コラム&NEWS

仕事をしながら転職活動をするメリット・デメリット、効率よく進めるコツ[紹介2]
2021/09/08

「転職活動を始めたいけれど、忙しい仕事と両立できるか不安」と思っている方も多いと思います。
在職中に転職活動をした方がよいのか、仕事を辞めて集中できるようになってから転職活動を始めるべきか迷っている方も多いでしょう。

今回はそんな方に向けて、仕事をしながら転職活動をするメリットとデメリットを詳しく解説します。
在職中に転職活動をおこなう際のスケジュールや効率良く進めるコツなどもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

また、転職エージェントの力を借りることで在職中の転職活動を効率よく進めることができます。

「フェローシップ」では、経験豊富なエージェントが転職活動をサポートいたします。
非公開求人の紹介や未経験分野・業種への転職サポートなども行なっており、仕事と両立しながらの転職活動をスムーズに進めることが可能です。

まずは、フェローシップがご紹介可能な仕事情報についてチェックしてみてください。
※フェローシップで仕事を探すにはこちら

紹介事業部

仕事をしながら転職活動をするメリット

仕事をしながら転職活動をおこなう際のメリットについてご紹介します。

収入面での安心感

仕事をやめてから転職活動を始めるのに比べて、仕事と両立しながら転職活動をおこなうと収入面での不安を抱えずに転職活動を進めることができます。

面接のために会社を訪問する際の交通費や、面接に適したスーツの購入など転職活動をおこなう際には、何かと費用がかかります。

在職中であれば、収入が途切れる心配がないため経済面での不安を抱えず安心して転職活動をすることができます。

転職活動にかかる費用については下記の記事で詳しく解説しています。転職活動の費用を抑えるコツなども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
▶「︎転職活動にかかる費用はどのくらい?知っておきたい転職のお金事情

納得がいくまで転職活動を続けることができる

転職活動を在職中におこなうことで、納得がいく結果になるまで転職活動を続けることができます。

また、転職活動を通して様々な企業に触れてみた結果、転職をやめて今の会社にとどまるという選択をすることもできます。
収入が止まってしまい経済面で不安を抱えて転職を急いだ結果、思っていたのと違う企業の転職してしまったという事態を防ぐことにも繋がります。

職歴に空白期間が生まれない

会社をやめてしまった場合、次の転職先が決まるまでに空白期間が生まれてしまいます。

会社に勤めず空白の期間が長引いてしまうと、働く意欲やスキル、自身の人間性等を企業側に疑われてしまいます。空白期間を作らないことで、選考をスムーズに進めることが可能です。

仕事をしながら転職活動をするデメリット

仕事と両立しながら転職活動をおこなう際のデメリットをご紹介します。
メリットと合わせて参考にしてください。

転職活動にあてられる時間が限られている

在職中に転職活動を進める際には、自由に動ける時間が限られてしまいます。

会社でのタスクと同時進行で企業研究や面接練習をおこなう必要があるため十分な時間を採れないことも多いです。
先を見据えて早めの行動をしておくことで、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

日程調整が面倒になる

面接をおこなう際には、希望する企業へ足を運ぶことになります。
企業によっては休日や勤務時間外での面接に対応してくれることもありますが、一般的には平日の就業時間中におこないます。
そのため面接の際には、有休を使用したり早退をしなければならない可能性があることを考慮しておきましょう。

周囲に転職活動について相談しにくい

転職活動をしていることや選考の進み具合などの相談は、できるだけ控えるようにしましょう。
仲が良く信頼していると思っている人にしてしまった話が、ネタとして会社全体に伝わってしまう可能性もあります。

転職活動に対しての悩みや不安を相談したい場合は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。
フェローシップの簡単エントリーでは、短い時間で簡単に登録することができます。
簡単な情報を入力していただければ担当エージェントがご連絡を差し上げますのでお気軽にご応募ください。

※無料エントリーフォームから登録する

退職後の転職活動と在職中の転職活動の企業からの印象

退職後に転職活動をおこなう場合と、在職中に転職活動をおこなう場合それぞれの企業からの印象について説明します。

退職してから転職活動をする場合

退職してから転職活動をおこなう場合、企業は退職理由に疑念を抱く傾向があります。
そのためどのような理由で退職をしたのか、理由をきちんと話せるようにしておく必要があります。

