コラム

派遣社員の転職の適切なタイミングはいつ?転職活動を成功させる方法[派遣2]
2020/12/10
「転職を考えているけれど、どのタイミングで転職すればいいかわからない」と考えている派遣社員の方も多いのではないでしょうか。

派遣社員の転職はタイミングが重要で、適切なタイミングを見極めて転職活動を進めることで転職活動の成功につながります。

今回は、派遣社員の転職のタイミングや転職活動を始める前にやっておきたいこと、転職活動を成功させるためのコツについて解説します。
この記事を最後まで読んで、派遣社員の転職活動を成功させましょう。

派遣社員の転職はタイミングが重要

派遣社員の転職は特にタイミングが重要です。
タイミングを誤って転職活動を始めてしまうと、希望の仕事が見つからず、転職活動が長引いてしまったり条件を妥協せざるを得なくなってしまったりする可能性もあります。

また、正社員の場合は法律上、退職は2週間前に伝えればいいですが、派遣社員の場合はそれが適用されません。
多くの派遣社員の契約では、契約更新の約1ヶ月前に担当者に伝える必要があるため、より転職のタイミングが難しいでしょう。

適切なタイミングを見計らって、転職活動を始めてください。

派遣社員として働きながら転職活動を進める

派遣社員の転職活動は、派遣社員として働きながら進めることをおすすめします。

派遣社員を辞めた後に転職活動を始めてしまうと、予定よりも転職活動に時間がかかってしまった場合に、焦って希望の条件でない内定先で妥協してしまったり、無職期間が長引くことで企業に悪印象を与えてしまって次の転職先が見つかりにくくなってしまったりするなどのリスクがあります。

このようなリスクを避けるためにも、転職活動は働きながら進めるといいでしょう。

転職活動を始める適切なタイミングとは

転職を希望する時期の2〜3ヶ月前から始める

一般的に、転職活動にかかる時間は2ヶ月ほどと言われています。 そのため、転職活動は転職を希望する時期の2〜3ヶ月前から始めるのがいいでしょう。

また、転職活動開始が早すぎると、予定よりも早い時期に内定が出てしまった場合が心配だという方もいるかもしれませんが、事情を話せば入社までの時間を待ってくれる企業も多いです。
転職活動の際に、入社時期についてはきちんと確認しておくようにしましょう。

基本的には契約更新時期から逆算する

多くの派遣社員の場合、退職するには契約更新の1ヶ月前に担当者に伝える必要があるため、転職活動を開始する時期は契約更新時期から逆算して始めるといいでしょう。

転職活動を始める適切なタイミングが転職を希望する時期の2〜3ヶ月前であることを考慮すると、派遣社員の転職は契約更新時期の2〜3ヶ月前から始めるのがおすすめです。

企業が人手不足になるタイミングを狙う

景気などから、企業が人手不足になるタイミングを狙って転職活動をするのもいいでしょう。
売り手市場を見計らって転職活動をすることで、本来ならば受からないような転職先から内定をもらえたり、未経験の職種でも採用してもらえたりする場合があります。

また、企業の新規参入する事業を調べ、その事業に必要になる人材を狙って転職活動をするのも効果的です。
例えば、今までITにあまり踏み入れなかった企業が、今後、事業のIT化を推進すると発表した場合、ITエンジニアを積極的に採用し始める可能性があります。

業界全体の景気だけでなく、企業の動向なども広く視野に入れながら転職活動のタイミングを見極めることで、よりスムーズに転職活動を進めることができるようになるでしょう。

転職活動を始める前にやっておくべきこと

自分の経歴や強み・弱みを整理しておく

いわゆる自己分析と呼ばれる、自分の経歴や強み・弱みの整理は転職活動を始める前にやっておくといいでしょう。

事前に自己分析を済ませておくことで、自分が本当にやりたいことや妥協できない条件などを把握することができ、軸を持った転職活動をすることができます。

希望する職種・業種に関する情報収集をおこなう

転職活動の軸や自分の本当に就きたい仕事が決まったら、希望する職種・業種に関する情報収集をおこないます。

ここでは、情報収集の手段をいくつかあげます。 自分の状況や希望する職種・業種に合わせて使いこなしましょう。

求人サイトや企業の口コミサイトを見てみる

求人サイトや企業の口コミサイトからは、企業に関する情報を大量に得ることができます。 自分の家からインターネットを使って様々な求人情報をチェックすることができるので、いつでも気軽におこなえる情報収集の手段の1つです。

