コラム&NEWS

日本語に自信がなくても正社員を目指せる!外国人向け日本語不要の求人の特徴[グローバル2]
2021/12/13

日本で仕事を探したいけれど、日本語に自信がないことを不安に思われている外国人の方は多いです。


しかし、日本語スキルがなくとも正社員として自分らしく働くことのできる求人は存在します。
今回は、正社員として活躍可能できる日本語不要の仕事の特徴や、求人情報でチェックしたいポイントをご紹介します。


ぜひ日本での仕事探しにお役立てください。


日本で働きたい外国人の方には、フェローシップ のご利用がおすすめです。
外国人の方の仕事探しをサポートしているので、日本語に自信がない方でも安心の求人情報を豊富にご用意しています。


まずは一度、どのような仕事があるのか実際の求人をチェックしてみてください。
※日本語に自信がなくても挑戦できる仕事情報はこちらから


グローバル事業部

日本語が苦手な外国人が正社員になる方法

日本語に自信がない方でも、正社員での仕事をみつけることは可能です。
外国人の方に向けて、高度な日本語スキルがなくても挑戦できる仕事を探すポイントをご紹介します。


日本語不要な求人を探す

そもそも日本語をあまり必要のない仕事であれば、日本語スキルの有無に関係なく正社員として働くことができます。


従業員のほとんどが外国人で構成される職場や公用語が日本語以外に設定されている企業では、働く上で日本語を求められるシーンはかなり少ないです。


自分の母国の企業とやりとりしたり、訪日観光客を相手にする仕事にもこの傾向があるといえます。


外国人向けの求人を探す

「外国人歓迎」と明記された求人や、外国人向けの求人サイトで募集をかけている企業の場合は、日本語をあまり重視していない場合があります。


外国人向けの求人サイトに求人をだしている場合は、前提として企業側も日本語が不得意な方が応募してくることをわかっていますので、日本語スキルに地震がなくても積極的に応募してみるとよいです。


こちらの記事では、外国人に特化したおすすめの求人サイトを比較しながらご紹介しています。
出身地域別におすすめの求人サイトをご紹介しているので、求人を探す際にぜひお役立てください。
▶外国人の方に特化した求人サイトのメリット!おすすめ4サイトの特徴比較も


仕事探しのプロに相談する

なかなか希望の求人が見つからないという方は、仕事探しに特化したサービスを利用するのもおすすめです。


公共のハローワークや無料で利用できる転職エージェントに相談することで、選考対策のアドバイスやおすすめの業界・職種などを知ることができます。


こちらの記事ではフェローシップのサポートを活用し、転職に成功した方の経験談をご紹介しています。
興味をお持ちの方は、ぜひご一読ください。
▶︎成功の秘訣は!?実際に転職した中国人に聞いてみました!


日本語不要な求人の特徴

日本語があまり必要ない正社員求人を見つけるためには、いくつかのポイントをチェックすることがおすすめです。
ここでは日本語不要な求人にみられる傾向を踏まえ、具体的なチェックポイント5点とおすすめの仕事をご紹介します。


複雑なコミュニケーションがいらない職場

仕事をする上で複雑なコミュニケーションをとる機会が少ない職場は、日本語に自信がない方でも安心して働くことができます。
具体的には、メールの処理やデータ入力などの事務作業の場合、辞書や翻訳ソフトも活用しながら仕事を進めることができます。


また、自分の母国とのやりとりがメインになる求人を選べば、日本語に自信がなくとも母国語を強みに仕事をこなせるといえます。


職場に日本人が少ない

日本人以外の従業員が多い職場を選ぶことで、日本語以外の言語でコミュニケーションをとれる機会も多くなります。
具体的には、日本人に対する語学教室や外資系企業、貿易など対外業務が多い職場がおすすめです。


