COLUMNS

操作している男性
2022.11.15
クラウドエンジニアに転職するには?仕事内容や転職する方法を詳しく解説[グローバルエンジニア2]

クラウドエンジニアは、クラウドサービスを利用してシステムを構築・運用するエンジニアです。  

近年、クラウドへのシステム移行が急激におこなわれているため、需要が高く将来性のあるITエンジニアといわれています。  

この記事では、クラウドエンジニアの仕事内容や、必要なスキル・未経験でも転職する方法などについて徹底解説します。  


クラウドエンジニアへの転職活動をすすめたい方にはフェローシップがおすすめです。  

IT業界の詳しい実情を踏まえて、より転職に有利なスキルアップをめざすことができます。  

有名企業・優良企業のお仕事も豊富にご紹介できるので、ぜひフェローシップのご利用をご検討ください。

※フェローシップへのご登録はこちらから

クラウドエンジニアとは

クラウドエンジニアとは、クラウドサービスを利用してシステムを設計・構築・運用するエンジニアのことです。  

クラウドは、ITにおけるインフラ環境ということもできるので、クラウドエンジニアはクラウドとインフラについて両方の知識が求められます。  

ここでは、クラウドエンジニアの業務内容や将来性などについて詳しく説明します。

クラウドとは

クラウドとは、ユーザーがソフトウェアを持たなくても、インターネットに接続することでサービスを利用できる仕組みのことです。  

クラウドサービスが普及するまでは、ハードウェアを購入したりソフトウェアをパソコンにダウンロードしたりして、サービスが使えないことが当たり前でした。  

クラウドは、そのような機器やソフトを準備しなくてもインターネットに接続するだけで、オンラインサービスを利用することができます。

主な業務内容

クラウドエンジニアの主な業務内容に、インフラ設計が含まれます。  

開発目的やセキュリティなどに最適かどうかも考えながら、サービスを動作させるのに利用するクラウドを選びます。  


また、設計したものをもとに、ソフトウェアの導入・ストレージの設定・データベースの構築などの作業を経て、クラウド上のシステム環境を構築することもクラウドエンジニアの仕事です。  

サービスを安定して稼働できるように、システム監視業務や運用コストの管理もおこなっています。

クラウドエンジニアの将来性

多くのサービスがソフトウェアからクラウドに移行していることから、クラウドエンジニアの需要は今後も増えていく可能性が高いです。  

近年、コロナ禍によってテレワークが推奨されたことを背景に多くの企業が自社のインフラ環境をクラウドへと移行しているため、クラウドの導入や開発を担うクラウドエンジニアの需要は高いといえます。 


また、ビッグデータやloTなどのクラウドサービスに関する新技術が開発されていることから、新しいテクノロジーを導入するクラウドエンジニアの将来性はかなり高いといってよいでしょう。

クラウドエンジニアは転職しやすい職業なのか

クラウドエンジニアは実務経験を求められる場合が一般的ですが、必要になる資格やスキルを持っていれば未経験者でもクラウドエンジニアに転職することが可能です。  

ここでは、クラウドエンジニアへの転職のしやすさについて、経験がある場合とない場合にわけて詳しく説明します。

転職のしやすさは経験の有無で異なる

クラウドエンジニアに転職する際、インフラエンジニアやシステムエンジニアなどの他業務のエンジニアを経験していると、転職しやすい傾向にあります。  

IT業界で経験を積んでいることや、クラウドエンジニアの業務で活かすことができるスキルがあると、クラウドエンジニアの転職に有利に働くため、エンジニア経験がある場合は前職での業務やスキルを話せる状態にしておくとよいです。

エンジニア経験がない場合

クラウドエンジニアは経験者が採用される場合が一般的で、未経験からクラウドエンジニアに転職することは簡単ではありません。  

クラウドエンジニアに求められるスキルや知識は広範で、さまざまな分野における高い専門性が必要になります。  

そのため、全くエンジニアとしての知識やスキルがない場合には狭き門になるでしょう。

スキルを持っていれば転職が難しい職業ではない

実務経験があればあるほど転職は有利にはなりますが、クラウドサービスの普及によってクラウドエンジニアの需要が増えて、クラウドエンジニアは慢性的に人手不足の状態です。  

