コラム&NEWS

Iターン転職のやり方とは?地方で仕事を探す方法・メリット、注意点[紹介2]
2021/06/09

最近耳にする機会が増えてきた「Iターン」について興味がある方も多いのではないでしょうか。
現在は地方での転職ニーズが高まっており、Iターン転職を活かし地方で自身に合ったワークライフバランスを実現している方も増えています。

今回はIターン転職の魅力や注意点、どのような人に向いているかなどをご紹介します。
UターンやJターンとの違いについてもご紹介するので、地方で働きたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

また、転職エージェントを利用することで、より自身にあった働き方を見つけることができるかもしれません。

フェローシップでは、Iターン転職に力を入れています。Iターン転職を希望する方へ向けた様々な地域の求人紹介やキャリアプランを一緒に考えた上でのサポートをおこなっていますので、ご興味ある方はぜひご相談ください。
※Iターン転職に強い転職エージェントのサポートを受けたい方はこちら

紹介事業部

Iターンとは

Iターンとは、都会で生まれ育った人が地方に移住し、就職や転職をすることを指します。

JターンとUターンとの違い

Iターンと混同されやすいUターン・Jターンについてご紹介します。

Uターンとは、地方で生まれ育った人が都会へ上京し就職して働いた後、生まれた地方へ戻ることを指します。
Jターンは、地方で生まれ育った人が都会へ上京し就職した後、故郷に近い地方都市へ移住することを指します。

生まれ育った場所が都会なのか地方なのかによって、IターンとUターン・Jターンの呼び方が変わります。

Iターンの魅力

Iターンの魅力についてご紹介します。

都会よりも自然を多く感じられる

自然が多い地方に転職することで、自然に囲まれた生活を送ることができます。
都会には少ない自然を感じながら生活したい方にとっては、ストレスが比較的少ない生活が送れるかもしれません。

通勤などの都会ならではのストレスが少ない

通勤時の満員電車や人ごみにストレスを感じる場合、人が少ない地域に転職することで。人ごみを避けて通勤できるようになり、ストレスを軽減できるでしょう。

また、マイカー通勤などを推奨している企業もあるので、電通通勤をやめることでストレスを軽減することも可能です。

子育てがしやすい環境が多い

地方は都会と比べて、待機児童が少なく幼稚園や保育園に入りやすい傾向があります。
そのため、仕事と子育ての両立がしやすくなります。

また、子育て支援に力を入れている自治体も多く地方にあります。また、子育て支援に力を入れている自治体も多く地方にあります。
子育て支援カードや支援住宅、支援施設など自治体によってさまざまな取り組みをおこなっており、子育てしやすい環境といえるでしょう。

様々な支援制度が整っている

近年では、地方自治体によるIターン転職者に向けた支援制度が整えられています。
家賃を支援する住居支援制度や移住者への助成金制度、子育て支援などさまざまな支援がおこなわれています。

将来、結婚や子育てなどのライフプランを希望している方は、支援が充実している地方への転職を行うことでバランスのとれた生活を送ることができるかもしれません。

Iターンする際の注意点

Iターンには多くの魅力がありますが、同時に注意点も存在します。

仕事の選択肢が少ない

都会に比べ、地方では会社の数も規模も異なります。
あらかじめどのような職種を希望するかをしっかりと考えることも重要です。

どんな求人が出ているかに加えて、今までに経験してきた仕事内容を活かせるか、自分に合っているかなど、求人を見極めるようにしましょう。

商業施設などの娯楽が限られている

都会に比べて、地方にはショッピングモールやデパート、スポーツジムなどの商業施設、映画館やコンサートホールなどの文化施設が少ない地域もあります。

転職先の周辺情報をある程度調べておくことで、転職後の生活のギャップを少なくすることができるでしょう。

地域の文化や慣習に慣れる必要がある

Iターン転職は自身の知らない土地に住むことになるため、今までと異なる地方の文化や慣習に触れることになります。
隣人との付き合い方やその土地ならではの伝統行事など、その地方の人々が大切にしている文化に慣れることで、その地方での生活を円滑に進めることができるでしょう。

