コラム&NEWS

外国人が日本で転職するのは難しい?企業が求めている条件や転職時のコツ[グローバル1]
2021/10/22

徐々にwithコロナも浸透していき、コロナ禍で転職を考え始める外国人は少なくないと思います。

日本で外国人の方が転職をおこなう場合は、日本特有の考え方だったり言語の問題であったりコロナ以前に壁にぶつかることも少なくありません。
特に初めて転職をおこなう時はその傾向が顕著であることが多いです。

そのため、日本で転職を考えている外国人の方向けに、日本の転職が難しいと感じる要素と対策をお伝えします。

グローバル事業部のバナー

日本企業はN1を求めている傾向が強い

新卒の外国人の方の場合は日本語N2レベルの語学力を求める企業が多いですが、中途採用の場合は即戦力として活躍していただきたいために、N1レベルを求めている傾向が強いです。

ただし、一律で中途採用はN1レベルでないといけないわけではありません。職種や仕事内容によっては、日本語力をそこまで重要視していない企業もあり、日本語を話せてコミュニケーションを取れれば大丈夫な場合は、N2レベルでも内定をもらえることがあります。

また、企業が求めている本質はN1という資格を持っているかではなく、仕事で使える日本語力があるかないかです。そのため、日本語力をしっかりアピールできれば、資格の有無に関係なく転職を成功させることも可能です。

現在、急いで転職したい!でもN2をしか持っていない!という場合は、採用担当者にしっかりアピールするために、面接によく聞かれる質問を事前に準備して臨んでいきましょう。

▶外国人が面接の際によく聞かれる質問

空白期間が長いと不利となりやすい

外国人だけでなく、日本人でも仕事していない空白期間が長いと職歴に傷がつき、転職に不利となることもあります。空白期間が3か月を超える場合によっては、採用担当者に「計画性がない」、「仕事に対する意欲はあるのか」と思われてしまう可能性があります。

しかし、理由があって転職活動を3ヶ月以上できない場合もあると思いますので、空白期間の不利を極力失くすための方法を知っておきましょう。

①空白期間ができた理由をきちんと伝える

面接の際に、空白期間について聞かれたら、正直にそのブランク内の行動を伝えましょう。
また、空白期間で身に着けたスキルがある場合はしっかりとそのスキルを伝え、入社後にどのように活かせるかもアピールしましょう。

②転職エージェントに相談する

1人で対策を考えるのが難しい場合は、転職エージェントに相談をしましょう。
転職エージェントの力を借りることで、1人で対策を考えるときよりも客観性の高いよいアイディアを思いつくことができますし、転職エージェントは転職に詳しいプロでもあるため、面接対策に詳しくブランクが長い場合にどう対応すればいいか把握しているので、面接成功の可能性も上がるでしょう。

③視野を広げて、派遣も一度考えましょう

ブランクを短くするには、すぐに次の仕事を見つけるのは大事だと思います。
しかし、現実ではそれができない場合もあるでしょう。そのようなときは、派遣を活用して転職することも視野に入れていくことも一つの方法です。

一般的な正社員での転職活動は、はじめの企業の選定をする段階で慎重になって時間がかかる傾向があるうえに、企業の選考フローも場合によっては1ヶ月近くがかかるケースもあります。

一方で、派遣の場合は派遣会社に登録ができれば、比較的早くに求人募集をしている企業を紹介してもらえ、採用までスピード感を持って進むことができます。
経歴やスキルによりますが、弊社フェローシップが支援させていただいた事例では、面談を経て一週間以内に内定を頂けたケースもあります。

また、派遣であれば未経験の業界や職種にも転職がしやすく、働きながら経験を積めたりスキルを身につけたりすることも可能です。
そのため、転職をしたいけれど希望する職種で働けるかが少し不安という方は、まず派遣で希望する職種に近い企業に転職をして、仕事内容を経験してから正社員の転職を目指すという方法も有効です。

派遣社員に転職した際のビザの更新について

外国人の方は日本で働く場合は、就く仕事に沿った就労ビザが必要になります。

そのため、「派遣社員に転職したら就労ビザの更新はできるかな。」「派遣をやったら、正社員になるのは難しいじゃないの」など、派遣に転職してから正社員を目指す方法について悩んでいる方もたくさんいらっしゃると思います。

たしかに、ビザの更新手続きは初めての方にとっては難しい可能性が高いです。しかし、転職エージェントや行政書士などの専門家に依頼することで、希望するキャリアに沿って転職活動を進めることが可能です。

株式会社フェローシップでは、ビザの更新サポートが充実しており、派遣期間終了後に直接雇用してもらえる紹介予定派遣の求人も紹介可能ですので、ご安心ください。

株式会社フェローシップにご興味がある外国人のは、下記のエントリーフォームからご連絡ください。
フェローシップには外国籍スタッフも多く在籍していますので、母国語で相談することも可能です。
※簡単エントリーフォームから無料で登録して相談する

また、Webサイト上でも外国人求職者向けの求人を多く掲載していますので、こちらもご確認してみてください。
※外国人求職者向けの求人一覧はこちら
グローバル事業部のバナー
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。