コラム&NEWS

40代でもエンジニアに転職できる!重要なスキルや成功の秘訣とは[グローバルエンジニア2]
2021/03/15

「40代からでも、エンジニアへの転職は可能なのか」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

現在、日本ではITエンジニアの人材が不足しており、40代でもエンジニアへ転職することは十分可能です。
採用担当者が重要視するスキルなどを見極め、しっかり選考対策を行うことで、40代でのエンジニアへの転職を成功させることができるでしょう。

今回は、40代のエンジニアの転職で重要視されるスキルや転職を成功させるためのポイントなどについて詳しくご紹介します。
40代でエンジニアの転職を目指している方はぜひ参考にしてください。

また、40代からエンジニアに転職するには、フェローシップのグローバルエンジニア事業部がおすすめです。
自分の働きたい業務内容に合わせた教育・研修制度が用意されており、未経験者でも十分活躍できるようサポート体制が整備されています。
40代からエンジニアへの転職を目指す方は、フェローシップのグローバルエンジニア事業部を目指してみてはいかがでしょうか。

グローバルエンジニア事業部

40代でもエンジニアへの転職はできる

繰り返しになりますが、40代でもエンジニアへの転職は十分可能です。
自分のスキルや適性をしっかり理解し、うまく採用担当者に伝えることで、40代でのエンジニアへの転職を成功させましょう。

以下では、40代でもエンジニアへの転職はできる理由について詳しくご紹介します。

日本ではITエンジニア人材が不足している

2019年に経済産業省から発表された「IT人材需給に関する調査」によれば、2030年には最大で約79万人ものIT人材が不足することが予想されており、今後も日本では、ITエンジニア人材不足が続くと予想されています。

そのため、ITエンジニアは、40代であっても他の職種に比べれば比較的需要が高く、40代でも転職しやすい業種であることと言えるでしょう。

未経験でもその他のスキルが重視されることも

40代での転職は、その分野で未経験であっても、その他のマネジメントスキルやものづくりに関する知識、語学スキルなどが重視される場合もあります。

基本的に、ITエンジニアとして働くには、エンジニアとしての知識・経験が必要です。
しかし、エンジニアスキルを資格取得のため勉強や企業の教育・研修などでカバーすることができれば、十分採用してもらうこともできるでしょう。

40代未経験からのエンジニアへの転職は、エンジニアスキルだけでなく、エンジニアとして必要な素質や人間力など、その他のスキルをアピールできるようにするといいでしょう。

40代のエンジニアへの転職で採用担当者が重視するスキル

マネジメントスキル

ITエンジニアの仕事はチームで行うものも多く、チーム全体の意志決定をしたり、コミュニケーションを取りながらスケジュール通りに仕事を進めたりするためには、マネジメントスキルが必要となります。

今までにプロジェクトマネージャーなどを担当した経験がある場合は、マネジメントスキルがある人材として評価され、転職活動を有利に進めることができるようになるでしょう。

エンジニアとしての即戦力

40代での転職は、どれだけエンジニアの即戦力となって働いてくれるかも重要視されます。
今までの経歴・職歴や実務経験などから、自分が即戦力として働けることをアピールしましょう。

新しい技術の経験・知識があれば積極的にアピールできる

AI(人工知能)やAR・VR技術、最新の情報セキュリティに関する知識など、新しい技術の経験や知識があれば、より有利に転職活動を進めることができるでしょう。

転職先の業務内容にもよりますが、こういった新しい技術に関する技術者は様々な職場で歓迎されるため、積極的にアピールできるようにしましょう。

外国語スキルを活かせる会社を目指すのもあり

外国語スキルを持っている方は、海外顧客や海外の開発チームと関わりのある仕事など、外国語スキルを活かせる仕事がある会社を目指してみるのもいいでしょう。

エンジニアの就職・転職を支援するフェローシップでは、あなたの希望の業務内容で働けるよう、充実した教育・研修制度を用意しています。
あなたのスキルを生かせるエンジニアの仕事をご紹介しますので、やりがいを持って働きながらエンジニアとしてのキャリアを積んでいくことができます。

フェローシップのグローバルエンジニア事業部で、自分のスキルを生かしながらエンジニアとして働くことを目指してみてはいかがでしょうか。
※フェローシップのグローバルエンジニア事業部はこちら

