コラム&NEWS

エンジニアへの転職に失敗する原因は?解決策やおすすめ企業の条件[グローバルエンジニア2]
2021/02/01
転職希望者の中には、エンジニアとして転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

エンジニアは自分のスキルに合わせて転職することができ、うまく転職できれば着実にキャリアアップしていくことが可能な一方、転職に失敗してしまうと、なかなか就職先が決まらず無職期間が長引いてしまったり、せっかく仕事を始めても自分に合わずすぐに辞めてしまったりする可能性もあります。

今回は、そんなエンジニアの転職について、転職に失敗する原因や解決策、エンジニアとして転職成功するためにおすすめの企業などをまとめてご紹介します。
外国人でエンジニアを目指す方も参考にできるよう、外国人エンジニアの方の失敗するパターンなども紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

また、エンジニアの転職には、フェローシップがおすすめです。
エンジニアの転職で失敗してしまった方や今後エンジニアとして転職して成長したい方はぜひご相談ください。

エンジニアが転職に失敗するパターン

エンジニアが転職に失敗するパターンとして、ここでは「エンジニアの企業選びにおける失敗」と「転職そのものにおける失敗」の2つに分けて説明します。

エンジニアとして企業選びの改善策

スキルや能力が不足していた

エンジニアとしての自分のスキルや能力不足により、なかなか内定をもらうことができなかったり、入社後わからないことが多すぎてついていけず辞めてしまったりしてしまう場合もあります。

特にエンジニアの転職では、スキルや実務経験が重要視される傾向があるため、エンジニアとして転職を始める際は、まずは自分のスキルや能力を把握し、それを踏まえた上で自分のレベルに合った企業を選ぶといいでしょう。

会社側とのコミュニケーションが不足していた

会社側とのコミュニケーションが不足していたことで、入社前に思い描いていた仕事ができず、転職を繰り返してしまうこともあるでしょう。

一口にエンジニアといっても、その業務内容は会社やプロジェクトなどによって異なることも多いです。
実際に、その会社のエンジニアの業務内容はどのようなものであるか、転職前にしっかり調べて置くようにしましょう。

入社後に成長意識が薄れてしまった

転職期間中は成長意識が高いために成長環境が整っている少し業務がきつめの会社に入社したものの、入社後にモチベーションが下がってしまい、仕事を辞めたいと考えてしまう方もいるかもしれません。

成長意識がない中、自分の能力やスキルが追いつかない内容を求められる仕事に就いてしまうと、仕事が辛くなってしまうこともあるでしょう。
転職する際は、自己分析を通し、これまでの自分のモチベーションやこれから成し遂げたいことを理解した上で、本当にエンジニアとして成長していけるか考えてから転職するようにしましょう。

転職そのものにおける改善点

転職理由が相手に明確に伝わっていないではない

転職活動の面接でよく聞かれる転職理由はとても重要です。
転職理由が相手に明確に伝わっていないと、面接官はこの転職希望者を採用してもまた辞めてしまうのではないかと考え、採用を見送ってしまうかもしれません。

転職理由を答える際は、ネガティブな退職理由だけにならないよう、入社してから成し遂げたいことなどを加味して伝えられるようにしましょう。

市場価値を客観視できていない

自分の市場価値を客観視できておらず、自分の能力やスキルよりもはるか上の会社にばかり応募していては、なかなか内定をもらうことはできないでしょう。
自分の市場価値がわからないという方は、就職・転職エージェントや友人・知人などに相談に乗ってもらいながら、自分の客観的な見え方を確認してみるのもいいかもしれません。

”がんばる人”を応援する就職・転職エージェントのフェローシップでは、一人一人にキャリア面談を実施しており、就職市場に詳しいキャリアアドバイザーから自分の客観的な市場価値や強み・弱みなどの相談に乗ってもらうことができます。 自己分析不足で転職失敗したくない方はぜひご相談ください。

選考対策が十分ではないできていない

選考対策が不足していると、面接中に自分の能力をうまくアピールすることができず、転職活動に失敗してしまうかもしれません。
一人で転職活動を進めるのではなく、ESの添削や面接練習などは、第三者に協力してもらいながら、選考対策は十分に行うようにしましょう。

外国人エンジニアが転職に失敗するパターン

ここでは、特に外国人エンジニアの方が転職で失敗するパターンについてご紹介します。

周囲とコミュニケーションがうまく取れずに溶け込めない

悩みを相談できない

周囲に自分と同じ国籍や言語の人がおらず、悩みを相談できず孤独を感じてしまう可能性もあります。
日本語でのコミュニケーションに自信がない場合は外国籍の従業員が多い会社を選んだり、外国人向けの転職エージェントを利用して母国語での相談に乗ってもらったりするといいでしょう。

