コラム&NEWS

転職エージェントを使わない転職方法のメリット・デメリット徹底解説[紹介2]
2021/02/03
転職を考えている方の中には、転職エージェントを利用する方は非常に多いです。
転職エージェントは応募書類作成のサポート・面接対策・企業との連絡等様々な面で転職活動をサポートしてもらうことができます。

しかし「転職エージェントを利用してみたいけど、忙しくてなかなか定期的な面談の時間を設けることができない」という方や、「転職エージェントって実際どうなんだろう」と不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

転職エージェントの中でも様々な種類があり、調べてみることで自分にあった転職エージェントを見つけることができる場合もあります。

「フェローシップ」では充実した選考サポートだけでなく、それぞれのライフプランや入社後の活躍までを見込んで求人を紹介するので、転職エージェントを利用するのに不安を持っている方も安心して利用していただくことができます。

今回は、転職エージェントを利用しないで転職する方法や、転職エージェントを利用しないで転職活動をするメリット・デメリットをご紹介します。

転職エージェントとは

転職エージェントとは転職支援サービスの一つで、登録すると一人一人にアドバイザーがつき、選考サポートから転職に関する悩みや不安へのアドバイスなど、転職に関して幅広いサポートを受けることのできるサービスです。

転職エージェントを使わずに転職する方法

転職エージェントを使わずに転職するメリットや具体的な転職方法を紹介します。

転職エージェントを使わないメリット

転職活動の際には転職エージェントを利用する人も多いですが、転職エージェントを利用しない転職方法も存在します。
ここでは転職エージェントを利用しないメリットをご紹介します。

自分のペースで転職活動ができる

転職エージェントを利用しないで転職活動をするメリットとして大きいのは、自分のペースで転職活動ができるという点です。
転職エージェントは担当者に様々なサポートをしてもらうため、担当者とのやりとりが発生しますが、転職エージェントを利用しない場合はより好きな時に転職活動を行うことができます。

相性のよくない担当者に活動を左右されない

転職エージェントを利用する場合、転職エージェントとの相性は転職活動を成功させるにあたって非常に重要なポイントとなります。

担当者との相性が良くない場合、転職活動のモチベーションが下がってしまう可能性もあります。
このような事態が発生する可能性がないことは、転職エージェントを利用しないメリットです。

「フェローシップ」では求職者の方の要望を第一に、転職に関するプロが市場の傾向や評価軸を踏まえながらじっくりと活動を支援させていただいているので、多くの求職者の方に選ばれています。

応募経路は基本的に選考に影響しない

基本的に転職エージェントを利用しているから採用される、転職エージェントを利用していないから採用されないということはないので、転職エージェントを利用しなかったとしても選考に不利になることはありません。

ただし、転職エージェントは企業との間に独自のパイプを持っていることがあるので、採用の後押しをしてもらえる場合もあります。
そのため、転職エージェントを利用することによって有利に選考を進められる可能性はあります。

具体的な4つの転職方法

転職エージェントを使わない具体的な転職方法を4つ紹介します。

企業へ直接応募する

転職サイトやハローワークなどに掲載されていない企業でも、希望する企業のサイトに採用情報が掲載されていれば、そこから直接応募することが可能です。
また、SNSなどを利用して企業の採用担当の方に直接連絡を取るという手段もあります。

直接応募のメリットは、転職サイトやハローワークではなく自社のホームページに訪れて応募しているため、その企業に強い興味を持って応募していることが伝えられる点です。

ただし、準備や対策、連絡なども全て自分で行わなければならないので、転職エージェントを利用するよりも手間がかかります。

転職サイトを利用する

転職サイトは、様々な企業や職種の求人情報が掲載されているWEBサイトです。会員登録すれば企業の情報が届いたり、企業側から直接オファーが来ることもあります。

非常に多くの企業の求人情報が掲載されており、自由に検索・閲覧が可能なので、豊富な求人情報か自分にあった企業を探すことができます。

リファラル採用

リファラル採用とは入りたい企業の社員の推薦をもらって採用担当者に会う方法で、近年増えている採用方式です。

リファラル採用のメリットは、紹介者の方に企業のリアルな情報を聞くことができる点です。そのため、入社後のギャップが少なくなります。
また、他の方法に比べて選考にも通りやすくなる傾向があります。

