コラム&NEWS

内定をもらう!転職活動がうまくいかない時の原因と対策をプロが紹介[紹介2]
2021/02/10
なかなか転職活動がうまくいかない時はこのまま転職ができないのではないかと焦りや不安を感じてしまうかもしれません。
転職活動はなかなか周囲に悩みを相談できないことも多いのではないでしょうか。

転職活動を成功させるにはうまくいかない理由を明確にすることが重要です。 転職がうまくいかない原因とその対策をプロが解説するのでぜひ参考にして内定を勝ち取りましょう。

転職エージェントを活用することを考えている方は、フェローシップがおすすめです。充実した選考サポートに加え、それぞれのライフプランや入社後の活躍までを重視した求人を紹介致します。ご相談だけでも構いませんので、転職活動がうまく行かないと感じている人は、お気軽にご連絡ください。

転職活動がうまくいかない原因4選とそれぞれの対策

転職活動を準備段階・応募段階・書類選考段階・面接段階の4段階で分類し、それぞれで一般的に多い原因と対策を紹介します。

早い段階ほど転職活動のベースとなる基本的な部分となるので、自分は大丈夫と思っていても一つづつ確認していきましょう。

準備段階

転職活動の最初のステップであり、転職活動の特に重要な基礎の部分です。
ここでの準備不足がこの後の段階に悪い影響を与えてしまうこともあるので、しっかりと確認していきましょう。

転職理由が不明瞭なことや自己分析が十分ではない

転職活動で採用側が特に重視していることとして、転職理由とこれまでの経歴や今後やりたいことがあります。
これらを明確にすることが転職活動で最も重要なポイントであるといえます。

自己分析をする際は、転職を通してどのような待遇や業務内容などを希望しているかを紙などに書き起こし可視化すると良いでしょう。

また、転職理由のネガティブな理由をできるだけポジティブに伝えるように準備しておくと良いでしょう。

自分の市場価値を客観視できていない

転職活動は新卒の就職活動と異なり、未経験であっても即戦力としての能力が求められることが一般的です。

その際に市場価値を知ることで転職活動の大まかな方針を立てることができます。
例えば自分の市場価値とマッチする企業に応募することによってミスマッチを軽減することができ、通過率が高まります。

これまでの経歴で得たスキルや経験を書き出し。業界の水準と比較することによって、自分の市場価値を知ることができます。
また、実際のエピソードなどを準備しておくと良いでしょう。

応募段階

準備段階の自己分析をもとに企業に応募していく段階です。
応募段階でチェックすべき点は2つです。

応募の数を限定しすぎている

一般的によくある原因として多いのが応募数を限定しすぎていることがあります。
転職内定数は応募総数×選考通過率と表すことができるので、そもそも応募数を増やすことは転職活動を成功させる大きな要因であるといえます。

実際に転職活動は面接にたどり着くことも難しいので、多くの企業に応募をすることがおすすめです。

自分のスキルや経歴に自信がある人でも、なるべく多くの選択肢を考えて少しでも希望と合う企業に応募をすると良いでしょう。

自分に合った企業/求人に応募できていない

1つでも多くの企業に応募することをおすすめしましたが、あくまで希望の企業・業界・職種に応募することが重要です。

闇雲に応募をしても応募段階からマッチしていない企業であれば書類選考を突破できずにさらに気持ちが落ち込んでしまう可能性があるので、しっかりと応募企業は吟味する可能性があります。
応募の際は自己分析から導いた絶対に譲れない希望と譲歩できる希望を明確化し、譲歩できる希望をどんどん広げていくと良いでしょう。

書類選考段階

明確な転職理由や自己分析に基づいて応募企業を選定しているのになかなか面接までたどり着けない場合は以下の3点をチェックしてください。

文章として読みづらいものになってしまっている

1つめは応募書類の文章が読みづらいものになってしまっている場合です。特に志望理由や自己PR文の起承転結や誤字脱字はないか、手書きであれば丁寧な字で書けているかをチェックしましょう。
読み手が読みたくなるような見た目にすることも重要です。

応募先の企業や職種にマッチした自己PRになっていない

2つめは応募先の企業や職種にマッチした自己PR文になっていないことです。 自己分析がしっかりできていれば、自分が活かせる経歴やスキルが明確になっているはずです。
応募した企業・業界・職種でどの経歴・スキルが活かせるか再度確認して書類を作成すると良いでしょう。

