コラム&NEWS

派遣のデメリットとは?派遣が向いている人・向いていない人の特徴[派遣2]
2021/10/14

皆さんは、”派遣”という働き方にどのようなイメージをお持ちでしょうか。


「ワークライフバランスを実現しやすい」「新しい仕事や職場に触れることで変化に富んでいる」というポジティブな印象を抱く方もいる一方で、「不安定」「社会的信用があまり高くない」というネガティブな印象の方もいるかもしれません。


そこで今回は、派遣で働く上で考えられるデメリットとメリットをご紹介します。
派遣が向いている人・向いていない人の特徴も合わせて解説しているので、派遣に興味がある方もぜひ参考にしてみてください。


フェローシップ の人材派遣事業部では、一人一人のキャリアプランを実現できる豊富な求人情報をご紹介しています。


優良企業・有名企業のお仕事も多数ご用意しているので、まずは一度フェローシップの求人情報をチェックしてみてください。
※フェローシップがご紹介できるお仕事情報はこちらから


派遣事業部

派遣社員という働き方

そもそも”派遣”という働き方にはどのような特徴があるのでしょうか。
正社員や契約社員など、そのほかの働き方との違いに着目してご紹介します。


正社員との違い

派遣と正社員の最大の違いは契約期間に制限があるかどうかです。
契約期間が無制限である正社員に対し、派遣社員は派遣先での就労期間に上限があります。


また、正社員は勤め先と直接雇用契約を結びますが、派遣社員は派遣会社と契約します。
そのため、福利厚生は派遣会社のものが適用されるほか、給与の支払い元も派遣会社になります。


こちらの記事では正社員と比較しながら派遣社員の働き方について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
▶︎派遣社員と正社員の違いとは?派遣社員の働き方を徹底解説


契約社員との違い

派遣社員と混同されがちな契約社員ですが、両者の最大の違いは契約を結ぶ相手です。


どちらも就労期間が決まっていますが、派遣社員は派遣会社と契約するのに対し、契約社員は就労先の企業と直接契約を結びます。


契約社員と派遣社員の違いについてはこちらの記事で解説しているので、興味をお持ちの方はご確認ください。
▶︎派遣社員と契約社員の違いとは?メリット・デメリットと合わせて解説


パート・アルバイトとの違い

パート・アルバイトは派遣社員とは異なり個人が求人サイトを利用して企業に応募することで契約します。
そのため派遣会社との契約を結ぶ派遣社員とは異なり、パート・アルバイトは就労先と直接雇用契約を結びます。


また一般的にパート・アルバイトの方が応募資格のハードルが低く、掛け持ちなどもしやすいという特徴があります。


こちらの記事では派遣とパート・アルバイトの働き方を比較してそれぞれの特徴をご紹介していますので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。
▶︎派遣とパート・アルバイトの違いとは?各働き方のメリット・デメリット


派遣で働くデメリット

派遣社員として働く上で考えられるデメリットを4点ご紹介します。


派遣期間に上限がある

派遣という働き方の最大の特徴は、ひとつの職場で働く期間に上限があるということです。
最大3年までしか同一の職場で働くことができず、契約更新のタイミングで別の仕事に就く働き方は派遣社員ならではのものといえます。


この”定期的に職場が変わるという働き方をメリットと捉え、多くの方が派遣として働くことを選んでいます。


しかし、派遣先企業によって勤務形態や収入が変わるため「ライフスタイルや収入が不安定」というデメリットがあるとも捉えることができるのも事実です。


給与がスキルや資格の有無に左右されやすい

派遣社員として働く際には、さまざまな企業の求人の中から希望のものに応募することで職場が決まります。


企業によって求める人材は異なっており、専門性が求められる仕事では応募要件にスキル・資格が定められているケースもあります。
そしてこのような仕事では給与が高く設定される傾向にあります。


これはスキルを身につけることで収入アップを目指せるということを指しますが、派遣先によって同じ派遣会社でも収入面で差が生まれやすいという側面もあるでしょう。


正社員よりも社会的信用度が劣る

派遣社員は正社員よりも社会的信用度が劣るとみなされる傾向にあるのは事実です。


収入や雇用が不安定であることなどを理由に、例え実際は安定した生活を送っていたとしても世間から低く評価されてしまう可能性があるかもしれません。


2020年に施行された改正労働者派遣法に基づき、正社員と同程度の就労をおこなう派遣社員には、正社員と同等の退職金や給与・賞与が支給されるようになりました。
正社員と派遣社員の間の格差を改めようと国が動き出したともいえます。


