コラム&NEWS

エンジニアに転職できない人の特徴とは?成功の秘訣や注意点[グローバルエンジニア2]
2021/05/11

「エンジニアに転職したいが、なかなか上手くいかなくて困っている」という方や、「これからエンジニアへの転職を目指す予定だが、成功するか不安だ」という方も多いのではないでしょうか。

エンジニアは専門性が問われる面も大きく、何度も転職を成功させている人がいる一方で、なかなか採用につながらないケースも多くあります。
専門性を活かしたグローバルな活躍も期待できるエンジニア職で、希望通りに転職を成功させ、理想のキャリアアップを目指したいものですよね。

それでは、転職に成功する人と失敗する人の違いは一体どこにあるのでしょうか。

今回は、エンジニアに転職できない人の特徴と成功させるために意識したいポイントについてご紹介します。
エンジニアならではの転職にお困りの方は、今回ご紹介する「転職成功の秘訣」を是非参考にしてみてください。

また、転職支援サービスを活用することで有利な転職活動につなげることができます。
フェローシップのグローバルエンジニア事業部では、一人一人のキャリアプランに合わせた仕事探しが可能です。
興味のある方は是非一度相談してみてはいかがでしょうか。

エンジニアに転職できない人の特徴

エンジニアへの転職になかなか成功しない人にはどのような特徴があるのでしょうか。
共通してみられる傾向について6点ご紹介いたします。

自身のスキルの可視化

自身が持つスキルを正しくアピールできないことで、転職活動が妨げられてしまっている場合があります。

専門性が求められることも多いエンジニア職の選考活動では、「アピールしているスキルが数字などを伴わない漠然としたものであったために採用につながらなかった」というケースもあるでしょう。

求められるスキルの把握・取得

希望する企業で求められているスキルを正確に把握できていないために、転職につながらない可能性もあります。

一括りにエンジニア職といっても、求められるスキルは職種によって異なります。
希望する職種に求められるスキルを正確に把握できていないと、応募資格に達していない場合もあるでしょう。

企業研究の有無

企業研究が不足しているために、転職希望先の企業とのミスマッチが起きてしまっている場合があります。
転職に苦戦している人は、企業が求めているスキルと自身のアピールポイントとがマッチしていないケースが多くあります。

また、転職してからミスマッチに気づき転職を繰り返してしまっている、という人もいるかもしれません。

転職理由

転職理由が明確でないために、採用につながらないケースも多くあります。

転職理由を尋ねられた際に、転職理由ではなく「退職理由」を答えてしまうと不十分だとみなされてしまいます。
「なぜ今働いている会社をやめたいか・やめたのか」といったネガティブな内容は「退職理由」に過ぎません。
転職がなかなかうまくいかない人は、「転職理由」という質問に正しく答えられていない傾向があるといえます。

行動力

そもそも行動力が足りず、転職を実現できていない場合もあります。

転職活動を行うことは、精神的にも体力的にも負担が大きくかかります。準備にかかる費用も無視できない金額であるため、踏み切るには勇気がいるともいえるでしょう。

転職を意識しているものの、なかなか実行に移せないでいる間に、希望条件にあった企業の採用が終わってしまったり、勤務先の状況が変わって一層辞めにくくなったりと、転職の好機を逃した結果として失敗するケースがあります。

時期

転職活動が成功しやすい時期というものがあります。
転職に失敗してしまう場合、転職活動に向いているタイミングを読み違えてしまっている可能性があります。

勤続年数や現在の年齢は、採用担当者が意識するポイントのひとつです。
すでに短期間での転職を繰り返している場合、「採用してもまたすぐに離職されてしまうかもしれない」という印象を与えてしまうため、採用選考で不利となってしまう可能性があります。

また、一定以上の年齢を重ねると未経験の職種での選考で不利になるケースもあります。
年齢を重ねるにつれて求められるハードルも高くなるため、現在のスキルやキャリアをよく考慮した上で転職を考えましょう。
一般的に区切りの年齢とされる24歳、29歳、34歳にあたる人も注意が必要です。

求人情報数も時期によって変化するため、転職の選択肢や成功する可能性が低い時期も存在します。これらを意識していないために、転職がより困難となってしまっている可能性があります。

エンジニアの転職を成功させるコツ

エンジニアへの転職で失敗しやすい人の特徴を踏まえ、転職活動を成功させるコツについてまとめます。

自身の経験やスキルを説明できるようにしておく

採用活動において重要な判断基準となる、自身の経験やスキルを客観的に説明できるように備えましょう。
自身の実績について、経緯や課題解決に向けた取り組みなど筋道を立てて具体的な説明を事前に考えておきましょう。

また、持っているスキルや資格を活かしてどのような実績を立てたかについても、具体的なエピソードを交えた説明を考えておく必要があります。

採用担当者に、自分を採用することで得られるメリットについて具体的にイメージさせることで、より強力なアピールにつながります。

企業が求める人材像をイメージしておく

その企業が求める人物像を意識して転職活動にのぞみましょう。
採用面接において、企業側が求める人材像に自分が当てはまることをアピールすることで、採用につながりやすくなります。

また、求められる人物像やスキルをしっかりと意識することで、今の自分に足りないものを把握し必要となる対策を具体的に考えることができます。

転職計画を立てる

綿密な計画を事前に立てた上で、転職活動に踏み出しましょう。

転職活動は精神面や体力面、金銭面などあらゆる観点から見ても負担が大きいといえます。
無計画に実行することでさまざまなロスがでてしまうだけでなく、準備が万全でないために不採用となってしまう危険性も高いです。

時期や必要な対策などをきちんと計画した上で活動にのぞみましょう。

転職する理由を見つめ直す

転職理由は採用の上でも重要な判断基準となるだけでなく、自分のキャリアプランの実現という観点からも非常に大切です。

転職を通してどのようなことに挑戦したいか、どのような働き方を実現したいかなど徹底的に掘り下げて考えましょう。
自分が最も重要視している点を把握することで、自信を持って転職活動を進めることができます。

また、転職先の企業を選ぶ際にも重要な判断基準にもなります。

エンジニアの転職活動をサポートするサービスを利用するのもオススメ

転職活動を成功のために、様々なサービスを活用することも有効です。
サービスをうまく利用することで選考対策につながります。

自身のスキルに特化したサービスを利用する

転職時の強みとなる自身のスキルに特化したサービスを利用することも重要です。

例えばエンジニアの専門性に加えて中国語のスキルを持っている場合、中国語に特化した求人サイトを利用することで、より自分の強みと活かせる求人情報を見つけることが可能です。

中国語スキルを活用できる求人専門のサイトTENJeeでは、エンジニア職の求人情報も多数紹介されています。
詳しい募集条件などを是非一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
※中国を活かしてエンジニア職へ転職するにはこちらから

フェローシップを利用して転職を成功させよう

エンジニア職に特化した転職支援サービスであるフェローシップもおすすめです。

「エンジニアファースト」を掲げた転職エージェントであるフェローシップでは、エンジニア一人一人に寄り添った支援サービスを実施しています。

キャリアプランの相談から企業情報の収集まで、幅広いサービスを受けることが可能なので、転職活動を有利に進めたいという方は是非一度ご相談ください。
グローバルエンジニア事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。