コラム&NEWS

派遣の採用に書類選考はあるの?派遣会社内の評価基準と選考突破の秘訣[派遣2]
2021/11/18

書類選考なしと書かれた求人ありますが、「希望した求人に応募できなかった」という話を耳にした方もいらっしゃるかもしれません。


今回は派遣会社における書類選考の仕組みについて丁寧に解説します。
希望の求人への応募が通過しやすい人の特徴を踏まえた、選考突破の秘訣についても解説するので、ぜひ参考にしてください。


フェローシップの人材派遣事業部では、有名企業・優良企業のお仕事情報を多数ご紹介しています。
スキルアップへのサポートも充実しているので、派遣としてのキャリアアップを目指す方にもおすすめです。


まずは一度、どのような仕事があるのか実際の求人情報をチェックしてみてください。
※フェローシップがご紹介可能な求人情報はこちらから


派遣事業部

派遣社員への「選考」の仕組み

書類選考なしと書かれた求人を目にする機会も少なくありませんが、希望を出したのにその求人に応募することができないというケースもあります。
派遣社員の派遣先が決まるまでの書類選考も含めた流れについて解説します。


派遣先企業は派遣社員を選考できない

求人に書かれている「書類選考なし」というフレーズは、多くの場合派遣先企業による書類選考がないという意味で用いられています。


派遣社員は派遣先企業ではなく派遣会社と契約を結んだ社員です。
そのため、雇用関係上は第三者ともいえる派遣先企業が選考活動をおこなうことは認められていません。


また、派遣先による選考が禁止されている背景には派遣社員の就労機会を守るためという理由もあります。
年齢や性別、容姿など、仕事におけるスキルとは別の要素を理由に就労機会が決定されてしまうのを防ぐことが目的とされています。


具体的に禁止されている選考としては、面接や履歴書・職務経歴書、適性検査、年齢、性別などを基準としたものがあげられます。


しかしながら、1つの求人に複数の応募者がいた場合、よりニーズと合致した人材を選ばなければいけません。
そこで派遣先企業に代わって派遣会社が応募者の中から派遣する人を決めているのです。


紹介予定派遣は例外として書類選考がある場合も

例外として派遣先企業が選考をおこなうことができる派遣の様式に、紹介予定派遣があります。


紹介予定派遣とは、一定期間の派遣期間を経て企業と社員の合意のもとで正社員契約を結ぶ派遣の様式です。
つまり紹介予定派遣として派遣されるということは、いずれは直接派遣先企業と雇用契約を結ぶことが前提となっています。


そのため、一定期間後に直接の雇用主となる派遣先企業が選考活動を実施することは認められているのです。


派遣会社への登録情報で絞り込まれる

派遣会社が、応募者の中から実際に派遣する社員を選ぶにあたり、判断基準としているのは派遣会社に登録された情報です。
派遣登録をした際に伝えたがこれまでの経歴や保有スキルだけでなく、これまでの派遣社員としての実績をふまえて総合的に判断されています。


派遣会社による面談も大きな鍵に

派遣社員の場合、基本的に就活のようなESやWebテストがありません。
そのため、派遣会社の担当者との面談も大きな判断基準のひとつになります。


派遣会社の担当者とは、これまでの経歴や希望の働き方の共有など多くの面談の場があると思います。
こうした日頃のやり取りも、コミュニケーション能力や仕事に対する適性などの判断材料になっていると考えて良いでしょう。


派遣会社によって制度が異なる

これらの評価の仕組みは、当然派遣会社ごとに異なります。
そのため、登録する際に詳しく調べておくことが大切です。


また、現在の登録先の派遣会社でなかなか希望の仕事に応募できていない場合は、自分にあった派遣会社に変更するのも有効な手段といえるでしょう。


フェローシップの人材派遣事業部では、一人一人に寄り添って理想の働き方の実現をお手伝いします。
優良企業・有名企業のお仕事情報を豊富にご用意しているので、自分にぴったりの仕事を見つけやすいのではないでしょうか。


また、スキルアップへの手厚いサポートもフェローシップの特徴です。
無料で使えるEラーニングシステムや、資格取得支援の精度も充実しています。


完全育成型の無期雇用派遣「スーパーアシスタント派遣サービス」もおすすめです。
安心の月給制のもと一人一人の希望にあった研修に参加できるので、経済的な不安なくスキルアップに取り組むことができます。


フェローシップに少しでも興味を持たれた方は、お気軽にこちらのエントリーフォームからご登録ください。
※フェローシップへの登録はこちらから


採用されやすい人の特徴の理解が突破の秘訣

応募した求人に採用されやすい人に共通する特徴をご紹介します。
このポイントを踏まえることで、希望の仕事に一歩近づくことができます。


コミュニケーション能力がある

コミュニケーション能力はあらゆる職場で求められるスキルです。
特に派遣社員は定期的に職場が変わり、新たな人間関係や仕事に向き合う必要があります。


変化の多い働き方であるからこそ、コミュニケーション力に長けている人は素早い周囲への順応への期待から、高い評価を受ける傾向にあります。


表情が朗らかで明るい

表情は人の印象を大きく左右する要素です。
笑顔が多く、明るい表情は好印象を与えやすいといえます。


この好印象というのは、単に派遣会社の担当者との良好な関係を生むだけに留まりません。
コミュニケーション力同様、職場の変化が大きい派遣社員であるからこそ、人当たりの良さにつながる柔らかい表情は高い評価につながります。


身だしなみが整っている

服装や髪型など、身だしなみが整っている人も高評価を受けやすいです。
清潔感はもちろん、礼儀正しさ、マナーへの配慮といったビジネスにおける信頼感の獲得にもつながります。


身だしなみを整えることで、安心して仕事を任せられる人材であるというアピールにつながります。


明確な実績や資格がある

これまでの勤務で達成した実績や取得した資格など、仕事をこなす力を客観的に評価しやすい項目は評価につながりやすいです。
TOEICなどの語学試験や日商簿記検定などの事務的な資格、エンジニアなどの技術的なスキルを持ち合わせた社員は、派遣会社も派遣先に紹介しやすいといえます。


積極的にこれらのアピールポイントを磨くことで、努力の成果を着実に希望の働き方の実現につなげることができるでしょう。


仕事へのやる気を感じる

面談などのコミュニケーションを通して、仕事へのやる気を強く感じる人は担当者も自信をもって派遣先に紹介することができます。


資格などのスキルももちろん重要ですが、仕事に対する姿勢は企業側が重視するポイントのひとつです。
普段の言動やこれまでの派遣社員としての働きぶり、スキルアップに向けて努力する姿勢など、仕事へのやる気を感じる人材は、高く評価される傾向にあるといえます。


自分の強みや弱みをわかっている

当然ながら、仕事には向き不向きがあります。
単に興味があるからという理由だけで応募しても、より具体的な経験やスキルを持つ他の応募者と差が開いてしまいます。


自分自身と向き合い強みや弱みをしっかりと把握した上で、自分が活躍できる職務内容や新たな職種・業界に挑戦する明確な理由を整理すると、派遣会社の担当者に納得してもらいやすいでしょう。


まとめ

派遣会社における書類選考の仕組みと、希望の職場で働く上でおさえておきたいポイントをご紹介しました。
自分が挑戦しやすいものからぜひ取り入れてみてください。


フェローシップでは幅広い業界・職種のお仕事を豊富にご紹介しています。
未経験でも挑戦しやすいものも多く、より希望にあった仕事が見つけやすいのではないでしょうか。


スキルアップの支援も充実しているので、より自分らしく働きたいという方にもおすすめです。
こちらから実際の求人情報を確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

派遣事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。