コラム&NEWS

キャリアアップとは?キャリアアップの基本と転職を成功させるコツについて[紹介2]
2021/10/20

転職をしてキャリアアップを目指したいけれど、「自分にできるか不安」「何をすればいいか分からない」と考えている方も多いのではないでしょうか。


キャリアアップという言葉をよく聞くけれど、キャリアアップについてよく分からないという方もいらっしゃるでしょう。


そこで今回は、知っておくべきキャリアアップの基礎知識や転職でキャリアアップをする方法について詳しくご紹介します。
キャリアアップ転職を成功させるポイントについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。


キャリアアップを目指して転職を希望している方には「フェローシップ」がおすすめです。
有名企業や優良企業などの求人情報も多数ご用意しているので、プロの力を借りながらキャリアアップ転職を成功させたい方は、ぜひフェローシップにご登録ください。


まずは一度フェローシップがご紹介できる求人情報をチェックしてみてください。
※フェローシップがご紹介できる求人情報はこちらから


紹介事業部

「キャリアアップ」とは

そもそも「キャリアアップ」とは、「仕事の能力や専門性を磨き、社会的に市場価値の高い経験を重ね、経歴を高くすること」を指します。


キャリアアップは、自身が希望する職場への就職や収入の増加の為だと思っている方も多いですが、自己実現に加え組織や社会に貢献することを含めキャリアアップとされています。


人によって「キャリア」の捉え方は様々

一口にキャリアアップといっても、キャリアに対する考え方や捉え方は人によって異なります。


給与や役職、福利厚生などの待遇、仕事内容、やりがいなど働き方が多用する中でキャリアの選択肢が増加し、キャリアアップにも様々な種類があります。


キャリアアップは「なりたい自分」を叶えるための近道とされています。
「将来自分はどうなりたいのか」を考えることで、自分ならではのキャリアを考えることができるでしょう。


自分にとっての優先順位が大切

キャリアアップは、人によって異なるので自分がどのポイントを重視しているのかを整理することが大切です。
優先順位を設けることで資格取得やマネジメント力向上など、今自分が何をすべきかを明確化することができ自発的に行動することに繋がります。


常に自発的な行動を心がけることで、ただ業務をこなすだけではなく、意識を高く持ち仕事をすることができるでしょう。


「スキルアップ」「キャリアチェンジ」との違い

キャリアアップと似た言葉として、「スキルアップ」と「キャリアチェンジ」がありますが、意味が少しずつ異なります。


・「キャリアアップ」
より高い専門知識や能力を身に付け、経験や経歴を高くすること。
仕事に対する幅や裁量を広げること。


・「スキルアップ」
すでに持っている能力を向上させること。
新しく技術を身に付けたり、資格を取得して自身の能力を成長させること。


・「キャリアチェンジ」
未経験の業界や職種へ転職すること。
(転職をおこなわずに自社でキャリアチェンジする場合もある)


似ている言葉ですが、業務の幅を広げるのか、自身の技術を上げるのか、新しい働き方にチャレンジするのか意味が少しずつ異なります。


キャリアアップとキャリアチェンジは特に間違われやすいですが、キャリアチェンジはゼロからのスタートなので今までより収入やポジションが下がる可能性もあることが大きな違いです。


面接等で間違った使い方をしてしまうと、全く違う意味で捉えられてしまうこともあるので、なんとなくではなく意味をしっかりと理解した上で使うようにしましょう。


キャリアアップをする方法

キャリアアップをする方法は複数存在しますが、方法によってはメリットデメリットが存在します。
目指すゴールにより近い方を見極めて、判断した方が良いでしょう。


キャリアアップをするための方法についてそれぞれのメリット・デメリットを合わせてご紹介します。


社内で昇進・昇格を目指す

1つ目は今働いている社内で昇進や昇格などを目指す方法です。
現職でキャリアアップを叶えることができるのであれば、それが1番よいと考える方も多いのでは無いでしょうか。


