コラム&NEWS

日本語が話せなくても大丈夫?外国人向けの日本語不要な仕事の特徴とは[グローバル2]
2021/04/12

「仕事を探したいけれど、日本語に自信がない」、「日本語をなるべく使わずに働きたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、日本語のスキルが重要ではない仕事の特徴、また、将来的に日本語のスキルを伸ばすことで得られるメリットや、その伸ばし方コツについて解説します。
日本で仕事を探したいと考えている外国人の方は、ぜひ参考にしてください。

また、外国人を積極的に採用している企業を探している方には、フェローシップがおすすめです。
フェローシップでは多様な求人案件をご紹介するだけでなく、日本で働くための幅広いサポートが揃っています。
日本で仕事を探している方は、候補の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

グローバル事業部

日本語が不要な外国人向けの仕事の特徴

日本語が不要な外国人向けの仕事の特徴を解説します。日本語のスキルが重要ではない仕事を探す際には、以下のポイントに注目してみてください。

日本人が少ない

従業員のほとんどが外国人で構成されている職場では、高度な日本語のスキルは必要ありません。

業務内容でわからないところがあったとしても、他の外国人従業員に、母語や英語で聞くことができます。
外資系企業や語学教室などでは、外国人従業員が多数を占める職場が多い傾向にあります。

日本人が少ない職場では、業務マニュアルなども初めから外国人向けに作成されていることが多いです。そのため、初めての仕事でも安心して取り組むことができます。

日本で働く外国籍人材が集まるこれらの職場では、外国人として日本で暮らし、働く上での情報共有などもできるでしょう。

日本語のコミュニケーションが不要

働くうえで、日本語で他者とコミュニケーションを取る機会が少ない仕事もあります。

個人で作業を続ける事務作業や飲食店の皿洗い、調理補助などの業務では、他の従業員とコミュニケーションをする場面が少ない傾向にあります。
決められた業務内容をおこなうだけでよいので、日本語に自信がなくても十分働くことができます。

また、顧客とのコミュニケーションが必要だとしても、ある程度の接客用のフレーズを覚えるだけで働くことができる職業もあります。
顧客とのやりとりの少ない、カラオケ店やセルフオーダー方式を採用している飲食店などでは、問題なく業務をおこなうことができるでしょう。
臨機応変な顧客対応が求められることが少ない職場を選ぶことで、日本語に自信がなくても接客に挑戦することができるのではないでしょうか。

履歴書などの書類が少ない

履歴書や契約書などの書類には、日常生活では目にすることの少ない、複雑な日本語が使用さられています。
これらの書類を全て理解するためには、高度な日本語のスキルが必要です。

しかし、これらの書類なしでも働くことができる企業があります。
例えば、データ入力などの単純作業をおこなう職種や飲食店などでは、履歴書が不要な企業が多い傾向があります。
複雑な書類を作成する必要がなければ、新たな仕事をはじめるというハードルも低くなるのでしょう。

「日本語の書き言葉には自信がないけれど、会話はある程度できる」という方は、書類が必要のない企業を選ぶことで、職業選択の幅を広げることが可能ですので、求人内容を確認してみるとよいでしょう。

通訳が常駐している

外国人の従業員のために、通訳が常駐している企業もあります。

日本人従業員や取引先とのコミュニケーションも、通訳を介して行うことができるため、日本語のスキルの有無は全く問題ありません。
このような企業を選ぶことで、日本語のスキルを気にせず、自身の持つ知識や能力を最大限発揮することができます。

通訳が常駐している仕事は日本語のスキルを問わない代わりに、お金をかけて通訳を雇用するのに見合った専門性や能力を求められる傾向にあります。
専門的技術や知識を身に付けている必要はりますが、通訳のいる職場を探せば、日本語スキルが高くなくても日本で仕事をすることができます。

