コラム&NEWS

エンジニアの転職タイミングはいつ?キャリアアップするポイントとは[グーロバルエンジニア2]
2021/03/01

「エンジニアの転職で最適なタイミングはいつなんだろう」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、エンジニアの転職でベストなタイミングやITエンジニアの転職で重要なポイントなど、ITエンジニアの転職に役立つ知識をまとめてご紹介します。
ITエンジニアで転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

また、ITエンジニアの転職には、フェローシップのグローバルエンジニア事業部がおすすめです。
充実した研修を受けながらフェローシップの正社員として働き、希望のエンジニアとしてのキャリアを実現できるよう、フェローシップからの様々なサポートを受けることができます。
ITエンジニアとして転職しキャリアアップしたいと考えている方はぜひご相談ください。
※充実した研修を受けながらエンジニアとして希望のキャリアを実現したい方はこちら

ITエンジニアが転職にベストなタイミングとは

ITエンジニアの転職でベストなタイミングは人それぞれ

結論から言いますと、ITエンジニアの転職でベストなタイミングは人それぞれです。

現在、多くの企業でIT人材が不足しており、ITエンジニアの職種の採用活動のみ年中行なっているという企業も多いです。
そのため、ITエンジニアは、他の職種に比べると時期に関わらず転職しやすい職種だと言えます。

ただし、あまりにも短いスパンでの転職や高齢での転職は、他の職種での転職と同様、やはり難しい場合も多いです。

個人の年齢や状況などによって転職しやすいタイミングは異なりますので、自分でベストなタイミングを見極めて転職するのが大事でしょう。

一般的な職種で言われる転職に適したタイミング

ここでは、ITエンジニアに限らず、一般的な職種での転職に適したタイミングを説明します。
基本的には以下で説明する、他の時期に比べて求人数が多めの「2~3月、9~10月」「10~12月」が転職に適した時期と言われます。

一般的に退職者が多い「2~3月、9~10月」は転職に適した時期と言われる

一般的に、年度末などの退職者が多いタイミングでは、退職者の補充をするために中途採用の求人を出す企業も多く、転職しやすいでしょう。

日本では、年度末を3月、上半期の終了を9月に設定している企業が多いため、4月・10月から勤務する転職者を募集するために求人を出す企業が多く、この時期は比較的転職しやすいと言われています。

ただし、退職者が多いということは同時に転職希望者も多いということでもあるため、転職活動の選考対策は欠かさないようにしましょう。

外資系企業では「10~12月」が適していると言われる

外資系企業では、会計年度の開始が1月スタートであることが多いため、新年度に向けた新たな人材を採用するため「10~12月」に求人が出される企業が多いです。

ただし、外資系企業であっても、年度末のタイミングや採用活動開始のタイミングを日系企業と合わせて行う会社も多いため、事前に調べてから転職活動をするようにしましょう。

ITエンジニアの転職のタイミングで重要なポイント

現在IT業界で働いている場合

現在IT業界で働いている場合は、自分のスキルやキャリアをアップできるタイミングで転職するといいでしょう。

ITエンジニアの転職ではスキルアップが重要です。
今いる会社で身につけられるスキルが将来役立つのであれば、そのスキルを身につけてから転職した方がいいでしょう。

逆に、今の会社で身につくスキルが会社の外ではあまり役立たないスキルであれば、転職を考えてもいいかもしれません。

未経験からITエンジニアになりたいと考えている場合

未経験からITエンジニアに転職をする場合、できれば今すぐにでも行動をすべきでしょう。
なぜなら、未経験のITエンジニアの転職では、年齢がとても重要視されるからです。

未経験からいきなり転職するのが不安だという方は、ITエンジニアへの転職支援が充実した転職エージェントを利用したり、教育制度が充実した会社を目指したりするのもいでしょう。

短いスパンで転職を繰り返している場合

1年未満の短い転職を繰り返している場合は、もう少し今の会社で働いてから転職をした方が良いかもしれません。

勤続年数が短すぎると、採用担当者は「このエンジニアを採用しても長く働いてくれないかもしれない」と感じ、採用を見送ってしまう可能性もあります。

一般的には、「勤続年数が3年未満だとあまり良い印象を抱かれない」と言われることも多いため、まずは勤続年数3年以上を目指してみてもいいかもしれません。

第二新卒の場合

第二新卒とは、一般的に、新卒入社してから勤続年数が3年未満で転職する転職希望者のことをいいます。
第二新卒は年齢が若いために会社に馴染みやすく、基本的なビジネスマナーが身についていることが期待されるため、勤続年数が短くても積極的に採用する企業も多く、転職に適したタイミングと言われることが多いでしょう。

