コラム&NEWS

30代女性の転職活動を成功させるには?30代女性の転職事情を解説[紹介2]
2022/07/18

近年は終身雇用が当たり前ではなくなり、転職という選択肢が以前よりも一般的なものになっています。

転職の背景には今の仕事を辞めたい、キャリアアップしたい、ワークライフバランスを安定させたいなどさまざまな事情があります。
中でも30代女性は、結婚や出産など、人生の大きなライフステージを迎えることが多い年代で、転職を検討している方も多いのではないでしょうか。

この記事では、30代女性の転職事情や求められるものを解説し、後悔しない転職活動をするためのノウハウをご紹介します。

転職活動を検討している方は、フェローシップのご利用をおすすめします。
フェローシップは一人一人に合ったお仕事を紹介する転職エージェントです。
求人のご紹介だけでなく、長期的なキャリアプランのご相談や選考・面接の対策も支援しているので、効率的に仕事探しをすることができます。
※フェローシップのご利用はこちらから

転職市場における「30代」が持つ意味

転職活動を進める上で、年齢は重要な意味を持ちます。
20代と40代とでは同じ社会人といっても仕事上の経験には大きな差があるように、企業の採用担当者も各年齢層ごとに異なる期待するスキルや経験の水準をベースとして判断しています。

そのため、30代の求職者に対して企業が求める素質やチェックされているポイントを理解しておくことで、自分の強みをより効果的にアピールし面接対策も万全にすることができるでしょう。

30代に求められるもの

一般的に企業は、30代の求職者に対して即戦力としてのスキルと今後の成長や長期的な活躍を期待しています。
30代前半と後半とでは差がありますが、特に35歳未満の方の場合は後者の成長に対する期待がより大きくなる傾向があります。

30代は基本的に、新卒から10年程度が経過しており、ビジネス上のマナーやプレーヤーとして現場で活躍した経験を持っていると想定できます。
そのため企業はこれまでの経歴と自社での仕事内容を照らし合わせ、即戦力として活躍してくれるかどうかを考えながら採用活動を進めています。

また、20代から60代まで幅広い世代が活躍する労働市場において、30代の人材はこれから先現役で働く期間は長いです。
そのため、今後現場で更なる経験を積み会社を引っ張っていく存在として成長するのはもちろんのこと、管理職としての成長に対する意欲についてもチェックされるといえます。

企業にとっては自社で長く働き、キャリアを形成する人材を求めている傾向にあるため、これまで10年近く社会人を経験した上で今後どのような成長を目指したいかというビジョンを聞かれる場面が多くあるでしょう。

出産や育児、介護などのライフイベントとの両立も重要な要素に

30代は出産や育児、介護などの人生における重要なライフイベントに差し掛かることが多い時期です。
転職活動をする場合は、育児休暇等の福利厚生が手厚いかどうかといった点が仕事探しの大きな指標になります。

また、企業の視点では雇用して間もなく結婚や育児休暇などによって全く働くことができないという状況はやはり望ましくはないので、「どれくらいの労働時間が確保できるか」を知るために結婚や育児の予定などについても企業側から聞かれる場面もあるかもしれません。

30代女性がで転職活動を始める一般的な理由

30代女性が転職活動を始める一般的な理由はさまざまですが、やはりキャリアアップを目指して転職を志すケースは多いです。

また、30代の中でも特に女性に多い傾向があるのは、結婚や育児などのライフイベントの影響でフルタイムの労働が厳しくなり、時短勤務が可能な職場や有給取得率が高い職場を探すケースです。

他にも体力的な面から、美容部員やアパレル等の販売員や接客業務を辞め、オフィスワーカーへの転身を目指す女性もいます。

【準備段階編】30代女性の転職活動のポイント

時間や体力、気力を消耗する転職活動を成功させるためには、事前の準備をきちんとおこなうことが大切です。
特に30代は職場での責任も大きくなりプロジェクトなどで重要なポジションを任される場合も多いかもしれません。

