コラム&NEWS

転職エージェントと転職サイトの違いや特徴、メリットを解説[紹介2]
2021/02/18
皆さんは転職エージェントと転職サイトの違いをご存知ですか。
転職サイト・転職エージェントの活用は転職活動を成功させる上でとても重要なポイントとなっており、転職を考えている方はまずは転職エージェントや転職サイトの登録から始めようという方も多いと思います。

転職エージェントと転職サイトには明確な違いがあるので、自分にとって必要だと思うサービスを利用することが大切です。

また、最近では転職サイトと転職エージェント両方利用するという方も増えてきています。
両方利用する場合には、両者の特徴やメリット・デメリットについて理解してうまく使い分けることが大切です。

特に転職エージェントを探す際には、エージェントとの相性も転職活動を成功させるための重要なポイントとなります。
それぞれのキャリアプランに合った仕事を紹介してもらえる転職エージェントをお探しなら、「フェローシップ」にぜひ一度ご相談ください。

今回は、転職エージェントと転職サイトの違いについてご紹介します。
これから転職活動を始めようと考えている方は、参考にしてみてください。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職支援サイトには大きく分けて「転職エージェント」と「転職サイト」の2つの形式があります。
ここでは「転職エージェント」と「転職サイト」の違いについてご説明します。

転職エージェントとは

「転職エージェント」とは、対人型の転職支援サービスです。
登録者一人一人にアドバイザーがつき、選考サポートから企業との連絡代行、転職活動に関する悩みや不安の相談まで幅広くサポートしてもらえるのが特徴です。
また、転職エージェントは企業側の求人も預かっており、求職者と企業を繋げる役割も担っています。

転職エージェントの特徴

転職エージェントの特徴3選を紹介します。

様々な選考サポートを受けられる

転職エージェントに登録すると応募書類の作成や、面接対策だけでなく、企業との連絡の代行や面接日程の調整など、様々なサポートを受けることができます。
また、転職にまつわる様々な悩みや不安へのアドバイスももらうことができます。転職活動は孤独に感じがちで、そのため不安や孤独をより感じてしまう傾向にあります。
そんな時に第三者によってアドバイスがもらえるのは転職エージェントのメリットです。

キャリアプランに合った業界・企業を相談できる

転職エージェントに登録することで、それぞれにアドバイザーについてもらうことができます。
アドバイザーは転職活動のプロなので、自分のキャリアプランに合った業界や企業のアドバイスをもらうことができます。

「フェローシップ」でも求職者の方の要望を第一に、市場の傾向などを踏まえながら転職活動を支援しています。

また、転職エージェントは企業側の求人も扱っています。そのため独自のパイプを使っていることもあるので、様々な交渉などもしてもらえることがあります。
キャリアアップを目指している方にとっては貴重な窓口となるでしょう。

非公開求人や業界・企業情報の提供

転職エージェントは非公開の求人や企業情報も預かっていることがあり、自分で転職活動をやっているだけでは見つけることのできない求人情報に出会える可能性があります。
非公開の求人情報も含めて、多くの企業から自分の希望に合った企業をエージェントに提案してもらえるので、選択肢の幅が広がります。

転職サイトとは

「転職サイト」とは、さまざまな企業や職種の求人情報が掲載されているWEBサイトです。会員登録すれば企業の情報が届いたり、企業側から直接オファーが来るスカウトメール機能もあります。
また、企業の口コミや社員のインタビューなども掲載されており、企業の雰囲気も知ることができます。

一方で「転職サイト」は「転職エージェント」とは違い、求人情報のチェックから応募、面接まで全て自分で行うことが前提となっています。

転職サイトの特徴

転職サイトの特徴3選を紹介します。

豊富な求人数

転職サイトは非常に多くの求人数が掲載されており、自由に検索・閲覧が可能なので、豊富な求人情報数の中で自分にあった企業を探すことができます。

自分のペースでできる

転職サイトは自分で転職活動を進めることが前提となっているため、自分のペースで転職活動を進めることができます。
いつでも、どこでも自分のタイミングで転職活動ができるため、なかなか決まった時間が取れない方におすすめです。

複数求人への簡単に応募できる

転職サイトは、サイトを通じていつでもどこでも気軽に応募できるため、同時に複数の企業に応募しやすいです。
応募する企業の数を増やしたいという方は転職サイトを利用するのがおすすめです。

転職サイトと転職エージェントどちらを使うべきか

ここまで転職サイトと転職エージェントの特徴についてご紹介してきましたが、実際にどちらを利用すれば良いのか迷ってしまうこともあるかもしれません。
ここでは「転職サイト」と「転職エージェント」のどちらを利用するべきかについて、ご紹介します。

どのようなサポートが必要かを考える

それぞれの違いや特徴についてよく理解した上で、自分にどのようなサポートが必要か考えてみると良いでしょう。

例えば外国の方で日本語で連絡のやりとりすることが苦手という方であれば、転職エージェントは企業との連絡を代行してもらうことができるため、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

また、現在在職中の方で仕事が忙しく、なかなか転職活動に時間をかけることができないという方は、自分のペースでスキマ時間などに転職活動ができる転職サイトの利用がおすすめです。

迷ったら両方活用してみると良い

転職サイトか転職エージェント、どちらか一方しか利用できないということはありません。なるべく両方活用してみましょう。

また非公開の求人情報は転職エージェントに紹介してもらい、他の企業は転職サイトで応募するなど、2つをうまく使い分けるのも良いです。

「フェローシップ」を利用するメリット

「フェローシップ」では個人それぞれの自分らしいキャリアを支援することをコンセプトに、未経験の仕事へのチャレンジも積極的に支援している総合型の転職エージェントです。

転職エージェントで「フェローシップ」が選ばれている理由をご紹介します。

自分らしいキャリアを支援してくれるエージェントサービス

「フェローシップ」は、一人一人の幸せに繋がるキャリアプランを一緒に考えます。「フェローシップ」では、求職者の方と企業を繋ぐ役割だけでなく、求職者の方がどのようなキャリアを歩んでいきたいかをじっくりと伺い、サポートしていきます。

出身国に特化した求人サイトのサービスも利用できる

外国人の方が日本で転職活動を行う場合、特定の出身国に特化した求人サイトのサービスを利用することも1つの手です。

中国語が話せる人向けの求人サイト「TENJee」では、中国語が話せる人材を雇用したい企業からの求人情報を多数掲載しています。
自分の日本語と中国語のレベルに合わせた求人情報を検索することもできるため、中国語のスキルを活かした仕事に就きたいという日本人の方も活用することができます。
中国語を話せるという方は利用してみてはいかがでしょうか。
BACK

ご登録までの流れをご案内します。

あなたの可能性を見つけに、いらしてください。