コラム&NEWS

書類選考突破の秘訣!転職エージェントを活用して転職を有利に進める[紹介2]
2021/05/12

「転職活動中だが書類選考をなかなか突破することができない」「そもそもなぜ書類が通らないのか分からない」など、書類選考に苦戦している方も多いかもしれません。

他の求職者の書類を見る機会も少ないため、選ばれる選考書類とはどのようなものなのか想像もつかないという方もいるのではないでしょうか。

書類選考を突破するにあたって、事前に第三者に提出書類をチェックしてもらうことは重要です。
そのため、転職エージェントに相談してプロの目線から必要なアドバイスをもらうことで転職活動をより有利に進めることができます。

そこで今回は、書類選考を突破するための転職エージェントの活用方法について解説します。
転職エージェントによるサポートの内容や、相談する上で意識したいポイントについてもあわせてご紹介するので、転職活動中の方はこの記事を参考に書類を準備してみてはいかがでしょうか。

また、フェローシップではキャリアプランを踏まえ、転職者一人一人に寄り添ったサポートを受けることが可能です。
転職活動を少しでも有利に進めたいという方におすすめです。

紹介事業部

書類選考が突破できない主な理由

転職活動において書類選考とは、多くの求職者の中から自社にあった人材を絞り込む最初の作業です。
つまり、書類を通して自分と企業とのマッチ度をアピールすることで採用担当者に「ぜひ会ってみたい」と思わせることができるかどうかの勝負なのです。

採用担当者に魅力が十分に伝わらない書類の共通点についてみていきたいと思います。

企業が欲するレベルに達していない

提出書類の内容が、企業の求めるレベルに達していないケースがあります。

転職活動時の提出書類は一般的に履歴書と職務経歴書の2点ですが、職務経歴書はフォーマットが定められていない場合がほとんどです。
しかし、企業側が書類に求めている情報が不足している場合は、選考対象外とされてしまう可能性があります。

また、求められているレベルに達していたとしても、整理されていないフォーマットだった場合も低い評価につながるでしょう。

志望動機が曖昧

志望動機が曖昧な書類は採用者からの評価が下がってしまいます。

選考をなかなか通過できない書類の共通点のひとつに、自分のやりたいことだけを志望動機として書いているケースがあります。
「なぜこの企業なのか」が欠けた書類は採用担当者の目にはあまり止まりません。

「数ある企業の中からなぜその企業を選んだか」という企業研究が足りていないと、選考の通過は難しいといえるでしょう。

転職理由が曖昧

転職理由の曖昧さも低い評価につながります。

転職者の多くが陥ってしまう失敗例として、転職理由欄に「退職理由」を開いてしまうケースが挙げられます。
前職を辞めることとなった経緯はネガティブな内容になりやすく、悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

また「どのような仕事をしたいか」といった内容が曖昧になっていたり、筋が通っていなかったりすると、転職への意欲が低いと見做され高い評価は得られません。

採用担当者は転職者が「自社で長く働き続けてくれるか」をみています。曖昧であったり筋がずれていたりすると、良い印象にはつながらないのです。

空白期間が長い

経歴の記載欄に空白期間が長く続いている場合は採用担当者に不信感を与えてしまいます。

採用担当者は空白期間に何をしていたのか必ず疑問を持ちます。
きちんと納得させる理由を明記していない場合は、だらしないという印象を与えてしまうといえます。

企業にマッチしない

自己PRと企業が求める人物像があっていない可能性があります。

一般に、求人情報には募集条件や企業が欲している人物像について細かく記載されています。

企業側が求める人物像と異なる点をアピールしてしまっていることで低い評価につながっている場合があります。
企業研究が足りていないという印象を与えてしまっているともいえるでしょう。