現時点では社会的信用が劣るとみなされがちな派遣ですが、取り巻く環境が変化するにつれて世間からの評価も改まることを期待できるのではないでしょうか。


責任のある仕事は任されにくい

派遣社員は短期間でその職場を離れることが決まっているため、長期的な業務や企業の核心に当たるような仕事は任されにくい傾向にあります。


しかし、事務作業や経理などあらゆる職場に通じる業務を任されることが多いということは、事務業務を専門的に極めやすいとも捉えることができます。


このような業務のスペシャリストになることで、あらゆる職場に重宝される有力な人材として活躍する可能性も大いにあるでしょう。


派遣で働くメリット

派遣社員という働き方のデメリットをお伝えしましたが、もちろんメリットもあります。
考えられる派遣のメリットを5つご紹介します。


仕事内容や職場環境に変化がある

「定期的に職場が変わる」という派遣の最大の特徴には、大きなメリットがあると捉えることができます。


職場が変わるということは、携わる仕事の内容に変化があるということを意味します。 さまざまな業界・職種を経験することで、仕事に飽きが来ないといえるのではないでしょうか。


また、職場が変わることで同僚や取引相手、オフィスなど職場環境が大きく変化します。
新たな出会いも多いため、人脈を広げる上でメリットは大きいといえます。


未経験でも実務に挑戦できる

派遣社員であれば、未経験の業界・職種でも就労しやすいです。
一方で、正社員としての求人には、経験者や資格保持者でないと応募できないケースも多いです。


専門的な分野においても派遣社員であれば挑戦しやすく、実務経験を積むことができるといえます。


こちらの記事では、一般的に専門性が問われやすいIT企業において未経験から派遣社員として働くことについて詳しく解説しています。
合わせてぜひチェックしてみてください。
▶︎未経験でも大丈夫!IT企業に派遣社員で働くメリット・デメリット


勤務地や勤務形態の希望に合わせて仕事を探せる

派遣先企業を探す際に、勤務地や勤務形態などの希望を通しやすいのも派遣社員のメリットです。
派遣会社の担当者と相談しながら、自分にとって働きやすい職場を選ぶことができます。


同じ派遣会社から派遣された人の生の声なども豊富であるため、自分で求人情報を調べるよりも確実に希望にあった仕事を探しやすい点は大きなメリットといえるでしょう。


趣味や家事、育児などと両立しやすい

派遣という働き方では、趣味や家事、育児、介護などのプライベートと仕事を両立しやすいという特徴があります。
正社員と比べて労働時間が少ない求人も多く、自由な時間を確保しやすいです。


また、契約更新のタイミングで子供の進学などに応じて働き方を変えやすいため、子育てとの両立に適しているといえます。


こちらの記事では、仕事と子育ての両立のために派遣社員として働くメリットとデメリットについて詳しく解説しているので、興味をお持ちの方はぜひチェックしてみてください。
▶︎忙しいワーママでも働ける?派遣社員に転職するメリット・デメリット


派遣会社のサポートを受けられる

一般的に派遣会社に登録すると、担当の社員がつけられます。
派遣先でのトラブルや、家庭の事情で働き方を変えたい場合など、何でも気軽に相談することができます。


トラブルの場合、派遣先企業との間に入って交渉もしてもらえるので、より安心して働くことができるのではないでしょうか。


安心して働くならフェローシップ

より安心して自分らしく働きたいという方には、フェローシップ がおすすめです。


優良企業や有名企業の求人も豊富で、さまざまな仕事の中から自分の希望にあったものを選ぶことができます。
完全育成方の無期雇用派遣である「スーパーアシスタント派遣サービス」では、月給制で研修に参加できるので未経験分野への挑戦やキャリアアップを目指す方にもおすすめです。


フェローシップに興味を持たれた方は、ぜひこちらのエントリーフォームをご記入ください。
※フェローシップへの登録はこちらから


派遣社員に向いている人/向いない人

派遣という働き方のメリット・デメリットを踏まえて、派遣社員に向いている人・向いていない人の特徴をそれぞれご紹介します。


派遣社員に向いていない人

一つの仕事を極めたい方や職場環境・仕事内容が定期的に変わることがストレスに感じる方は派遣社員に向いていないかもしれません。
また、終身雇用を希望していたり、会社内で上の役職を目指したい方は派遣ではなく企業に直接雇用してもらう形態の求人を探してみると良いでしょう。


派遣社員に向いている人

仕事の内容や関わる人に変化が欲しい方、同じ仕事を続けると飽きてしまう方には、定期的に新たな仕事・職場との出会いがある派遣社員がおすすめです。


また、仕事上の責任や重圧をできる限り感じたくない方や、仕事以外のプライベートの時間をしっかりと確保したい方にも派遣という働き方はぴったりです。


ワークライフバランスを実現しながら、生活に必要な収入を確実に得たい方は、派遣社員として働くことでより充実したライフスタイルを手にすることができるのではないでしょうか。


まとめ

考えられる派遣のデメリットやメリットを踏まえ、派遣社員に向いている人・向いていない人の特徴をご紹介しました。


フェローシップの人材派遣事業部では自分らしい働き方の実現を応援しています。
さまざまな業界・職種のお仕事を豊富にご用意しているので、まずは一度実際の求人を確認して、自分の条件にあった仕事を探してみてはいかがでしょうか。

派遣事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。