コラム&NEWS

日本で外国人が英語教師になるために必要な資格は?働く際の注意点[グローバル2]
2021/01/06
日本で英語教師になりたいと考えている外国人の方もいるのではないでしょうか。

日本で外国人が英語教師になるためには資格が必要で、英語教師として働く際には注意点もいくつかあります。
英語教師を目指す前にしっかり確認しておきましょう。

今回は、日本で外国人が英語教師として働くために必要な資格や働く際の注意点などをまとめてご紹介します。
日本で英語教師を目指している外国人の方はぜひ参考にしてください。

外国人が英語教師として働くために必要な在留資格とは

外国人が、小学校・中学校・高校・大学・専門学校などの教育機関で英語教師として働く場合、在留資格「教育」が必要になります。

また、民間の英語学校や英会話教室などの場合には、在留資格「技術・人文知識・国際業務」が必要です。教える言語が母国語の場合は「国際業務」、母国語でない場合は所定の条件を満たした上で「人文知識」の区分で働くことができます。

また、在留資格が「留学生」「家族滞在」であっても、住居地を管轄する地方出入国在留管理官署に資格外活動許可申請をすれば、基本的に週28時間という制限のもと英語教師として働くことができます。

個人の状況や勤務先などによって必要な在留資格が異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

外国人が英語教師として働くための在留資格を取得する条件

小学校などで英語教師になるための在留資格「教育」の取得条件

小学校・中学校・高校・大学・専門学校などの教育機関で英語教師として働く場合に必要な在留資格「教育」の取得条件は以下のようになります。

①教える外国語によって12年以上教育を受けている、または5年以上の実務経験があること
②以下のいずれかに該当していること
・大学卒業、または大学卒業と同程度の教育を受けていること
・行う教育に関連する教育免許を持っていること
・行う教育に必要な技術または知識に関連する科目を選考して日本の専修学校の専門課程を終了していること
③日本人と同等額以上の報酬を受け取ること

ただし、インターナショナルスクールなどで英語教師を勤める場合は、②の条件は除外されます。
在留資格「教育」の申請方法については法務省のHPにも掲載されていますので、申請する方は確認してみてください。

民間の学校の英語教師になるための在留資格「技術・人文知識・国際業務」の取得条件

民間の英語学校や英会話教室で英語教師になる場合は在留資格「技術・人文知識・国際業務」が必要です。
教える外国語が母国語である場合には「国際業務」、母国語でない場合には「人文知識」が必要となり、それぞれ取得条件は以下のようになります。

[国際業務]
①3年以上の実務経験があること(大学を卒業している場合は除外)
②日本人と同等額以上の報酬を受け取ること

[人文知識]
①以下のいずれかに該当していること
・英語科目を専攻して大学卒業、または大学卒業と同程度の教育を受けていること
・英語科目を選考して日本の専修学校の専門課程を終了していること
・10年以上の実務経験があること
②日本人と同等額以上の報酬を受け取ること

在留資格「技術・人文知識・国際業務」の取得方法については法務省のHPでも紹介されていますので、申請する方は自分で確認してみてください。

外国人が英語教師として働く際の注意点

外国人が英語教師として働く際に注意しておきたいことがいくつかあります。
英語教師として働く前にチェックしておきましょう。

中学校・高校の英語教師になるには「教員免許」が必要

外国人に限らず、中学校や高校の英語担当教員になるためには、英語科目の「教員免許」が必要です。
そのため、中学校や高校の英語教師になりたい外国人の方は、在留資格「教育」だけでなく、英語科目の「教員免許」を取得する必要があります。

教員免許は大学や短大などで取得できるため、取得したい方は調べてみるといいでしょう。

小学校や民間の英語教師であれば「教員免許」は必要ない

小学校や民間の英語学校などの英語教師であれば教員免許は必要ありません。
ただし、学校によってはTOEICなどの資格の取得を求めている場合もありますので、募集要項等をよく確認するようにしましょう。

母国語が英語でない場合は在留資格の申請が難しい

母国語が英語でない外国人の方が日本で英語教師になる場合、必要な在留資格が「国際業務」から「人文知識」に変わります。在留資格「人文知識」を取得するには、英語を専攻して大学を卒業していることか10年以上の実務経験があることなどが求められるため、取得の条件がかなり厳しくなります。

母国語が英語でなくても、日本で英語教師になることは可能ですが、在留資格の申請が難しいことに注意してください。

英語スキルを活かして働ける職種は他にもある

単に日本で英語スキルを活かして働きたいと考えている場合は、英語教師以外で働くことも考えてみるといいでしょう。
英語教師以外にも、英語スキルを活かして働くことができる職種はたくさんあります。 視野を広げ、自分に合った仕事を選びましょう。

