コラム&NEWS

未経験でもゲーム業界で働ける?業務内容や魅力、派遣で転職するポイント[派遣2]
2021/06/24

「ゲーム」といえば、家庭用ゲーム機が広く普及しているのはもちろん、近年はスマートフォン向けのゲームアプリも多数開発されているなど、高い人気を誇る娯楽のひとつです。

また、「eスポーツ」と呼ばれる対戦型ゲーム競技も世界的に注目されており、その競技人口は年々増加しています。


このようにゲーム産業は今後もさらなる成長が期待される業界のひとつであるといえるでしょう。


わたしたちにとって身近であり、勢いのあるゲーム業界は就職・転職先としても人気が高く、新卒採用の倍率は非常に高いといわれています。
しかしながら、派遣社員を募集している企業も数多くあるのも事実です。


そこで今回は、「ゲーム関係の仕事につきたいけれど、どのような仕事があるのかわからない」「未経験でも挑戦できるのか不安」といった疑問に答えるべく、ゲーム業界の特徴や業務内容、未経験で挑戦する上での注意点について解説します。


フェローシップ では、ゲーム業界の求人も多く扱っております。
また、豊富な経験と知識を持ったエージェントも在籍していますので、より有利に転職活動を進めることも可能です。
気になる方は是非一度、ご相談ください。
※転職エージェントに相談して効率的に転職活動をすすめたい方はこちらから

紹介事業部

ゲーム業界の特徴

自宅でじっくりとプレイするだけでなく、移動時間などの隙間時間を活かしてゲームを楽しむなど、生活の中にゲームが溶け込んでいるという方も多いのではないでしょうか。


また、複数人で対戦するゲームをスポーツとして解釈する「eスポーツ」という概念は、世界的にも浸透していて、数多くの競技大会が実施されています。


常に最新の技術に携わることができる

ゲーム業界は常に最新技術に触れることができる産業のひとつです。


コンピューターグラフィックや最新のゲーム機の開発はもちろん、スマートフォンやテレビなどのデバイスの発展に合わせたアプリケーションの制作、3DやARといった最新のテクノロジーの応用など、常に最新のテクノロジーに対応することがもとめられる仕事であるといえます。


このように、著しく進化するテクノロジーに触れられるという点は、ゲーム業界の大きな魅力のひとつといえるでしょう。


一方で、時間との勝負であるという側面も大きいため、やりがいとともに難しさを感じる部分ともいえるかもしれません。


仕事の成果を感じやすい

ゲーム業界は仕事の成果を実感しやすい業界です。
手掛けたコンテンツや端末がリリースされれば、街中で広告や実際にプレイしている人を多く見かけることができます。


口コミなどの評判も耳にしやすいため、仕事の成果を実感できる機会が比較的多い業種といえるでしょう。


海外市場も視野に入れて働ける

日本のゲームは、海外でも非常に高い人気を誇っています。


多くの家庭用ゲーム機やアプリケーションが海外でもリリースされ、国籍を問わず熱心なファンが多く存在しています。


つまり、ゲーム業界は日本のみならず、海外も市場とするグローバルな産業です。
世界を舞台に活躍することも十分可能な業種です。


ゲーム業界の職種と業務内容<

ゲーム業界では具体的にどのような人々が活躍しているのでしょうか。
主な職種とその業務内容をご紹介します。


ディレクター・プロデューサー

ディレクターやプロデューサーと呼ばれる職種は、ゲーム全体の方向性を決める監督役を勤めています。


マーケティング的な視点から予算や開発のスケジュールを決めるなど、チーム全体を統括するポジションともいえます。


チームのメンバーはディレクターやプロデューサーが決めた方向性を実現すべく作業をおこなうため、ゲームの出来栄えやテイストはディレクターやプロデューサーの腕にかかっています。
そのため、ゲーム業界での経験や産業全体への理解が重要となってくる職種です。


ゲームプランナー

ゲームプランナーは、ディレクターやプロデューサーなどの統括役が決定した全体の方針を受けて、実際の企画や作業内容を決める役職です。 企画から具体化までゲーム作成全体に関わることのできる点が魅力です。


全体の方針やコンセプトを、キャラクターの配置や細かい演出などの詳細な指示に具体化するため、発想力や表現力が求められます。


センスが問われる仕事ですが、プログラミング言語などの専門性の比重はさほど大きくありません。


未経験歓迎の求人情報も多数公開されている職種のひとつです。


プログラマー

ゲーム機そのものの開発はもちろん、サーバやインフラの管理からエフェクトの動きを設計したり、幅広いプログラミング業務にあたる役職です。


専門領域に応じて任される仕事は様々ですが、中には高度なプログラミング言語が必要ない仕事もあり、そのような場合は未経験者でも応募可能な求人情報が公開されている場合があります。


