コラム&NEWS

エンジニアの転職で役立つ 志望動機の書き方の例やポイントを解説[グローバルエンジニア2]
2021/02/15
エンジニアの転職を考えている方の中には、志望動機をどう伝えようか迷っている方もいるのではないでしょうか。

企業によって転職活動の面接形式や質問内容、採用基準は異なりますが、ほとんどの企業で聞かれるのが志望動機です。
エンジニアの志望動機をしっかり準備しておくことで、志望度の高さをアピールし、転職活動を有利に進めていくことができるでしょう。

今回は、エンジニアの転職における志望動機を書く前に知っておきたい知識や実際の書き方の例、エンジニアの転職を成功させるための方法についてご紹介します。

また、外国人エンジニアの転職には、フェローシップのグローバルエンジニアがおすすめです。
様々な転職支援をサービスを提供していますので、エンジニアを目指している外国人の方はぜひご利用ください。

そもそもエンジニアの転職とは

エンジニアの転職は、未経験からでも挑戦可能です。
教育が充実している企業へ転職をすることで、未経験者の方でもエンジニアとして活躍できる人材に成長することができるでしょう。

また、エンジニア経験者の方は転職を通じて、今の業務をさらに極めてより高い給料を狙ったり、これまでの業務経験を活かしてマネジメント業務へ転職したりすることを目指すことができるでしょう。

エンジニアの転職理由は様々ですが、自分の目的・目標に沿った転職活動ができるようにしましょう。

エンジニアの仕事とは

ここでは、エンジニアの仕事の種類についていくつか挙げます。 自分が目指すエンジニアの仕事についてきちんと理解した上で志望動機を作成しましょう。

システムエンジニア

システムエンジニアは、顧客の要望に沿ったシステムの開発・提供を行います。 システムの仕様書を作成したり、プログラマに開発の要請を行ったりします。

プログラマ

プログラマは、システムエンジニアの仕様書に沿ってプログラミングを行います。
プログラミングスキルが必要であり、将来的にはシステムエンジニアを目指す場合でも、まずは基礎知識を身に付けるためにプログラマを経験するという方もいます。

WEBエンジニア

WEBエンジニアは、WEBサイトのアプリケーション開発を行います。
おすすめ商品の紹介や過去に見た商品の履歴など、ユーザーが便利にWEBサイトを利用できるよう様々なシステムの開発を担当します。

エンジニアが活躍できる企業と特徴

最近ではどの企業もITを取り入れ始めているため、エンジニアが活躍できる企業には様々なものがあります。
例として、以下のような企業が挙げられます。

・Webサービス
・メディア関連企業
・通信関連企業
・ソフトウェア開発関連企業
・ハードウェア開発関連企業
・情報処理サービス関連企業

例えば、Webサービス・メディア関連企業のエンジニアになりたい場合の志望動機は、「いつも自分が使っているサービスに対し自分の手で開発に携わりたいと思うようになったから」など、その企業の特徴を踏まえてエンジニアとしてどのように活躍したいかを含めると納得感のある志望動機が作成できるでしょう。

実際の業務内容や特徴を調べ、より現実味のある志望動機を考えてください。

エンジニアに求められる適性

ここでは、エンジニアに求められる適正をいくつか挙げます。 自分に当てはまるものがあれば、積極的に志望動機に取り入れ、面接官に自分がエンジニア向きの魅力的な人材であることをアピールしましょう。

熱心に努力できる

何事にも熱心に取り組み努力できる人材は、入社後も業務に熱心に取り組んでもらい、成果を出してもらうことが期待できます。

エンジニアの仕事を途中で投げ出さず、最後まで努力してやる遂げる力が必要です。

ITやコンピュータ、技術に興味がある

ITやコンピュータ、技術に興味がある方は、最新技術などの情報に興味関心を持って積極的にチェックすることができるため、エンジニアに適正があると言えます。
また、ITに関する知識やスキルや資格をすでに持っている方は、ITに興味があるだけでなく実力も兼ね備えているとアピールすることができるでしょう。

成果を出すことができる

特に下請けのエンジニアでは、受注先から納期が定められていることが多いため、納期までにしっかりと成果を出すことができる能力が重要となります。
スケジュール管理能力がある方も、エンジニアに向いていると言えるでしょう。

外国人エンジニアの方におすすめの志望動機の書き方例・ポイント

ここでは、外国人エンジニアの方におすすめの志望動機の書き方例やポイントをご紹介します。
エンジニアの仕事の種類や活躍できるフィールド、エンジニアに求められる適正などと併せて確認し、自分の強みをアピールできる志望動機を作成しましょう。

