コラム&NEWS

転職には失敗することもある!転職に失敗しないためのポイントを解説[正社員2]
2022/09/08

業務内容や労働条件が想像していたものと違う、社風が合わない、結果が出ないなどの理由で転職を検討している人もいるでしょう。

転職は、こうした状況を変えるためのひとつの選択肢ですが、必ず成功するものではありません。
転職した上で、その選択は失敗だったと感じるケースがあるのも事実です。

この記事では、転職に失敗しやすい人の特徴を紹介し、転職を成功させるためにポイントを解説します。

転職を検討している方は、ぜひフェローシップにご相談ください。
フェローシップはひとりひとりに合った仕事をご紹介する転職エージェントで、日々多くの人の相談をおこなっています。

求人のご紹介をするだけでなく、長期的なキャリアプランの相談や選考対策まで受け付けているので、お気軽にご相談ください。
※フェローシップへのご相談はこちらから

紹介事業部

転職を失敗しやすい人の特徴

転職をする人の中には、転職を失敗する傾向が強い人がいます。
転職を失敗しやすい人の特徴をご紹介します。

転職すればすべてうまくいくと思っている

転職によって必ず理想の職場と出会い、これまでの悩みが自然と解消するというように、転職によってすべてがうまくいくと考えている人がいます。

転職に対して過度な期待をする人は、のちのち転職に失敗したと感じる傾向が強いです。
確かに待遇や勤務スタイルなど、職場の規則に関する悩みは解消しやすいですが、仕事の内容や職場の雰囲気など、働き方への満足度は複雑な要素によって決まります。

今の職場に対する悩みが、職場を変えることだけで全て解消されるとは限りません。
転職によって環境を変えることはもちろん重要ですが、自分自身が変わることも時には必要になるといえます。

まず転職することを決断する

転職に失敗する人の傾向として、転職を決心してからキャリアについて考えることが挙げられます。

まずはキャリアを長期的に考え、そのプランに沿って転職をするかどうかを判断することが重要です。
また、勢いで退職してから転職活動を始めると、休職期間が長くなり転職に失敗しやすくもなります。

転職すれば給料が上がると思っている

転職を検討している人の中には、転職をすれば最初から給料が上がることを前提としている人がいます。

スキルや経験を豊富に持っている人であれば、転職によって給料が上がることは多いですが、転職=給料アップと考えていると思い描いたような求人に出会いにくいです。

長期的には給料アップする場合でも、必ずしも転職した瞬間から大きく給料が上がるわけではないことを知っておくとよいでしょう。

転職に失敗したと感じたときの対処法

転職は必ず成功するわけではないので、転職した上で失敗することもあるでしょう。
転職に失敗したと感じたときの対処法をご紹介します。

自分を過度に追い込まない

経験やスキルをもとにして転職し新しい会社に行くと、大きな期待を寄せられることがあります。
即戦力として期待されていながら思うように結果が出せないとき、自分を過度に追い込まないことが重要です。

やはり、これまでと環境が変わるため転職した直後から活躍できないこともあります。
徐々に慣れてきたらギアを上げて最終的にパフォーマンスを発揮できるようにするなど、辛くならない程度にコントロールすることが大切です。

なぜ失敗したと感じるのかを整理する

転職が失敗したと感じたとき、なぜそう感じるのかを考えてみることが大切です。
失敗に向き合ってその原因を考えることで、再転職を含めて自身が何をするべきなのかが見えてきます。

再転職に活かすために数年働き続けるという選択肢がある

転職してすぐ辞めてを繰り返して在職期間が短いことは、再転職の際に良い評価をされない危険性があります。
そのため、再転職を検討している場合でも、再転職に活かすために今の仕事を続けるのもひとつの選択肢です。