デバッカー

リリース前にバグやエラーといった不具合を起こさないか確認する役職です。


実際に完成したゲームをプレイしながら、ユーザー目線で不具合が起きる場面や傾向について確かめる必要があり、高度な専門技術がなくともおこなうことができる仕事です。


ただし、地道な品質チェック作業をコツコツと続ける必要があるため、忍耐力や仕事に対する丁寧さが求められる職種であるといえます。 ゲームをプレイすることが好きな方にはぴったりな仕事かもしれません。


デザイナー

背景やキャラクター、エフェクト、3Dによる動きなどのデザイン要素を担当する役職です。


各分野ごとに専門性が求められるため、経験やスキルが重視される職種といえるでしょう。


未経験での挑戦は難しいかも知れませんが、キャリアがない場合でもスキルや資格を持っていることが確実な強みとなりえます。


ゲーム業界に未経験で挑戦するポイント

魅力の大きいゲーム業界ですが、未経験で就職・転職を目指す上で何が求められるのでしょうか。


幅広いゲームを知る<

ジャンルを問わずゲーム業界全体についての把握が求められています。


ゲーム業界は、常に最新技術と隣り合わせで、ライバル企業との競争も激しい産業の1つです。そのため、産業全体を取り巻く技術情報やヒットの動向などを理解しておくことが非常に大切になってきます。


積極的に幅広いゲームをプレイしたり、ゲームに関するニュースを常にチェックするなど、日頃から意識的に情報収集を心がけましょう。


ゲーム制作の流れを理解しておく

ゲーム制作の流れを理解しておくことも重要です。


制作にかかる時間やコスト、求められるスキルといった全体像を把握しておくことで、自分が応募する求人を選ぶのに役立つのはもちろん、実際に働き始めてからも視野を広くもった活躍につながります。


専門職を目指すならスキルアップ

プログラマーやデザイナーといった専門職に就きたいと思っている場合は、専門学校などでスキルを磨いておくことが必要です。


専門職はスキルがなければ応募資格さえも得られない場合が多いですが、逆に言えばしっかりとしたスキルを示すことができれば、未経験であっても希望の職種に就くことが可能といえます。


ゲーム業界全体の人気に伴い、プログラミングやデザインスキルを学べる学校も増えてきているので、興味がある方は調べてみましょう。


派遣としてゲーム業界に就職する

未経験でゲーム業界に就職したい場合は、派遣を活用するのが有効です。


専門知識やスキルについての教育制度、資格取得の支援をおこなっている派遣会社も多くあるため、未経験であっても挑戦しやすい傾向にあります。


また、派遣社員としてゲーム会社に勤務することで、キャリアや実務経験を積むことも可能になります。


ゲーム業界への派遣ならフェローシップがおすすめ

派遣としてゲーム業界を目指したいという方にはフェローシップの人材派遣事業部を利用することがおすすめです。


丁寧な相談を通して一人一人にあったキャリアプランの設計を一緒におこない、将来を見据えた働き方の実現をサポートします。


興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。
※一人一人が自分らしい働き方を実現できる方法はこちらから


中国語を活かしてゲーム業界へ

中国語スキルをお持ちの方は、その高い言語力を活かすことでゲーム業界を目指すことも可能です。


中国資本のゲーム会社でのプログラミングやゲームの翻訳など、中国語スキルをもった人材を探している企業は多いです。


語学力を活かすことで、ゲーム業界への就職・転職を有利に進めることができます。


中国語を話せる人専用の求人サイトTENJeeではゲーム業界の求人情報も多数掲載されています。
求められるスキルや資格なども掲載されているので、ぜひ一度確認してみてください。
※中国語スキルを 活かしてゲーム業界を目指したい方はこちらから


未経験でも派遣で憧れのゲーム業界へ

人気の高いゲーム業界の特徴や詳しい業務内容をご紹介しましたが、未経験の方でも挑戦可能な求人情報は確かに存在しています。


また、派遣を活かすことで競争率の高いゲーム業界で働くことも可能です。
教育制度や資格取得への支援制度なども充実しているフェローシップでは、より万全の状態で憧れの業界に挑戦することができます。


有名企業の求人情報なども多数紹介しているので、興味のある方は是非一度ご相談ください。


BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。