転職の理由と将来のビジョンを明確にする

転職の理由と将来のビジョンが明確で筋が通っていないと、なんなく自社のエンジニアを志望しているだけで、あまり志望度が高くないのではないかと思われてしまいます。
まずは、転職理由とキャリアプランを考え、それに沿った求人選びと志望動機の作成をしましょう。

フェローシップならビジョンにあったお仕事を紹介します

転職支援充実のフェローシップでは、単なる求人紹介でなく、面談を通して丁寧なヒアリングを行い、あなたのキャリアビジョンを踏まえたお仕事の紹介を行っています。
転職の軸を持った仕事選びや志望動機の作成をサポートしますので、転職活動がなかなかうまくいかない方はぜひご相談ください。

企業や業界分析をしっかりした上で書き始める

その企業のエンジニアはどんな業務をしているのか、IT業界に今どのような話題が上がっているのかなど、企業や業界分析をしっかりした上で志望動機を作成しないと、エンジニアの現状を踏まえていない的外れな志望動機となってしまう可能性があります。

事前に業界知識をしっかりつけ、具体的な根拠のある志望動機を作成できるといいでしょう。

市場価値を客観視し、採用担当者に企業で活躍できる姿をイメージさせる

自分の市場価値を客観視し、採用担当者が企業で活躍できる自分の姿をイメージさせるような志望動機を書くことができるといいでしょう。
「真面目だ」や「熱心だ」などの抽象的な言葉だけでなく、「半年間毎日5時間勉強し資格を取得した」など、再現性の高い具体的な経験を交えて自分のエンジニアへの適正の根拠を述べることができるとなお良いです。

また、外国人の方は外国語スキルや海外の知識など、自分が外国人であるという強みを活かした働き方ができることを志望動機に含めるのもおすすめです。
志望する会社が海外の顧客向けに営業していたり海外のチームと連携して開発していたりする場合は、「入社後は自分の外国語スキルを活かして、海外の開発チームとの橋渡し的な存在となり、より密に連携して成果をあげたいです」など、アピールするのもいいでしょう。

入社後も成長し続けていく気持ちがあることをアピールする

入社後も、成長し続けていく気持ちがあることをアピールすることで、これからのポテンシャルに期待して採用してもらうことができるかもしれません。
「御社の◯◯などの教育制度を活用し、◯◯スキルを身につけエンジニアとしてスキルアップしていきたいです」など、向上心があることをアピールしましょう。

外国人エンジニアが転職するための方法

独学でスキルアップ

独学でITやプログラミングに関する知識をつけ、エンジニアとしてのスキルアップをする方法があります。

自分のペースでスキルアップができる一方、もし間違った勉強方法をしているとなかなかスキルアップできず、転職に時間がかかってしまったり、自分の希望する職務内容のエンジニアになれなくなってしまったりする可能性があります。

外国人エンジニアの転職に強い就職・転職エージェントを活用する

外国人エンジニアの転職を成功させるためには、外国人エンジニアの転職に強い就職・転職エージェントを活用するのがいいでしょう。

例えば、外国人エンジニア向けの求人を多数取り扱っているフェローシップ グローバルエンジニア事業では、日本でエンジニアになりたい外国人向けに、まずはフェローシップの正社員として雇用後、未経験者でも希望の仕事内容のエンジニアとして働けるよう充実した研修を個人個人に用意しするなど、就業先でエンジニアとして積みたい経験が積めるよう全力でサポートしています。

エンジニアとしてどのようなキャリアを積んでいくかまだ決まっていない方でも”なりたい自分”を見つけられるよう、丁寧なキャリア面談を全員に実施していますので、フェローシップにご相談いただければ、あなたが実現したいキャリアがきっと見つかります。

外国籍の方向けの在留資格に関するサポートなども提供していますので、日本でエンジニアとして働くのが不安な外国人の方はぜひご相談ください。
※エンジニアとして転職を考えている方はこちら

また、フェローシップでは、中国語スキルを持った方向けに、中国語人材向け求人を多数取り扱う「TENJee」という求人サイトも運用しています。
TENJeeでは、中国語が話せる人材を雇用したい企業からの求人を主に扱っており、自分の中国語スキルや日本語スキルなどから自分に合った仕事の検索をすることができます。
自分の中国語スキルを活かしてエンジニアとして活躍したい方はぜひご利用ください。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。