コラム&NEWS

日本人と外国人の働く姿勢に関する違い[グローバル2]
2020/10/29

日本と外国。どうやら<仕事>について、大きな意識の違いがあるようです。

まず大きなものは<残業>についての考え方の違い。

最近でこそ日本では働き方改革が叫ばれ、日本独特の習慣である<長時間労働>を是正しようと政府も本腰を入れ始めましたが、長い間日本社会では「サービス残業をして当たり前」「会社に長い時間いる人こそ働き者」という考え方がはびこっていました。

けれども、このような残業に関する考え方は外国人には理解し難いもの。日本では当たり前の残業も、外国人人材にとっては決して当たり前ではない。今後外国人人材の雇用を検討される企業は、そこをよく知っておいたほうがいいかと思われます。

 

外国人は残業については「非効率的である」と考える人が大多数。残業は、決められた時間内に仕事を終えることができない=仕事ができない人、という認識を持つようなのです。また、残業をすることで自身の家庭生活や健康も悪化させる、と考える人も。「仕事がなによりも優先」という日本人と、仕事は人生の最重要課題ではない、と考える外国人。残業について考え方に差が出るのは当然かもしれませんね。

 

次に、日本の社会では欠かすことができない<報連相>(ホウレンソウ)について。報告、連絡、相談でホウレンソウ。日本なら新社会人に最初に教えるビジネスルールですよね。ビジネスの基本と考えられていると言っても過言ではないでしょう。

日本では「報連相を忘れるな」と繰り返し叩き込まれますが、外国人からはときにこれが奇異にうつることがあるようなのです。

とくに報告と連絡のための文書作成については「これを書くことに時間を割くよりも、本来の仕事をしたい」との意見が多くみられるようですし、相談することを求められることについては「自分の裁量で仕事ができないのは、会社から信頼されてないように感じる」ととらえる外国人人材も多いよう。

外国人人材に「報連相」について説明する際は、一方的ではなくその必要性と意味まで丁寧に話すことを意識したほうがいいかもしれませんね。

 

<会社の飲み会>も外国人が戸惑ってしまうことのひとつ。

外国人は基本的に「仕事とプライベートは別」と考えます。そのため、仕事が終わったあとにまだ同僚や上司とお酒を酌み交わす、という習慣を理解できない人も。また、「飲むのも仕事のうちだから」と言われて実際に飲みに行ってみても、その場で仕事の話は一切なく、ただただ酔って騒ぐだけ。そこに戸惑ってしまう、という声もあるようです。

外国人人材を<仕事後の飲み会>について誘う場合は、上記のように思う人もいるということを頭に入れておいたほうがいいかもしれませんね。ただ「実際に参加してみてたら、同僚とコミュニケーションが取れて楽しかった」と感じる外国人人材も多くいるようです。最後はやっぱり「外国人だから」ではなくその人の性格にもよるのかもしれませんね。そうそう、外国には「上司や同僚にお酒を注ぐ」という習慣はありませんから、強制しないように気をつけたいものです。

 

「働くために生きるのではなく、生きるために働くのだ」、そんなポリシーが深く根付いている外国人。社畜なる言葉がはびこる日本とは仕事に対する考えも大きく異なりますが、話せば互いの溝が埋まることもきっと多くあることでしょう。外国人人材を雇用する場合はまず「日本人と外国人は働く姿勢が違う」ということを頭に入れておけば、戸惑いやぶつかることも減少するかもしれません。


BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。