コラム&NEWS

【外国人就活生必見!】コロナ禍での外国人の就職先・仕事の探し方を解説[グローバル1]
2021/02/19
こんにちは。外国人に向けて就職、転職などの情報を発信しているフェローシップの林です。
最近新卒の求職者とお話しすると、やはりコロナの影響で内定が取り消しされたケース、またはお仕事がまだ見つからないケースが多くあります。

厚生労働省の調査によると、2021年大学等の卒業生内定率は前年度より低くなっています。
このようなコロナ禍の中で、外国人の就活生はどうやって仕事を探せばいいのでしょうか。

今回は外国人就活生向けに、コロナ禍での仕事の探し方について解説します。

コロナ禍での仕事の探し方①:大学のキャリアセンターを利用する

就職活動を始めようと思っても、何から始めたらよいかわからない留学生は、少なくないと思います。
日本の就職活動は独自のスタイルであるため、母国の就職活動とはだいぶ違うところがあり、余計にわからずに止まってしまう人は多いです。

では、外国人留学生はどうやって就職活動を始めればよいのでしょうか?
答えは大学のキャリアセンターを利用することです。

大学のキャリアセンタを利用することで、以下のことができます。
・就職活動のためのガイダンスやイベントに参加できる。
・就活だけではなく、キャリアについての個別相談ができる。
・地域限定など大学独自の求人を見ることができる。

外国人留学生の方も就職活動について悩んでいる場合は、一人で悩まずに、まずは大学のキャリアセンターに相談してみましょう。
就職活動に必要な情報をもらえますし、ガイダンスや説明会に参加することで日本式の就職活動の流れを把握することができます。
また、不安ごとや心配ごとがある時は、個別相談を活用すれば安心して就職活動進めることができます。

コロナ禍での仕事の探し方②:経済産業省のサイトをチェックする

就活生として、「コロナ禍で就職に厳しい状況の中で、新卒採用を続ける企業があるのか?」といったことは非常に気になることだと思います。
そして、コロナ禍でも新卒採用をしているのであれば、それはどんな企業なのかも知りたいですよね。

上記のような時は、経済産業省のサイトをチェックしましょう。 最近では、経済産業省のサイト上で「新卒採用継続企業」といった新卒向けに就職情報を発信しています。
東京の企業はもちろん、地方の企業も数多く紹介されています。

コロナ禍で就職活動を成功させるには、情報はかなり重要ファクターとなりますので、定期的に経済産業省のサイトをチェックして情報収集をするとよいでしょう。

コロナ禍での仕事の探し方③:人材紹介・派遣会社に相談をする

今まで、外国人留学生の求職者とお話をする中で、一番聞かれるのはやはり「ビザ更新のサポートはあるのか」という質問です。

あまり知られていないのかもしれませんが、人材紹介・派遣会社も大学のキャリアセンターと同じく就職支援はできます。ビザ更新のサポートをおこなっている会社もあります。
そのため、ビザの更新や日本での仕事の探し方・就職活動のやり方など、外国人留学生の方はお悩みを解決することができます。

これまでに紹介してきたように、大学のキャリアセンターを利用したり、経済産業省のサイトをチェックしたり、できることをまずやってみて、それでも不安なことがある、もっと就職活動を良くしたいなど思うことがあれば、人材紹介・派遣会社を利用して、相談してみてください。

まとめ

コロナの影響で新卒採用が落ち込んでいる中、外国人留学生として、就職活動を成功させるのはやはり情報を掴めることが大事になります。
そのほか、重要なのは1人で悩まず人に相談することです。相談することで、悩んでいることが解決したり、安心して前に進めたり、プラスになることばかりです。

株式会社フェローシップは、外国籍のスタッフが多く在籍しており、外国人の就職活動に強いのが特徴です。日本語が難しい方は母国語で相談することも可能です。
コロナ禍での就職活動でうまくいっていない方やこれから就職活動を始める方で、ご興味があるかたは、ぜひお気軽にご相談ください。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。