コラム

転職活動がうまくいかない原因と解決方法、転職成功するためのコツ[紹介2]
2020/12/21
「転職活動を始めたもののなかなかうまくいかない…」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

転職活動がうまくいかないと気持ちが沈んでしまい、次の企業への応募を躊躇してしまったり、焦って面接でうまく受け答えできなくなってしまったりなど、転職活動がうまくいかない悪循環に陥ってしまう可能性もあります。

転職活動がうまくいかないときは、一度立ち止まって自分の転職活動を振り返り、転職活動がうまくいかない原因を分析してみるのがおすすめです。

今回は、転職活動がうまくいかない原因や転職活動がうまくいかないときの打開策などをまとめてご紹介します。 転職活動がうまくいかずに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

転職活動がうまくいかない5つの原因

まずは、転職活動がうまくいかないときに考えられる原因をいくつかあげます。
自分に当てはまるものがないか、確認してみましょう。

転職理由が曖昧、自己分析が不十分

転職活動の面接でよく聞かれる転職理由が曖昧だと、応募した企業に「採用してもすぐ辞められてしまうのではないか」などと思われ、転職活動がうまくいかないことが多いです。
また、前職の悪口など、転職活動の理由がネガティブすぎるものでも、企業に悪印象を与えてしまう可能性があるので注意が必要です。

転職活動の前にしっかりと自己分析をして、なぜ転職したいのか、転職先で自分のどのような能力を活かし、どのような能力を身に付けていきたいのかなどを、相手にわかりやすく伝えられるようにしましょう。

業界、企業に関する知識不足

業界、企業に関する知識が不足していると、面接などでうまく受け答えができずに転職活動がうまくいかなくなってしまう可能性もあります。
インターネットや雑誌、新聞などから情報収集し、最近の業界の話題や企業に関する最新ニュースを把握しておきましょう。

また、業界や企業に関する知識をつけておくことで、転職後のミスマッチを防ぐことにもつながります。
転職活動全体を通して、業界・企業研究は欠かさずおこなうようにしましょう。

企業が求める知識・スキルをアピールできていない

企業によって求める人材像が異なるため、全ての企業に対して同じような自己PRをしていては、転職活動がうまくいかない場合もあります。

まずは、業界・企業研究などを通して企業が求める人材像に関して情報収集し、海外進出を狙っている企業の面接では英語スキルや海外経験があることを中心に話すなど、自分の知識・スキルの中から、企業が求める知識・スキルを選んでアピールできるといいでしょう。

転職先の企業に対する理想が高すぎる

転職先の企業に対する理想が高く、応募する求人数があまりに少ないと、なかなか内定がもらえずに転職活動が長引いてしまうかもしれません。

福利厚生が充実している会社がいい、残業は絶対したくないなど、重視したい条件は人それぞれですが、全ての条件に合った理想の求人はなかなか見つからないでしょう。
理想の求人を見つけたとしても、その企業の選考に落ちてしまう可能性もあります。

面接を通して企業との相性を判断することもできるため、まずはより多くの求人情報をチェックし、気になる段階の求人でもどんどん応募していくといいでしょう。

面接対策が不足している

企業が求める知識やスキルを身に付けているのに転職活動がうまくいかない場合は、面接対策が不足していることが原因かもしれません。

慣れない面接で緊張すると、当たり前の受け答えやビジネスマナーなどができなくなってしまうこともあります。

第三者に手伝ってもらいながら面接練習を繰り返し、想定外の質問でも焦らず落ち着いて受け答えができるように対策しましょう。

転職活動がうまくいかないときの打開策

転職活動がうまくいかない原因がわかったら、その原因を解決しましょう。 ここでは、転職活動がうまくいかないときの打開策をいくつかあげます。

キャリアプランを立てて軸のある転職活動をする

キャリアプランを立てることで、転職活動を通して自分が重視すべき条件を把握し、軸のある転職活動をすることができるようになります。

転職活動がうまくいかないときは、焦りや不安から転職自体が目標になりがちです。 転職自体が目標になってしまうと、とりあえず内定が出そうな企業や本来自分がやりたい仕事ではない求人ばかりに応募してしまい、納得のいく転職理由や志望理由を説明できず、また落とされてしまうということもありえます。