40代のエンジニアへの転職を成功させるための秘訣

会社が求めるスキルや経験があることをアピール

まずは、企業研究で会社が求めるスキルや経験について理解し、自分が会社が求めるスキルや経験を持った人材であることをアピールできるようにしましょう。

ITエンジニアとしてのスキルだけでなく、マネジメントスキル、人間力など、様々な観点からエンジニアとして今後活躍できることを伝えられるようにしましょう。

具体的な成果物などを示せると伝わりやすい

自分でプログラミングして作成した具体的な成果物などを示すことができると、ITエンジニアとしてのスキルをわかりやすく面接官に伝えることができます。

特に未経験からエンジニアの転職を目指す場合は、勉強して自分で作ったアプリやサイトなどがあれば、エンジニア未経験であっても即戦力と期待され、採用してもらうことができるかもしれません。

選考対策を十分に行う

転職を成功させるためには十分な選考対策が必要です。
特に40代の転職では、今までの経験や経歴、職場への適応力を示すことができないと転職が難しい場合もあるため、第三者などに手伝ってもらいながら選考対策を進めましょう。

就職・転職エージェントの選考対策を利用するのがおすすめ

選考対策をするには、就職・転職エージェントを利用するのがおすすめです。

多くの就職・転職エージェントでは、自分の強み・弱みや今後のキャリアプランなどの相談に乗ってもらったり、履歴書・職務経歴書のより良い書き方や面接の練習などをしてもらったりすることができます。

企業ごとの面接の特徴や40代だからこその魅力的なアピール方法なども教えてもらえるかもしれませんので、相談してみてはいかがでしょうか。

自分に合った会社を選ぶ

エンジニアの仕事内容は、多く会社によって異なります。
そのため、知名度や会社規模などだけでなく、エンジニアとして何を業務として働きたいか考えて会社を選ぶことが大切です。

ITエンジニアを目指す方におすすめな会社の選び方については、「日本でITエンジニアを目指している方必見!転職時の会社の選び方」で詳しく解説していますので、よければご覧ください。

未経験の場合はエンジニアスキルを身につけてから望んでも良い

40代で未経験からITエンジニアを目指したい場合は、ITエンジニアとしてのスキルを身につけてから転職活動に望むのもいいでしょう。

もちろん、40代未経験からITエンジニアを目指すことは可能ですが、やはり、ITエンジニアとしてのスキルがあった方が転職活動を有利に進めることができます。

独学やプログラミングスクールに通うなどしながら、基本的なエンジニアスキルと成果物を用意して転職活動を始めるのもいいでしょう。

フェローシップのグローバルエンジニア事業部がおすすめ

40代未経験からエンジニアを目指して転職活動を始める方には、フェローシップのグローバルエンジニア事業部がおすすめです。

フェローシップのグローバルエンジニア事業部では、エンジニア未経験者の方も、経験者の方も、フェローシップで正社員として採用後、個別の状況に応じた研修期間を経て、希望の就業先で勤務していただいております。 正社員での雇用のため、安心して働くことができ、エンジニアとしてのスキルアップ・キャリアアップを目指すことができます。

外国人でエンジニアを目指す方には、在留資格のサポートや日本の慣習・文化に関する知識の提供など、お仕事紹介以外のサポートも手厚いです。

フェローシップのグローバルエンジニア事業部で、40代の転職でエンジニアとしてのキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。 ※40代の転職でエンジニアとしてのキャリアアップを目指したい方はこちら

40代でのエンジニアへの転職を成功させてキャリアアップを目指そう

40代でも、エンジニアへ転職することが可能です。
エンジニアの転職で重要視されるスキルなどを身につけた上で、しっかりと選考対策を行い、エンジニアとしてのキャリアアップを目指しましょう。

エンジニアへの転職を目指す方は研修・就職支援充実のフェローシップへ

40代から転職してエンジニアを目指す方には、フェローシップのグローバルエンジニア事業部がおすすめです。

エンジニア未経験の方でも、経験者の方でも、あなたの希望の業務内容で就業できるよう、充実した研修制度やお仕事紹介のサポートなどを提供しています。

エンジニアを目指している方は研修・就職支援が充実したフェローシップへぜひご相談ください。

グローバルエンジニア事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。