コラム&NEWS

日本で就職したい留学生必見!就職活動のポイントやサイトの見方を解説[グローバル2]
2021/05/05

日本で就職を考えている留学生の皆さん、留学生を積極的に採用している企業の探し方にお困りではないでしょうか。
就職活動を行う時期や採用のポイントなど、日本独自の文化に困惑している方も多いかもしれません。

「留学をしている」ということは高い語学力を持つことも含め、就職活動時に非常に強力なアピールポイントとなります。
留学経験など自身が培ってきたスキルとキャリアを活かせる、自分らしい働き方を実現したいものですよね。

そこで今回は、留学生が日本で就職活動を行う際のポイント、就職サイトの見方や意識すると良い点と合わせてご紹介します。

「母国とは違う点も多いであろう日本での就職活動に備えたい」という方は。ぜひ参考にしてみてください。

グローバル事業部

就職サイトを活用するメリット

就職活動をおこなうにあたって、就職サイトを活用することが非常に大切です。
就職サイトを利用することで得られる3つのメリットをご紹介します。

自分に合った条件で検索・比較できる

就職サイトに搭載されている検索機能では、さまざまな条件に合った企業を情報を調べることができます。

勤務地や給与、福利厚生など自分の希望に合った企業を知ることができるため、効率のよい器用選びが可能です。

また、各企業のホームページをその都度回ると時間はかかってしまいますが、就職サイトを利用することで自分の希望する条件にあった企業をまとめて探すことができます。
まとめて情報を表示することで、企業同士の比較も簡単にできることも利点の1つです。

企業の口コミがわかる

就職サイトには、実際にその企業で勤務している社員や採用面接を受けた学生の口コミが掲載されているものもあります。

口コミは企業の説明会などではわからない情報などを含んでいることも多く、就職活動をするにあたって重要な情報となります。

就職サイトを利用して企業情報を調べる際は、口コミもあわせてチェックするとよいでしょう。

人気企業や倍率がわかる

就職サイトは多くの就職活動生が利用しているため、検索数などから人気の企業やその倍率が示されている場合があります。

日本の就職活動全体の流れや雰囲気について掴むことにも繋がるので、自分が注目している企業以外にも人気のある業界などの情報を意識して取得しましょう。

留学生が就職を有利に進めるポイント

留学生が日本での就職活動を有利に進めるために意識すべきポイント2つあります。
就職サイトを調べるときや実際の採用活動に臨む際は、この2つのポイントを意識してみてはいかがでしょうか。

留学生が持つ強みを理解する

”留学生である”ということは就職活動における強力な強みです。

母国語と日本語を話せるという語学力はもちろん、留学を通して得た異文化経験や広い視野は企業にとって大きな魅力です。

グローバル化が進む今日、日本企業は国境を超えた活躍を期待できる人材を探しており、日本政府もまた「日本再興戦略改定2016」において、外国人留学生の日本国内での就職率を向上させることを閣議決定しました。
参考:「日本再興戦略 改定 2016」日本経済再生本部

自身が持つ”留学生である”という強みを理解し、積極的にアピールしていきましょう。

日本の就職活動のルールを理解する

日本の就職活動には世界的にも珍しいシステムや文化があります。

留学生の皆さんの母国とは大きく異なる点も多いと考えられるので、前もってその特徴について理解しておくことが大切です。

就職活動の時期

日本では「新卒一括採用制度」というシステムが採用されており、特定の時期に一定数の新卒社員が一括して採用されます。
それに伴い日系企業の採用情報の公開日や面接などの採用活動の開始日が、一律に定められています。

通常は大学3年生の3月から情報開示などの広報活動が開始され、大学4年生の6月から実際の選考が始まります。 そのため、新卒の学生が一斉に就職活動を始め、また複数の企業の選考を同時進行的に受けることが一般的です。

