コラム&NEWS

外国人が日本でお仕事探しする際の方法やポイント、課題とは[グローバル2]
2021/02/02
日本でどのように仕事探しを進めていいのかわからず、困っている外国人の方もいるのではないでしょうか。

外国人が日本で仕事探しをする方法は様々ですが、自分に合った仕事の探し方を見つけることでよりスムーズに日本での就職活動を進めることができるでしょう。

今回は、日本で就職したい外国人向けに、外国人が日本で仕事を探す時のポイントやおすすめの探し方などについて詳しくご紹介します。

外国人が日本でお仕事探しをするのにはフェローシップがおすすめですので、ぜひご利用ください。

今、外国人が日本で仕事を探しやすくなっている

近年、日本では少子高齢化の影響で労働力が不足しており、外国人労働者の需要は増加傾向にあります。
平成31年に発表された厚生労働省の調査によれば、平成30年10月末における外国人労働者数は約146万人にも上り、外国人雇用についての届け出を義務化して以降、過去最高を更新しました。

外国人労働者が増加したことにより、外国人労働者を雇用したい企業は採用サイトを多言語化したり、人材紹介会社は新たに外国人向けの就職支援サービスに力を入れたりなど、様々な施策が行われるようになりました。
このような採用市場の変化に伴い、今、外国人は日本で仕事を探しやすくなっていると言えるでしょう。

外国人労働者増加に伴い外国人向け就職支援サービスも増加

上でも少し触れましたが、外国人労働者増加に伴い、外国人向けの就職サービスも増加しています。
例えば、日本で就職したい外国人を応援しているフェローシップでは、外国人向けの求人を幅広く取り扱い、個人個人のキャリアプランを踏まえた求人紹介や中国語人材向けの求人サイト「TENJee」の運用など、様々な外国人向け就職支援サービスを展開しています。

こういった外国人向け就職支援サービスは活用することで、よりスムーズにお仕事探しを進めることができ、就職活動も成功させることができるでしょう。
※外国人向けの就職支援サービスを利用したい方はこちら

外国人の採用基準

日本語でのビジネス会話

仕事上問題なく使いこなせるレベルの日本語スキルがあるかどうかは、よく外国人の採用基準となります。
面接も日本語で行われることが多いため、面接官と十分に日本語でコミュニケーションがとれるよう練習しておきましょう。

ビジネスにおける日本の慣習や考え方の理解

スムーズに仕事を進めていくためにも、外国人の方がビジネスにおける日本の慣習や考え方に理解があるかも問われることがあります。
事前に日本特有のビジネスマナーや慣習などについて学び、理解があることをアピールできるようにしましょう。

実務経験

転職などの場合は、関連する職業での実務経験を求められることもあります。
外国人の場合は、就労ビザの取得要件にも実務経験が関わってきますので、前職でどのような実務経験を積んできたかはきちんと整理しておきましょう。

日本の職業資格

国家資格など、主に特定の職種で就業したり、専門能力を示したりすることのできる日本の職業資格を持っていると就職活動を有利に進めることができるでしょう。
少しでも有利に就職活動を進めたい方は、日本の職業資格の取得を目指してみてもいいかもしれません。

日本で外国人におすすめのお仕事探しの方法

オフラインでのお仕事の探し方

外国人雇用センターの利用

厚生労働省が所管している、「外国人雇用センター」を利用するのもいいでしょう。

ただし、外国人雇用センターでは、外国人専門の求人を紹介しているわけではなく、主に日本人向けの求人の中から「外国人歓迎」や「外国人の応募可能」といった求人を紹介していることに気をつけましょう。

留学先教育機関に寄せられる求人情報の活用

日本に留学している外国人の方は、留学先教育機関に企業から寄せられる求人情報を活用するのもいいでしょう。
学校によっては、留学生課や留学生センターなど、留学生を支援する部署が設けられているところもあるため、相談してみても良いかもしれません。

