コラム&NEWS

転職エージェントのデメリットとは|向いている人とそうでない人の特徴[紹介2]
2021/11/03

転職活動を進める上で転職エージェントの活用をする人は多くいます。
その一方で、エージェントに相談するデメリットが気になる方もいらっしゃるかもしれません。


そこで今回は、転職エージェントを利用する上で考えられるデメリットやエージェントの活用方法を解説します。
転職エージェントの利用が向いている人と向いていない人の特徴もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。


フェローシップでは、転職希望者の方一人一人に寄り添ったサポートを実施しています。
キャリアプランを踏まえて仕事探しをお手伝いしているので、納得の転職活動につながるのではないでしょうか。


こちらからフェローシップがご紹介可能な求人情報を確認することができます。
まずは一度、実際の求人情報をチェックしてみてください。
※フェローシップのお仕事情報はこちらから


紹介事業部

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントに相談することで、考えられるデメリットや注意点をご紹介します。


担当のエージェントとの相性に左右されるケースがある

転職エージェントも人間であるため、相談しやすさなどに相性が現れる場合も多いです。
自分の理想の働き方や強み、弱みなどの相談内容に基づいてエージェントは、サポート内容を変えるため話しやすさの相性は重要といえます。


そのため担当エージェントとの相性は、良くも悪くも転職エージェントサービスをいかに活用できるかどうかに影響してくるといえます。


自分のペースで転職活動を進めにくい

転職エージェントはこれまでの支援経験をもとに、一人一人の求職者に合わせた選考対策のサポートを実施します。


また、強みやこれまでのキャリアを活かせる仕事の紹介や企業側と間に入ってやりとりを行う場合もあります。
そのため、完全に求職者自身のペースで転職活動を行うことは難しいのが事実です。


サービスの利用開始までに時間がかかる場合も

転職エージェントサービスの多くは、まず初めに担当のエージェントとの面談をおこない、求職者の希望や強みをきちんと把握した上で支援を進めます。


そのため、エージェントに登録したからといってすぐにサービスを受けられない場合が多いです。
本人の特性を踏まえて満足のいく転職活動を進めるための面談ですが、急を要する場合はデメリットとも捉えられるでしょう。


エージェントとのやりとりでタイムラグが生まれる

転職活動を進める中で、転職エージェントと相談しやりとりを重ねる場面は多いです。
しかしながら、常にメールや電話で瞬時に連絡を取れるとは言い切れません。


もちろん仕事としてエージェントは素早い返信に努めていますが、ある程度のタイムラグが生じてしまうのは仕方ないでしょう。


転職活動時はスピードが求められるのは事実です。
そのため、タイムラグが気掛かりとなって活動に支障をきたすと感じる方もいるかもしれません。


希望の求人に応募できない場合もある

転職エージェントは豊富な求人情報から、一人一人に適したものを紹介しています。
しかし、これらの求人の中には希望者が全員応募できるとは限らないものもあります。


同じ転職エージェント会社の中で、社内選考を通過した人だけが応募できるケースもあることを踏まえておく必要があるでしょう。


気軽に求人情報を確かめにくい

相談内容によって転職エージェントは、よりマッチ度の高い求人情報を紹介しますが、一方で自分で自由に仕事を探せないことを歯痒く感じてしまう可能性もあります。


もちろん自分で求人情報をチェックできる場合も多いですが、自分のこれまでの相談内容などを鑑みて、全く異なる系統の求人の話を持ち出すのを躊躇してしまう人もいるかもしれません。


サポート期間が決まっているケースもある

転職エージェントの中には、サポート期間があらかじめ設定されているものもあります。
これは一般的な転職活動期間などを考慮して3ヶ月程度とされている場合が多いです。


しかし、「ゆっくりと転職活動を進めたいとお考えの方」や「急ぎではないけれど希望の求人があれば応募したい」には期限が決まっているのは不都合になるかもしれません。


また、焦って決断を急いでしまう場合はデメリットといえるでしょう。


転職エージェントを活用するポイント

考えられるデメリットをできるかぎり減らし、転職エージェントを有効活用するポイントをご紹介します。


転職エージェントのメリットを理解する

転職エージェントを利用することで、第三者から客観的なアドバイスをもらえたり、非公開の求人情報を教えてもらえたりと得られるメリットは大きいです。


このメリットをしっかり理解した上で転職エージェントに相談することで、最大限有効活用することができるといえるでしょう。


こちらの記事では、転職エージェントならではのメリット、魅力を詳しくご紹介しています。
ぜひ合わせて参考にして、転職エージェントを徹底的に使いこなしてみてください。
▶︎転職エージェントのメリット11選|転職を成功させるための活用術


信用できないエージェントを予め見分ける

同じ転職エージェント会社を利用する中でも、自分と相性のいい担当者とそうでない人がいます。


予め信用できないエージェントの特徴を押さえておくことで、相性の悪い担当者を素早く見分け、デメリットを軽減することができます。


こちらの記事では、信用できない転職エージェントに共通してみられる特徴を詳しくご紹介しています。
ぜひ転職エージェントに相談する際は、こちらの内容を踏まえて相性を見極めてみてください。
▶︎信用できない転職エージェントの特徴とは|困った時の対処法もご紹介


 

自分にあった転職エージェント会社を選ぶ

一括りに転職エージェントといっても、会社によって実施しているサポート内容は異なります。


自分の希望の転職活動やその会社が得意としている業界・職種に合わせて転職エージェントを選ぶことがポイントです。


キャリアプランを踏まえ、自分の理想の働き方の実現を目指す方にはフェローシップがおすすめです。
一人一人の希望を踏まえ、経験豊富な仕事探しのプロが丁寧に転職か転職活動をサポートします。


非公開の求人情報や有名・優良企業のお仕事も多数ご紹介しているので、興味をお持ちの方は、ぜひエントリーフォームからご登録ください。
簡単な記入事項をご入力いただくだけで、無料で手厚いサポートをご利用いただけます。
※フェローシップへの登録はこちらのエントリーフォームから


転職エージェントが向いている人・向いていない人

デメリットや活用のコツを踏まえ、転職エージェントに向いている人とそうでない人の特徴をご紹介します。


転職エージェントの利用が向いていない人

「自分のペースを守りたい方」や「人に意見に左右されやすい方」は転職エージェントが向いていない可能性があります。


担当のエージェントとの相談が重要となってくるため、エージェントとのやりとりに転職活動のペースが左右されたり、さまざまなアドバイスを受けたりする場面は多いです。
これらの特徴に当てはまる方は、転職エージェントの利用には慎重になった方が良いかもしれません。


転職エージェントの利用に向いている人

「プロに積極的に相談したい方」や「忙しい中現職と転職を両立させたい方」、「少しでも不安なく転職を進めたい方」には転職エージェントの利用を強くおすすめします。


プロの意見を参考に、効率よく転職活動を進めることができるため、満足のいく転職活動につながるのではないでしょうか。


まとめ

転職エージェントの考えられるデメリットと、活用するためのポイントを踏まえ「転職エージェントに向いている人」とそうでない人の特徴をご紹介しました。


少しでも転職エージェントに興味を持たれた方は、ぜひフェローシップにご相談ください。
無料で手厚いサポートをご利用いただけるので、より安心して転職活動を進められるのではないでしょうか。


こちらから、フェローシップがご紹介可能な求人情報もご覧いただけます。
まずは一度、どのような仕事があるのかチェックしてみてください。

紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。