派遣会社を探している人にはフェローシップがおすすめ

    ライフスタイルや、理想の将来像、価値観によって、希望する働き方やキャリアプランは人それぞれです。


    どんな働き方ができたらよいか思い浮かべて整理をすることで、自ずと就業先に求める条件を掴めることがあります。
    働き方に迷いのある方は、周囲の手も借りながら自身の持つ「希望」を見つめてみることもおすすめです。


    また、同様に派遣会社も規模の大小や総合型・特化型といったスタイルによって紹介できる求人情報やサポートの内容も様々になります。
    派遣会社を選ぶ際のポイントとも照らし合わせながら、相性のよい派遣会社を見つけてみましょう。


    派遣会社を探している人にはフェローシップがおすすめです。
    フェローシップは規模は中小で独立系、扱っている業界・職種は総合系の派遣会社です。


    特にそれぞれのキャリアプランに沿った案件の紹介に力を入れています。
    家庭やプライベートとの両立や、将来に向けたスキルアップ、正社員転職を目指した働き方など、一人一人が生き生きと自分らしく働ける求人情報をご提案します。


    働く上での些細な悩みや疑問点についても、いつでもしっかりお答えするので、初めての派遣で不安という方にもおすすめです。
    またこれまで2004年以来培ってきた幅広い業界・職種における豊富な知識量や情報量を活かしたアドバイスも適宜させていただいています。


    もちろん未経験案件への挑戦もサポートしています。
    派遣先の企業への交渉や派遣はもちろん資格取得の受験料一部負担やEラーニングの提供など充実の環境があります。


    福利厚生も年次有給制度や産前後・育児休業に加えて健康診断などを整えています。
    ※充実したサポートや環境でキャリアプランを実現させたい方はこちら


    中国語が話せる日本人や在日外国人用の求人サイト「TENJee」も運営しています。

中国語のスキルがある方はぜひご覧ください。
派遣事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。