コラム&NEWS

未経験でもIT企業で働ける!派遣社員ならではのメリット・デメリット[派遣2]
2022/05/19

「IT業界に興味があるが、経験や知識がないので不安。」「未経験でも採用している企業はあるのだろうか」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

専門性が求められるイメージの強いIT業界ですが、未経験であっても挑戦することは十分に可能です。
特に派遣であれば、未経験でもワークライフバランスを考えながら働くことができるだけでなく、大手企業で経験を積めるなど、メリットも多くあります。

今回は、IT企業において派遣社員として働くことのメリット・デメリット、そして未経験でも就労可能な企業選びのコツについてご紹介します。

派遣としてIT企業で働きたいと考えている方には、フェローシップ がおすすめです。
資格取得支援など未経験分野への就業支援が充実しているので、安心して新たな業界へ挑戦することができます。
※未経験分野への就労支援が手厚い派遣会社「フェローシップ」はこちらから

派遣事業部

IT業界は未経験の方にもおすすめの業界

専門的な知識や技術が必要になるため、未経験からの転職は難しいイメージが強いIT業界ですが、実は未経験の方にもおすすめしたい業界です。
IT企業には専門技術を必要としない職種もあるため、予備知識がなくても働くことができます。

未経験者にIT業界がおすすめな理由についてご紹介します。

需要の拡大に伴い採用活動に積極的

最近では、データとデジタル技術を活用してビジネスモデルを変革するDXが推進されたことにより、IT業界の需要はより増加傾向にあります。

需要の拡大に伴いIT業界では人手不足が続いているため、経験の有無に関わらず積極的に採用活動をおこなっている企業が多いです。
採用においてバックグラウンドは関係なく、挑戦する姿勢や人柄を重視している企業も多く、未経験者にもおすすめの業界といえます。

実力次第でキャリアアップしやすい

IT業界は全体的に成果主義の風潮がある企業が多いです。
そのため、今までの経験や正社員や派遣などの働き方に関係なく、キャリアアップを目指しやすい傾向にあります。

無料で受講できる勉強制度が充実している企業も多く、自分の努力次第で成果を出すことも、正当な評価を受けることも可能です。

将来性が高くこれからのキャリアを考える上でも注目の業界

IT業界は成長性や将来性が高く、今後も伸び続けることが予想される産業です。

ITは既に必要不可欠な技術となっていて、様々な業界や企業の基盤となっています。
今後も企業が成長していくうえでITは切り離せない技術ですので、ITスキルを持つ人材になることは非常にメリットがあります。

今のうちからIT業界に挑戦していくことは、これからのキャリアを考えても有効な選択肢の一つです。

派遣でIT企業への就職・転職するデメリット

派遣社員としてIT企業へ就職・転職することに多くのメリットがありますが、デメリットも存在します。
派遣の仕事をしてから後悔しないためにも、事前に派遣で働くデメリットを理解しておくことが重要です。

条件によって給与が安定しないことも

派遣社員は時給制であるため、出勤日数によって得られる給与に差が生まれます。
年末年始やお盆休みなどは長期休みとなることもあり、そのような場合は給与が減ってしまいます。

また、同一の企業であってもスキルや資格の有無などで時給に差が生まれるケースもあるため、雇用の面で不安定さを感じる方も多いです。

期間が定められている

派遣社員は、契約期間が予め定められており、最大で3年間しか1つの部署で働くことができません。
仕事内容や職務環境が自分とあっていたとしても、労働者派遣法に基づき最大で3年経つと、次の派遣先企業へと移る必要があります。

ただし、3年以上働くことができる例外もあるため、詳細については労働者派遣法を参照してください。
※参照:労働者派遣法

また、契約満了後すぐに仕事が見つからなかった場合は、収入が途絶えた状態になってしまうため注意が必要です。

正社員と派遣社員で責任範囲が違う可能性がある

正社員と派遣社員とは、問われる責任範囲が異なる可能性があります。

派遣社員は最大3年間という期限付きの雇用であるため、長期的な仕事や企業の根幹にかかわる事業は任せてもらえない場合があります。
ただし、派遣であっても自分の挑戦したいことを実現できる企業は多数存在するので、企業選びを慎重におこなうことが重要になるでしょう。