現在の仕事と育児などのプライベート、転職活動の3つを両立させるためには、隙間時間を活用し、タスクを整理しながら計画的に取り組むことが求められます。

ここでは30代女性の転職活動を成功させるポイントをご紹介します。

キャリアプランを立て将来を見据えておく

新しい仕事を見つけるという目先の転職活動だけに焦点を当てるのではなく、長期的な視野でキャリアプランを考えることが大切になります。

また、仕事の面だけではなく、プライベートの事情を含んだ全体のライフプランを考えることで、転職先に求める条件が見えやすくなるでしょう。

30代となりこれまで10年程度仕事を経験したからこそ見えてくるものもあるため、一度立ち止まって自分のビジョンを明確にしておくことが重要です。
キャリアプランを立てる方法やポイントについては、こちらの記事でご紹介しておりますのであわせてご参照ください。
▶︎キャリアプランとは 重要性やメリット、立て方のコツをご紹介

企業選定は優先順位をつけて絞り込む

転職先の候補となる企業を選定する際、求める条件に優先順位をつけて絞り込むことがポイントです。
勤務時間や金銭面、福利厚生など条件となるものは多いですが、その中で「これだけは譲れない」という絶対的な条件をあらかじめ決めておくことで、企業選定がしやすくなります。

転職理由は必ず突き詰めて考える

転職するという決断をすることになった理由を突き詰めて考えることが大切です。
どのような部分が自身と噛み合わなかったのかを具体的に考えることで、転職先選びに活かすことができます。

【選考対策編】30代女性の転職活動のポイント

準備段階が終わったら、いよいよ選考の時間になります。
選考対策の観点で30代女性の転職活動のポイントをご紹介します。

自己分析で自分の市場価値を明らかにする

就職活動と同様に、転職においても自己分析をして自身の市場価値を理解することがポイントです。

社会人としての経験を踏まえ、新卒のときとは違う視点で自身と向き合いキャリアやスキルを洗い出します。
こうした自己分析やそこから見えてくる長所や短所は、今後の生活をする上での指標のひとつになるでしょう。

「即戦力となること」のアピールを意識する

新卒や第二新卒はポテンシャルの面が評価の対象になりやすいですが、30代は即戦力として活躍できることが大きなアピールポイントになります。
資格を取得することや、過去の業務で得た実績やスキルを数字等を交えて具体的に説明することで、企業に即戦力としてのアピールをすることができるでしょう。

マネジメントスキルはあらゆる業種で重視されている

30代は中間管理職への道を期待されることも多いので、マネジメントスキルはあらゆる業種に共通して重視されています。
大きな成果や実績は無くても、何らかの集団を率いた経験や部下を管理した経験について振り返り、具体的に説明できるようにしておくとよい準備になるでしょう。

新しい環境への適応力やバイタリティ、成長意欲もアピールポイント

転職は実力が重視される傾向にありますが、新しい環境への適応力や成長意欲といった要素も重要です。
こうした適応力や意欲は面接に臨む姿勢や話し方によっても伝えることができる部分ですので、選考段階で意識するとよいでしょう。

30代女性が転職活動で後悔するポイント

事前の準備や選考対策をせずに転職してしまうと、後悔するような結果になってしまう危険性があります。
30代女性が転職活動で後悔しやすいポイントをご紹介します。

勢いで今の職場を退職してしまった

転職先のことなどを深く考えず、一時的な考えや勢いによって職場を退職してしまうケースがあります。

しかし、離職期間の長さは転職時のネガティブな印象にも繋がりかねないので、タイミングは慎重に検討した方がよいでしょう。
無理がなければ、転職活動は今の職場で働きながら並行しておこなうと、後悔する危険性を減らすことができます。

これまでのキャリアと真逆の仕事を安易に選んでしまった

体力的な問題や環境を変えたいという気持ちから、これまでのキャリアと真逆の仕事を安易に選んでしまうというケースがあります。
例えば、販売や接客の仕事に疲れたので、事務職に転職後、オフィスワークにやりがいを見出せずに後悔するというケースです。

無論、前と異なる仕事をすることがいけないわけではありません。
なぜ今の仕事を辞めたいのか、なぜ新しい仕事をしたいのかを具体的に突き詰めていくことで、このような後悔を回避することができます。

