コラム

エンジニアの転職理由はどう答える?転職を成功に導く伝え方・回答例[グローバルエンジニア2]
2020/12/16
エンジニアで転職活動を進めている方の中には、面接で転職理由をどう答えようと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

エンジニアの方の転職はキャリアアップを理由とした転職も多いため、転職回数が多くても不利になりにくいと言われていますが、転職理由がしっかり定まっていないと転職活動が失敗してしまう可能性もあります。

今回は、エンジニアの転職理由やエンジニアの転職活動を成功させるためのコツなどについて詳しくご紹介します。
エンジニアの方で転職を考えている方や転職理由を企業にどう伝えようか迷っているという方はぜひ参考にしてください。

エンジニアの転職理由の例

まずは、エンジニアの転職理由をいくつかあげます。

仕事内容のミスマッチ

エンジニアの転職理由の1つとして、入社前の仕事のイメージと入社後の実際の業務が異なっていたからという理由があげられます。
特にエンジニアの場合、キャリアアップするためには、仕事を通して自分のスキルを磨き技術力を高めていくことが必要です。
そのため、仕事内容にミスマッチがあり、自分が思っていた仕事をできないだけでなく技術の向上も見込めない場合、すぐに転職に踏み切ってしまうエンジニアの方もいるでしょう。

給与・待遇面での不満

給与・待遇面に不満を抱き、転職を考えるエンジニアの方もいるでしょう。
エンジニアに限った話ではありませんが、会社から適切な評価をもらえないと仕事のモチベーションが下がってしまいます。
適切な評価をもらえる会社や労働量に対する給与をしっかりと用意してくれる企業を求めて転職するケースもあります。

休日・勤務時間など働き方に関する不満

休日出勤やサービス残業など、働き方に関する不満があって転職をする場合もあります。

例えば、クライアントのシステム開発をしているエンジニアの場合は、納期に間にあわせるために残業して帳尻を合わせたり、システムの保守運用をしているエンジニアの場合は、何かトラブルがおきた場合は休日でも出勤しなくてはいけなかったりすることもあります。
自分に合った働き方ができていないと感じた場合は、転職を考えてみてもいいでしょう。

人間関係への不満

どのような職種であっても、人間関係への不満が転職につながることはあるでしょう。
特にエンジニアの場合は、チームでコミュニケーションをとりながら仕事をすることが多く、チーム内の人間関係が悪いと日々の仕事でストレスが溜まってしまいます。
社内で異動ができれば問題ないかもしれませんが、小規模の会社やチームの人員が不足している場合などでは異動ができず、転職するしかない場合もあるでしょう。

キャリアアップ/キャリアチェンジ

ある程度エンジニアとしての業務をこなしていくと、チームをまとめてシステム開発の一貫に携わるようなマネジメント業務を行うためのスキルが身についてくるでしょう。 こういった日々の業務で得たスキルを活かし、キャリアアップするために転職をしようとするケースもあります。
また、日々の仕事を通して、もっとシステム開発の上流に携わりたい、違う分野で開発業務をしてみたいなど、キャリアチェンジするために転職するケースも考えられます。

転職活動でエンジニアの転職理由の伝え方のポイント

転職理由は様々ですが、転職活動の面接でそのまま伝えてしまうと、面接官にあまり良い印象を抱かれない可能性もあります。

ここでは、転職活動でエンジニアの転職理由の伝え方のポイントについていくつかあげます。転職理由の伝え方のポイントを押さえて、面接官に好印象を与えましょう。

ネガティブでなくポジティブな表現で伝える

転職理由は、ネガティブでなくポジティブな表現で伝えましょう。
例えば、給与が低いことから転職を考えている場合は「前の会社では適切な評価がなされず、キャリアアップが見込めない会社であったため、今度は自分をしっかり評価してもらえる会社で働きたいと考えた」など、ポジティブな表現に言い換えるといいです。

転職先の企業の方針や業務に合った転職理由にする

転職理由は、転職先の企業の方針や業務に合わせて考えることが大切です。
例えば、転職先の企業がこれから既存システムの保守・運用に力を入れていきたいと考えているのに、どんどん新規システムの開発をしていきたいとアピールしても、企業の方針とのミスマッチから落とされてしまう可能性が高いです。
転職先企業の実際の業務やこれからの経営方針などを調べ、それに沿った転職理由を考えましょう。

