コラム&NEWS

Uターン転職のやり方!故郷で自分らしい理想の働き方を実現する方法[紹介2]
2021/06/16

最近「Uターン」という言葉を耳にする機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。
内閣府が推進していることもあり、Uターン転職を活かしてストレスの少ない自分らしい働き方を実現している方も増えています。


そこで今回はUターン転職のメリット、そしてUターン転職に向いているのはどんな人なのかについてご紹介します。


現在Uターン転職を考えている方はもちろん、「Uターン転職」がそもそもわからないという方も参考にしてみてください。


また、転職エージェントを活用することで、希望に合った企業を効率的に探すことが可能です。
フェローシップでは、Uターン転職にも力を入れていて、さまざまな地域の求人情報が豊富にあります。興味のある方はぜひご相談ください。
※Uターン転職に強い転職エージェントに相談したい方はこちらから


紹介事業部

Uターンとは

Uターンとは、地方出身の人が都会で就職して働いた後、再び生まれ育った地方へ戻ること指す言葉です。


つまり、「Uターン転職」とは、地方出身の人が都会で就職した後、再び自分の地元の企業に転職することを意味します。


混同されやすいIターンとJターン

Uターンとよく似た言葉に「Iターン」と「Jターン」があります。
混同されがちなこれらの言葉についても合わせてご紹介します。


Iターンは都会出身の人が地方に移ることを指し、Jターンは地方出身の人が都会で一度就職した後に自分の故郷以外の地方へ移ることを指します。


出身地と移住先との関係性によって区別されるUターン、Iターン、Jターンですが、都市部ではなく地方に人々が移り住むことを指す言葉であるということが共通しています。


近年、UターンやIターン、Jターンをする人が増えていて、地方に魅力を感じる人が多くなってきています。


Uターン転職のメリット

人気が高まりつつあるUターン転職のメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。


通勤の負担が減る

都市部から地方へと移り住むことで、通勤の負担を大きく減らせる場合が多いです。


一般的に大都市とその近郊は通勤時間が長い傾向があり、なおかつラッシュ時の満員電車などが問題視されています。


地方はこれら都市部と比べて通勤にかかる時間が短いです。また、通勤ラッシュ時の混雑具合も穏やかであることから、通勤によって生まれていた負担を大きく軽減することにつながるといえます。


物価や家賃が安い

地方は物価が比較的安い傾向にあります。


2019年度におこなわれた財務省統計局の「小売物価統計調査(構造編)」では、東京都と神奈川県の物価水準が特に高く、最も低いのは宮崎県であるという調査結果が発表されています。
同調査によると、東京都の物価水準は宮崎県と比較して9.1%も高いことが明らかになりました。


特に食材に関しては、都市部と比べて野菜や畜産、漁業の産地となっていることが多く、輸送や保存に費用がかかりにくいことで安価で品物を手に入れることができるといえます。
また、新鮮であることから栄養価も高く美味しい食材を手に入れやすいといえるでしょう。


土地に関しても値段が安く、家賃などの費用を安く抑えることも可能です。
同じく「小売物価統計調査(構造編)」では「住居」にかかる費用については、東京都が鳥取県の1.62倍であることが明らかになりました。
これは物価水準の地域差の中で最大の開きであるといえます。


物価が安いことで出費を抑えることができるのは魅力的な要素でしょう。


参考 財務省統計局 令和元年「小売物価統計調査(構造編)」


子育てなどのワークライフバランスがとりやすい

また、通勤時間が減ることで自分の時間を作ることにつながります。
両親や親戚、友人とも生活領域が近づくため、助け合いやすい環境であるともいえます。


家族と過ごす時間はもちろん、自分の趣味の時間を確保しながら仕事を続けやすいのではないでしょうか。


Uターン転職に向いている人

Uターン転職に向いているのはどのような人なのか、詳しくみていきたいと思います。


子育て環境を整えたい人

自分の故郷に戻ることで、家族や親戚とも助け合いやすくなります。
そのため、仕事をしながらの子育てであっても負担を減らしやすいといえるでしょう。


また、都市部と比べて待機児童数も少なく、公園などの子供の遊び場も豊富にあることも魅力です。


子供に自然に触れながら育ってほしいと考えている方にもぴったりです。


親や親戚の近くで暮らしたい人

親の介護が必要な人や高齢の親が心配だという方にも、Uターン転職はおすすめです。
自分の地元に移り住むことで、何かあったときにすぐに駆けつけることができるので安心です。