英語教師以外に外国人が英語スキルを活かせる職種の例

ここでは、英語教師以外に外国人が英語スキルを活かせる職種をいくつかご紹介します。 英語スキルを活かして日本で働きたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

海外事業の営業や企画立案

日本で海外に関する事業を扱っている営業や企画立案では、英語スキルが求められます。
特に海外のお客様に対する営業などではビジネスレベル以上の英語スキルが必要な場合もあり、外国人である強みを活かした働き方ができるでしょう。

旅行会社のスタッフ

旅行会社の店舗でお客様の対応などを行います。
海外旅行を扱っている部署の担当になれば、海外に関する知識を活かしながらお客様の疑問などに対応することができるでしょう。
また担当によっては、海外からの観光客の対応を任されることもあり、日本と海外の両方の経験を持っているのであれば、よりスムーズな対応ができるでしょう。

ITエンジニア

英語スキルのあるITエンジニアとして働くことで、海外の開発チームと連携をとったり、海外の最新情報を受け取ったりなど、仕事の幅を広げて働くことができるようになります。
日本のIT企業の中には海外進出を推進している企業もあるため、そういった企業のITエンジニアになることで、海外の案件を受け持つこともできるかもしれません。

国際や経営系のコンサルタント

国際や経営系のコンサルタントでは、外資系の企業と取引したり、企業の海外進出をサポートしたりする場合があるため、高い英語スキルが求められます。
プロジェクトによっては、現地のメンバーや外国籍スタッフとコミュニケーションを取りながら進めていく仕事も多いため、英語スキルを活かしながら働くことができるでしょう。

外国人が自分に本当に合った仕事を見つけるためには

外国人が英語スキルを活かして働くことができる仕事はたくさんあるため、自分に本当に合っている仕事を見つけるのは難しいでしょう。
ここでは、外国人の方が自分に本当に合った仕事を見つけるための方法についてご紹介します。

自分の強み・弱み、経歴などを見直す

自分に本当に合った仕事を探すためには、自分の強み・弱みや経歴などを見直してみるのがおすすめです。
今までどのように考えてどんな選択をしてきたのか振り返り、今後はどのような人生を歩んで生きたいのか考えてみましょう。

とはいえ、一人で自分を見つめ直すのは難しい場合もあるでしょう。
自己分析に行き詰まってしまった場合は、友人や家族に自分が客観的にどう見えるのか聞いてみたり、キャリアに詳しい就職・転職エージェントなどのキャリアアドバイザーに相談してみたりするのもいいかもしれません。

求人サイトで幅広い求人情報をチェックしてみる

求人サイトには、幅広い業界や職種、条件の求人情報が掲載されています。
今まで見ていなかった分野の求人をチェックすることで、自分が何を重視して求人を見ているかが自然とわかるかもしれませんし、何気なく調べていた業界が実は自分にぴったりだったなどということもあるかもしれません。
求人探しをする際は視野を広げて、幅広い選択肢の中から探してみるといいでしょう。

就職・転職エージェントに相談する

就職・転職エージェントに相談することで、第三者から見て自分に合った仕事を紹介してもらえたり、今後のキャリアについてアドバイスを受けたりすることができます。

特に日本で就職を考えている外国人の方は、外国人向けの就職支援が充実している外国人向け就職・転職エージェントもあるので、そちらを利用してみるのもいいでしょう。

日本で外国人が就職・転職するためには外国人求人に強い「フェローシップ」へ

日本で就職・転職を考えている外国人の方には、外国人求人に強い「フェローシップ」がおすすめです。

フェローシップでは、外国語スキルを活かせるお仕事の紹介や母国語での面談、在留資格等の手続きのサポート、日本語の面接対策など、日本で就職・転職したい外国人に役立つサービスが充実しています。

また、日本での外国人の就職事情に詳しいキャリアアドバイザーも在籍しており、あなたの本当に働きたい仕事探しを全力でサポートさせていただきます。 日本での就職・転職にお悩みがある方は、ぜひ一度ご相談ください。
※日本で就職・転職を考えている外国人の方はこちら

また、フェローシップでは、中国語が話せる方向けの「TENJee」という求人サイトも運営しています。

中国語が話せる人材を雇用したい企業からの求人を多数掲載していますので、中国語スキルを活かしながら日本で働きたい外国人の方にぴったりです。

中国語スキルを持っている方は、利用してみてはいかがでしょうか。

BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。