ただし、求人サイトから自分で希望の求人を探す場合は、大量の求人情報の中から自分に合った求人情報を探すために時間がかかってしまったり、口コミサイトで情報を得る場合は、情報の真偽を自分で見極める必要があったりします。

転職活動に割く時間があまりないという方は、自分の就きたい業界に特化した求人サイトなどもあるため、そちらを優先的に使うといいかもしれません。

希望する職種・業種に関する本を読む

希望する職種・業種に関する本を読むことで、その職種・業界に関する知識をつけて、転職活動の情報収集や面接に活かすことができるようになります。

派遣社員の転職活動に関する本などもありますので、転職に関する知識をつけたい方は時間があるうちに1冊読んでおくといいかもしてません。

専門家に相談する

希望する職種・業種に関する専門家が身近にいる場合は、そういった方々に相談してみるのも1つの手です。

自分の就きたい仕事の業務が実際どのようなものか把握することができ、自分のやりたいこととのミスマッチがないか確認することができるでしょう。

就職・転職エージェントに登録する

特に働きながら転職活動を進めようとしている派遣社員の方には、就職・転職エージェントに登録することがおすすめです。
就職・転職エージェントでは、自分の代わりに求人情報の収集や企業との面接の日程調整などをしてくれるため、時間がない派遣社員の方の強い味方になります。
まずは就職・転職エージェントに登録し、今後の転職活動の進め方などについてアドバイスをもらうといいでしょう。

転職活動を成功させるためのコツ

気になる求人にはどんどん応募する

転職活動では、気になる求人にはどんどん応募するといいでしょう。

実際、自分の理想通りの求人というのはなかなか見つかりません。
限られた転職活動の期間を有効に使うためにも、気になる求人にはどんどん応募し、効率よく転職活動を進められるようにしましょう。

面接は「就業後」に入れる

面接は内定が出るまでに複数回ある場合もありますので、毎回有給を取っていては転職活動を続けるのが難しくなってしまいます。
面接はできるだけ平日の「就業後」に入れるといいでしょう。

複数の就職・転職エージェントに登録する

複数の就職・転職エージェントに登録することで、より多くの求人情報の中から自分に合った求人情報を選ぶことができるようになります。
就職・転職エージェントによって保有している求人情報の種類や量、強みなどが違うため、複数のエージェントを利用しながら、自分に合ったエージェントを見つけられるようにしましょう。

自分の強みを活かすことができる就職・転職サービスを利用する

就職・転職エージェントの中には、ある業界や職種に特化したエージェントもあります。
自分の活かしたい強みがはっきりとしている場合は、自分の強みを活かすことのできる就職・転職サービスを利用するといいでしょう。

ここでは、特に外国人の方が自分の強みを活かして転職活動をする場合におすすめの就職・転職サービスをいくつかあげます。

外国人向けの就職・転職エージェント「フェローシップ」

外国人の方が外国語スキルや海外への知識を活かした転職活動をするためには、外国人向けの就職・転職エージェントを利用するのがおすすめです。

外国人向けの求人に強い「フェローシップ」では、日本での外国人の就職・転職に詳しいスタッフとの面談を通し、あなたにぴったりの求人情報を紹介してもらうことができます。
母国語での面談や日本語の面接対策などもおこなっていますので、日本での転職活動に不安な外国人の方も安心して転職活動を進めることができるでしょう。

外国語スキルを活かして日本で働きたいという方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

出身国に特化した求人サイトを利用する

外国人が日本で転職活動をする場合は、出身国に特化した求人サイトを利用するのもいいでしょう。

中国語が話せる方向けの求人に特化した「TENJee」では、日本で働きたい中国人の方や中国語スキルを活かして働きたい方向けの求人を多数掲載しており、たくさんの求人情報の中から自分に合った求人を選ぶことができます。

自分の中国語レベルや日本語レベル、希望の職種などから条件を絞って検索することができるので、あまり時間がない派遣社員の方でも、自分のペースで効率的な情報収集をすることが可能です。
中国語を活かして働きたいという方は、ぜひご利用ください。

タイミングを見極めて派遣社員の転職を成功させよう

派遣社員の転職では、転職活動を始めるタイミングがとても重要です。
働きながらの転職活動は大変でしょうが、転職活動を始める前にやっておくべきことや転職活動の成功のコツなどを事前に理解しておくことで、効率よく転職活動を進められるでしょう。

転職のタイミングを見極めて、派遣社員の転職活動を成功させましょう。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。