これからやりたい業務や目標などをアピールする

転職活動の面接で多いのが、転職理由を聞かれているのに、前職の退職理由しか答えないことです。前職の退職理由だけでは、前の職場のネガティブなイメージが多くなってしまい、面接官に悪印象を与えてしまう恐れもあります。
転職理由を話す際には、退職理由だけでなくこれからやりたい業務や目標などを盛り込み、転職先の企業への志望度が高いことをアピールできるようにしましょう。

エンジニアの転職活動で失敗しないためのコツ

ここでは、エンジニアの転職で失敗しないためのコツをいくつかあげます。
転職理由だけでなく、転職活動全体に目を向けて対策をしていきましょう。

転職の理由や目的を明確にする

転職の理由や目的が曖昧なまま転職活動をしてしまうと、何を軸に転職活動を進めたらいいのかわからず、自分に合った仕事が見つからなかったり、面接がうまくいかずに転職活動が長引いてしまったりする可能性があります。
転職の理由や目的は事前に明確にしておき、転職活動中に迷いごとがあれば、本来の転職理由や目的を思い出しながら判断していくといいでしょう。

情報収集を怠らない

転職活動では、情報収集が欠かせません。 情報収集を怠ってしまうと、自分に合った業界や企業を見逃してしまったり、面接で企業からの質問にうまく答えられなくなってしまうかもしれません。
業界研究・企業研究や求人探しなど、情報収集は十分すぎるほど行うようにしましょう。

しっかりと面接対策をする

転職活動では、面接対策はとても重要です。
一人で面接対策するのに限界を感じた場合は、友人に相談したり、就職・転職エージェントなどに登録して面接対策サービスを利用したりするのもいいでしょう。
しっかりと対策し、自分が持っているスキルや今までの経験をアピールできるようにしましょう。

転職活動でエンジニアの仕事のおすすめの探し方

複数の就職・転職エージェントに登録して探す

就職・転職エージェントによって、扱っている求人の種類や量が違うため、複数の就職・転職エージェントを利用することで、より多くの求人の中から自分に合った求人を紹介してもらうことができます。
エンジニアの求人に絞って探している場合でも、複数の就職・転職エージェントに登録することで、より多くの求人を見ることができるでしょう。

自身の強みを活かせる就職・転職サービスを利用して探す

転職活動では、自身の強みを活かせる就職・転職サービスを利用するのがおすすめです。 自身の強みを活かせる就職・転職サービスを利用することで、より自分に合った仕事を見つけたり、スムーズに選考を進められたりすることができるでしょう。

ここでは、自身の強みを活かせる就職・転職サービスの例をいくつかあげます。

外国人の方は外国人向け就職・転職エージェントがおすすめ

外国人の方が日本で転職活動する場合には、外国人向け就職・転職エージェントがおすすめです。

例えば、外国人向け就職・転職支援に力を入れている「フェローシップ」では、外国人向けの求人の紹介だけでなく、母国語での面談や日本語での面接対策などを実施しています。 外国語スキルを活かせるお仕事を紹介してもらうこともできるため、日本で働きたい外国人の方は利用してみてはいかがでしょうか。

特定の国に特化した求人サイトもある

自身の出身国など、特定の国に特化した求人サイトがある場合は、そちらを利用して仕事を探して見るのもいいでしょう。

中国語が話せる人材向け「TENJee」では、中国語人材を雇用したい企業からの求人を多数掲載しています。中国語スキルを活かしたエンジニアになりたいという方は、職種や中国語スキルの絞り込み検索機能を利用して、ぜひ自分に合った求人を探してみてください。

自分に合った就職・転職エージェントを利用してエンジニアの転職を成功させよう

エンジニアの転職理由は様々ですが、大事なのは自分の転職理由を明確にすることです。 まずは自分の転職理由をはっきり理解し、軸を持った転職活動をして、転職活動を成功させましょう。

とはいえ、転職活動がなかなかうまくいかないということもあるでしょう。 そういった場合は、自分に合った就職・転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

「フェローシップ」では、就職・転職支援に関する様々なサービスを提供しており、丁寧なヒアリングを通してあなたの条件や希望に合った求人を紹介します。 エンジニアの転職がうまくいかない方や転職を組み込んだキャリアプランが立てられない方は一度利用してみてはいかがでしょうか。
※外国人でエンジニアに転職・就職したい方はこちら

また、フェローシップでは、中国語が話せる方向けの「TENJee」という求人サイトも運用していますので、中国語スキルを活かした転職活動をしたい方はぜひご利用ください。

就職・転職エージェントをうまく活用し、エンジニアの転職を成功させましょう。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。