このような職場においては日本人従業員も外国語に堪能な方が多い傾向があるので、直接日本人同僚から日本語を教わる、なんてこともできるかもしれません。


ご自身の母国語が活かせる職場を探したいという方以外にも、日本語に自信はなくても英語は話せるという方にとっては選べる職場の幅が広がるポイントともいえます。


募集要項に日本語以外の言語が明記されている求人

外国人向けの求人の多くは日本語要件を明記しているものが多くありますが、中にはそのほかの言語を有する方を積極的に採用しているケースもあります。


具体的には、特定の国や地域との商談ややりとりができる人材を探している場合や、その地域出身の従業員が多く在籍している場合、訪日観光客に対するコミュニケーションができる人材が必要な場合などがあります。


観光業やサービス業、貿易やグローバルな取引がある企業などで、このような求人が出される場合があります。
仕事を探す際は、ご自身の母国語を活かせるかどうかをチェックしてみてください。


業務上の基本言語が日本語以外

グローバル化の波を受けて、日系企業の中にも業務上の公用語を日本語以外に設定している企業も増えてきました。


特に貿易などで利用する機会の多い英語や中国語を主に使用する企業も少なくないため、これらの言語を使える場合、日本語に自信がない方でも不自由なく働きやすいといえます。


国際的に市場を広げる日系企業や、日本のみならずグローバルに展開する外資系企業などでは、日本での勤務であっても公用語が日本語以外のケースが多いので必見です。


通訳が常駐している場合も

大手企業の場合、日本語に不慣れな従業員のために通訳を常駐させているケースがあります。
このような場合、日本語スキルの有無に関係なく仕事に集中することができます。


もちろんこのような企業は入社するためのハードルも高くはなってきますが、これまで培ってきた自分のスキルを活かして挑戦してみてはいかがでしょうか。


求められる日本語スキルを確かめるチェックポイント

求人情報は、求められる日本語スキルの程度を読み取る情報源といえます。
正社員の仕事を探す際に、ぜひチェックしていただきたいポイントを4つご紹介します。


語学要件欄をチェックする

外国人向けの求人情報には、基本的に求める語学要件が記載されています。


一般的に日本で仕事をする際に求められるのは日本語能力検定N2、N1程度といわれているので、N3以下の要件の場合はさほど日本語が必要ではないと考えられます。


初級レベルや中級レベルと指定されている場合も、来日し基本的な生活を送ることができている方であれば対応できるので、応募しやすい求人であるといえます。


必要書類をチェックする

応募の際に提出を求められる書類は、見逃しがちなチェックポイントです。


履歴書や職務経歴書といった書類は、日常会話ではなかなか目にする機会の少ない難解な表現が多いです。
これらの書類を日本語で作成し提出する必要がある場合は、最低限の読み書きスキルの有無を確認されている可能性があります。


あまり漢字や複雑な表現の読み書きに自信がない方は、少し注意が必要な求人の特徴といえます。


仕事内容をチェックする

具体的な仕事内容からも読み取れる情報は多いです。
例えば、接客業と事務作業では日本語による会話や読み書きのスキルの重要度が異なります。


また事務といっても、メール作業か電話での応対、同僚のサポート業務などによって必要なスキルは変わるといえます。


母国語をメインとした仕事であっても、仕事内容によっては日本人従業員との関わる頻度が大きく変わって来るので、実際に働く様子を想定しながら情報を集めることが大切です。


母国語について触れてあるものは狙い目

「外国人への接客」や「外国とのメール」ではなく、直接『中国人観光客への接客』『中国語による書類作成』のように国や言語が触れてある求人は、より母国語の重要度が高い傾向にあります。


また同じ母国語の従業員が実際に活躍している可能性も高いので、安心して応募できる求人の特徴ともいえます。


まとめ

日本語に自信がなくても、正社員など自分が納得する働き方を実現することは可能です。
今回ご紹介した特徴を踏まえて、日本で理想の仕事を探してみてください。


またフェローシップでは、外国人の方の仕事探しを積極的にサポートしています。
知識や経験を踏まえ、仕事探しのプロが転職活動や仕事選びのポイントをお伝えしているので、安心して仕事探しを進めたい方におすすめです。


こちらのエントリーフォームから無料でご登録いただけるので、ぜひご連絡ください。

グローバル事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。