外国人専門店舗やコミュニティー誌の利用

外国人専門店舗やコミュニティなどに設置されたフリーペーパーに外国人に向けた求人情報が掲載されていることもあります。
外国人を採用したいと考えている企業からの求人がメインである可能性が高いため、参考にしてみるといいでしょう。

オンラインでのお仕事の探し方

外国人向けの求人サイト

求人サイトの中には、外国人向けの求人に特化した外国人向け求人サイトもあります。
外国人向け求人サイトでは、外国人向けの求人が多数掲載されており、自分の日本語レベルや外国語スキルなどから様々な求人を検索することができます。

他にも、ある国に特化した求人サイトもあり、そちらの求人サイトもおすすめです。
例えば、中国語が話せる方向けの求人サイト「TENJee」では、中国語を話せる人材を雇用したい企業からの求人を幅広く取り扱っており、自分のスキルに合わせたお仕事探しが可能です。

外国人である強みを活かしたお仕事に就きたいと考えている外国人の方は、ぜひご利用ください。

外国人の方が仕事を探す際の課題

求人が読みづらい

外国人の方が仕事を探す際の課題として、日本語の求人しかない場合は求人情報が読みづらいことが挙げられます。

企業によっては、応募してくる外国人の方がきちんと日本語の求人情報を理解できるか確かめるため、外国人応募可の求人であっても、あえて日本語の求人情報しか掲載していない場合もあります。
日本で就職するには、最低限の日本語技能が必要となってきますので、求人が読みづらいからと言って諦めず、日本語のスキルアップと捉えて積極的にチャレンジしていきましょう。

ただし、どうしても日本語の求人が読みづらい場合や自分の日本語の解釈が合っているか不安な場合は、外国人向け就職・転職エージェントに相談するのも効果的です。
外国人が日本で就職するための様々なサービスを提供しているフェローシップにご相談いただければ、母国語での面談や日本語のサポートを受けることができます。

電話での面接予約に抵抗がある

日本語で話すのがあまり得意でない方の中には、電話での面接予約に抵抗がある方もいるかもしれません。

日本で就職すれば、ビジネスレベルの日本語はもちろん、日本語での電話対応スキルも求められることが多いでしょう。
そのため、電話に苦手意識を持っている方は、今のうちに練習することで、就職先に基本的な電話対応スキルがあることをアピールすることで好印象を持ってもらえる可能性もあります。

また、電話対応はまだ難しく、今は誰かに手伝ってもらいたいと考えている方は、就職・転職エージェントを利用してみるのもいいでしょう。
例えば、就職支援が充実しているフェローシップでは、面倒な面接日程の調整や応募書類の送付などを代行してもらうことができます。
自分にとって有用な就職支援サービスをうまく活用し、就職活動をスムーズに進めていきましょう。

日本で仕事を探している外国人の方はフェローシップがおすすめ

日本で仕事を探している外国人の方には、外国人向けの就職支援サービスが充実しているフェローシップがおすすめです。

日本で働く不安を解消

フェローシップでは、単なる求人情報の紹介だけでなく、あなたのこれまでの人生の選択やこれから成し遂げたいことなどをお伺いした上で、あなたと一緒にキャリアプランを考え、次のキャリアステップの提案を行っています。

また、外国人の方には、外国籍の方が日本で働く上で障壁となりやすい「商慣習」や「カルチャー」などについてしっかりとフォローアップし、外国人の方が安心して日本で働けるようサポートしています。
日本での就職活動やこれから働くことに不安がある方は、ぜひご利用ください。
※日本での就職のサポートを受けたい外国人の方はこちら

中国語ネイティブスタッフが対応

フェローシップには、中国語ネイティブスタッフも在籍しており、中国人の方の日本での就職・転職を手厚くサポートすることができます。
中国語での面談や中国語スキルが求められる求人紹介もしていますので、中国人に特化した就職支援を受けたい方はぜひご相談ください。

また、フェローシップでは、中国語人材向けの求人サイト「TENJee」も運用しています。 
自分の日本語スキルや中国語スキル、就きたい職種などから多数の求人を検索することができるので、中国語が話せる方は利用してみてはいかがでしょうか。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。