コラム&NEWS

転職サイトのスカウトとは?スカウトの意味についてわかりやすく解説[紹介2]
2022/06/06

転職サイトを使っている際、スカウトメールが届くこともあるでしょう。
スカウトと聞くと何か有利になるのではと思う方もいると思いますが、スカウトメールにはいくつか種類があります。

今回は転職を考えている方に転職サイトのスカウト機能について、活用法なども含めてわかりやすく解説します。

フェローシップ では、一人一人の理想に合った仕事を提供することができます。
転職には自分に合った転職サイトをどれだけ活用できるかということが重要なので、ぜひ転職をお考えの方はフェローシップをご利用ください。
※フェローシップ お問い合わせはこちら

紹介事業部

転職サイトのスカウト機能の仕組み

転職サイトのスカウト機能とは、提供企業や転職サイトから直接メールでスカウトを受けられる機能です。
あらかじめ職務経歴やスキル、資格などを登録しておくと、あなたに興味を持った企業や転職エージェントから連絡が来ます。

スカウト機能のメリット

スカウト機能のメリットについてご紹介します。

自分で求人情報を探す手間を省くことができる

スカウト機能の多くは、求職者が事前に登録しておいた職種や勤務地などの希望条件に対応した企業からメッセージが送信されます。
そのため、自分で求人サイトの検索をする手間なく希望の条件にあった求人を知ることができます。

スカウト経由限定の選考フローが用意されることもある

スカウト経由で応募する場合、書類選考や面接回数が免除されるなど特別な選考フローが用意されているケースが多いです。
企業側は登録されている職歴や自己PRを確認した上で自社に来てほしい人材を選び、スカウトメッセージを送信するため、スカウト経由の場合は一般の応募者よりも有利に選考に進みやすい可能性があります。

幅広い業界・職種と出会うきっかけになる

自分で求人を検索している際には、目を向けていなかった業界や職種のスカウトを受けることで、転職先の選択肢を広げるきっかけになります。

思いもよらない業界・職種が実は自分の希望とぴったりだったことにスカウトをきっかけに気づける可能性もあります。

自分の希望や適正にあった企業と出会える

自分の希望や適正にあった企業と出会うこともできます。
企業はあなたの職務経歴やスキルなどを見て連絡を送るので、あなたの理想に合った企業と出会いやすくなります。

スカウト機能のデメリット

スカウト機能のデメリットについてご紹介します。

大量のスカウトメッセージが届く

もし、毎日スカウトメッセージが大量に届く場合は、全部チェックするだけで時間を多く取られる可能性があります。
また、やりとりしていたメールや重要なメールが埋もれてしまう、メールフォルダがいっぱいになってしまうなど、煩わしくなる可能性もあります。

自分に合ったスカウトを見極める必要がある

届いたスカウト全てが自分に合っているとは限りません。
そのため、自分に合ったスカウトかどうかスカウト先の企業情報や業務内容を調べるなどをおこなって見極めていく必要があります。

スカウト機能だけに頼ると選択肢を狭めてしまう可能性がある

転職先の選択肢を広げてくれる便利なスカウト機能ですが、求人サイトや転職エージェントなどのサービスと上手に併用することがポイントです。

特に転職エージェントでは、プロが自分に合った業界や職種を教えてくれるため、スカウト同様に見ていなかった業界など視野を広げることができます。
また、選考対策もしてもらえるので転職に不安を感じている人にもおすすめです。

自分らしく探せる仕事探しならフェローシップ

自分の強みや適正を活かして転職をしたい方は、ぜひフェローシップをご利用ください。
フェローシップでは転職のプロが一人一人と向き合いながら、最も輝ける仕事と出会うサポートをしています。
面談を通してプロ目線で客観的に強みを見抜きお伝えするだけでなく、転職活動の軸やキャリアプランの作成についてもアドバイスいたします。

無料で利用可能なEラーニングシステムや資格取得の支援制度も充実しているので、未経験分野への転職をお考えの方にもおすすめです。
自分に向いている業界や職種が知りたい、より詳しく各企業の特徴を教えてほしい方は、ぜひこちらのエントリーフォームからフェローシップ にご登録ください。
※フェローシップ お問い合わせはこちら