特に、別業界からITエンジニアを目指す場合は、年齢も若く、これからエンジニアとして成長が期待できると評価されることも多いため、第二新卒のタイミングで転職をするのもおすすめです。

ITエンジニアの転職のタイミングの例

いわゆる転職に適した時期に転職する

一般的に退職者の多い年度末・上半期末の「2~3月」「9~10月」は、ITエンジニアに限らず、求人数が多く転職しやすい時期であると言えます。

転職に適した時期に転職することで、幅広い求人をチェックすることができ、より自分の希望の条件に合った求人を見つけることができるかもしれません。

ボーナスをもらってから転職する

ボーナスをもらってから転職することで、より多くの給料をもらってから転職することができます。

退職時に転職先の企業が決まってない場合や転職先の企業から給料をもらうまでに時間が空いてしまう場合には、現職でボーナスをもらってから転職するのも1つの手でしょう。

昇格してから転職する

転職と昇格の時期が被る場合には、昇格してから転職するのもいいでしょう。

昇格することで給与や待遇が上がり、また、転職先の企業でもより高い雇用条件で雇用契約を結ぶことができるようになるかもしれません。

エンジニアに役立つスキルをつけてから転職する

繰り返しになりますが、エンジニアとしてキャリアアップするには、自分のスキルを高めることがとても大切です。

今働いている会社で、エンジニアとして将来役立つスキルが学べるのであれば、そのスキルをつけてから転職することで、より今後エンジニアとして活躍しやすくなるでしょう。

エンジニアの転職を成功させるポイント

最新技術に関する知識があると転職しやすい

近年のIT業界で話題の技術や最新技術に関する知識があると、エンジニアとしての市場価値が上がり、転職しやすくなるでしょう。
ITエンジニアの転職で役立つ知識の例を以下に挙げます。

AR・VR技術

AR・VR技術とは、バーチャルな空間をあたかも現実世界のように体験したり現実世界に仮想的な物体を表示したりする技術のことです。

最近では、AR・VR・MR技術を活用してビジネスを始めようとする企業も多く、AR・VR・MR技術に関する知識があると、転職活動を有利に進められるでしょう。

特にARアプリやVRアプリの開発経験などがあると、高評価を得られるかもしれません。

AIに使われることの多いPython

近年、膨大な情報を機械に学習させ、適切な結果を導き出す技術としてAI(人工知能)が注目されています。

AIを活用しようとする企業は多いものの、AIを扱える技術者は少ないため、AIに関する知識がある技術者やAIで使われることの多いプログラミング言語Pythonが扱えるエンジニアは、市場価値が高い傾向にあります。

エンジニアで必要なスキルや経験をつけてから転職すると良い

エンジニアの転職活動を成功させるなら、エンジニアとして必要なスキルや経験を身につけてから転職するのがいいでしょう。

自分のスキルとレベルが合っていない転職先を志望してしまうと、企業とのミスマッチが起こり、なかなか採用が決まらなかったり、内定をもらっても就職後にスキル不足で苦労したりするかもしれません。

自分の現状のスキルを見極めながら、自分に合った転職先を見つけられるようにしましょう。

フェローシップなら正社員として働きながらスキルアップできる

フェローシップのグローバルエンジニア事業部なら、正社員として働きながら個別の研修・教育を受けてスキルアップすることが可能です。

エンジニアとしてどのような業務に就きたいか、一人一人の要望に合わせて研修を用意したり就業先を紹介したりしますので、エンジニアとして自分らしいキャリアを実現することができるでしょう。

安定した雇用を得ながら、エンジニアとしてキャリアアップを目指したい方は、ぜひ、フェローシップのグローバルエンジニア事業部へご相談ください。
※エンジニアに転職して、安定して働きながらキャリアアップを目指したい方はこちら

ITエンジニアの転職のタイミングを見極めて転職活動を成功させよう

ITエンジニアに適した転職のタイミングは人それぞれです。

自分の年齢やスキル、転職市場などを見極め、時には勉強・スキルアップをしながらキャリアアップのための転職を成功させましょう。

また、エンジニアの転職には、フェローシップのグローバルエンジニア事業部がおすすめです。
※フェロシップのグローバルエンジニア事業部はこちら

フェローシップの正社員として安定して働きながら、さらに上のキャリアを目指したい方はぜひ一度調べてみてはいかがでしょうか。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。