派遣でIT企業への就職・転職するメリット

派遣社員で働くことで得られる主なメリットをご紹介します。

ライフワークバランスを調節できる

派遣社員は正社員と比較して、ライフワークバランスを調節しやすいといえます。

派遣社員は、勤務地や勤務日数、給与が自分の希望にあった企業を選ぶことができるため、 選び方によってはプライベートと仕事の両立が可能です。
正社員と比べて残業も少なく、柔軟な働き方を実現することができます。

正社員では就職のハードルが高いIT企業でも就労可能

正社員としてでは就職のハードルが高い大手IT企業でも、派遣社員であれば挑戦することが十分に可能です。

人手不足に伴って、未経験者の採用活動を活発におこなっている企業も多いため、ハードルが高い大手企業でも採用に繋がるケースも多くあります。

大手企業はeラーニングなどの勉強制度が豊富で、IT知識や技術を効率よく身に付けられる環境が整っている事が多いため、未経験者でも安心してスキルアップを目指すことができます。

正社員登用が盛んなのでキャリアアップも目指しやすい

派遣社員として働く中で、契約期間終了後も正社員として雇用されるケースもあります。

実際に働く中で能力が評価されると、企業側から正社員としての雇用契約を持ちかけられる場合があります。
派遣社員は就職や転職活動とは違って、実際に自分が働く姿を企業側に見せることができるため、自分のスキルをアピールしやすいでしょう。

いずれは正社員として働きたいと考えている方は、派遣契約期間中も自身のアピールの場だと思って仕事に取り組むと良いかもしれません。

派遣会社のサポートを受け安心して働ける

派遣会社のサポートを受けながら働くことができるのも、派遣社員の大きな魅力です。

例えば仕事に関する悩みや不安を抱えている時、正社員の場合は、直属の上司に相談と愚痴のように聞こえてしまうのではないかとためらいを感じる方が多いと思います。

しかし、派遣社員であれば派遣会社の担当者が派遣先での悩みや不安の相談に乗ってくれます。
また、派遣先企業でトラブルがあった際や、言いにくい交渉事も代理で対応してくれるため、安心して働くことが可能です。

スキルアップや資格取得に励みやすい

派遣会社では、悩みや不安を担当者に相談することができるほかに、スキルアップ講座等のサポート制度を活用することができます。

ビジネスマナーやパソコン操作といった基本的なことから業界ごとの専門知識など、種類が豊富で派遣社員として働くうえで必要なスキルを効率よく身に付けることができます。

また、無料で受けられる講座も多く、自身の努力次第で難関な資格の取得も目指すことが可能です。
派遣社員の場合は、正社員よりも時間を勉強時間の確保がしやすいため、将来に向けたスキルアップにより励むことができるでしょう。

未経験でも派遣で就労可能なIT企業を探すコツ

未経験でも派遣を採用しているIT企業を探すコツは3つあります。

未経験でも可能なITの求人を洗い出す

まず第一に、未経験でも就労可能なIT企業の求人情報を集めましょう。

未経験かそうでないかは、企業にとって非常に重要な点です。
そのため専門的なスキルやキャリアを持つ人と同じ求人から採用されるのは、難しいかもしれません。

未経験の方におすすめの求人の特徴やポイントについてご紹介します。

未経験の方におすすめの求人の特徴

未経験者におすすめな求人は以下3点がしっかりと記載してある求人です。

・企業規模
・福利厚生
・教育制度

求人情報から、これらを確認し自分自身に合っている企業かどうなのかを判断してから、応募するようにしましょう。

未経験で新しいことに挑戦する際には、体力的にもメンタル的にも疲れが溜まりやすいです。
「未経験者歓迎の求人に応募したら、労働環境が悪かった」とならないように、求人選びは慎重におこなうようにしましょう。

注意が必要な求人の特徴

募集人数が他の求人と比べて異様に多かったり、未経験者でも給与設定が高い求人には注意が必要です。

募集人数が異様に多い場合、人手不足が深刻で誰でもできるような企業の雑務を担当させられるケースも多いです。
採用人数が多すぎて、新人教育に手が回らず、思っていたように働けないと後悔する場合もあるので注意しましょう。

また、給与設定が高い求人の場合は、採用から就業までの期間にスキルを習得していることが前提になっている求人の可能性があります。
入社後に任せられる業務内容や流れについてしっかりと確認しておくようにしましょう。

