コラム&NEWS

【新卒と中途別】企業が留学生や外国人に求める日本語力、内定をもらうためのコツ[グローバル1]
2021/03/19

外国人の方が日本で就職する際に日本語能力を求められる傾向にありますが、新卒で求められるレベルと中途で就職する際のレベルに違いがあるのでしょうか。

今回は、外国人留学生が日本で働きたいと考える理由や就職時に不安に感じることをはじめ、就職時に必要になる日本語能力について解説いたします。

グローバル事業部

外国人留学生が日本で就職したい理由

日本に来ている外国人留学生の中には、卒業後も日本で働きたいと考えている方が多くいます。
実際に、株式会社ディスコの外国人留学生の就職活動に関する調査結果(2020年8月発行)によると、2021年3月卒の留学生の約9割は卒業後も日本で働きたいと考えているというデータがあります。

卒業後も日本に残って働きたい理由を外国人留学生の理由を聞くと、多くの外国人留学生が「生活環境になれているから」、「日本語が活かせるから」、「給与・待遇が良いから」といった理由を挙げています。

外国人留学生が日本で就職する際に不安に感じていること

外国人留学生の多くが日本で働きたいと考えている反面、日本で就職する際に不安に感じることも少なくありません。株式会社ディスコの調査によると、主に「自分の日本語が通じるか」「職場の人間関係を作れるか」といったことに不安を感じている外国人留学生が多いことがわかります。

日本で就職する際に不安に感じること.png

日本で仕事をするうえで、やはり日本語は必須のスキルで、円滑に仕事を進めるためにも欠かせません。日本で就職したい場合に、日本語能力が必要なことは外国人留学生もいたいほどわかっており、そのため社会に出たときに本当に通用するのか不安に感じてい方が多いのだと推測できます。

企業が求めている日本語能力とは

では、一体企業はどのくらいの日本語能力を求めているのでしょうか。
同じ調査によると、企業が外国人留学生の内定時に求める日本語レベルは、大体ビジネスレベル程度であることがわかります。

もう少し具体的に見ていくと、約46%の企業は外国人留学生採用時のJLPTの入社基準が日本語能力試験のN2以上となっています。

企業が留学生求めている日本語能力

新卒ではなく中途枠で日本企業に就職する場合に求められる日本語レベルとは

新卒として採用される場合は、最低限N2を満たすことが求められます。しかし、すでに社会人経験のある外国人の場合は、それより高い日本語能力を求められる傾向にあります。

ただ、N2以上となるとハードルが高くなります。N1はネイティブレベルの日本語能力を有している必要があり、日本人と同じようにコミュニケーションができるほどの持ち主になります。

そのため、日本で就職するためにN1を取得するのは現実的ではない場合があります。
では、もし転職するときに、N2をしか持っていなかった時はどうすればいいのでしょうか。

N2で日本企業に就職するためのポイント①「声を出して、スピーキング練習をする」

N2であっても、スピーキングが良ければ、転職できる可能性がありますので、スピーキング能力を向上させることに注力するとよいでしょう。

スピーキング能力を上げるには、面接によく聞かれる質問などをまとめて、その回答を書いた後に、声を出して練習する方法がおすすめです。
発音もうまくなるだけでなく、面接の際に日本語が通じるかどうか事前に確認することができるので、面接時の不安も少なくなります。
自分の日本語が心配の場合は、日本の友人に頼んで日本語のチェックをお願いしてみてください。

フェローシップのコラムに「外国人が面接の際によく聞かれる質問」という記事がありますので、練習する際はぜひ活用してください。

N2で日本企業に就職するためのポイント②「転職エージェントに相談する」

N2の資格しか持っていなくて、転職できるかどうか不安な時は1人で悩まずに、まずは他の人に相談しましょう。誰と相談すればいいかというと、やはり、日本の転職について詳しい転職エージェントと相談することがオススメです。

転職エージェントに相談することで今転職できるのか、もし転職をする際に何をした方がいいのかもわかるので、今後の行動計画を立てることができます。

日本語能力を向上させることはもちろん必要ですが、今の能力でできる仕事を探すことも大切です。転職エージェントに相談することで、今の自分の日本語能力でできる仕事を知れるうえに、希望する仕事に就くために必要な能力も知ることができるので、漠然と転職ができる不安な方は、一度転職エージェントに相談してみてください。

日本で仕事をしたい方はフェローシップにご相談ください

フェローシップでは、日本で就職・転職したい求職者の方を手厚くサポートをしています。

フェローシップには中国国籍の担当者をはじめ外国籍の社員が在籍していますので、外国人の方特有の不安なことを気軽に相談することができます。 その他、面接前の事前対策やキャリアプランの作成など、求職者の方が安心して就職活動ができるようにサポートいたしますのでご安心ください。

日本で仕事を探している方は、ぜひフェローシップに一度ご相談ください。
グローバル事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。