コラム&NEWS

ベストな転職タイミングとは?勤続年数や年齢、求人の時期別におすすめの転職活動を解説[紹介2]
2021/03/11

近年働き方の多様化に伴い転職を考えている人も多いのではないでしょうか。
転職をするのであれば、良いタイミングで希望の転職先を探したいですよね。

転職活動は自分の勤続年数や年齢、転職の求人が多くなる時期など、タイミングを図ることも重要です。
転職の際に求められるスキルや求人が多くなる時期は、業界や職種、企業によって異なります。
ここでは一般的な傾向を紹介するので参考にしてください。

また希望の条件を実現するために、それぞれのタイミングに合わせて逆算的に手厚いサポートをする就職・転職エージェントのフェローシップがおすすめです。

勤続年数による転職のタイミング

勤続年数によって一般的にどのような転職ができるのを紹介します。

1年未満で転職する場合

劣悪な労働環境や成長できる機会を全く与えてもらえない環境など、よほど転職を強く希望している場合以外では基本的に1年未満での転職は推奨されません。

早期での転職は採用の際に忍耐力という点において疑問をもたれてしまう可能性が高いからです。
1年未満での転職が続いてしまうと、企業としては良い心象を持ちづらくなってしまいます。
しかし、1日でも早く転職したいという場合は面接官が納得できるような理由を考えておきましょう。

3年ほどで転職する場合

一般的に3年ほどで転職するのが良いと言われています。
新卒で入社して3年であれば一通りのビジネスマナーを身に付けつつ、実務経験に基づく伸び代に期待ができるからです。

同業種や同職種だけでなく、未経験分野にも転職は可能です。

5年ほどで転職する場合

5年ほどで転職する場合、同じ業種・職種でのキャリアアップを希望しているのであれば、経験と実績があるため希望の環境に転職できる可能性が高まる傾向にあります。

年齢別の転職タイミング

一般的に転職市場で求められるスキルなどを年齢別に紹介します。

20代での転職

20代での転職は、大きく第二新卒として転職するかしないかの2通りがあるのでそれぞれ紹介します。

第二新卒として転職する

求人によって異なりますが、第二新卒とは一般的に社会人経験3年未満以内での求職者を示すことが多いです。

第二新卒の特徴として、「社会人経験があること」「熱意があること」などの特徴があり、近年多くの企業が第二新卒の採用に力を入れています。
基本的には中途採用よりも専門性やスキルは求められない傾向にあるので、転職のハードルは低いと言えます。

第二新卒として転職しない場合

20代で転職をする人のうち25歳頃から29歳までの求職者は転職人口全体の中で大きな割合を占めています。

転職の動機としては、「ある程度社会人経験を積んだ上で希望の仕事を見つけた」「キャリアアップがしたい」「今の環境が合わない」などがあります。

第二新卒よりは経験や実績を問われることが多くなり、うまくアピールすることで希望の転職先に合格できる可能性が高まります。
同業種や同職種の場合でも、現職の実績は自分の市場価値を企業に大きくアピールすることができるので、転職を検討している人は現職にも力を入れ直すのもおすすめです。

未経験分野への転職を考えている場合はできるだけ早めに準備をし、転職活動を始めると良いでしょう。

キャリアアップや自分のキャリアプランを実現したい方は、求職者の要望を第一に考えた転職活動を支援するフェローシップがおすすめです。

30代以上での転職

30代以上の転職の際に共通することは、企業は即戦力として活躍できることを前提とし、さらには管理職候補としての能力も期待していることです。
つまり、プレイヤーとして実績を残すことだけでなくマネジメント経験を積むことが望ましくなっていきます。

この傾向は年次が上がるほど強くなっていくので転職を希望する人は知っておくと良いでしょう。

30代での転職

30代では先ほど説明した通り、マネジメント経験や役職についているかどうかを見られるので役職についていない場合は早めに転職活動を始める、もしくは現職で目的を持って経験を積むと良いでしょう。

40代での転職

40代以上の転職は主に管理職から管理職への転職が中心となってきます。
また転職求人サイトでの求人は少ないことが多いので、転職の際はエージェントを利用すると希望の条件でのマッチングがしやすくなるでしょう。

年間の中での転職のタイミング

転職活動をする時には、なるべく採用活動が活発化していて多くの求人があり合格しやすい時がいいですよね。
業種や職種、企業にもよりますが転職採用が活発化する時期があるので紹介します。

一般的には2.3月と8.9月が良い

企業が転職者の採用活動に力を入れるのは組織の体制を再構築したり強化する時期に多いです。
一般的には4月入社に向けた2.3月と10月入社に向けた8.9月採用に転職採用が活発化する傾向にあります。

そのため転職市場全体で多くの求人が出回り希望の求人に出会える可能性が高くなるメリットがあります。
一方で同様に考える求職者も多いので競争率は高くなる傾向にあることがデメリットです。
準備不足の状態ではチャンスを逃してしまうこともあるため、転職活動が活発している時期だからこそ入念な準備が必要です。

第二新卒の場合は4月入社に向けた転職活動がおすすめ

第二新卒であれば4月入社に向けて2.3月の採用面接を受けるのがおすすめです。
年度が変わる4月入社であれば社内の環境も変わるので馴染みやすく、年齢の近い同期とも仲良くなりやすい傾向にあるのでぜひ参考にしてください。

そのほかの時期も掘り出し物が見つかる可能性がある

ほかの時期の採用活動も視野に入れることがおすすめです。
年度の区切りに合わせた採用とは異なり、新プロジェクトのメンバー探しや急な人手不足の解消など必要性の高い採用である場合が多いので、採用までの期間が短くなるメリットがあります。
また、ライバルが少なくなるメリットはありますが条件の良い求人は人気が高いのでしっかりと準備をするのがおすすめです。

また、時期をずらすことによって前職でのボーナスを受け取ることもできるので検討してみてください。

転職活動にかかる期間

転職活動にかかる期間は、希望条件によっても異なりますが平均的に3〜6ヶ月ほどと言われています。
在職しながら転職活動をするのか、退職してから活動するのかなど、全体の計画を立てることは重要です。

転職の緊急性や入社したい時期を決めて逆算して行動すると良いでしょう。

転職活動の流れとおすすめの転職方法

転職活動の流れの全体像とおすすめの転職方法を紹介します。

転職の流れ

転職の流れは大きく

  • 転職準備
  • 応募
  • 面接
  • 内定退職

となっています。
ポイントは転職準備段階で自己分析や書類作成をしっかり行うことと、複数社同時に応募をすることです。

特に転職活動全体の期間を短くするためにも、1社1社の結果を待つよりも同時に選考を進めることをおすすめします。

おすすめの転職方法

転職の場合は基本的に転職エージェントを使うことをおすすめしています。
希望の求人は志望業種や職種、年齢や勤続年数によっても異なるので担当者と相談することによってマッチング度の高い企業を見つけることができやすくなります。

特にそれぞれの希望のキャリアを実現する求人の紹介や自己分析や書類の作成、退職手続きのフォローも手厚いフェローシップがおすすめです。

気になった方はぜひ利用してみてください。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。