コラム&NEWS

【外国人留学生の就活】募集に必要な履歴書の書き方(志望動機など)[グローバル2]
2020/11/27

手書きもしくはパソコン? 履歴書はどちらで?

 

ほんの5年ほど前は、まだまだ「履歴書は絶対に手書きでないといけない!」という意識が個人にも企業にも強かったように思います。けれどこの1~2年で、どうやらその意識にも変化が出はじめたよう。

手書きかパソコンかということより、大切なのは履歴書に「なにが書いてあるか」である――。そんな流れへ変化しつつあります。

 

とはいえ、手書きかパソコンか以前に、まず「履歴書の書き方がまったくわからない」という外国人留学生の人も多いかもしれません。

そんな方のために、就職活動のための履歴書の書き方を解説したいと思います。

 

履歴書に貼る写真について

 

履歴書には写真を貼る必要があります。

町中のあちらこちらに自動で撮影できるスピード写真の機械もありますが、就職活動用の写真はやはり写真館に出向いて撮影してもらいましょう。

服装はリクルートスーツで髪型もそれにふさわしいスタイルに整えて。

写真館での撮影の場合は、カメラマンの方がよりよく写るように的確な指示を出してくれると思いますので、言う通りにしていればまず間違いないと思います。

なお、履歴書に写真を貼る場合は、写真の裏に学校名と氏名を書いておきます。写真は、3ヵ月以内に撮影したものを貼るのがベスト。

 

履歴書を書く前に知っておきたいこと

 

まず絶対にやってはいけないことがあります。それは履歴書のコピーや使いまわしを企業に提出するということ。

とくに使いまわし。

たとえばこんな場合。不合格となった企業から送り返されてきた一通の履歴書。「きれいだし、これを次の企業に使いまわしてもばれないだろう」……そんなふうに思うこともあるかもしれません。けれども、使いまわした履歴書は、企業の人事担当者には気づかれる場合が多いということを覚えておいてくださいね。

 

ほかには……

●履歴書は黒いボールペンで丁寧に記入。修正液や修正テープ、二重線での訂正はNG。間違えてしまったら、その履歴書は破棄して一から新しいものを書きましょう。

なお、前項で書いたように手書きでない履歴書OKの企業も増えてはいますが、とくに企業から先にアナウンスがない場合は、手書きで履歴書を作成するのが無難です。

●誤字や脱字がないか、書き上げたら必ず何度も見直しを。

●名前を書く際、苗字と名前の間にはスペースを。上部にフリガナと書かれている場合はカタカナで、ふりがなと書かれている場合はひらがなで振り仮名をふります。

●住所を書く際は、都道府県、郵便番号、アパート・マンション名、部屋番号をすべて省略せずに正しく記入。振り仮名も忘れずに。

●電話番号は、本人に連絡が取れるものを。固定電話がなければ記入せずに、携帯電話のみでOK。

●メールアドレスは、パソコンがある場合はパソコンのアドレスを。なければ携帯のアドレスで。

●日付は、履歴書を書いた日ではなく、提出日を記入します。面接に持参する場合は、面接の日付、郵送する場合は投函日を記入しましょう。

 

すべての項目を記入し、空欄は作らないようにするのがポイントです。

 

履歴書の書き方をわかりやすく解説

 

次に学歴・職歴の書き方です。

●まず学歴の1行目中央に「学歴」と記入。

学校名は省略せずに記入しましょう。小中学校を記入する場合は卒業年度のみ記入でOKです。大学や専門学校は学部や学科、専攻は省略せずに正式名称をきちんと記入してください(たとえば高校ではなく、高等学校となります)。

中退した場合は、その旨をしっかりと明記。在学中の場合は、「卒業見込み」と記入することを忘れずに。

ある一定期間行ったアルバイトが、就職を希望する企業や職種と関連づけられる場合は、学歴の下に職歴の欄を設けてそこに記入しましょう。

すべて記入し終わったなら、最後は 以上 と書くのを忘れずに。

 

資格や面鏡の欄の書きかた

取得した資格や免許があれば、必ず正式名称で、取得年度も正しく記入しましょう。

現在、取得に向けて勉強している資格があれば、それも記入しましょう(ただし、その場合は取得ではなく、勉強中とはっきりと明記)。

資格や免許がない場合でも、なにも書かない空欄はNG。ない場合は、特になし、と書くようにしてください。空欄が目立つと企業からの印象が悪くなります。

 

●次に、志望動機の欄

志望動機欄は、あなたがどのような思いで就職活動に打ち込んでいるかを企業に伝えられる、大切な箇所。よく考えて、丁寧に書くようにしたいものです。

どの企業でも通用するような無難な内容ではなく、その企業について詳しく調べていることを印象づけるような内容が望ましいです。

また、たとえば過去に経験したアルバイトや部活動などが、志望企業でやりたいことに役立つと思えるようであれば、その旨をアピールしてもよいでしょう。

 

●趣味、特技欄

たとえお酒やギャンブルが趣味だったとしても、履歴書にそれをそのまま書くのは好ましくありません。趣味や特技も企業にあなたをアピールするひとつの重要な手段。外国人の方が日本で働くのですから、たとえば「母国語で、外国人とコミュニケーションが取れます」などを強調するのはポジティブなイメージがついていいかと思われます。

いずれにしろ、たとえばただ単に「読書」と書くだけではなく、月にどのぐらい読むのか、どのようなジャンルの本を好むのか、など具体的に書くようにしましょう。

 

就活に必要な履歴書の書き方、まとめ

 

履歴書は日本で就職活動を行う以上、切っても切り離せないもの。面倒だとは思わずに、前向きに取り組むようにしたいですね。

・書き間違いをしたら破棄して新しいものに

・空欄を作らない

・履歴書を提出する企業をよく調べ、そこを志望動機に活かす

・趣味、特技、さらには過去のアルバイト歴などが志望する会社や職種に関連づけられそうな場合は、しっかりとアピールする。

など、要点を押さえて、企業があなたの熱意をくみ取ってくれるような履歴書を作成するようにしましょう。


BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。