また、キャリアやスキルについて具体的に示せていない場合も、漠然としすぎていて採用担当者に「評価しようがない」と捉えられているかもしれません。

希望年収が相場とあわない

希望している年収がその職種の相場とあわない場合も低評価につながります。

職種ごとの相場は簡単に調べることができます。
相場とあわない年収を希望することは、企業・業界研究が足りていないという印象与えてしまうでしょう。

前職が同業である場合もその職場での給料が必ずしも業界の相場とは限りません。
同じ職種での経験に頼って、準備不足や業界研究不足が露呈してしまうことも少なくはないので注意しましょう。

提出書類の誤字脱字

記入漏れや修正テープなどでの修正跡、誤字脱字などの書類の不備は非常に印象が悪いです。準備不足や意識が低いという評価につながることもあります。

また、採用後も仕事で同様のミスをするのではないかというイメージを与えてしまう可能性もあります。

転職エージェントを利用した方が書類選考の突破できる可能性は上がる

転職エージェントを活用することで、書類選考突破の可能性を大きく高めることが可能です。
エージェントを活用することで得られるメリットについて5点ご紹介します。

自身の魅力を第三者視点で教えてくれる

転職エージェントに第三者視点から求職者の魅力を教えてもらうことができます。

エージェントは転職・就職のプロとして何人もの求職者を見てきたプロです。
そんな人を見るプロに、転職活動で強力なアピールポイントを見つけてもらうことで、より高い評価につながる自己 PRを作成することにつながります。

自分では気づかなかった自身の強みが見つかるかもしれません。

応募書類の書き方をレクチャーしてくれる

応募書類の書き方やコツについて細かく指導してもらうことができます。
採用担当者が注目している点などもあわせて聞くことができるため、自信を持って書類作成を進めることができるでしょう。

また、完成した書類の添削もしてもらえるので安心ですよ。

企業が求める人物像を教えてくれる

転職エージェントは企業や業界の情報に精通した専門家です。
そんな専門家から各業界や企業の詳しい情報を聞くことができるのも、転職エージェントに相談するメリットです。

エージェントを活用することで、より綿密な業界・企業研究が可能になります。

様々な種類の求人を把握している

企業の求人には様々な種類があります。
正社員だけに限らず、派遣なども魅力的な選択肢のひとつです。

エージェントに相談することでより待遇の良い派遣求人が見つかる、といったケースもあります。

相談を通して一人一人のキャリアプランや理想の働き方を理解した上で情報を教えてもらえるので、安心して任せることができるのではないでしょうか。

その後の面接などのサポートなども充実

転職エージェントのサポートは書類の準備だけに止まりません。
無事書類選考を通過した暁には、面接などの対策もしてもらうことができます。

採用が決定するまで長期に渡ってしっかりとプロのサポートを受けることができるのも、転職エージェントの大きな魅力のひとつです。

より良いサポートを受けるために

転職エージェントは求職者の強力な味方です。
そんなエージェントからより満足のいくサポートを受けるために心がけておきたいのは、友好的な関係を築くことです。

積極的にコミュニケーションをとることで、転職エージェントにより自分という人間を理解してもらうことができます。

また、エージェントとより良い関係を築くことで、求人の種類や応募枠が少ない求人があった場合でも強く後押ししてもらえる可能性が高いです。

限られた付き合いではありますが、良好な関係を目指しましょう。

転職エージェントを利用して書類選考から内定までをスムーズに

転職エージェントを活用することで、より万全の対策をして書類選考にのぞむことができます。
プロであるエージェントに第三者からの目線でアドバイスをもらうことで、自身の魅力を最大限書類でアピールすることができます。

また、面接など、採用が決まるまで長期にわたってサポートを受けられるので、内定までをスムーズに進めることができるでしょう。

フェローシップは有名企業への内定実績も多数ある転職エージェントです。
一人一人のキャリアプランの設計から理想の働き方の実現まで、求職者に寄り添ったサポートを受けることができます。
転職活動の際にエージェントの利用を考えている方には、フェローシップがおすすめですよ。
※求職者に寄り添う転職エージェントの利用はこちらから

また、中国語を活かした転職をお考えの方にはTENJeeという求人サイトがおすすめです。
中国語スキルがある人専用のサイトなので、募集要件など気になる方は是非チェックしてみてください。

BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。