業界・企業研究が不十分

3つめは業界や企業研究が不十分であることです。未経験分野はもちろん、応募数を増やしていけば企業研究の数も多くなり大変ですが、手を抜かずにしっかりとやることで先方に熱意が伝わり選考を突破する可能性も高くなります。

もし業界や企業の情報が十分に入手できない場合は転職エージェントに相談すると良いでしょう。
フェローシップではこれまでの実績に基づき、豊富な知識や情報で転職活動をサポートします。

面接段階

書類は合格できるが、面接がなかなか通らない人は以下の2点をチェックしてみてください。

基本的な面接マナーができていない

基本的な面接マナーができていない可能性があります。 基本的な面接マナーについては、様々な面接のマナーブックがあるのでチェックしてみると良いでしょう。

面接慣れしていない

多くの場合はこちらのケースに当てはまると思います。
面接慣れといってもレベルの範囲は広く、例えばそもそも人見知りで面接官と話せないレベルから、面接官と自然なコミュニケーションで準備してきた回答を答えることができるがイレギュラーな問いに戸惑ってしまうレベルなどがあります。

とにかく面接を数受けることが効果的で、なおかつその面接で意識することや目標を立てることが重要になります。
特に最終面接はこれまでの面接と雰囲気が大きく変わる場合が多いです。

困ったら転職エージェントを利用してみる

転職活動を成功させるための原因と対策を紹介しましたが、自分はどこができていないのかが明確になっていない方もいると思います。
周囲は働いているのでなかなか相談しづらいし、面接ではアドバイスをもらえないと悩んでいる方にはエージェントがおすすめです。

転職活動のプロからアドバイスやサポートを受けることができる

とにかくおすすめできる点は転職活動のプロからアドバイスやサポートを受けることができることです。

深い自己分析ができる

転職活動を成功させるためには深い自己分析が必要となります。
何人もの転職希望者をみてきたプロだからこそ客観的なアドバイスで深い自己分析をすることが可能です。

強みや弱み、スキルや経歴も周囲の人と比較するだけではなかなか違いが見えてきませんが、同じような求職者や希望の企業で働いている人と比較できることで説得力のある志望理由や自己PRを作ることができるでしょう。

自分の市場価値を客観視できる

応募する企業を選定する際に自分の市場価値を客観視することは重要です。
希望している企業や業界、職種の中で自分がどれくらい価値があるかはエージェントを使わないとなかなか知ることができない貴重な情報と言えるでしょう。

書類の添削をしてもらえる

魅力的な志望理由や自己PRを作るためにプロの意見を取り入れることは良い書類を作ることに良い影響を与えるでしょう。
さらに、自分で読むだけではなかなか見つからない誤字脱字も見つかる可能性が高いです。

自分にあった業界・企業の求人を紹介してもらえる

転職活動を進めるうちに、希望の条件が多く、複雑になるほど求人サイトのでは探しにくくなってしまう可能性があります。

転職エージェントでは希望に合う企業をピンポイントで紹介してくれるので手間が省けることに加えて、求人サイトでは掲載されていない非公開求人も取り扱っているのでおすすめです。

充実した面接対策

転職活動を進める中で、最も難しく対策が困難な面接も転職エージェントでは、企業によりますが定期的、または希望に沿って面接対策を行ってくれるので本番でなかなか気が付きにくい点まで対策することができます。

面接に悩んでいて、客観的な意見やアドバイスが欲しい人はぜひ一度利用することをおすすめします。

その他のサポートも充実

そのほか応募の手続きや面接の日程調整、給与交渉などなど自分でやるには少し大変な作業や、トラブルになることもある退職手続きを行うエージェントもあります。

転職活動がうまくいっていない人にフェローシップがおすすめ

転職エージェントは特にフェローシップがおすすめです。

面接対策や非公開求人の紹介、その他のサポートはもちろん充実していますが、フェローシップではそれぞれのライフプランの実現や入社後の活躍まで重視した求人の紹介を行っています。
譲らない希望が多いという方にもおすすめです。

また、中国語を話せる傾けに中国語のスキルを活かせる求人サイト「TENJee」も運用しています。
ご興味ある方は、ぜひご活用ください。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。