コラム&NEWS

キャリアアップ転職は難しい?成功させるポイントと苦戦する人の特徴[紹介2]
2021/09/29

「現在の仕事からのキャリアアップを目指して転職する」という話を耳にする機会は少なくありません。

しかし、転職が必ずしもキャリアアップにつながるわけではないのも事実です。
転職でキャリアアップを目指すためにはいくつかの共通点があり、しっかりとした事前準備や分析を行わない場合、転職活動後のギャップに繋がる可能性もあります。


そこで今回は、転職を通してキャリアアップを目指す方法と、なかなかキャリアアップ転職がうまくいかないケースの特徴をご紹介します。


現在転職活動中の方はもちろん、将来的に転職を考えている方もぜひ参考にしてみてください。


フェローシップの人材紹介事業部では、有名企業・優良企業の求人情報を多数ご用意しています。
転職のプロに相談しながらキャリアアップ転職を成功させたいとお考えの方は、ぜひフェローシップにご登録ください。


こちらから現在フェローシップでご紹介している求人情報を確認することができます。
興味をお持ちの方は、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。
※フェローシップの求人情報はこちらから


人材紹介事業部

転職でキャリアアップを狙う方法

ひとくくりに”転職でキャリアアップを目指す”といってもいくつか方法があります。 キャリアアップを目指す上での転職方法と、それぞれの場合の特徴をご紹介します。


同じ業界で別の職種に転職する

2つ目は「同じ業界の中でより収入や働き方が理想に近い職種に転職する」という方法です。


”メーカーの営業からメーカーのマーケティング”など、同じ業界の中から現職よりも待遇の良い職種を探すことでキャリアアップを目指すことができます。


この場合、業界で働いてきた中での知見や、現在の職種で得た経験をアピールしたり、新たな職種を希望する動機付けに活用することが大切です。


異なる業界に挑戦する

3つ目は「より平均年収や職場環境がいい業界に挑戦する」という方法です。


業界ごとに年収の相場は異なるため、現在携わっている業界よりも収入を得やすい業界への転職でキャリアアップを目指すことができます。


業界が異なる場合でも現職での経験との共通項を探したり、事前に希望する業界についての知識や役立つ資格を身につけておくことがポイントになります。


転職時のキャリアアップが難しいケース5選

キャリアアップを実現することが難しい方に共通する特徴を、5つのケースに分けてご紹介します。
仮に自身が当てはまっている場合、一度転職の軸を見直してみるのも良いかもしれません。


本人の希望と実情とのギャップが大きい

希望している待遇や年収が転職市場の実情と大きく離れているケースは、なかなかキャリアアップ転職につながりません。


現実的ではない希望を出してしまうと、条件にあう転職先がかなり限られてしまいます。
選択肢が減ってしまうのはもちろんのこと、そのような好条件の求人は非常に人気が高いです。

人気求人はライバルが多く、選考の通過が難しくなってしまいます。


転職経験が3回以上ある場合

転職経験が多い方に対して、大抵の企業は「採用してもすぐに転職されてしまうのでは」という印象を抱きます。
目安として3回以上の転職経験があると、企業は多いと感じるようです。


