COLUMNS

転職活動をする人々
2022.11.10
転職活動での応募数はどれぐらいがよい?応募する際のポイントも併せて解説[紹介2]

転職活動をおこなう際に、他の人がどれくらい企業に応募しているのか気になることもあるかもしれません。  

求人への応募数を増やすことにも少なくすることにも、それぞれさまざまなメリットがあります。  


この記事では、転職活動をおこなう際の求人への応募数に着目して、応募数を増やす・少なくすることのメリットや複数応募することの注意点を解説します。  


転職エージェントを利用する際はぜひフェローシップをご検討ください。  

さまざまな業界や職種に詳しい転職のプロが、みなさまの転職活動を全力でサポートします。  


転職活動でお悩みの方は、ぜひ一度フェローシップをチェックしてみてください。

※フェローシップへのエントリーはこちらから

転職成功者の平均の応募数は

転職活動をする際には、ひとつひとつの企業をじっくり分析して納得できる企業へ応募したいと考える方は多いと思います。  

しかし、書類選考の通過率は約3分の1、面接選考の通過率は約2分の1といわれているため、あまり少ない応募数だと内定をもらうことができる可能性は低くなります。  


自分の状況によって応募数を多くした方がよい場合も少なくした方がよい場合もありますが、平均的な応募数は約10社になります。  

ここでは、転職活動で応募数を多くするメリット・少なくするメリットについて、それぞれ解説します。

応募数を多くするメリット

求人の応募数を多くするメリットとしては、未経験業種へ転職できるチャンスが増える・さまざまな業界や職種を比較できる・短期間で転職活動を終わらせられる可能性が上がるという3つを挙げることができます。  


ここでは、転職活動において応募数を多くするメリットについて説明します。

未経験業種へ転職できるチャンスが増える

中途採用では、経験やスキルがあり即戦力として働くことができる人材を採用することが多いです。  

しかし、前職の経験をどのように生かすのか具体的にアピールし、ポテンシャルや将来性を感じさせることができれば、採用されることも十分に考えられます。  


そのため、応募数を多くすることでポテンシャルで採用してくれる企業に巡り合える可能性がある点は、メリットとして挙げることができるでしょう。

さまざまな業界や職種を比較できる

転職活動において、綿密な情報収集や企業の研究などをおこなうのは非常に重要です。  

しかし、実際に転職活動を進めていくとホームページや求人票から得る情報だけではわからない実情や魅力に気づくことがあります。  


応募数を増やすことで、面接などでさまざまな業界の実情や魅力を比較検討でき、自分が本当に入りたいと思う企業を見極めることができることも、応募数を増やすことのメリットです。

短期間で転職活動を終わらせられる可能性が上がる

転職活動で結果を出すには時間がかかるので、応募数を増やすことで結果待ちの時間のロスを少なくすれば、転職活動を短期間で終わらせることができます。  

特に、仕事をやめてから転職活動をしている人には、時間的な余裕があるため応募数を増やすことをおすすめします。  


ただし、むやみに応募数を増やすと納得できる転職が出来なくなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

応募数を少なくするメリット

求人の応募数を少なくするメリットとして、転職の条件にこだわって転職活動できる・転職に割く時間が少なくなる・1つの求人に時間をかけることができるという3つの点を挙げることができます。  


ここでは、応募数を少なくする3つのメリットを説明します。

転職の条件にこだわって転職活動できる

福利厚生・給与体制・待遇など、転職先に求める条件としてさまざまなものが考えられます。  

特にこだわる条件がある方は無理に応募数を増やすのではなく、応募数をあえて少なくすることで、軸をぶらさずに転職活動をすることができます。  


ただし、応募数を少なくすると内定をもらえるまで時間がかかってしまう可能性が高くなるので、自分が転職先で何がしたいのか・何を求めるのかをよく考えて応募数を決めるようにしましょう。

転職に割く時間が少なくなる

現在の職場が忙しく転職活動に割くことができる時間が少ない人は、応募数を少なくすることでスケジュール管理や面接対策などに十分な時間を取ることができるようになります。  