届くスカウトの典型パターン4選

スカウト機能を利用した際に届くメッセージにはいくつかの傾向があります。
ここでは、典型的なスカウトメッセージのパターンを4種類ご紹介します。

企業の人事担当者からのダイレクトスカウト

企業の人事担当者が登録されている求職者のプロフィールを読み、直接メッセージを送る形式のスカウトを「ダイレクトスカウト」と呼びます。

この後ご紹介するそのほかの形式とは異なり、人事担当者が直接「ぜひ自社に来てほしい」と判断した上で送信されているため、スカウト承諾後に一般の応募者よりも有利な選考ルートを案内されるケースも多いのが特徴です。

転職サイトから登録者に自動で一斉送信されるメール

転職サイトのスカウト機能に登録している人に向けて一斉送信される形式のスカウトもあります。
この形式では勤務地や職種などの比較的広い希望条件にマッチした求職者に対して数百〜数千通の規模でメッセージが送信されている場合が多いです。

個々のプロフィールまではチェックされていないケースも多いですが、このような企業は採用活動に非常に積極的な傾向があると捉えることができます。

AIマッチングにより届くスカウトメール

スカウト機能を搭載した求人サイトの中には、AIがプロフィールに登録されている職歴や自己PRを解析して企業とのマッチングをおこなってくれるサービスもあります。

自己PRなどの複雑な文章を解析することで個々の性格や強みなどの適正を細かく判断する高性能なものも多く、人ではなくAIだからといって決して侮れない機能です。

転職サイトの担当者から自分宛に届くメール

スカウト機能が搭載されている転職サイトの中には、求人を出している企業に代わってそれぞれの求職者に合った企業情報をメールでお知らせするサービスを実施している場合もあります。

このようなスカウト形式の場合、第三者の立場からマッチ度を判断してもらえるためより希望や自分の強みにあった企業と出会える可能性は高いです。

提携している転職エージェント・ヘッドハンターからのメール

それぞれの企業が提携している転職エージェントやスカウトを専門とするヘッドハンターと呼ばれる業者からスカウトメッセージが届くケースもあります。

これは企業の採用担当者がプロフィールや希望条件を確認して、企業とのマッチ度を照らし合わせるスカウト業務を外部委託していることを意味します。

ダイレクトスカウト同様に企業側の求める人物像や具体的な働き方などを熟知した専門の人間が自己PRを見て自社に来てほしい人材を判断しているため、自分の希望にマッチしている可能性が高い傾向にあります。

スカウトメールの見分け方

ご紹介したようにスカウトにはいくつかの種類がありますが、スカウトメールの文面からある程度種類を見分けることが可能です。

また、スカウトメールの中でもより好条件で選考に進める可能性が高いものや自分とのマッチ度が高い企業を見分けるポイントもご紹介します。

登録している自己PR をふまえた文面は期待できる

これはいずれの形式のスカウトにも当てはまるポイントですが、スカウトメールの文中で登録してある自己PRなどについて具体的に触れられている場合は自分とのマッチ度が高い企業であるケースが多いです。

このような場合、職種や勤務地などの条件だけでなくより詳細なプロフィールまで読んだ上でスカウトメッセージを送っていることがうかがえます。

登録している希望条件にふれた文面も期待できる

希望の勤務地や職種などの希望条件について文中で触れているスカウトメッセージも、ある程度自分とマッチした企業だと判断して良いでしょう。

希望条件にあえて文中で触れているということは、闇雲に一斉送信したのではなく条件にそって絞り込んだ上で送信している可能性が非常に高いです。

例えば希望の業界や職種ではなくとも、働き方や福利厚生などその他の点で多く希望条件を満たしているケースもあります。
自分では気づいていなかっただけで思いがけなく自分の適性にあった企業である、という場合も十分考えられるので、まずは会社説明だけでも聞いてみてはいかがでしょうか。

定型文やコピペ文は大量送信されている可能性が高い

定型文やコピペ文のスカウトメールは、不特定多数の人に大量送信されている可能性が高いです。
少し判断が難しいところではありますが、これまで届いたいくつかのスカウトメッセージの表現が酷似しているケースや、希望条件や自己PRについて全く触れられていない場合は一斉送信の可能性が高いです。

一斉送信によるスカウトをおこなっている企業には、採用活動に非常に積極的で少しでも多くの求職者に自社のことを知ってもらいたいという狙いがある場合が多いです。

また、多くの求職者にアプローチしている分、採用枠が多い可能性も考えられます。
自分とのマッチ度を測るためにも、一度企業のホームページなどを確認してみるとよいかもしれません。