社内でキャリアアップを目指す際には、
・今まで積み重ねてきたものを評価して貰える。
・会社の全体像が見えているため、どのように行動すればよいか理解しやすい。
・周りの人を良く知っているので、周囲の協力を得やすい。
などのメリットがあります。


反対に、 ・社内でしか評価されないスキルや知識しか習得できない恐れがある。
・社内研修や人事異動の希望が少ない場合がある。
・その会社でしか自分の経験を語ることができなくなってしまう。
などのデメリットもあります。


転職してキャリアアップを目指す

2つ目は別の企業へ転職をしてキャリアアップを目指す方法です。
同じ職種や業界に転職する、同じ業界で別の職種に転職、別の業界で同じ職種に転職、別の業界で別の職種へ転職など選び方は様々です。


転職でキャリアアップを目指す場合は、
・自身のキャリアアップのための環境を選ぶことができる。
・転職先の会社に無い技術や知識を提供することで、即戦力として活躍することができる。
・ゼロから関係を築くことができる。
などのメリットがあります。


反対に、
・今までの人間関係やその人達からの評価がリセットされる。
・新しい会社の業務や文化に慣れるまでの時間が必要になる。
・即戦力として期待されない場合は年収が下がる場合もある。
などのデメリットも存在します。


キャリアップ転職を成功させるポイント

キャリアアップ転職を成功させるためのポイントやコツについてご紹介します。


自分の「強み」「弱み」を理解する

自分の強みと弱みをしっかりと理解しておくことで、自分に合った業界や職種を決めることができます。


また、自身の強みや弱みについては転職活動での面接時にもよく聞かれる頻出質問です。
転職してから、「やっぱりこの会社は自分には合わない」などミスマッチを防ぐためにも、自己分析をしっかりとしておくことが重要です。


思い描く将来像と現在のギャップから考える

自分が転職で思い描く将来像を明確化し、何を成し遂げるために転職をしたいのかを整理しておきましょう。
理想から逆算し、今の自分に何が足りないのか何が必要なのかを考えると優先順位を設けることができるでしょう。


キャリアプランを作成して逆算しながら考える

まず最初に理想とするキャリアプランを考え、逆算をして現在の行動を決めることもできます。


キャリアプランは具体的に決めた行動計画を指します。
自分の将来の目標を達成する上で重要なので、転職を考えている方はキャリアプランを立てておくことをおすすめします。


こちらの記事では、キャリアプランの重要性と立て方のコツについてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
▶︎キャリアプランとは 重要性やメリット、立て方のコツをご紹介


転職のプロに相談する

転職をしてキャリアアップを目指す際には、転職のプロである転職エージェントを利用することもおすすめです。
経験豊富な転職エージェントの力を借りることで、スムーズに転職活動を進めることができます。


フェローシップでは無料面談を実施しています。
キャリアアップ転職についてよくわからないという方へ向けて積極的なサポートをおこなっているので、まずは無料「簡単エントリー」よりご登録してみてください。
※フェローシップへのエントリーはこちらから


失敗事例から成功させるコツを知る

成功例を基に準備をすることも大切ですが、失敗例から成功させるコツを知ることも同じくらい大切です。


こちらの記事では、キャリアアップが上手くいかないケースについて詳しくご紹介しています。
上手くいかない時の対処法も合わせてご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
▶キャリアアップ転職は難しい?成功させるポイントと苦戦する人の特徴


まとめ

今回はキャリアアップの基本的な意味やキャリアアップ転職を成功させるポイントなどについてご紹介しました。


今回紹介したことを参考にキャリアアップについてしっかりと理解をし、自身の理想とする働き方を目指してみてください。


フェローシップでは様々な業界・業種の求人情報をご紹介しています。
キャリアアップに向けて、自身の希望する条件に沿ったお仕事を簡単に見つけることが可能です。


またキャリアプランの作成をはじめ、書類選考や面接の対策なども積極的におこなっているので、まずはフェローシップがご紹介できる求人情報をチェックしてみてください。

紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。