働きながら転職活動をしている方は、仕事に影響を与えてしまうような転職活動をすることはおすすめできません。  

無理のない範囲で転職活動をおこなうようにしましょう。

1つの求人に時間をかけることができる

たくさんの企業について分析や面接対策などをおこなうことに、苦手意識を感じる方は応募数を減らすと、1つの求人に時間をかけることができるようになります。  

ただし、応募数を絞りすぎると内定がもらいにくくなってしまうので注意する必要があります。

複数応募する際の注意点

転職活動をする際に特別な決まりがあるわけではありません。  

しかし、母数を増やすためにむやみに多くの求人に応募してしまうと、スケジュール調整が困難になったり満足に準備することができなくなったりする可能性があります。  


ここでは、複数応募する際の注意点について詳しく説明します。

優先順位を明確にする

どの企業にも魅力的な点があるかもしれませんが、詳しく比較検討していくと魅力を感じる度合いに差異が生まれます。  

企業の優先順位をつけることで、面接の日程などが容易に計画できるようになるでしょう。

余裕を持ってスケジュールを立てる

現在働いている職場の都合などで面接日時を変更してもらうことは、何回も変更してしまうと志望度が低いと勘違いされてしまうこともあるため、基本的に1回が限度です。  


そのため、余裕を持ってスケジュールを組むことが必要になります。  

面接をまとめて入れてしまうのではなく、確実に面接に臨むことができる日付を考えてスケジューリングしましょう。

入念な準備ができるかどうか見極める

応募の母数を増やすことも確かに大切ですが、多く応募したからといって採用の確率が上がるわけではありません。  

十分な企業分析や面接対策などが大切になるので、準備が入念にできるかどうかを念頭において応募数を決めることをおすすめします。

応募数にこだわらない

応募数を増やすことは転職活動をするにあたって重要なことですが、応募すればするほど採用確率が上がるわけではありません。  


そのため、応募数にこだわるのではなく、企業が求めているであろう人材と自分のスキルや経験が適しているかどうかや、自分の求める条件が満たされるかどうかを重視して求人に応募するようにしましょう。

応募数を厳選するなら転職エージェントがおすすめ

応募数と転職活動の質のバランスを取るといっても、どのように判断すればよいのかわからない方もいらっしゃるかもしれません。  

その場合の解決法として、転職のプロである転職エージェントを利用することをおすすめします。  


ここでは、転職エージェントを利用する3つのメリットについて紹介します。  

転職エージェントを利用するならぜひ、フェローシップをご利用ください。フェローシップは、転職を希望する方を全力でサポートする転職エージェントです。


さまざまな業界や職種に精通した転職のプロフェッショナルが、たくさんの求人企業の中から最適の企業を見つけ、皆様のキャリアプランをかなえることができるように支援いたします。  


面接対策や書類の添削などのサポートはもちろん、転職活動に関するお悩みにも真摯に対応させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。  

※フェローシップへのエントリーはこちらから

適切な求人情報の選定

自分で応募する求人を決めてしまうと、偏った求人に応募してしまったり自分に適していない企業を選んでしまったりする場合があります。  

そこで、転職エージェントを利用すると、第三者の視点から自分の適性や将来のキャリアプランに合わせた求人を提案してもらうことができます。

応募日程・日程調整の代行

特に働きながら転職活動をおこなっている場合は、応募数に応じて書類作成や日程調整が必要になるため、忙しくなってしまうことが多いです。  

しかし、転職エージェントはそのような書類作成や日程調整などの業務を代行してくれます。  


また、企業との連絡も取ってくれるので、電話を取ることができないケースやメールを見落としてしまうケースなどがなくなり、企業の心証を悪くする可能性が低くなります。

書類添削・面接対策で選考通過の可能性が上がる

自分だけでなく、転職のプロが書類添削や面接対策をおこなってくれるため、精度の高い書類・面接を企業に見せることができます。  

同じ内容の書類や面接であっても、書き方や面接の受け方などで大きく印象が変わることがあります。  


転職エージェントを利用して効果的なアピール方法を習得することで企業へ好印象を与え、内定をつかみ取る可能性を高めましょう。

適切な応募数で転職活動を成功させよう

求人に応募する際は、転職にかかる時間を短くすることができる点などの応募数を増やすことのメリットだけではなく、準備を入念におこなうことができるといった少なくすることのメリットにも目を向けることが大切です。  


自分に適した応募数の求人に応募して、効率的に転職活動をおこなうことを心がけましょう。  


転職エージェントを利用する際はぜひフェローシップをご検討ください。

さまざまな業界や職種に詳しい転職のプロが、みなさまの転職活動を全力でサポートします。  


転職活動でお悩みの方は、ぜひ一度フェローシップをチェックしてみてください。

フィットする求人がすぐ見つからない、転職はこれからという方

Fellowship登録 (転職支援サービス)をしませんか?
あなたに合ったキャリアプランを、いっしょに考えます