未経験でも応募しやすい職種

一口にIT業界といっても、様々な職種が存在しており、職種ごとに仕事内容や未経験からチャレンジしやすいかどうかは異なります。

中でも、システムエンジニアが作成した設計書に基づいて作業するプログラマーや、サーバーの異常の有無を確認するサーバーエンジニアなどは未経験からの募集人数が多いため、応募しやすい職種といえます。

未経験でも参画できる案件も多く、早い段階から活躍しやすい傾向にあります。

資格を取得する

IT業界で活かすことのできる資格を保有していることは、重要なアピールポイントになります。

資格取得は、専門的知識や技術の程度を採用担当者に証明する有効な手段です。
未経験業界であっても、専門的な技術資格を持っていることで、より専門的な職種として採用されるかもしれません。

また、技術系の資格がなくても専門用語への理解度を示すことのできる資格も強みとなります。

IT業界といっても各企業毎に求めているスキルはことなってくるため、募集要項をよく読んで、その職種に適した資格を取得することが大切です。

ITパスポート

ITパスポートはIT業界の中でどの職種やポジションにおいても通用する、IT系の入門資格の1つです。
受験料は7,500円(消費税込み)です。

国家資格のため、企業からの信用や評価も高い資格ですが、ITおける基礎知識を証明する資格のため、ITエンジニアの資格として評価を期待することは難しいのが現状です。

基礎知識を持っていることを知った上で、入社後にプログラミングなどの専門知識をしっかりと教育してくれる研修制度の整った企業へ応募する際に役立つでしょう。

また、IT業界について右も左も分からないといった方が基礎知識を備えたい際にもおすすめの資格です。

基本情報技術者

基本情報技術者はデータベースやネットワーク、プログラミング言語に関する基本的な知識を証明する資格です。
受験料は7,500円(消費税込み)です。

ITパスポートと同様に国家資格であり、認知度も高いため企業からの信頼や評価に繋がる可能性も高い資格です。
ITの基礎知識を備えたい方やプログラミングは習得したけれど実際の業務フローやシステム開発については知識がないといった方に向いています。

希望企業の事業に合わせたベンダー資格もおすすめ

実務経験はないけれど、プログラミングスクールに通った経験がありプログラミング言語について理解している方に向いている資格として、ベンダー資格があります。

ベンダー資格とは、製品を製造・リリースしているメーカー自身が主催し実施している資格試験を指します。
製品やサービス等について問われる試験のため、製品やサービスに精通したエンジニアであることを証明することができる資格です。

例えば、世界中で実施されており、Linuxに関するスキルを証明するLPICもベンダー資格の一つでWebサーバーやデータベースなど、さまざまな用途で利用されています。

難易度は上がりますが、他のデータベースに応用することができる知識を培うことができます。

専門家に相談する

専門家のサポートを受けることで未経験業界であっても就労が可能です。

各業界についての豊富な知識を持つ専門家に相談することで、IT業界への就職・転職を目指すにあたって何をする必要があるのかを知ることができます。

資格取得の相談や費用補助などのサポート体制も充実しているため、より効率のよい就労へと繋がるでしょう。

派遣のプロに相談したいという方には、フェローシップがおすすめです。
業界に関する情報や、未経験分野へ挑戦する際のノウハウなど、専門家のサポートを受けながら仕事探しをすることができます。

興味がある方は、ぜひフェローシップにご相談ください。
※派遣のプロ、フェローシップはこちらから


まとめ

IT業界は専門知識や技術が必要なため、未経験からの転職は難しいと思われがちですが、実は未経験の方におすすめしたい業界の一つです。

派遣としての就業方法であれば、ワークライフバランスを考えながら働くことができたり、派遣会社のサポートを受けながらスキルアップを目指せるなどメリットも多いです。

加えて人手不足なIT業界では、派遣社員から正社員登用も盛んなため、派遣として経験を積みキャリアアップをするということも可能です。

未経験から派遣社員としてIT業界で働きたいという方は、 フェローシップがおすすめです。
IT業界に精通したエージェントが転職活動をフォローし、疑問点や不安点も一緒に解決します。

有名企業・優良希少の求人情報も豊富にご用意しているので、自身の理想の働き方を実現することができるでしょう。
ご興味のある方は、まずは一度実際の求人情報をチェックしてみてください。

派遣事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。