Uターンとは異なり、親戚や知り合いが全くいない地域で生活することになるため、人付き合いが苦手な人は、地方での生活や仕事に行き詰まってしまう場合があります。

あらかじめ、転職先の地方の伝統・文化を調べてみたり、実際に訪れたりして自分に合っているか確認するようにしましょう。

Iターン転職に向いている人

Iターン転職に向いているのはどんな人なのかを、3つのポイントに分けてご紹介します。

自然の中で生活したい人

都心は商業施設や娯楽地が多いためとても便利ですが、人混みが苦手な方にとってはストレスを感じやすい場所でもあります。

通勤ラッシュや人混みの多い都心の生活が肌に合わない人には、自然に囲まれた環境で生活できることは大きな魅力です。

通勤のストレスを減らしたい人

通勤にストレスを感じる場合、混雑が少ない地域へのIターン転職がおすすめです。
人口が少ない地域やマイカー通勤が可能な職場などを洗い出すことで、通勤時のストレスを減らすことができます。

子育て環境を整えたい人

都心に比べて、地方は待機児童が少なく、公園などの子供の遊び場も多くあります。
自然に触れて、子供をのびのびと育てたい方にはぴったりです。

子育てを視野に入れて考える場合、Iターン転職はメリットの多い選択だといえるでしょう。

Iターンの進め方とは

Iターン転職をする場合はどのように進めればよいか方法についてご紹介します。

自分の理想の働き方を具体化する

まずはどのような仕事につきたいか、生活の中で優先したいことは何かなど、理想のワークライフバランスについてと考えましょう。

自身の条件を明確化することで、転職活動を効率よく進めることができます。

地方自治体の移住者支援を調べる

地方自治体によっては地域の発展や復興政策の一環でさまざまな移住者支援をおこなっている自治体もあります。

事前に地方自治体の支援制度を調べて転職することで、転職後の住居や金銭的な負担を減らした状態で生活をスタートさせることができます。

求人情報を集める

自身にとって好条件の地域が絞れてたら、実際にその地方の求人情報を調べてみましょう。

求人の中に今までの自身の経験やスキルを活かせる求人があれば、転職活動をスムーズに進めることができるかもしれません。
中には「Iターン歓迎」のような見出しで募集している求人も存在するので、しっかりと求人情報を集めることをおすすめします。

自身の手で探すことが難しければ転職エージェントを利用しましょう。
Iターンを希望する理由や適正スキルなどをもとに、自分に合った求人を見つけてくれます。

フェローシップでは、幅広い地域の求人情報を扱っているため自身に合った転職先を見つけることができます。

また、専門家がキャリアプランを一緒に考えた上でサポートをおこなっているので、ぜひ1度ご相談ください。

面接対策を行う

Iターン転職をする際にも一般的な転職活動と変わらず自己分析や面接の対策などが必要になります。
自身の経験やIターンを希望する理由などをしっかりとまとめ、面接で具体的に話せるようにしておきましょう。

地方では都心の企業での経験を持つ人材を求めている企業も多くあります。
都心での経験を面接でアピールすることで、地元の転職者よりも有利に転職活動を進めることができる場合もあります。

転職にかかる費用の計画は念入りに

実家に泊まるなど宿泊費を抑えることができるUターンに比べて、知らない土地で転生活動をおこなうIターン転職は、移動や宿泊に費用がかかることが多いです。

また、転職が決まった後も、引っ越しや生活に必要な家具家電を購入するための費用が必要になるので、転職活動の間にどのくらいの費用がかかるかをしっかりと計算し、計画的に準備しておきましょう。

Iターンで理想の働き方の実現を

Iターンの魅力や進め方についてご紹介しました。
Iターン転職は一般的な転職活動と異なる点もあるため、1人で進めることに不安を感じる方は転職エージェントに相談してみましょう。

フェローシップでは、内閣府が出している「プロフェッショナル人材事業」というプロジェクトに参加しており、Iターン転職者のサポートをおこなっています。
全国各地の求人情報を多数扱っており、自身のライフスタイルに合わせたIターン転職をすることが可能です。
※Iターン転職について相談したい方はこちら

Iターン転職で理想のワークライフバランスを実現したいという方は、ぜひ1度ご相談ください。

フェローシップでの求人情報についてはこちら

BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。