コラム&NEWS

エンジニアに転職する時に意識しておくべき面接対策のポイント[グローバルエンジニア2]
2021/04/05

エンジニアに転職する際の面接対策をしたいと考えている方もいらっしゃるかと思います。
面接に臨む前に用意しておきたい資格や心構えや考え方を理解することで、面接を有利に進められることができるかもしれません。

また、エンジニアはその業務の性質上、求められるスキルや資格がある程度決められていることもあります。
スキルや資格をしっかりと面接担当者に伝えることも重要な要素の一つです。

今回はエンジニアに転職する際の面接を有利に進められる方法をご紹介します。

また、エンジニアの転職を検討している方は、フェローシップのグローバルエンジニア事業がおすすめです。
未経験の方でも、研修制度や福利厚生などの整備も整っており、常に最新の技術に触れることができます。

グローバルエンジニア事業部

エンジニアに転職する際の面接のポイント

エンジニアに転職する際の面接のポイントを解説します。
面接官の立場に立つことや、自身のスキルをどのように活かすかなどを考えることで、面接を有利に進めることができるかもしれません。

企業が欲しい人材像をイメージする

面接に臨む前に、企業の情報や募集している仕事内容などを確認して、企業がどのような人材を欲しているのかをイメージしておきましょう。

もし自身のエンジニアとしてのスキルや経験、人物像がイメージと異なる場合でも、どのように自身を面接担当者にアピールするかを考えることで、面接を有利に進められる可能性もあります。

また、自身に必要なものや資格などを洗い出すこともできるため、転職までに時間がある場合は資格の取得などに時間を割くことも可能です。

自身のスキル・経歴をしっかりと伝える

自身のスキルや経歴をしっかりと面接担当者に伝えることが重要です。
ただスキルや経験を羅列するのではなく、スキルを取得した背景やそのスキルが面接企業にどのように役に立つのかを、しっかりと筋道を立てて説明できるようにしておきましょう。

自身のスキルや経験が面接企業にどのような利益をもたらすのかを説明できるようにするには、企業研究や企業が欲する人材のイメージなどを考えることも必要です。

エンジニアには様々な種類があり、企業や仕事内容によって必要なスキルが異なることもあります。
企業の仕事内容をしっかりと把握して適切なスキルを説明できるようにしておくと良いでしょう。

外国籍の方の場合は母国語がスキルになる

外国籍の方が日本の企業面接に参加する場合、自身の母国語のスキルは大きな武器になる可能性もあります。
自身の言語スキルを活かせる企業であれば、しっかりと面接担当者にアピールしておきましょう。

自身の目標を伝える

自身がその企業に入社して何をしたいか、エンジニアとしてどのように企業に貢献していきたいかを伝えられるようにしておきましょう。
この際、独立志向や再転職を含めて話してしまうと面接担当者は「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と考えてしまう可能性があります。

独立志向がある場合は、ある程度ぼかして伝えることも考えておいた方が良いかもしれません。

聞かれる内容を予想しておく

自己紹介や志望動機など、あらかじめ質問が予想される設問には答えを用意しておきましょう。
答えを用意しておくことで、少なくとも「企業研究を行い準備ができる応募者だな」と面接担当者が考える可能性は高いです。

その際に自身の経験をうまく交えて回答することで、自身の魅力を簡潔にわかりやすく面接担当者にアピールすることができます。

エンジニアの転職の場合は専門用語や使用するプログラミング言語などの専門的な分野の質問も予想されます。
自身の強み以外にも、予想される専門的な質問に対してはあらかじめ調べておくと良いでしょう。

それでも自身が知らない専門的な内容が出てきた場合、知っている振りなどはぜず、知らない旨を面接担当者に伝え、今後はどのように知識をつけていくのかを話せるようにしておくと良いかもしれません。