そのため、適切なスキルを持っていれば転職は比較的しやすいといえます。

クラウドエンジニアに必要なスキル

クラウドエンジニアに転職するために必要なスキルとして、クラウドに関する知識やスキル・システムの運用技術・プログラミングスキルを挙げられます。  

ここでは、クラウドエンジニアに転職するために必要な3つのスキルに関して説明します。

クラウドに関する知識、スキル

クラウドは、サーバ・ストレージ・ネットワークなどを仮想的に利用してシステムを開発・運用する技術です。  

そのため、クラウドに関する知識はもちろん、クラウドの形態やクラウドサービスの種類に対する専門知識などが求められます。  

また、企業のシステムをクラウドへ移行するためには、オンプレミスに関する知識も重要です。  


オンプレミスとは、サーバー機器やソフトウェアを自社で保有してシステムを運用するという、クラウドに移行する前のシステムの利用形態のことを指します。  

このようなクラウドサービスに関連した知識やスキルが求められます。

システムの運用技術

クラウドエンジニアは開発したシステムを実際に運用することが重要です。

そのため、インフラ技術を持っている場合はそれをシステム運用に活かすことができます。  


クラウドエンジニアはITインフラと関わることが多いので、サーバーやネットワーク構築などのインフラ関連の知識やスキルが求められます。  

クライアントの意向が変更になった場合でも、柔軟で迅速な対応ができるように幅広い知識やスキルを身につけておくとよいでしょう。

プログラミングスキル

クラウドの開発・運用の効率化をはかるためには、プログラミングスキルを持っておく必要があります。  

なぜなら、たくさんのサーバーを利用してクラウド開発をおこなう場合、それぞれのサーバーを手作業で設定するには大変リスクがかかるからです。  

そのため、サーバーを設定するためのプログラムを開発して、サーバー設定の時間短縮や人為的ミスのリスクマネジメントをおこなうことが求められます。

クラウドエンジニアを目指す上でのポイント

クラウドエンジニアを目指すうえでは、勉強する際は資格の取得を目指す・他業種での経験でも転職に活かせる可能性がある・エンジニア経験がない場合はまずエンジニア経験を積む・エンジニアの転職に強い転職エージェントを利用するという4点がポイントとして挙げられます。  

ここでは、クラウドエンジニアを目指す上での4つのポイントについて説明します。

勉強する際は資格の取得を目指すと効果的

クラウドエンジニアになるための知識を勉強する際は、転職活動でも有利になる資格の取得を目指すとよいです。  

勉強を効果的に進めるためには目標が定まっているほうが勉強しやすいことに加え、面接でも自身のスキルを伝えやすいというメリットがあります。  


クラウドサービスの中で高い人気を誇るAWS認定ソリューションアーキテクトや、Microsoftが提供するクラウドサービスを管理することができるMicrosoft Azure Adoministratorなどを目指すのがおすすめです。

他業種での経験でも転職に活かせる可能性がある

自分が他業種でIT推進に貢献したと分かるような経験は、エンジニアとの共通点が多く、転職活動でのアピールポイントになるでしょう。  

例えば、DX活用による業務効率化・労働生産性向上、AI活用によるデータ分析精度の向上などがアピールできる実績として挙げることができます。

エンジニア経験がない場合はまずエンジニア経験を積むのも選択肢

クラウドエンジニアの未経験の求人は少なく、エンジニアとしての経験がないと転職が難しくなることが多いです。  

そのため、まずはエンジニアとしてのスキルや経験を身につけてから転職活動に望むのも手段として適しているでしょう。

エンジニアの転職に強い転職エージェントを利用する

クラウドエンジニアのスキルや知識を学び転職活動を開始する際に、ひとりで転職活動をすることが不安な方は、転職エージェントを利用することをおすすめします。  

転職エージェントは、面接対策や書類の添削だけでなく、転職に関する不安の解消を手助けしてくれたり第三者の視点から見た自分の長所などを教えてくれたりします。  

効率的に求人を探し転職を成功させたい方に、転職エージェントの利用はおすすめです。

クラウドエンジニアへの転職はフェローシップへ

クラウドエンジニアに転職したいと思う方は、ぜひフェローシップの利用をご検討ください。  

フェローシップはエンジニアへの転職に強い転職エージェントであり、無料で利用可能なEラーニングシステムや資格取得支援制度なども用意しているため、皆様の転職活動を万全の体制でサポートすることができます。  


こちらからフェローシップにご登録いただけますので、興味をお持ちになった方はぜひ一度チェックしてみてください。

※フェローシップへの登録はこちらから。

ポイントを押さえてクラウドエンジニアへの転職を成功させよう

クラウドエンジニアは、システムのクラウドへの移行が進む近年では需要が高く、将来性のあるITエンジニアということができます。  

未経験者の求人は少なくエンジニア経験者に有利になる転職ではありますが、必要なスキルや専門知識を身につけることができれば、未経験者でも転職することは可能です。  


ポイントを押さえて、クラウドエンジニアへの転職を成功させましょう。  

また、クラウドエンジニアへの転職活動をすすめたい方にはフェローシップがおすすめです。  


フェローシップでは、転職活動のプロが、IT業界の詳しい実情を踏まえ、クラウドエンジニアとしてはたらくために全力でサポートいたします。  

有名企業・優良企業のお仕事も豊富にご紹介できるので、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

フィットする求人がすぐ見つからない、転職はこれからという方

Fellowship登録 (転職支援サービス)をしませんか?
あなたに合ったキャリアプランを、いっしょに考えます