コラム&NEWS

日本で働きたい外国人におすすめの仕事の探し方まとめ【アルバイト・転職・新卒のケース別】[グローバル1]
2021/04/16

外国人留学生を始め、日本で働きたいと考えている外国人の方は多いと思いますが、仕事を探す時に、どのように探したらよいのかわからなくなることがあるのではないでしょうか。

実際に、転職や就職のサポートをしていますが、日本での就職活動がうまくいかないという相談を多く受けます。

そこで今回は、日本で仕事を探している外国人の方向けに、求人の探し方をケース別にご紹介します。

早く仕事を探したいと考えている方は、フェローシップに一度ご相談ください。
フェローシップには、外向人求職者向けの事業部があり、中国国籍をはじめ外国籍の社員が多数在籍しております。
外国人ならではの日本における悩みや上手くいくコツなどを気軽に話すことができますので、ぜひご興味ある方はお問い合わせください。

グローバル事業部

日本で働く外国人は年々増加している

日本国内で働く外国人は、下記のグラフのように2015年~2020年まで年々増えてきています。

日本で働いている外国人のグラフ

日本で仕事ができないと悩んでいる外国人の方もいらっしゃると思いますが、外国人の採用を検討している企業も増加傾向にあります。そのため、求人情報の探し方をしっかり把握すれば、日本で仕事をおこなうことは可能です。

ケース別 外国人が日本で仕事を探す方法

  • 学生でアルバイトを探している場合
  • 学生で就職できる企業を探している場合
  • 社会人経験があり日本企業に転職・就職を考えている場合

上記の3つのケースに分けて、日本で仕事を探す方法をご紹介します。

学生(資格外活動許可持っている)+アルバイトを探したい人

①Facebookを活用した探す

あまり知られていないかもしれませんが、Facebookには様々なアルバイトの情報が掲載されています。

Facebookのメニューにある求人を押せば、さまざまなアルバイトまたはパートタイムの仕事の求人情報が出てきます。Facebookに登録されている基本情報のエリアをもとに求人が表示されるので、家の近くでアルバイトを探している場合は、意外とおすすめです。

Facebookの求人

②アルバイト情報が掲載されている求人サイトで探す

基本的な探し方になりますが、バイトルやタウンワーク、indeedなど、テレビでCMが流れている求人サイトで探すのも有効です。
インターネットで検索すれば、外国人の求人に特化した求人サイトなども見つけられますので、そういったサイトを利用するのもよいでしょう。

③バイト情報誌で探す

家に近いアルバイト先を探したいのであれば、SNS以外、バイト情報誌もおすすめです!これはコンビニなどで獲得できますので、ぜひ一回読んでみてください。

④大学内掲示板で探す

大学生や大学院生におすすめなのは大学内掲示板で探す方法です。
まず、メリットとして、求人サイトから応募するより、面接まで進める可能性が高いです。

また、求人内容としても家庭教師の求人が多く、一般的なアルバイトより時給が高い傾向にあります。そのため、高い時給のアルバイトをしたい方は、大学内掲示板を利用してみることをおすすめします。

学生+就職したい人

①日本の就活の流れに沿って、早めにしっかり準備して臨む

学生で卒業時に就職を考えているのであれば、まずは日本の就職活動の流れに沿って就職先を探しましょう。
弊社のコラムでは、日本の就活について解説している記事がありますので、もし日本で就職したいけど、不安な方はぜひ読んでみてください。
「日本で就職したい外国人留学生必見!就職活動の進め方やポイント」

②人材会社を利用して探すのも一つの手段

実は、新卒紹介サービスを提供している会社もたくさんあります。日本の就職活動になじめず、難しいと感じる場合は、新卒サービスを利用するのも有効です。

※新卒紹介サービスを見たい人はこちら

また、もし就職の時期を逃してしまい、ビザの期限も迫っていて、どうしても職を手に入れたいと思ったら、人材会社に登録して、派遣社員になるのも一つの方法です。
派遣社員の中には、未経験OKと書いてある求人もありますので、ぜひ一度考えてみてください。

社会人経験があり+就職・転職したい人

①転職サイトで探す

王道ではありますが、転職サイトを活用して外国人でもOKな求人を探してみましょう。
大手サイト以外にも、外国人向けの求人情報を専門的に扱っているサイトはあります。

弊社にも中国語スキルを持った人材に特化した求人サイト「TENJee」があります。
外国人OKの求人情報も多くありますので、興味ある方はぜひチェックしてみてください。

②人材会社で探す

人材会社を利用して日本での仕事を探す方法もおすすめです。

今の自分は転職できるどうか、転職すべきかどうかを悩む方は少なくないと思いますが、そのようなときに、企業のニーズや日本の転職のマーケットをよく知っている人材コンサルタントに相談できるのは非常にメリットがあります。

実際、en転職の調査によると、日本人の中、転職する際に一番手ごたえを感じた方法は「人材紹介会社に登録」と答えた人が一番多かったという結果があります。

転職活動の調査結果

外国人に強い人材会社もありますので、外国人の方でも気軽に人材会社を利用することができます。ですので、日本で仕事を探している場合は、人材会社の利用も検討することをおすすめします。

外国人に強い人材紹介会社ならFellowshipへ

中国人をはじめ外国籍の社員が多数いる

フェローシップでは、中国籍の社員を始め、複数のアジア国籍の社員や英語が堪能な社員など、海外での仕事経験がある人材が、グローバル事業部にはメインで在籍しています。

外国人の方に特化している事業部があるため、遠慮なしに相談することが可能です。また、母国語を使って話すこともでき、例えば中国人同士であれば本音で話すことができ、理解もしてくれます。

②最初は派遣社員でもゆくゆくは正社員になれる

フェローシップには、キャリアアドバイザーやキャリアコーチが在籍しています。
派遣であれば、就業先を探すとき、就業が決まって派遣直前のとき、派遣スタッフとして就業中のときなど、継続的にキャリアアドバイザーやキャリアコーチがアドバイスやフォローをおこないます。

これから正社員になりたいと思っているときは、今ある求人とのマッチングという観点だけでなく、将来的にどうありたいと考えているか、ということを踏まえでキャリアアドバイスをおこなっていますので、将来歴にも自分にあった仕事をすることが可能です。

③「日本で働くこと」を丁寧に説明してくれる

「日本で働くこと」について何もわからない状態の方も多いと思いますが、フェローシップには中国籍の社員をはじめ外国籍の社員が在籍しているので、日本で働くために何が必要なのか、どうすればいいのか丁寧に細かい部分まで説明いたします。

仕事のことだけでなく、日本で過ごしていくことに不安がある時は遠慮なくご相談ください。
グローバル事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。