コラム&NEWS

転職エージェントは何社登録してよい?掛け持ちのメリットデメリットとは[紹介2]
2022/07/04

転職エージェントは仕事の紹介やキャリアプランの相談、面接対策など転職に必要なことを支援してくれる、いわば転職のプロです。

転職エージェントを利用することでスムーズな転職活動をおこなうことができますが、転職エージェントの掛け持ちをするべきかや、何社くらい登録するかで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、転職エージェントを掛け持ちすることのメリット・デメリットや、エージェントを選ぶ際の注意点をご紹介します。

転職活動を検討している方は、ぜひフェローシップをご利用ください。
フェローシップはお仕事の紹介だけでなく、求職者1人1人にあわせたキャリアプランのご相談や面接の対策など転職に必要なことの支援をおこなっているので、スムーズに転職活動を進めることができます。
※フェローシップのご相談はこちらから

紹介事業部

転職エージェントの掛け持ちは法律上問題ない

転職エージェントの掛け持ちはしてはいけないと思っている方がいますが、転職エージェントの掛け持ちは法律上全く問題ありません。
むしろ、転職エージェントによっては掛け持ちを推奨しているところもあります。

掛け持ちしていることは伝えておく必要がある

転職エージェントを掛け持ちで利用する場合は、掛け持ちしていることを担当者に伝えておくことが大切です。

掛け持ちを伝えるとエージェントの対応が悪くなると思う方がいるかもしれませんが、掛け持ちは珍しいことではないので、関係の悪化を恐れる必要はありません。
むしろ、他社ではなく自社が紹介する求人で転職してほしいと思い、手厚く支援してもらえる可能性が高まります。

転職エージェントを掛け持つ場合のメリット

転職エージェントを掛け持ちする場合のメリットをご紹介します。

各社の非公開求人などより多くの求人をみられる

各社が取り扱っている求人情報はそれぞれ異なります。
また、会社ごとに限定求人や非公開求人を紹介している場合も多いです。

掛け持ちすることで多くの求人情報に触れることができるので、より自身にあった仕事を選択できる可能性が広がります。

比較しながら相性のよいエージェントを探せる

転職活動において、自身の強みや特徴を見極めて希望の条件に沿った仕事を紹介してくれる相性のよいエージェントと出会うことは重要な要素の1つです。
相性のよいエージェントとの出会いは、転職活動のモチベーションを保つ役割も果たしてくれます。

掛け持ちをして複数の担当者と接することで、複数の選択肢を比較しながら自身が相談しやすいエージェントを探すことができます。

特化した業界や職種別など転職エージェントを使い分けられる

転職エージェントはある業界に強かったり職種に特化していたりと、転職エージェントごとに独自の強みを持っていることも多いです。

転職エージェントの中には、ある業種や職種に特化しているものや、キャリアプランの相談に長けているものなど、利用することでオリジナルの付加価値をつけられるエージェントが多くあります。

エージェントのそれぞれの強みを把握して使い分けることで、効果的に転職活動をおこなうことができます。

さまざまな角度からアドバイスをもらうことができる

複数のエージェントに相談することで、より多角的なアドバイスをもらうことができます。
1つのエージェントだけに相談していると、考え方や求人が偏ってしまう傾向があります。

エージェントを掛け持ちすることで客観的に自身の状況や適性を把握することができるので、自分に合った求人を探しやすくなります。

転職エージェントを掛け持つ場合のデメリット

転職エージェントを掛け持ちすることによるデメリットをご紹介します。

スケジュール管理が難しくなる

複数のエージェントを利用していると、それぞれで面接や相談の日程を調整する必要があるので、スケジュール管理が難しくなります。
管理を疎かにするとダブルブッキングが発生する危険性もあります。

電話やメールでのやり取りの手間が増える

掛け持ちするとそれだけエージェントとのやりとりの量が増えるので、電話やメールに多くの時間を割くことになります。
日中仕事をしている人は特に、エージェントとやりとりする時間帯が限られた中での活動になるので負担が大きくなります。

情報や選択肢が増える分迷いやすくなってしまう

より多くの情報や選択肢があることはメリットですが、多すぎることで迷いやすくなって判断に時間がかかることがあります。
人の意見に左右されやすく、迷いが生じて決断に困ってしまう人は注意が必要です。

同じ求人に複数のエージェントから応募してしまう危険性がある

掛け持ちで情報管理が難しい状態になると、同じ求人に対して複数のエージェントから応募してしまう危険性があります。
二重応募はエージェントからの信用が損なわれるだけでなく、企業側からの印象も悪くなるので、それを避けるためにも情報管理の徹底がより重要になります。

