コラム&NEWS

エンジニアにスキルは絶対に必要?スキル不足でも転職を成功させるコツ[グローバルエンジニア2]
2021/10/25

エンジニアへの転職を考えているけれど、自分のスキル不足を心配して中々転職活動を進められないという方も多いと思います。


実際に資格や経験などのスキル不足でエンジニアへの転職を失敗してしまった可能性はありますが、その他の部分が原因の可能性も存在します。


そこで今回は、エンジニアへの転職にはスキルが絶対に必要なのかという疑問点やスキル不足と感じる時の対処法についてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。


フェローシップのグローバルエンジニア事業部では、エンジニアに特化したお仕事探しのサポートを積極的におこなっています。
様々な転職支援サービスを提供しているので、自分に合った仕事を簡単に探すことが可能です。


また、エンジニアという仕事は国の枠を超えてグローバルに働くことのできる仕事です。
フェローシップは、外国人の方の転職支援も得意としているので、日本でエンジニアとして活躍したい外国人の方も大歓迎です。


まずは、一度フェローシップがご紹介できる求人情報をチェックしてみてください。
※フェローシップの求人情報をチェックするにはこちらから


グローバルエンジニア事業部

エンジニアの転職にスキルは不可欠なのか

エンジニアに転職する際にスキルは絶対に必要というわけではありません。
求人に「未経験可」と書いてある場合採用担当者は、業務に対する姿勢や伸び代を含めて応募者を見ている場合もあります。
スキルや経験があるに越したことはありませんが、実際にさまざまな部分を包括的にみられて判断されるでしょう。


転職でつい見落としてしまう重要な要素について解説します。


重要なのは求められるスキルとマッチしているかどうか

エンジニアへ転職する際に重要なのは、その企業が求めているスキルと自分の持っているスキルがマッチしているかどうかです。
つまり、不採用時の「スキル不足」は、「求めるスキルの不足」という意味になります。


例えばプログラミングがどんなに得意でも、その会社が求めているスキルではなければ採用には繋がりません。
転職活動を始める前に、自身のスキルと会社が求めるスキルがマッチしているかを確認しておきましょう。


コミュニケーションスキルなども重要

エンジニアはプログラムやシステムの開発技術の他にも、取引先でのプレゼンや社内でのミーティングも重要な業務の中のひとつです。


チームで動くことも多いので、コミュニケーション力や説明能力、上司として配属される場合などはマネジメント能力なども重視している企業が多いでしょう。


これらのスキルは、面接時にチェックされているのでしっかりとアピールできるように準備しておくことが重要です。


30代以上は経験も評価の重要な要素になりやすい

まだ経験が浅い20代のエンジニアの場合は、スキル不足でも将来性を見込まれ採用されるケースも多いです。


しかし、30代以上になると即戦力として採用したいと考える企業が多く、高いレベルの技術を求めるため、スキルのマッチ度が高くない企業への転職は難しいです。


30代では今までの経験が評価されることも多いので、自身の市場価値を正確に分析や今までの経験をエピソードとして伝えられるように準備しておきましょう。


「この人なら経験を活かして、即戦力になってくれそう」など、自分がその企業で就労した際のポジティブなイメージを相手に持ってもらうことも大切です。


スキル不足でうまくいかないと感じる場合の対処法

スキル不足によって転職活動がスムーズにいかないと感じる場合の対処法についてご紹介します。


転職目的を明確にする

転職がうまくいかない時は、まず転職の目的を明確にしてみましょう。


収入を増加させたい役職に就きたいなどキャリアアップを目指しているのか、今よりもより働きやすい環境で働きたいのかなど、転職に対する目的を整理しておきましょう。


自身の目標によっては、現在のスキルに加えて足りない分を補う必要もあるので、まずはしっかりと自己分析をおこなうことが大切です。


キャリアプランを作成して考えを整理する

キャリアプランを作成することで、転職に対する目的や目標も一緒に考えることができます。
面接時にもキャリアプランについて聞かれる可能性が高いので、予め準備しておくことで余裕を持って面接に臨むことができるでしょう。


こちらの記事では、転職活動をする前に知っておきたいキャリアプランの重要性やメリットについてご紹介しています。
キャリアプランの立て方やそのコツについても詳しくご紹介しているので、ぜひ一度ご覧下さい。
▶︎キャリアプランとは 重要性やメリット、立て方のコツをご紹介


求められるスキルを整理する

転職活動を進める中で、転職希望の企業がどのようなスキルを持った人材を求めているのか知っておくことは必要不可欠です。


転職を希望している企業で求められるスキルについて整理することによって、今の自分のスキルで通用する部分や足りないスキルについても把握することができます。


面接時には、どのように活躍することを目指しているかについて質問されるケースも多いので、自身のアピールできるスキルについて説明できるようにしておきましょう。


転職エージェントを活用する

スキル不足で転職がうまくいかないと感じたときには、ひとりで抱え込まずに転職エージェントなどプロの力を借りてみましょう。


スキルアップのサポートをしてくれる転職エージェントも多く、自身のスキル不足についての不安を解消することができるかもしれません。


また転職エージェントをお探しの場合は、「フェローシップ」がおすすめです。
エンジニアファーストを掲げるフェローシップでは、業界・職種に精通したエージェントに相談しながらスムーズに転職活動へ臨むことができます。


スキルアップサポートの体制も整っているので、ぜひ一度こちらの無料「簡単エントリー」からご登録してみてください。
※フェローシップのサポートはこちらから


今あるスキルでも転職できる可能性も十分ある

すでに身に着けているスキルだけでも活かし方によって転職できる可能性は、十分にあります。
自分自身をしっかりと見直し、どのように自分の良さを採用担当者に伝えられるかを考えておきましょう。


第二新卒ならポテンシャルも評価につながる

新卒入社3年以内に転職活動をする第二新卒者の場合は、スキルや経験だけで無く潜在能力やのびしろが評価につながる場合も多いです。


ポテンシャル採用は、ポテンシャルの高い人材を採用できることや若年層からの応募が増えるなど、企業側にもメリットが多く今後導入する企業が増加すると考えられます。


こちらの記事では第二新卒の方が転職を成功させる方法については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
第二新卒の定義やおすすめのサービスについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。
▶︎第二新卒が転職を成功させるポイント|転職エージェントの活用法とは


専門技術以外の部分をアピールする

エンジニアとして活躍するには、専門技術以外のスキルを持ち合わせていることも重要です。


・社会人としてのマナーがあるか
・価値観の軸が企業と合っているか
・新しい環境に順応することができるか
・熱意やビジョンをもっているか


などこれらのポテンシャルを軸として採用者は判断しています。


今あるスキルの需要が高い企業・職種を狙い撃ちする

すでに持っているスキルの需要が高い企業・職種を目指すことも1つの方法です。


その場合、その企業がどのようなスキルを求めているかをしっかりと知っておく必要があります。企業研究を徹底し、その企業が求めている人物像をイメージしてみましょう。


まとめ

今回は、エンジニア転職にスキルは必要不可欠なのか、スキル不足が原因で転職活動がうまくいかない際の対処法についてご紹介しました。


希望する企業や職種によって求められるスキルは違うので、自身に合った求人を選ぶことでミスマッチを防ぎ、スキルを活かして働くことができるのではないでしょうか。


ぜひ今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。


またフェローシップでは、様々な業界・職種から一人一人に合ったお仕事を探すことが可能です。
資格取得やスキルアップをサポートする制度も整っているので、ぜひ一度こちらの求人情報をチェックしてみてください。

グローバルエンジニア事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。