少なくとも、知っている振りをしたことで採用後に全く知らない分野の仕事を任せられてしまうなどの可能性は低くなるでしょう。

用意した回答を無理やり答える必要はない

注意点として、用意した回答は必ずしも全て使う必要はないと考えておきましょう。
面接担当者が聞きたいこととズレた回答をしてしまう可能性があります。

面接はコミュニケーションでもあります。
せっかく回答を用意しても、正確にコミュニケーションを取れない人間だと判断されてしまえば元も子もありません。

聞かれた内容にしっかりと回答し、臨機応変に用意した回答の取捨選択をすることも重要な要素です。

自身がその企業で働くことをイメージさせる

自身が実際に面接を受ける企業で働くことをイメージしてもらうこともポイントです。
実際に一緒に仕事をすると考えた際に、働きたいと思わせるような人物像を考えておいても良いかもしれません。

服装や清潔感も重要

面接の際の服装や清潔感も重要な要素です。
今後一緒に働いた際に人を不快にさせないとわかるような清潔感のある服装を心がけましょう。

私服で面接に臨む場合でも同様です。
企業にもよりますが、あまり奇抜過ぎない清潔感や常識のある服装で臨むことも意識しておきましょう。

他の求職者をイメージする

自身以外の求職者の人物像をイメージすることもポイントです。
自身以外の求職者は競合とも言えるため、その競合より良いポイントをアピールすることが重要です。

資格や経験などの中に、他人がなかなかしない経験などを織り交ぜて話すことも意識しても良いかもしれません。
しかし、あまりに話を大きくし過ぎてしまうと、採用後のミスマッチにつながってしまう可能性もあります。

あくまで誠実に対応することを心がけましょう。

エンジニアの転職に必要なこと

エンジニアに転職する場合、面接の前に準備をしっかりと行うことで万全な状態で面接に臨むことができるでしょう。

転職のタイミングや時期から逆算して、しっかりと準備を整えておきましょう。
面接前にやっておくべきポイントを解説します。

自身のスキルの再確認

自身のスキルや経験の再確認を早いうちに行いましょう。
大学や高問わず、自身がどのような人生を送ってきたのかを見つめ直すことで、自身が活躍できる企業の幅が広がるかもしれません。

また、スキルの再確認は自己分析にも繋がります。
自身がどのような人間なのかを面接担当者にしっかりと伝えるためには必須とも言える項目です。

自身のスキルを活かせる職種を洗い出すことにも役に立つので、行うことをおすすめします。

必要な資格やスキルの取得

自身のスキルの再確認が終わり、自身に足りない資格やスキルが浮き彫りになった場合、必要な資格やスキルを取得する必要もあるでしょ う。
特にエンジニアは情報や新しい技術が早いスパンで更新されるため、常に最新の情報を把握し、自身のスキルにしておくと良いでしょう。

面接がうまくいかないときは

どんなに準備、対策しても、面接に必ず通るわけではありません。
面接がうまくいかなかった時の対処法を解説します。

なぜうまくいかなかったのかを考える

なぜ面接の結果がよくなかったのかをしっかり考えましょう。
自身のミスであれば、次の面接で同じミスをしないようにする対策をしっかりと立てておきましょう。

自身のミスではなく、採用のタイミングや外的要因で採用が見送られてしまう場合もあります。
必ずしも自身に原因があるとは限らないので、考え過ぎは禁物です。

ネガティブ思考はNG

不採用が続くと、自信を無くしてしまうこともあるかもしれません。
ネガティブな思考になってしまうと、面接前から不採用を前提に面接に望んでしまうケースも考えられます。

面接の担当者は企業ごとによって変化します。
ネガティブな思考になり過ぎず、切り替える余裕を持てると良いかもしれません。

転職エージェントに相談する

面接がうまくいかない場合、第三者の客観的な視点からアドバイスをもらうことで改善できるケースも存在します。
転職エージェントに相談することで、様々な転職者を担当した豊富な経験から有益なアドバイスをもらえる可能性が高いでしょう。

フェローシップのグローバルエンジニア事業部では、エンジニアの転職に特化した転職エージェントが多数在籍しており、綿密なヒアリングやサポートで転職を成功に導きます。

エンジニアの転職の際の面接の不安点などもアドバイスできるのでお気軽にご相談ください。
グローバルエンジニア事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。