また、退職から次の転職先がなかなか決まらず空白の期間が長引いてしまった場合、「労働意欲が低いのでは」、「計画性がないのでは」などマイナスな印象を持たれてしまう可能性があります。

在職中に転職活動をおこなっている場合

在職中に転職活動をおこなっている場合、仕事と両立しながら準備をおこなっているため「計画性がある」という印象を持たれやすいです。

しかし、転職先の企業が内定を出したとしても現在の仕事を放り出してすぐに移ることはできないため、今すぐに働ける人材を求めている企業では不利になる可能性もあります。

仕事をしながら転職活動をする場合のスケジュール

効率よく転職活動を進めるためには、基本的なスケジュールを知っておくことも重要でしょう。在職中に転職活動をする際のスケジュールについて解説します。

一般的な転職活動期間は3ヶ月

転職活動の期間は一般的に3ヶ月程度です。

約3ヶ月の間に下記のように大きく分けて3つのステップを踏んで転職活動を進めます。

  • 自己分析や企業研究などの準備
  • 応募や書類選考、面接などをおこなう選考
  • 転職先からの内定後、現在の会社での引継ぎや退職

3つのステップを意識しながら計画性を持って転職活動をおこなうと、転職活動を効率よく進めることができます。

転職活動の始め方や進め方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。転職活動を効率よく始めるコツなどもご紹介しているのでぜひご覧下さい。
▶「転職活動の始め方とは?おすすめの転職方法と転職を有利に進めるコツ」

仕事をしながら転職活動をすすめるコツ

仕事をしながら転職活動を進める際のコツについてご紹介します。

計画をしっかり立ててから臨む

転職活動をおこなう際には、様々な面で計画をしっかり立てておくことがとても重要になります。

比較的仕事が落ち着いている期間で資格の勉強を完了させたり、現在の会社をやめるタイミングを決めてから逆算して引継ぎ資料を作成するなど計画的な行動をしましょう。

早めに引継ぎ資料を作成しておくと退職が決まってあたふたすることも無く、上司との退職時時期調整の打ち合わせもスムーズに進めることができます。

転職活動には費用がかかるのでお金を貯めておく

転職活動をおこなう際、交通費や洋服代など通常の生活とは別に転職活動をおこなうための費用が発生します。

納得できるまで転職活動を続けるためにはある程度の費用が必要になるので、転職活動を考え始めた時からお金を貯めておくと経済面に不安を抱えずに集中して転職活動を進めることができます。

有給や半日休暇を活用する

仕事をしながら転職活動をおこなう人の多くは、有給や半日休暇を活用しています。
転職を決意した際には、自身の有休が何日残っているかを確認しておきましょう。

また、面接の際には実際に企業へ足を運ばなければならないため、有休を取得した日に複数企業の面接を入れることができるよう日程調整するとよいでしょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用することで自身の条件に合う求人を探してもらえるので、効率よく転職活動を進めることが可能になります。

また、応募書類のアドバイスや面接練習など様々な面でサポートしてもらえるので、ひとりで転職活動を進めるよりも書類選考や面接の通過率を上げることもできるでしょう。

転職エージェントへの登録は時間と手間がかかってしまうイメージがありますが、フェローシップの「簡単エントリー」では必要事項を入力するだけで簡単に登録することができます。
登録完了後、担当エージェントがご連絡を差し上げますのでお気軽にご応募ください。

まとめ

今回は在職中に転職活動をおこなうメリット・デメリットや転職活動を進めるスケジュール、効率よく進めるコツなどについてご紹介しました。

在職中に転職活動をおこなう場合、周りの人に相談することが難しいため、孤独感を感じやすくなってしまいます。

自分ひとりで転職活動を進めることに不安を感じた場合は、転職エージェントに相談してみましょう。
転職エージェントに相談することで、第三者の視点で様々なアドバイスを受けることができ、自身に必要な資格や今の転職市場の状況など、様々な情報を得ることができます。

フェローシップでは経験豊富なスタッフが仕事と転職活動両立するためのサポートや、希望の求人を洗い出すためのヒアリングなどを積極的に行なっています。

まずは、フェローシップがご紹介可能な仕事情報についてチェックしてみましょう。
※フェローシップで仕事を探したい方はこちらから
紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。