スカウトメールへの返信

スカウトメッセージが届いたが良いものの、どのように対応してよいのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。
スカウトメッセージに返信する際の基準や具体的な返信方法を解説します。

すべてのスカウトメールに返信する必要はない

通常自分に届いたメールには返信をするのが一般的ですが、スカウトメールの場合は必ずしも全てのメールに返信する必要はありません。

もちろん感謝の気持ちをこめて返信することが悪いというわけではありませんが、スカウトを承諾する場合以外は基本的には返信をしなくて問題にはなりません。 特に一斉送信しているメールなどについてはかえって企業側のメールチェックの手間を増やしてしまうともいえます。

スカウトメッセージは多い時には1日に何十件も届く場合もあるため、全てに返信するには膨大な時間が取られてしまいます。 自分のスケジュールに合わせてどの程度対応するかを判断してもよいでしょう。

スカウトを受諾する場合はできるだけ早く返信する

スカウトは承諾期限が設けられており、それを過ぎると無効になってしまいます。 一般的には2週間程度の猶予がある場合が多いですが、承諾する場合はできるだけ早く返信しましょう。

ビジネスメールは24時間以内に返信がすることがマナーとされているように、採用担当者へのマナーという観点でも早めの対応が大切です。

スカウトメールへの返信方法

企業からのスカウトメッセージに返信する方法を具体例を交えてご紹介します。
採用担当者との最初のやり取りともいえるので、より好印象を与えるためにもぜひおさえておきたい要点を解説します。

興味のあるスカウト企業への返信方法

スカウトを承諾し実際に応募したい旨を伝える際の返信の際には3つのポイントがあります。 メールの文章には正解不正解はありませんが、選考の前段階として企業に対してより良い印象を与える上でも重要といえます。

1つ目は「スカウトに対するお礼を伝えること」です。
まずはじめにスカウトしてもらったことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。

2つ目は「スカウト承諾をした理由を伝えること」です。
企業のホームページやスカウトメッセージで紹介されていたポイントなどを踏まえ、どのような点に惹かれて応募を希望するのかを伝えましょう。

3つ目は「自分の強みや経験がどのように企業に活かせるかを伝えること」です。
先ほど触れた企業の特徴や魅力と自分の強みを照らし合わせて、どのような部分がマッチしているのかを伝えましょう。

以上の3点を工夫することで、丁寧さが伝わるだけでなく、定型文ではなく心をこめてメールを送っているというアピールにもなります。
ただし書類選考の応募書類ではないので長文で詳細に記載する必要はありません。
長いメールは読みにくくなってしまいむしろ印象を悪くする恐れがあるので、簡潔に要点を記載するようにしてください。

スカウトへの返信メールの具体例

以上のポイントをふまえた文章例は以下のとおりです。
これが正解というわけではありませんが、ご紹介した要点をおさえたメール作成にお役立てください。

〇〇株式会社
採用担当〇〇様

初めまして、□□と申します。
この度はスカウトのご連絡をいただき誠にありがとうございます。
貴社の△△や△△に魅力を感じ、ぜひ応募させていただきたいと存じます。

私の△△の経験や△△のスキルを生かし、貴社の発展に貢献させていただきたいと考えております。

お忙しいところ恐縮ですが、ぜひ一度面接の機会を設けていただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

署名
氏名:
メールアドレス:
電話番号:
住所:

スカウト企業に質問などがある場合

スカウトが届いたもののホームページやスカウトメッセージだけでは分からない部分があり、承諾の判断をしかねているという場合はメールで質問してもよいでしょう。
その際にも先ほどお伝えしたようにスカウトに対するお礼を記載することをおすすめします。

まとめ

自分とマッチした企業と出会うきっかけとなるスカウト機能は、転職活動でぜひとも活用したい機能です。
スカウト者限定の選考フローを紹介してもらえることも多く、自分で求人を探している時には気づかなかった魅力的な企業を知ることができる点も大きな魅力です。

AI分析などをきっかけに、自分の潜在的な強みや適正を知ることができる場合も多いので、求人サイトや転職エージェントを利用して転職活動をすすめる上でもメリットが大きいでしょう。

自分にあった業界や職種を客観的に判断してもらいたい、という方にもフェローシップ はおすすめです。
転職のプロが相談を通して一人一人の希望にあった求人情報をご紹介しています。

キャリアプランの作成や面接対策など転職活動全体のサポートもしているので、プロの力を借りながら安心して転職活動に望みたいという方もぜひご相談ください。

紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。