インターンシップ

日本におけるインターンシップの意味合いはアメリカや中国などの諸外国とは少し異なります。

学生のうちから実際に社会人と同等の仕事をこなす社会経験の意味合いが強い海外と比べて、日本のインターンシップは「職業体験」という意味合いが強いといえるでしょう。

これは採用の際に日本企業がキャリアやスキルよりも「将来性」や「向上心」を重視することと関係しています。
そのため、採用においても長期的に自社で働いてくれるかどうか、といった愛社精神や企業研究が問われることが多いです。

「自社のインターンシップに参加している」ことを意欲の高さとして評価されるケースもあるため、興味のある企業のインターンシップには積極的に参加しましょう。

文化の違い

就職活動時に決して忘れてはならないのが文化の違いです。

一般的に日本はマナーや礼儀に厳しい国と言われています。
ビジネスマナーと呼ばれる細やかなマナーが多数存在しており、これらを守れていない場合、悪い印象をあたえてしまう可能性が高いです。

集合時間や言葉遣い、面接室への入退室の所作など就職活動においてもチェックされるマナーは多いため、前もって知っておく必要があるでしょう。

留学生のための就職支援サービスの種類

日本で就職する留学生に向けた就職支援サービスは多数存在しています。
それぞれの特徴を正しく理解して、自分にぴったりのサービスを活用しましょう。

外国人雇用サービスセンター

厚生労働省が運営する外国人雇用サービスセンターでは、日本での就職を考えている外国人の方に向けて様々なサポートを行なっています。

在留資格の変更手続きなどに関しても詳しく紹介されているため、何かわからないことがある場合は相談してみると良いでしょう。

インターネットハローワークサービスに加えて、東京・名古屋・大阪・福岡にそれぞれ外国人センターがあるので、直接話を聞いてもらうことも可能です。
詳しくは公式ホームページをご確認ください。
参考:東京外国人雇用サービスセンター

外国人に特化した求人サイト

外国人の方に特化したサイトでは、”留学生であること”を最大限活かすことで、就職活動を有利に進めることが可能です。

出身の国に特化している

一括りに「留学生」といっても、出身地域によって就職活動に関する状況も様々です。

日本企業と母国とのやり取りの頻度や、必要とされている語学力などは業界や企業によって変わります。

留学生向けの求人サイトには出身の国や地域に特化したものが多くあるため、ぜひチェックしておきましょう。
自分の出身の国に特化したサイトを利用することで、効率的な就職活動につながります。

外国人を多数受け入れている企業が掲載されている

数ある求人サイトの中でも、留学生に特化した求人サイトには外国人を多数採用している企業が豊富に掲載されています。

グローバル化が進む中で、留学生を積極的に採用している企業も多くあるため、ぜひ注目したいポイントです。

日本人向けの求人サイトよりもわかりやすく掲載されている場合が多いため、留学生向けのサイトを積極的に活用しましょう。

母国語のスキルを活かせる仕事内容な掲載されている場合も

日本語と母国語を話せるという高い語学力は、留学生にとって強力なアピールポイントです。
留学生に特化したサイトでは、留学生の強みを活かせる仕事として、言語スキルを持つ人向けの仕事が多数紹介されています。

留学生であることが大きなアドバンテージとなる、母国語スキルを活かせる仕事についても、ぜひチェックしておきましょう。

中国語に特化したTENJee

外国人に特化した求人サイトの中でも、中国語を話せる人専用の求人サイトにTENJeeがあります。

中国語を活かせる仕事が多数紹介されているため、中国語スキルを活かして働きたいという方はぜひ一度覗いてみてください。
※中国語を活かして働きたい方はこちらから

外国人の就職・転職支援に特化したフェローシップ

外国人の就職・転職支援のプロに相談することで、有利に就職活動をすすめることができます。

フェローシップでは、外国人に特化した就職・転職支援サービスを行なっています。
日本の企業情報はもちろん、海外出身のスタッフに留学生ならではの悩みを相談する子ができます。

中国出身のスタッフも在籍しているので、中国語での相談も可能です。

資格取得の支援制度も充実しているので、ぜひ一度就職・転職のプロに相談してみてはいかがでしょうか。
グローバル事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。