ただし、内定辞退がしにくくなったり、入社後にやめにくくなったりする場合があり、普通の採用方法よりも気を遣うことが多くなることがあるので注意が必要です。

ハローワークを利用する

ハローワークは、転職サイトなどに載っていない、地域の中小企業などの求人を多く抱えています。
地方で就職する場合やベンチャー企業、スタートアップ企業などを探している場合には、思わぬ求人に出会えることもあります。

また、ハローワーク経由の応募は、面接が義務となっているため、必ず面接をしてもらうことができます。
書類選考で落とされてしまうことがなくなるという点はハローワークを利用するメリットといえます。

ただし、転職エージェントと違い、担当職員の方は転職のプロという訳ではありません。 そのため、市場にあったアドバイスを受けることができない点には注意が必要です。

転職エージェントを使わないデメリット

転職エージェントを使わないデメリットを紹介します。
1つでも不安な要素がある場合は転職エージェントに登録してみるのはいかがでしょうか。

非公開求人に応募できない

転職エージェントは非公開の求人も預かっている場合があります。
転職エージェントを利用しない場合、公開されている求人情報しか知ることができないため、転職の幅が狭まってしまう可能性があります。

応募から採用までに多くの手間がかかる

転職エージェントを利用しない場合、先方への応募書類の提出や日程調整等の業務をエージェントにしてもらうことができます。
転職エージェントを利用しない場合、自分で全て行わなければならないため、応募から採用まで多くの手間がかかる点には注意が必要です。

選考の中でサポートを受けられない

転職エージェントでは、面接対策や応募書類の添削をはじめとした様々な選考サポートを受けることができます。
転職エージェントを利用しない場合、第三者から客観的な評価や意見をもらうことができないため、直すべきところが見えづらい可能性があります。

面接での失敗を巻き返せない

転職エージェントは、面接が終わった後に採用担当者と連絡をとって面接では伝えきれない求職者の方のスキルや魅力を後押ししてくれることがあります。

面接で緊張して失敗してしまった、伝えたいことを伝えきれなかった、という場合に、エージェントの営業で失敗を挽回できる可能性があります。
転職エージェントを利用しない応募の場合、失敗してしまったら挽回のチャンスはなかなかないでしょう。

転職市場における自分の市場価値を客観視できない

転職エージェントでは、転職のプロに担当者としてついてもらうことができます。
担当者は転職の市場を熟知しており、自分のことを客観的な目線で市場価値を判断してもらうことができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

一人で転職活動を行っていると他人からアドバイスがもらえないため、自分の市場価値を一人称視点でしか判断することができません。

自分の市場価値を正確に把握していない状態で選考に挑むと、なかなか選考に通らなかったり転職活動が難航してしまう可能性があります。
転職活動において自分の市場価値を正しく把握することは非常に重要です。

とりあえず転職エージェントに登録しておくのも効果的

転職エージェントのサービスは全て無料で利用することができるので、とりあえず登録しておくのも効果的といえます。

担当者との相性などで違和感を感じた場合には変更してもらったり、お金がかかることなく解約することもできるので気軽に利用することができます。

「フェローシップ」をおすすめする理由

転職エージェントとしてのサポートはもちろん自分らしいキャリアを支援してくれる

「フェローシップ」は転職エージェントとしてのサポートだけでなく、一人一人の幸せに繋がるキャリアプランを一緒に考えます。
「フェローシップ」では、求職者の方がどのようなキャリアを歩んでいきたいかをじっくりと伺い、サポートしていきます。

エージェント機能だけでなく出身国に特化した求人サイトのサービスも利用できる

外国人の方が日本で転職活動を行う場合、特定の出身国に特化した求人サイトのサービスを利用することも1つの手です。

中国語が話せる人向けの求人サイト「TENJee」では、中国語が話せる人材を雇用したい企業からの求人情報を多数掲載しています。
自分の日本語と中国語のレベルに合わせた求人情報を検索することもできるため、中国語のスキルを活かした仕事に就きたいという日本人の方も活用することができます。
中国語を使って仕事をしたいという方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。