そんなとき、改めてキャリアプランを見直して転職活動を進めることで、転職活動の本来の目的を思い出し、自分に合った企業を見つけたり、面接で自分の経験やスキルをしっかりアピールしたりすることができるようになるでしょう。

キャリアプランを踏まえた転職活動やキャリアプランの立て方については「キャリアプランを活かした転職活動とは?職種別の例や面接での答え方」で詳しく解説していますので、よければご覧ください。

就職・転職エージェントなどのプロに相談する

転職活動がうまくいかずに行き詰まっている場合は、就職・転職エージェントなどのプロに相談することがおすすめです。

多くの就職・転職エージェントには経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しており、転職活動がうまくいかない原因を一緒に考え、解決をサポートしてもらうことができます。
また、第三者の視点から自分に合った求人情報を紹介してもらうこともできるため、自分一人で転職活動を進めていては気付くことのできなかったお仕事に出会うことができるかもしれません。

他にも、就職・転職エージェントによっては様々な転職活動支援のサービスを運用していますので、気になる方は調べてみるといいでしょう。

転職活動で就職・転職エージェントを利用するメリット

キャリアアドバイザーが自己分析やキャリアプランの作成を手伝ってくれる

多くの就職・転職エージェントには、転職業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しており、面談を通して自己分析やキャリアプランの作成を手伝ってもらうことができます。

転職活動がうまくいかない原因として、自己分析が不十分であることやキャリアプランに沿った転職活動を進められていないことがあげられます。
転職活動がうまくいかない場合や第三者に転職活動についてのアドバイスをもらいたい場合は、就職・転職エージェントに相談してみるといいでしょう。

面談を通して自分に合った求人を紹介してもらえる

就職・転職エージェントでは、面談を通して自分の状況や希望の条件などを伝えることで、自分に合った求人情報を紹介してもらうことができます。

転職活動では、大量の求人情報の中から自分に合った求人情報を選んで応募する必要がありますが、就職・転職エージェントを利用することで、情報収集の手間を削減し、効率よく転職活動を進めることができるようになるでしょう。

求人の応募や面接日程の調整などを代行してくれる

就職・転職エージェントを利用することで、面倒な求人の応募手続きや面接日程の調整などを代行してもらうことができます。
働きながら転職活動をしていてなかなか時間が取れないという方は、ぜひ利用しておきたいサービスです。

面接や書類の対策をしてもらえる

就職・転職エージェントでは、面接練習や書類の対策などをしてもらうことも可能です。

転職活動がうまくいかない場合は、面接や書類の対策不足が原因である可能性もありますので、就職・転職エージェントを利用し、十分な対策をしてから本番に望むといいでしょう。

就職活動がうまくいかないときは転職支援が充実している「フェローシップ」へ

転職活動がうまくいかないときは、転職支援が充実している就職・転職エージェント「フェローシップ」がおすすめです。

フェローシップでは、丁寧なヒアリングを通してあなたに合った求人情報を紹介するだけでなく、応募の手続きや面接日程の調整、転職成功のための面接・書類対策など、様々な転職支援サービスを提供しています。
転職活動がうまくいかない方や転職活動を一人で進めるのが不安な方の相談も受け付けていますので、転職活動のサポートを受けたい方はぜひご相談ください。
フェローシップの転職・就職サービスをご希望の方はこちら

また、フェローシップでは中国語を話せる方向けの求人サイト「TENJee」も運用しております。

近年、需要が高まる中国語人材を雇用したい企業からの求人を多数取り扱っていますので、中国語が話せる方はぜひご利用ください。

BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。