転職エージェントを選ぶ際のチェックポイント

転職エージェントは数が多く、どこに登録すればいいかわからない方も多いかと思います。
転職エージェントを選ぶ際の目安となるチェックポイントをご紹介します。

自分の強みや適性を理解してもらえているか

自身の強みや適性を自分で客観的に判断することは難しいので、自身の強みや適性を理解してくれることはエージェントの大きな役割です。
相談内容や話し方などから自身の特徴を具体的に伝えてくれるエージェントを選択することで、自身に合った求人を探しやすくなります。

長期的なキャリアを見据えて相談できるか

転職成功がゴールではなく、転職後のプランまで具体的に考えることが重要です。
長期的なキャリアプランの相談に乗ってくれるエージェントや担当者を選ぶことで、自身のキャリアプランに対するアドバイスや場合によってはよりよい選択肢を提案してもらうことができます。

信用できる担当者が在籍しているかどうか

エージェントのサービスの充実度や求人の多さは重要ですが、それ以上に実力のある担当者が対応してくれることが重要です。
相談内容を聞いてくれるか日程の調整や連絡はスムーズかなどによって、信頼できる人かどうかを見極めましょう。

自分の希望業界や職種の求人数は十分かどうか

自身が希望する業界や職種が明確な場合は、その業界・職種に特化しているエージェントを選ぶとよいです。
ホームページで求人数や実績などの情報を確認して、判断材料にすることがおすすめです。

面接などの選考対策の充実しているかどうか

求人の紹介だけでなく、書類や面接などの選考対策のサポートをしてくれるかどうかは、ひとつのチェックポイントです。
選考対策を手厚くサポートしているエージェントは、これまでの経験や今の転職市場の状況に合わせて面接突破に最適な方法を提供してくれます。

履歴書の作成や面接などに不安がある方は、面接練習や書類の添削に対して積極的にサポートしてくれる転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

スキルアップのサポートは受けられるか

未経験の職種への転職を検討している場合は、スキルアップすることが必要です。
たとえ「未経験歓迎」と明記された求人へ応募する場合であっても、最低限の基礎を身に着けているとアピールすることで他のライバルに差をつける事が可能です。

また、仕事に対する熱意を示すことにもつながるでしょう。
初めての分野のスキルを身につけることは難しい部分もあるからこそ、スキルアップを積極的にサポートしてくれるエージェントを活用することが重要になってきます。

外国人向けのサポートはあるか

日本の転職市場や選考に関して多くの情報を持っていない外国人の方は、専門知識を持つエージェントに頼るとよいでしょう。

日本と海外とでは転職活動の流れや重視される要素、ビジネスマナーなどに違いが多くあります。

また、面接や提出書類の中で用いる敬語や専門的な用語は、日常会話とは違った難しさがあり、これらの使い方を間違えると、採用担当者に悪い印象を与えてしまう危険性があります。

以上のような日本の転職にまつわる情報や日本語表現について、事前に丁寧な添削や指導をおこなっている転職エージェントがおすすめです。
このとき、外国人の方向けに日本語以外の言語でのサポートがあるかどうかをチェックしておくとよいでしょう。

フェローシップは一人一人と向き合った手厚いサポートを実施中

転職活動でエージェントを探している方は、ぜひフェローシップをご利用ください。
フェローシップは、「世界中の人々が”その人らしさ”を活かして輝き続ける社会を創る」をコンセプトにした転職エージェントです。

1人1人と向き合い、話し合う中で最適と判断したお仕事を紹介するだけでなく、キャリアプランの作成やサポート、書類チェックや面接対策まで幅広くおこなっています。

経験や実績が豊富なプロのエージェントが多く在籍しており、人気業界であるエンジニアをはじめとする各業界の優良・有名企業の求人を多数ご紹介しています。

さらに、就業決定以後も長期にわたってキャリアコーチによる面談や研修のプログラムを提供しており、長期的なキャリアアップに向けたご相談にも対応可能です。

また、日本で外国人の転職を数多く支援してきた外国籍の社員が在籍しており、言語面や文化面で不安がある外国人の方にも手厚くサポートすることができます。
※フェローシップへのご相談はこちらから

まとめ

転職エージェントを複数掛け持ちすることで求人やアドバイスの幅が広がり、自分の可能性を広げることができます。
掛け持ちし過ぎると情報の管理で手間がかかるので、最終的には1〜3社に絞ると効率よく仕事探しをすることができます。

転職する際のエージェント選びは、自身の適性や特徴を見極めてくれる信頼できる担当者との出会い、求人の数や質、長期的なキャリアプランの相談や面接対策など幅広い視点から判断することが重要です。

転職エージェントを探している方はぜひフェローシップをご利用ください。
フェローシップでは、信頼できる転職のプロが1人1人に最適なお仕事の紹介や長期的なキャリアプランの相談、面接対策など転職の支援を幅広くおこなっているので、効率よく、自身にあった最適な仕事を探すことができます。

紹介事業部 BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。