日本語のスキルを取得するメリット

日本語のスキルを重要視しない仕事も多く存在しています。しかし、日本語のスキルを身に付けることで、より労働環境や収入がよい職業を選ぶことができるケースも存在します。
日本語を上達させることで、より自分の希望にあった仕事をみつけやすくなることは間違いありません。

職業選択の幅が広がる

日本語のスキルを身につけることで、選ぶことができる仕事の種類を増やすことができます。

日本語で書かれた文章を読み取ったり、敬語を用いて会話を行ったりと、より高度な日本語でのコミュニケーションを身に付けることができれば、仕事選びの選択肢を大きく広げることができます。

「外国人である」という条件を気にする必要がなくなるため、より自分の希望にあった仕事を選ぶことができるようになるでしょう。

母国語を活かした仕事に就ける

日本語と母国語の両方を身につけることで、母国語を活かした仕事に就くことが可能になります。

日本語でのコミュニケーションが可能となることで、通訳や日本人相手に母国語を教えるなど、母国語を活かした職業に就くことができます。

フェローシップが運営している求人サイト「TENJee」では、中国語のスキルを持つ人専門の求人を紹介しています。
中国語を母語とする方は、自信の母語を重要なスキルにできる職場を探してみてはいかがでしょうか。
※中国語を活かして就業したい方はこちら

年収が上がる可能性も

日本語のスキルに応じた昇給制度がある企業もあります。

日本語を使ってより高度な業務をおこなうことができるようになれば、その評価として、より高い給与を得ることも可能です。
日本語のスキルやその他の専門スキルなど、様々なスキルを身に付けることは、より多くの収入を得ることに繋がります。

日本語のスキルを向上させるポイント

日本語のスキルを向上させるには、3つのポイントがあります。

積極的にコミュニケーションを行う

日常生活の中で、日本語で積極的にコミュニケーションをおこないましょう。

日本語に自信がない場合でも、意識的に日本語を使うことで日本語を話す経験をより多く得ることができます。
単語や文法が間違っていても、たいていの場合はその場の状況やジェスチャーなどから、相手は意図を汲み取ってくれます。
間違えることをおそれず、積極的にコミュニケーションをとることで、日本語を使うことに慣れていくことが大切です。

語学資格を取得する

日本語能力を測定することのできる、日本語能力試験という資格があります。
N1からN5までのレベルがあり、これに基づいて採用や昇給の基準を定めている企業も多くあります。

資格を通し、自分の日本語能力の程度を判定することができるため、日本語を学習していく際の目安にするとよいでしょう。

 

フェローシップでは、日本語能力試験に限らず、さまざまな資格試験への支援体制が充実しています。また、資格受験の費用の補助制度も用意してます。
外国籍のスタッフに自身の経験を踏まえた相談にのってもらうこともできますので、ぜひフェローシップのHPをご覧ください。

日本語が不要の仕事に就く方法

日本語に自信がなくても、日本で仕事を見つけることは可能です。

日本人の少ない職場や、通訳が常駐している職場をえらぶことで、日本語以外の言語で問題なく業務にあたることができます。
また、他の従業員や、顧客とのコミュニケーションを取る機会が少ない職場では、最低限の日本語の能力で働くことも可能です。

知人・友人に相談する

一人で仕事を探すことは、日本語スキルがない外国人にとっては、非常に難しいでしょう。
身近な知人や友人に相談にのってもらうことで、不安を減らすことができます。

同じ外国人の知人や友人に相談することで、日本語スキルが不要な仕事を紹介してもらえる可能性も存在します。
友人や知人が日本にいる場合には相談してみるのもよいでしょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談するのも効果的です。

フェローシップには、外国籍のコンサルタントが多く在籍しています。求人の紹介だけではなく、日本独自の文化や将来的なキャリア設計についての相談も行っています。

外国人に特化したサポートに興味のある方は、フェローシップに相談してみてはいかがでしょうか。
またTENJeeでは、中国語を活かした仕事を多数紹介しています。

中国語を母語とする方は、母語を活かした仕事を探す仕事を探してみるのもいいかもしれません。
グローバル事業部
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。