コラム&NEWS

Iターン転職で後悔しない為には?失敗事例と成功するためのポイントを紹介[紹介2]
2021/12/15

自然に囲まれた地方へ転職をする「Iターン転職」に興味があるけど、後悔しないかどうか不安で中々一歩を踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。


そんな時は実際の体験談を参考にすることで、後悔する確率を減らすことができるのではないでしょうか。


今回はIターン転職後後悔してしまった事例と、後悔しないための方法についてご紹介します。
Iターン転職を成功させるための心得も合わせてご紹介するので、Iターン転職をお考えの方はぜひ参考にしてください。


Iターン転職を成功させたいという方には、「フェローシップ」がおすすめです。


転職のプロであり、経験豊富なフェローシップを利用することで、理想のIターン転職ができるのではないでしょうか。
Iターン転職を希望する方に向けて、キャリアプランを考えたうえでのサポートを積極的におこなっているので、ご興味がある方はぜひご利用ください。


※Iターン転職を成功させるためにサポートを受けたい方はこちらから


紹介事業部

Iターン転職で後悔する場合とその理由

そもそもIターン転職とは、都会で生まれ育った人が地方に移住して転職することを指します。
自然を感じられ子育てがしやすかったり、通勤のストレスが軽減されるなど多くの魅力があります。


Iターン転職についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
メリットや進め方についてご紹介しているので、ぜひ本記事と合わせてご覧ください。
▶︎Iターン転職のやり方とは?地方で仕事を探す方法・メリット、注意点


Iターン転職で後悔する場合とその理由についてご紹介します。


後悔例①転職先に妥協してしまった

Iターン転職では、慣れていない地方での転職ということもあり転職先に妥協してしまい、後悔するということも多いです。
妥協してしまった理由について細かくご紹介します。


引越しのタイミングに合わせる必要があった

Iターン転職に引越しは付き物です。


・配偶者の転職が先に決まっていた
・配偶者の親の介護などで急な転職になった
・家の更新時期などにより転職先が決まる前に引越しのタイムリミットが来てしまった


など引越しに合わせて、急遽転職を決めた方が多いようです。
ライフプランを立て、家族と話し合ったうえで時間に余裕を持って転職を決めたいところです。


転職活動に十分な時間を割けなかった

Iターン転職をする場合、転職先への面接を受けるにも長距離の移動が必要です。
現在の仕事や家事、育児などと両立しなければならないため、時間の確保が難しく1~2社の中から決めてしまったという方も多いようです。


業務内容や条件をしっかりと見定め、自身に合っているか、長期的に働くことができるかを最低限確認しておきましょう。


後悔例②生活が不便になってしまった

過ごしやすさを求めて地方へIターン転職をした結果、生活が不便になってしまうという場合もあります。


お店の数も少なく、お店とお店の距離が長い場所への引っ越しもありえます。
コンビニに行くにも車が必要であったり、電車やバスの本数も少ないため、交通や流通が豊富で便利な都会の生活に慣れていると余計に住みにくく感じるかもしれません。


Iターン転職を決める前に、自身が利用する様々な場所をあらかじめ確認しておき、その地の生活スタイルを想像しておきましょう。


後悔例③給与や待遇が低くなってしまった

都会と比べて、地方では給与や待遇が低くなってしまったというケースも多いです。


地方は東京や大阪などの都心部と比べ最低賃金や平均年収が低い傾向にあります。
そのため同じ役職なのに、仕事規模が都会と異なる為給与や待遇が低くなってしまうのは自然なことです。


都心部では普通の制度でも、地方では未だ働きやすくするための制度が整えられていない場合もあります。


後悔例④想定していた環境とのギャップがあった

憧れのIターン転職と実際の転職にギャップがあり困惑してしまう方も多いです。
詳細を調べる前に、想像を膨らませ過ぎてしまうと「思い描いていた環境となんか違う」とギャップを感じやすくなってしまいます。


住んだことの無い土地で新しく生活を始めるので、想像と完全に一致させるのは難しいかもしれません。
実際に何度か足を運んで、ある程度土地勘を把握しておくとよいでしょう。


後悔なくIターン転職するための心得

Iターン転職を後悔なくするための心得についてご紹介します。


Iターン転職を考えた理由を明確にする

ライフスタイル全てを変えるIターン転職をする際、理由が定まっていないと失敗してしまう確率が高まります。
Iターン転職を考える際には、その理由をしっかりと明確化しておくようにしましょう。


理由を明確にすることができたら、次の仕事の条件についても明確にすることができるので、スムーズにIタ―ン転職を進めることができるでしょう。


環境をとるか仕事をとるか見定める

Iターン転職の理由を考えるポイントはいくつかあります。


・暮らしやすさ(家事・育児・環境)
・仕事の選択肢の広さ
・そもそも暮らしやすさとは利便性なのか心の余裕なのか


などIターン転職のメリットやデメリットを合わせてしっかりと理解した上で優先順位を決めておきましょう。


計画をきちんと立て逆算して動く

時間が思うように取れず、バタバタと流されるように行動してしまうと気が付いたら新生活が始まっていたなどと後悔を引き起こしてしまいます。


移動時間や引越し、子供がいる場合は転園、転校手続きなど様々な準備が必要になります。
普通の転職よりも焦らずゆとりをもって行動できるように、計画を立て逆算して動くことができるようにしておきましょう。


後悔のないIターン転職のやり方

後悔しないIターン転職をするための方法をご紹介します。


その土地に住む知人に協力してもらう

Iターン先の土地に知り合いがいる場合は、その地についての情報を教えてもらう、悩みを相談するなど頼ることで不安を解消することができるかもしれません。


地方自治体では地域の発展の一環で移住居者の支援をおこなっている自治体も多いです。
実際に住んでいる知り合いに聞いてみることで、より正確な情報を手に入れることができるでしょう。


転職エージェントを利用する

Iターン転職に関わらず、転職に関して不安を抱えているという方は転職エージェントを利用してみましょう。


転職のプロに相談することで、自分の目的ややるべきことも明確化することができるので、転職が初めてという方や馴染みのない地方への転職を考えている方には特におすすめです。


フェローシップ」では、専門家がキャリアプランを一緒に考えた上での転職支援をおこなっています。
幅広い地域の求人情報を扱っているので、自分に合った転職先を見つけることができますよ。


「プロフェッショナル人材事業」といったプロジェクトに参加し、Iターン転職者のサポートを積極的におこなっているので、まずはこちらから登録してみてください。
※フェローシップの簡単「無料エントリーフォーム」はこちら


ハローワークを利用する

Iターン転職をお考えの方はハローワークも積極的に活用してみましょう。


・仕事の種類が豊富
・求人数が多い
・相談窓口が充実している
・子育て中の転職活動をサポートする体制が整っている


などのメリットがあります。
また地方の会社は規模が小さい傾向があり、求人情報などをネットで見つけにくい場合もあります。


ハローワークは地域密着型なので、思わぬ収穫を得ることができるかもしれません。


まとめ

後悔しないIターン転職をするための方法や心得についてご紹介しました。
実際の体験談を参考に、ポイントを押さえて転職活動を進めることで、スムーズにIターン転職をすることができるのではないでしょうか。


またIターン転職に不安を感じている方は、転職エージェントに相談するのもおすすめです。


フェローシップ」では、全国各地の求人情報を扱っており、自身に合ったIターン転職をすることが可能です。
時間がない中での、転職活動も積極的にサポートしているので、まずは実際の求人情報をチェックしてみてください。

紹介事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。