教育方法がうまく合わない

日本やその企業独特の教育方法が自分に合わず、せっかく転職してもスキルアップができないかもしれません。

エンジニアの転職では、自分のスキルアップできる環境を選ぶことがとても大切です。
教育方法や仕事の進め方が合わないと感じた場合は相談しやすい上司や同僚に相談したり、外国人エンジニア向けの教育に力を入れている会社を選んだりするといいでしょう。

キャリアアップが見込めない

例えば、将来システム開発の全体を一貫して担当するプロジェクトマネージャーの仕事に就きたいと考えているのに、下請けの開発しか業務として扱っていない会社に入社してしまうと、自分の思い描いたキャリアアップしていくことは難しいでしょう。

外国人に限らず、「エンジニアとしてのキャリアアップ」を目標として転職を考えている方は多いです。
しっかり自分の能力やスキルを把握してくれて、なおかつそれを伸ばすような仕事を与えてくれる会社に入社することができれば、順調に成長しながらキャリアアップしていくことが可能でしょう。

主な失敗要因とその解決策

エンジニアの転職について様々な失敗パターンを挙げましたが、重要なのは「転職活動において軸をしっかり持つこと」です。

特にエンジニアの仕事は、同じ会社や部署内でも全く異なることもありますので、何に重きをおいて転職活動をするかによって、その後の働き方や得られる経験は変わってきます。
転職活動の目的があやふやで、ただなんとなくスキルアップしたいからという理由で転職しても、思い通りの仕事に出会えず、エンジニアとして成長していくのは難しいでしょう。

転職活動の軸を持つことで、何を重要視して転職先を選べばいいのか明確にし、それに向けて自分に足りないスキルや能力などを把握することができます。
同時に自己分析なども行いながら、これからどのようなキャリアを積んでいくか具体的なイメージを持って転職活動を進めましょう。

エンジニア転職を成功させたい人におすすめの企業

働く上で重要な条件を整理する

エンジニアとしての転職を成功させたい方は、まず、転職活動の軸を元に、自分が働く上で重要な条件を整理しましょう。

働く上で重要な条件は人それぞれです。 例えば、外国人エンジニアを目指す方は、外国人向けの研修が充実していることを条件とすればエンジニアとして成長できる可能性が高まりますし、次のキャリアステップとして転職を考えている方は、自分が就きたい業務を任せてもらえるかどうかを条件とすることで着実にキャリアを積んでいくことができるでしょう。

働く上で重要な条件を整理し、自分に合った企業を選ぶようにしましょう。

フェローシップのグローバルエンジニアがおすすめ

エンジニアとしての転職を成功させたい方は、フェローシップのグローバルエンジニアがおすすめです。

フェローシップでは、エンジニアに興味のある方やエンジニア経験のある方をまずはフェローシップの正社員として雇用し、あなたに合った研修を通して希望のキャリアの実現をサポートしています。
特に外国籍の方には、在留資格のサポートや日本の慣習・文化に関する知識の提供など、お仕事紹介以外にも手厚くサポートしているので安心して働くことができます。

また、フェローシップでは、中国人人材向けの求人サイト「TENJee」を運用しており、中国語が話せるエンジニア向けの求人も多数紹介しています。
中国語スキルを活かして働きたい方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

以下では、フェローシップがエンジニアの転職におすすめな理由をご紹介します。
自分の転職活動の軸や働く上で重要な条件と一致するものがある場合は、ぜひフェローシップへエントリーください。
※エンジニアの転職を成功させたい方はこちら

未経験の場合でも教育制度が充実

フェローシップのグローバルエンジニア事業部では、「育成型」を謳っておりますので、もちろん充実した教育制度が設けられています。
そのため、エンジニア経験がある方はもちろん、エンジニア未経験の場合でも、自分の実現したいキャリアに向けてフルカスタマイズされた研修を受けることができます。
エンジニアの転職を考えているけど自分の能力やスキルに不安がある方にはぴったりです。

配属先で希望のキャリアを実現できる

フェローシップでは、全員に個別にキャリア面談を行い、各個人が実現したいキャリアの方向性を確認し、その実現を全力でサポートしています。
特に母国語が日本語でない方は、中国語や英語で面談してもらうことも可能ですので、日本語では伝えづらい細やかなニュアンスを汲み取ったキャリアアドバイスをもらうことも可能です。

充実した社会保険・福利厚生

フェローシップには、年次有給休暇制度や産前産後・育児休業制度など、充実した社会保険・福利厚生が整っています。
仕事もプライベートも充実させながらエンジニアとして働きたい方は、フェローシップで自分らしい働き方を実現してみてはいかがでしょうか。

エンジニアに最適な雰囲気

フェローシップのグローバルエンジニア事業部には「エンジニアファースト」の理念があり、現場のエンジニアの仕事を創出し、現場のエンジニアを支えるポジションとなり、現場のエンジニアが最も尊重されるよう、事業の運営を続けています。
フェローシップで働くことで、エンジニアとしての意見を尊重してもらいながら、理想のキャリアを実現することができるでしょう。

フェローシップのグローバルエンジニア事業に興味のある方は、ぜひご相談ください。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。