コラム&NEWS

外国人がIT・Webマーケティング職の求人を探す方法と必要なスキル[グローバル2]
2021/11/15

IT業界は今もなお成長を続ける注目の業界です。
そんなIT企業におけるWebマーケティング職は、マーケティングの知識とWebならではの特性を組み合わせて活躍する、人気の高い仕事の1つといえます。


海外市場に向けてのマーケティングが必要とされる今日、外国人人材をWebマーケターとして登用する企業も少なくありません。


今回は、外国人求職者の方に向けてWebマーケティング職に就く方法を解説します。
外国人の方におすすめの求人の探し方から、Webマーケティング職に求められるスキルについても解説するので、ぜひ参考にしてください。


フェローシップでは外国人の方を積極的に採用している企業情報を豊富にご紹介しています。
IT業界はもちろんのこと、さまざまな業界・職種の求人情報をご用意しているので、日本で仕事をお探しの方はぜひご相談ください。


こちらから実際の求人情報を確認することができます。
まずはどのような仕事があるのか、ぜひチェックしてみてください。
※フェローシップでWebマーケティングの仕事を探すにはこちらから


グローバル事業部

Webマーケティングの求人を見つける方法

外国人求職者の方が、日本の求人を探す際のおすすめの方法をご紹介します。


転職エージェントを活用する

仕事探しのプロである、転職エージェントに相談することもおすすめです。
幅広い業界知識を元に、おすすめの求人の紹介から選考対策まで手厚いサポートを受けることができます。


フェローシップのグローバル事業部は、外国人求職者の方の仕事探しを積極的にお手伝いしています。
外国人の方を積極採用している企業情報も豊富にご紹介できるので、まずは一度ご相談ください。


また、外国出身の社員も多数在籍しています。
実際に外国人として日本で仕事を探した経験者からのアドバイスを受けることも可能です。
中国語での相談も実施しているので、中国出身の方は母国語で細やかな悩みについても話せるのでおすすめです。


こちらのエントリーフォームから無料で登録することができるので、興味をお持ちの方はぜひご記入ください。
※フェローシップへの登録はこちらから


外国人向けの求人サイトを活用する

求人を探す際、まず頭に思い浮かべるのは「求人サイト」という方も多いのではないでしょうか。
数ある求人サイトの中でも、外国人の方に特化したものを利用することで効率よく仕事を探すことができます。


中国語を母語とされる方にはTENJee という求人サイトがおすすめです。
中国語スキルを持つ人専用の求人サイトなので、外国人であることを活かした仕事探しが可能です。


求められる日本語力なども合わせてチェックすることができるので、一度実際の求人情報を確認してみてください。
※中国語を活かしたWebマーケティングの仕事を探すにはこちらから


IT企業で働くとは

仕事探しを進めるうえで、その業界や職種への理解は必須です。
ここでは、IT企業で働くということについて詳しくご紹介します。


そもそも『IT企業』とは

ITとは「Information Technology」の略で、日本語では「情報技術」と呼ばれています。


テキストや画像、動画、音声などのデジタル情報技術の総称で、大きく分けると「ハードウェア」「ソフトウェア」「通信技術」の3つの構成要素から成り立っています。


DX化やECサイトの増加でIT企業への需要は大きい

インターネット化が進み、あらゆる場面でIT技術が必要とされる時代になりました。
そのため、IT企業への需要が非常に高まっています。


Webマーケティングという仕事自体も、マーケティングにおいてインターネットの存在が大きくなったことで注目を集めているといえるでしょう。


こちらの記事では、IT業界の将来性について詳しくご紹介しています。
興味をお持ちの方は合わせてぜひ参考にしてください。
▶︎ITエンジニアの将来性とは?ITエンジニアとして今後活躍する人の特徴について


人手不足なので採用活動に積極的

IT業界への需要が急激に高まったため、人手不足が叫ばれています。
したがって国籍問わず優秀な人材を求めている企業はとても多いです。


企業が採用に積極的であることからも、外国人求職者の方におすすめの業界であるといえるでしょう。


Webマーケティングの仕事とは

Webマーケティングとは、その名の通りWeb上のサイトやサービスを活用してマーケティング戦略を実施する方法です。


マーケティングとは、企業が商品の販売促進やサービスの利用者増加を目的におこなう企業活動を全般を指す言葉で、市場調査からプロモーションまで幅広い業務が含まれています。


つまり、Webマーケティングとはインターネットを活用して販売促進や利用者増加を目指す取り組みを実施する職業であるということができます。


海外への発信力も魅力

インターネットは海外に向けて発信しやすいメディアです。
そのため、海外市場への進出を目指す企業にとっても、Webマーケティングは重要な意味を持ちます。


海外に向けてのマーケティング戦略において、現地の文化や価値観への理解は不可欠です。
そこで、多くの企業はWebマーケティングを進める上で外国出身の人材に注目しています。


つまり、Webマーケティングの仕事は”外国人であること”が大きな強みとなる職業であるといえるでしょう。


Webマーケターに求められるスキル

Webマーケティングを実施するうえで必要となるスキルをご紹介します。


母国のネット事情やWebサイトについての知識

国によってインターネットを取り巻く事情は異なります。


例えば日本における主要なSNSはLINEやInstagram、Twitter、YouTubeなどがありますが、中国ではメッセンジャーアプリである「微信(WeChat)」やミニブログサイトの「微博(Weibo)」、Instagramと似た機能を持つ「紅小書(RED)」などが一般的です。


中国では日本における主要SNSやGoogle関連のサービスが使用できないため、日本と同じようなWebマーケティング戦略は実施しにくいといえます。


こういった国ごとのインターネット事情を踏まえてマーケティングの施策を考える能力が、Webマーケティングの仕事では必要になります。


日本語・母国語での文章力・表現力

Webマーケティングの仕事の中には、広告のキャッチコピーの作成や記事の執筆があります。
直接自分が文章やフレーズを考える必要がない場合でも、作成されたキャチコピーや記事の編集、校閲を任される機会も多いです。


また、マーケティング戦略についてチームで話し合う場面も多くあるので、読み書きやスピーキングともにビジネスレベル以上の日本語スキルがあると安心といえます。


マーケティングの知識

WebマーケティングはWebを活用したマーケティング手法なので、当然ながらマーケティングの知識が求められます。
会社によっては研修などで入社後に知識を学ぶ機会が設けられている場合もありますが、マーケティングの専門用語などには予め慣れておくと安心です。


データの分析・収集力

マーケティングの中では、データを集めて分析する力が問われます。
インターネット上のデータの収集能力や、集まった情報から共通点や効果的な戦略をロジカルに考える力が求められます。


特にWebの分析方法についての知識を持っていると、強力な強みになるでしょう。


まとめ

Webマーケティングの求人を探す方法や、具体的な仕事内容、求められるスキルについてご紹介しました。


海外を視野に入れている企業にとって、現地の文化や習慣に馴染みのある外国出身のウェブマーケターは貴重な戦力です。
外国人であることを強みにできる仕事なので、ぜひ今回ご紹介した内容を参考に仕事を探してみてください。


外国人求職者の方の仕事探しのサポート経験が豊富なフェローシップでは、Webマーケティング職など豊富な職種の求人情報を豊富にご紹介しています。


資格取得の支援制度や無料で利用可能なEラーニングシステムもご用意しているので、スキルアップを目指したい方にもおすすめです。
少しでも興味を持たれた方は、是非一度フェローシップがご紹介可能な求人情報をチェックしてみてください。

グローバル事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。