また、転職に失敗して仕事を辞めたいと思っていても、続けているうちにやりがいを見出す可能性もあります。

働き続けることが厳しい場合は再転職を視野に入れる

休職期間があることが必ずしも悪いというわけではありません。

むしろ休職期間で新しくやりたい仕事ができた、資格の勉強をしてスキルアップすることができたなど、その期間を再転職に活かすこともできます。

どうしても今すぐに仕事を辞めたいなど、働き続けることが厳しい場合は体を壊す前に無理せず休職・退職することも大切です。

転職活動を成功させるポイント

転職活動で失敗しないためには、転職活動のポイントを知ることが重要です。
転職活動を成功させるためのポイントをご紹介します。

転職の目的を明確にする

なぜ今の仕事を辞めたいのか、なぜ新しく仕事をしたいのかなど転職の目的を明確にすることが転職成功へのポイントです。

今の仕事を辞めたいのであれば、今の仕事のどの部分に不満なのかを具体化してみましょう。

今の仕事で嫌な部分がどこなのかをはっきりと理解することができれば、転職先に求める条件の優先順位をつけやすくなります。

できれば仕事を続けながら転職活動をする

今の仕事に不満があるとしても、辞める前に転職活動をすることが望ましいです。

仕事を辞めてから転職活動をすると、転職先がうまく見つからないときに休職期間が長くなり、経済的なリスクが大きくなります。

また、休職期間が長いことは、転職活動の面接で悪影響になる危険性もあります。
ただし、体を壊してしまっては元も子もないので、今の仕事を続けることで精神的に支障をきたす恐れがあるなどの場合は、無理をしないことが大切です。

条件や待遇についてきちんと伝える

条件や待遇については、入社前にしっかりと伝えることが重要です。

「いざ働き始めたら待遇が悪かった」という状況を極力作らないためにも、面接や採用の段階で、待遇面について希望を伝えて話し合いましょう。

また、待遇だけでなく自身が入社してやりたいことや将来的なビジョンを具体的に話すことで、転職に失敗するリスクを下げることもできます。

優先順位をつける

転職には給料、労働時間、業務内容など多くの条件があるでしょう。
しかし、こうした条件すべてを満たす会社を探すことは難しく時間がかかるので、状況によっては優先順位をつけることが必要です。

希望する条件に優先順位をつけて絶対に妥協したくない条件を洗い出すことで、自身によって最適な転職先を選びやすくなります。

転職エージェントに相談する

転職の成功確率を高めたい場合は、転職エージェントに相談するのが有効です。

特に過去に1人で転職活動をおこなって失敗してしまった経験のある方は、失敗を繰り返さないためにも転職エージェントに頼ってみてください。

転職エージェントに相談することで客観的な視点を得ることができますし、多くの人の転職を成功させてきた転職のプロならではの転職ノウハウや知識を活用しながら転職をおこなうことができます。

転職エージェントに転職の相談をしてみたいという方は、ぜひフェローシップ をご利用ください。

フェローシップは「その人らしさ」を活かして誰もが輝き続けるために転職の支援をしています。
求人を紹介するだけでなく、長期的なキャリアプランの相談や面接などの選考対策も受け付けているので、お気軽にご相談ください。
※フェローシップへのご相談はこちらから

まとめ

転職は自身の環境を変える手段ですが、必ず成功するというものではありません。
転職自体に過度な期待をしている人は、転職に失敗したと感じやすい傾向があります。

失敗を防ぐためには、転職に何を求めるのかをあらかじめ考え、優先順位をつけて転職活動にあたることが重要です。

転職に必要なポイントを抑えて転職活動をおこなう上で、不安なことや相談したいことがある方は、転職エージェントなど転職のプロに相談することでより最適な仕事探しをすることができます。

転職エージェントに転職の相談をしてみたいという方は、ぜひフェローシップ をご利用ください。

フェローシップは「その人らしさ」を活かして誰もが輝き続けるために転職の支援をしています。
求人を紹介するだけでなく、長期的なキャリアプランの相談や面接などの選考対策も受け付けているので、お気軽にご相談ください。

紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。