コラム&NEWS

在留資格の申請から仕事の探し方まで、外国人が日本に住む方法を解説[グローバル2]
2021/02/11

在留資格の申請から仕事の探し方まで、外国人が日本に住む方法を解説

近年、海外からたくさんの観光客が訪れるようになり、外国人の方が日本の文化に触れる機会も多くなりました。
日本の文化に触れた方の中には、「日本に住みたい」と考えるようになった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、外国人の方が日本に住むことは、決して簡単なことではありません。
外国人の方が日本に住むためには、「在留資格」という資格を取得する必要があります。

そこで今回は、在留資格の概要と取得方法についてご紹介します。
記事の後半では、外国人の方が日本に住むために必要なことや仕事を探す方法についてもご紹介しているので、日本に住むことを検討している外国人の方は、ぜひ参考にしてみてください。

外国人が日本に住むためには「在留資格」が必要

外国人の方が日本に住むためには、「在留資格」と呼ばれる資格を取得する必要があります。
ここでは「在留資格」の概要や「ビザ」との違いについてご紹介します。

「在留資格」とは

「在留資格」とは、外国人が合法的に日本に滞在するために必要な資格のことで、「在留カード」と呼ばれる日本への滞在目的が記載されているカードを提示することで証明することができます。

「在留カード」は、3ヶ月を超える在留資格を持つ外国人に対して、その外国人が合法的に滞在していることを証明するという役割を担っています。
在留カードには、氏名、生年月日、性別、国籍・地域、住居地、在留資格、在留期間、就労の可否などが記載されています。

「在留資格」と「ビザ」の違い

「ビザ(査証)」とは、外国にある日本の大使館や領事館が発給するもので、日本に入国する前の段階で必要となるものです。
大使館や領事館では、外国人が持っているパスポートの有効性を確認し、日本に入国することに支障がないと判断した場合、ビザを発給することができます。

外国人が日本に入国する際におこなわれる入国審査では、入国審査官がパスポートに印字されている「ビザ」を確認し、ビザに記載された滞在理由に限定して、外国人に「在留資格」を与え、滞在を許可しています。

つまり、ビザは「入国するために必要なもの」なのに対して、在留資格は「滞在するために必要なもの」だという違いがあります。

在留資格の種類

現在、在留資格は全部で29種類ありますが、大きく分けて「職種・業種を問わず就労が認められている在留資格」「一定の範囲内で就労が認められている在留資格」「就労が認められていない在留資格」の3つに分類することができます。

職種・業種を問わず就労が認められている在留資格

身分・地位に基づく在留資格の場合、職種・業種を問わず就労が認められています。
身分・地位に基づく在留資格は「地位等類型資格」と呼ばれ、「永住者」「日本人の配偶者」「永住者の配偶者」「定住者」がこれに該当します。

一定の範囲内で就労が認められている在留資格

在留資格には、先ほど紹介した身分・地位に基づく「地位等類型資格」と、特定の活動に基づく「活動類型資格」の2つがあります。
活動類型資格とは、特定の活動に対して在留が認められている在留資格のことです。

活動類型資格の中には、一定の範囲内で就労が認められている在留資格があり、一般的には「就労ビザ」と呼ばれています。
「技術・人文知識・国際業務」「高度専門職」「技能」「経営・管理」「医療」「教育」などがこれに該当し、在留資格の種類によって定められている活動に限定して、就労が認められています。

就労が認められていない在留資格

「文化活動」「短期滞在」「留学」「研修」「家族滞在」など、就労が認められていない在留資格もあります。
ただし、資格外活動許可を受けることで、一定の範囲内で就労することが可能です。

在留資格を取得するまでの流れ

在留資格を取得するためには、申請手続きが必要となります。

まず、在留資格認定証明書交付申請書に必要事項を記入し、在留資格認定証明書の発行を申請します。
在留資格認定証明書が届いたら、大使館または領事館でビザ(査証)を申請します。

日本に入国する際、空港または港でビザ(査証)を提示し入国審査を受けることで、在留カードを受け取ることができます。
空港によっては在留カードをその場で受け取ることができないため、後日郵送される場合もあります。

外国人が日本に住むために必要なこと

外国人が日本に住むためには、在留資格などの事務的な手続きを済ませることはもちろん、生活費を稼ぐために仕事を見つけることも重要です。
外国人が日本で働く場合、在留資格の種類によって就労が認められている職種・業種が異なるので、ハローワークや就職・転職エージェントなど、専門家に相談しておくと安心です。

外国人が日本で仕事を探す方法

外国人が日本で仕事を探す方法として、「ハローワークを利用する」「外国人向けの就職・転職エージェントを利用する」「出身国に特化した求人サイトを利用する」の3つが挙げられます。

外国人が日本で仕事を探す方法についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
「日本で仕事を探している外国人必見!相談することができる5つの場所」

ハローワークを利用する

ハローワークとは、厚生労働省が設置・運営している行政機関の1つで、正式名称は「公共職業安定所」といいます。
求人情報の紹介や面接練習、就職・転職相談など、就職活動に関する幅広いサービスを提供しています。

また、東京・大阪・名古屋・福岡に設置されている外国人雇用サービスセンターでは、外国人に特化し、求人情報の紹介や個別相談、就職支援ガイダンスの開催などをおこなっています。

外国人がハローワークを活用する方法についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
「求人情報を探している外国人必見!ハローワークの活用方法を解説」

外国人向けの就職・転職エージェントを利用する

就職・転職エージェントを利用する場合は、外国人の求人に強い企業に相談することで、就職・転職活動をよりスムーズに進めることができます。

外国人向けの就職・転職エージェントを利用することで、日本独自の就職活動のルールや慣習、就職活動の流れなど、就職活動を成功させるために必要な情報を知ることができます。
また、在留資格の変更申請など、事務的な手続きもサポートしてくれるので、安心して就職活動を進めることができます。

出身国に特化した求人サイトを利用する

求人サイトの中には、特定の国・言語に特化したサービスを提供しているものもあります。 自身の出身国に特化した求人サイトを利用することで、母国語の言語スキルや出身国に関する知識を活かして、就職活動を有利に進めることができます。

例えば、株式会社フェローシップが運営する「TENJee」では、中国人の方や中国語を話すことができる方の人材派遣・紹介業務をおこなっています。
中国語の言語スキルを活かすことができる求人情報を多数取り扱っているので、中国人の方には特におすすめの求人サイトです。

日本に住むなら外国人の就職支援に強いフェローシップへ

株式会社フェローシップは、外国人の就職・転職支援に関する実績豊富な就職・転職エージェントです。
通訳や翻訳など、言語スキルをフルに活かすことができるお仕事から、通常業務の中で言語スキルを活用することができるお仕事まで、幅広い求人情報を取り扱っています。

「がんばる人を応援する」をモットーとしており、単に求人情報を紹介するだけでなく、1人1人の個性やスキルに合った就職支援をおこなっています。
在留資格の申請手続きのアドバイスや日本独自のビジネスルールの解説など、求人紹介以外にも幅広いサービスを提供しているので、日本での就職活動に不安を抱えていらっしゃる方でも、安心して就職活動をすることができます。

また、人材派遣事業と人材紹介事業を両方おこなっているので、派遣・紹介予定派遣・正社員・契約社員など、雇用形態にこだわらず、希望の業務内容から求人情報を探すことも可能です。
日本に住んで仕事をしていきたいと考えている外国人の方は、ぜひ一度ご相談ください。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。