家族や親戚はもちろん、友人などにも気軽に会うことができる点もUターン転職の魅力でしょう。


都会の暮らしが合わない人

通勤ラッシュや人混みといった都会の暮らしに疲れを感じる方も多いのではないでしょうか。
もちろん、娯楽施設などが豊富な都市部は便利ですが、その分、人が多いことによってストレスを感じてしまう場面も多くなります。


都会の暮らしが合わないと感じている場合は、Uターン転職をして住み慣れた地元で生活していくことがおすすめです。


Uターン転職のやり方

魅力の多いUターンですが、いったいどのように転職活動を進めるべきなのでしょうか。

注意点と合わせて具体的な方法をご紹介します。


地域の情報収集を行う

Uターン転職で最も重要なのが情報収集です。
自分が生まれ育った故郷であっても、一定期間離れていたら状況が変化している可能性が大きいです。


都市部よりも求人情報が少ない傾向にある地方での就職では、いかに多くの情報を集められるかがより重要になってくるからです。


地域によって勢いのある産業も異なるため、転職活動を始める際は入念なリサーチをしましょう。
そのため、情報収集をする際、地元に住む親戚や友人などがいれば、積極的に話を聞いてみましょう。


企業分析やおこなう

一般的な転職活動と同様に、自己分析や企業研究といった面接対策も重要です。


自分のスキルやキャリアを明確にし、企業の求める人材と自分がマッチしていることをアピールする準備が必要になります。
都会に就職したことで得られたものをどう活かせるかについても、Uターン転職の際の重要なチェックポイントのひとつです。


また、採用後のミスマッチを防ぐためにも、業界や企業、そして自分自身についてしっかりと見つめ直すことも重要です。


引っ越しを伴うため計画的に<

Uターン転職をする時は、基本的に引っ越しをおこなう必要があります。


費用はもちろん、引越しをする時期についてあらかじめ計画した上で転職活動をおこなう必要があります。
新たに住居を購入する場合は、物件探し並行して計画的に進めることが大切です。


引っ越しが遅れると、入社日を遅らせてもらわなければいけない場合もありますので、転職先に迷惑をかけることがないように注意しながら転職活動を進めましょう。


転職のプロに相談するのも有効

Uターン転職は自分の目や耳で情報を集めることが難しい分、不安に感じる方も多いかもしれません。
不安なく転職活動を進めるために転職エージェントや人材会社に相談することもおすすめです。


書類選考や面接などの転職活動へのサポートはもちろん、各地域の情勢や企業情報などについても詳しく教えてもらえるため、安心して転職活動にのぞむことができます。


フェローシップはUターン転職に力を入れています。内閣府による「プロフェッショナル人材事業」にも参加しており、Uターン転職者を積極的に採用している地方企業の求人情報を多数取り揃えています。


Uターン転職の成功実績も豊富なフェローシップに相談することで、より効率的に転職活動を進めることができますので、興味のある方はぜひ一度ご相談ください。
※各地域の求人情報を多数取り揃えている転職エージェントはこちらから


Uターン転職で理想の働き方へ

Uターン転職をすることで、都会の喧騒から離れてストレスの少ない生活を送ることができます。


自分の住み慣れた故郷で都会で得たスキルやキャリアを活かして働くことで、仕事のやりがいとプライベートの充実を両立させることもできます。


住み慣れた地元に戻って、自分らしい暮らしを送ってみてはいかがでしょうか。


フェローシップは、Uターン転職を希望する求職者の方を全力でサポートしています。
求人探しはもちろんのこと、キャリアプランの設計から支援し、自分にあった働き方を実現させることが可能です。


Uターン転職を検討している方は、ぜひ一度ご連絡ください。
※一人一人に寄り添う転職エージェントはこちらから。


BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。