多くの転職を経験されている方の場合、より選考の目が厳しくなるため希望を実現するのが難しい傾向があります。


求められる専門的なスキルや知識が足りない

より給与や待遇が良い求人では、高度なスキルが求められる場合が多いです。


現職とは異なる業界や職種に挑戦する場合、『未経験歓迎』と書かれた求人もありますがキャリアアップにつながるものは少ないです。


新卒とは異なり中途採用では即戦力となる経験者を探している企業が多いため、独学でスキルアップを狙うなど十分な対策が必要といえます。


転職の目的が漠然としている

「なんとなく今よりいいところ」という漠然とした希望では、うまくいかない場合が多いです。


企業側も時間や労力をかけて採用活動をおこなっています。
そのため当然ながら、自社の業績を高めるために貢献してくれる人物を求めています。


明確な意志や目的意識をアピールできる人材の方が採用担当者の目に留まりやすいため、漠然と転職活動をしている場合は成功するのが難しいといえるでしょう。


しっかりと転職対策ができていない

書類の準備や面接対策、情報収集など転職活動はやることがとても多いです。


しかしながら、現在の仕事を続けながら転職活動をおこなっている場合、忙しさから十分な準備ができないままに面接や書類提出に追われてしまうケースも少なくありません。


こちらの記事では、仕事を続けながら転職活動を両立させるためのポイントをご紹介しています。
忙しい中でも万全の準備を整えたい方は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。
▶仕事をしながら転職活動をするメリット・デメリット、効率よく進めるコツ


キャリアアップにつながる転職のポイント

転職を活かしてキャリアアップを実現するためのポイントを5つご紹介します。


転職目的・基準を明確にして優先順位をつける

転職活動における目的や企業選びの基準を整理し、明確な優先順位をつけることが大切です。


働き方や給与など、全ての条件を満たそうとするのは非常に難しいです。
そのため、譲れない基準を優先度ごとに整理することで、希望する企業を選別しやすくなります。


また、優先順位を定める上ではキャリアプランを作成することもおすすめです。
長期目標から逆算しながら、自分の将来像の明確化や現状の把握をすることができます。


こちらの記事ではキャリアプランを立てるメリットや具体的な作成ポイントをご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
▶︎キャリアプランとは 重要性やメリット、立て方のコツをご紹介


転職市場の動向をしっかりと掴む

求人情報が多いタイミングの把握や、新着の求人情報のチェックなど、日頃から転職市場の動向に目を配ることは重要です。


希望の求人があったとしても、応募が遅れ締め切られてしまっては意味がありません。
常に最新情報を調べるためにアンテナを張ることを意識しましょう。


スキルや資格を磨く

より良い条件を求める上では、自分自身の市場価値を高めることも大切です。


自分の実力を可視化できる資格を取得したり、希望する業界や職種で評価されるスキルの習得に努めたりと、スキルアップを心がけてみましょう。


採用担当者に能力を示しやすくなるほか、成長意欲や努力を怠らない姿勢などの人間力の面でもアピールにつながります。


成長分野に転職する

転職先を選ぶ基準として、今後も成長が期待できるかどうかを意識することもポイントです。
業界自体が成長し続けている場合、個人においてもキャリアアップにつながりやすいです。


現時点では目立った市場規模でないとしても、成長を続け将来的には巨大な市場になる可能性も十分にあります。


広い視野を持って、成長にも注目した企業探しを意識してみてください。


転職エージェントに相談する

転職のプロであるエージェントの力を借りることで、より有利に転職活動をすすめることにつながります。
プロにアドバイスをもらいながら対策し、人気の企業の採用に臨んでみてはいかがでしょうか。


フェローシップでは、業界や職種についての豊富な情報とこれまでの経験に基づき、転職のプロが選考活動を丁寧にサポートします。


スキルアップのためのEラーニングや資格取得支援なども充実しているので、未経験業界への挑戦も安心です。
キャリアプランを作成しながらプロと一緒に理想の働き方の実現を目指すことができます。


エントリーフォームにご記入いただくことで、簡単にフェローシップに登録することができます。
興味をお持ちの方はぜひこちらからご登録ください。
※フェローシップへの登録はこちらから


まとめ

キャリアアップ転職を成功させるポイントと、うまくいかないケースの共通点をご紹介しました。


自分の理想の働き方の実現に向けて、ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。


フェローシップでは、有名・優良企業の求人情報をご紹介しています。
さまざまな業界・業種の中から、一人一人に合ったお仕事を探すことが可能です。


こちらから実際の求人情報を確認することができます。
フェローシップに少しでも興味を持たれた方は、ぜひこちらからどのような仕事があるのかチェックしてみてください。

人材紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。