全部一人でやろうとしてパンクしてしまった

仕事を続けながら転職活動をおこなうというパターンが多く、職場の人にもなかなか相談しにくいので、1人で抱え込んでしまうというケースが多くあります。

家族や友人などに相談することで、精神的に楽になるだけでなく、他者の視点を取り入れることによって自身が求めているものややりたいことが浮かび上がることもあるでしょう。

また、家族や友人にも相談しづらいときは、転職エージェントに相談するのも1つの方法です。

30代女性の転職には転職エージェントの活用が効果的

1人で抱え込んで精神的につらい日々を送るのを避けるためにも、30代女性の転職には転職エージェントの活用が効果的です。
転職エージェントを利用することで得られるメリットをご紹介します。

客観的に自分な自分の市場価値を測れる

転職活動において自己分析は重要ですが、それと同じくらいプロからの視点も重要です。
自身の客観的な市場価値を把握しておくことで、企業が自身に何を求めているかを理解しやすくなるので、結果として自身にあった仕事を探しやすくなります。

福利厚生や働きやすさなどより詳しい情報を入手しやすい

女性の場合は特に、出産や育児面を中心とした福利厚生が企業選びの大きな要素になるかと思いますが、転職エージェントは手がける企業の実態について深い見識を持っています。
そのため、活用することで企業の福利厚生について企業のホームページやパンフレットより詳しい情報を入手することができる可能性が高いです。

スケジュール管理や選考対策など効率化しやすい

仕事と両立しながらの転職活動は少ない時間で効率的におこなうことが求められますが、転職エージェントを利用することで、これまで多くの求職者をサポートしてきたエージェントならではのプロの知見を活かし、最も効率的なスケジュールを一緒に計画することができます。

一人で取り組む場合は、情報収集や選考対策にどの程度時間を割くか悩むケースも多いですが、プロのアドバイスを受けることで万全の準備につながります。

また、書類や面接などの選考対策をプロの視点で見てもらうことで改善点が見えてくるので、選考突破の可能性が上がり、結果として転職活動全体を効率化することができます。

未経験分野へ挑戦もしやすい

ひとりで未経験の分野に飛び込むことは大きなリスクが伴いますが、プロの目線で適性やキャリアプランの相談に乗ってもらうことで、そのリスクを緩和することができます。

また、資格やスキルアップのサポートをおこなっているエージェントもあるので、新しい仕事にもチャレンジしやすい点が魅力です。

キャリアプランを見据えた納得の転職ならフェローシップ

こうしたポイントを踏まえ、将来的なキャリアプランを見据えた転職がしたいという方は、ぜひ フェローシップをご利用ください。

フェローシップはお客様ひとりひとりに合ったお仕事を紹介する転職エージェントです。
求人の紹介だけでなく、長期的なキャリアプランのご相談や選考対策の支援もおこなっているので、納得の転職をすることができます。
※フェローシップへのご相談はこちらから

まとめ

30代女性は結婚や出産など人生の大イベントを経験する人も多い時期ということもあり、これまでの働き方やワークライフバランスを皆お押しながら転職をはじめる人は少なくありません。

転職先を選ぶにあたっては収入、業務内容、福利厚生面など多くの評価軸があり、全てが理想的な職場を見つけることは難しいかもしれません。
自分と向き合い、優先順位を付けながらここだけは譲れないというポイントを絞って転職活動をするとよいでしょう。

また、仕事を続けながらの転職活動は負担が大きいため、家族や友人に相談するなどして1人で抱え込まないことが重要です。

転職エージェントを利用することで、プロの視点で業界への適性やキャリアプランの相談などを受けることができます。
プロの知見を活用することで、無理なく計画的に転職活動を進められるため、転職エージェントは忙しい30代女性の転職活動の頼もしい味方といえるでしょう。

転職エージェントのご利用を検討している方は、ぜひフェローシップにご相談ください。

フェローシップは派遣を含め多くの求人を紹介している転職エージェントです。 一人一人に寄り添ったサポートをおこなっており、家庭の事情や将来的な状況を踏まえたキャリアプランのご相談等も受け付けております。 ご自身の状況や強みにあった、最も自分らしく輝けるお仕事を探すお手伝いをしておりますので、興味をお持ちのお方はぜひお気軽にこちらからご連絡ください。
紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。